研究者詳細

研究活動/社会的活動
分割表示   全件表示 >>

26 件中 1 - 10 件目

年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2016  エチオピアにおける現地調査  2016/08/03-2016/08/22 

活動内容等(Content of Activities) エチオピア西部においてティジャーニーヤの活動を追跡調査した(科研費による調査)。 

2015  エチオピアにおける現地調査  2015/08/05~2015/08/21 

活動内容等(Content of Activities) エチオピア南西部ジンマ県においてアルファキー・アフマド・ウマル以前にティジャーニーヤを導入したとされる二人の人物、ハッジ・ユースフとハッジ・ザカリアに関する調査を実施した。 

2014  エチオピアにおける現地調査(科研費(基盤B)による)  2014/08/06-2014/08/24 

活動内容等(Content of Activities) エチオピア南西部において(女性を含む)ティジャニーヤの活動を調査し、アルファキー・アフマド・ウマルの弟子たちの人生について聞き取りを行った。 

2010  ワークショップ  2010/9/22-23 

活動内容等(Content of Activities) ノルウェーのベルゲン大学において開催されたワークショップ「Transforming Identities and New Representations of Muslims in Contemporary Ethopia」において、"The Formation of a Trans-religious Regional Cult in Southeast Ethiopia"を研究発表した。 

2010  グローバルCOEプログラム   

活動内容等(Content of Activities) 大阪大学グローバルCOEプログラム「コンフリクトの人文学」
の「地中海地域におけるトランスナショナリティに関する人文学的研究」のメンバーとして参加し、成果論文として"On the Translocality of Pilgrimage Centers"を発表・提出した。 

2009  グローバルCOEプログラム  年2回 

活動内容等(Content of Activities) 大阪大学グローバルCOEプログラム「コンフリクトの人文学」のメンバーとして年2回の研究会に出席した。 

2008  グローバルCOEプログラム  年4回の研究会 

活動内容等(Content of Activities) 大阪大学「コンフリクトの人文学国際研究教育拠点」の研究プロジェクト「地中海地域におけるトランスナショナリティに関する人文学的研究」のメンバーとして研究会に参加・研究発表を行った(於大阪大学) 

2008  現地調査  2008年8月31日ー9月21日 

活動内容等(Content of Activities) 文部科学省科研費補助金「異教共存・融合のローカル・メカニズム:エチオピアの事例」(研究代表者:石原美奈子、課題番号18401042)により、エチオピア東南部で現地調査を実施した。 

2007  現地調査  2007/8/20-9/21 

活動内容等(Content of Activities) 前半は、エチオピア南西部ジンマ地方のムスリム聖者サイイド・ナスラッラーに関する調査を実施した。サイイド・ナスラッラーの墓廟において、アラビア語の伝記や口頭伝承などを収集した。また後半は、エチオピア南東部アルシ地方の聖地ファラカサにおいて実施された祭りを参与観察した。 

2007  講師  2007/7/19 

活動内容等(Content of Activities) 「アフリカセミナーの会」(於仙台国際センター)において「エチオピアにおける異教共存」と題し講師として研究発表を行った。 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [NEXT>>]