研究者詳細

研究発表
分割表示 >>   全件表示

14 件中 1 - 14 件目

年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2013  グラン=ギニョル劇における異境のイメージ  単独  2014/03/27 
「19~20世紀のヨーロッパにおける科学と文学の関係」第6回シンポジウム  , 南山大学地域研究センター共同研究   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  グラン=ギニョル劇と心霊科学の諸問題  単独  2013/12/07 
シンポジウム 科学知の詩学―19~20世紀のフランス・ドイツにおける科学と文学・芸術  , 日本学術振興会科学研究費助成事業・基盤研究(B)「科学の知と文学・芸術の想像力―ドイツ語圏世紀転換期の文化についての総合的研究」   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 南山大学地域研究センター共同研究「19~20世紀のヨーロッパにおける科学と文学の関係」,ヨーロッパ研究センター,外国語学部フランス学科との共催 

2012  グラン=ギニョル劇と細菌学の諸問題  単独  2013/03/27 
「19~20世紀のヨーロッパにおける科学と文学の関係」第3回シンポジウム  , 南山大学地域研究センター共同研究   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  グラン=ギニョル劇と精神医学の諸問題(2)  単独  2012/12/15 
「19~20世紀のヨーロッパにおける科学と文学の関係」第2回シンポジウム  , 南山大学地域研究センター共同研究   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  グラン=ギニョル劇と精神医学の諸問題  単独  2012/10/26 
「19~20世紀のヨーロッパにおける科学と文学の関係」第1回シンポジウム  , 南山大学地域研究センター共同研究   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  グラン=ギニョル劇と三面記事  単独  2012/01/17 
南山大学ヨーロッパ研究センター定例研究会  , 南山大学ヨーロッパ研究センター   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  Considérations historiographiques sur l’œuvre de Michelet  単独  2011/12/11 
第13回国際研究集会「哲学的解釈学からテクスト解釈学へ」  , 名古屋大学グローバルCOEプログラム「テクスト布置の解釈学的研究と教育」   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  Les femmes malades dans l’Histoire de France de Michelet  単独  2011/11/19 
フィクションはいかに歴史を作るか─借用、交換、交差─  , 京都大学フランス語学フランス文学研究室   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  ミシュレと記憶の問題  単独  2010/10/17 
日本フランス語フランス文学会秋季大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 於南山大学。大野一道・小倉孝誠・坂本さやか・立川孝一各氏との共同ワークショップ「ミシュレ研究の新地平」における単独発表。 

2010  文学と医学の接点 グラン=ギニョル劇とシャルコー  単独  2010/07/10 
南山大学ヨーロッパ研究センター定例研究会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 於南山大学 

2010  グラン=ギニョル劇と精神医学  単独  2010/06/26 
日本フランス語フランス文学会中部支部大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 於名古屋大学 

2008  ジロンド派は断頭台上で「ラ・マルセイエーズ」を歌ったのか?  単独  2008/06/25 
南山学会研究例会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 於南山大学 

2001  王なる身体——ミシュレ『近世史』における宿命論批判  単独  2001/06 
日本フランス語フランス文学会春季大会   

概要(Abstract) 論文「Le Corps-roi : la critique du « fatalisme » dans l’Histoire des Temps modernes de Jules Michelet」を参照されたい。 

備考(Remarks) 於上智大学 

1998  La fonction expiatoire de la mort dans l’Histoire du Moyen Âge  単独  1998/09 
ミシュレ生誕200年記念学会   

概要(Abstract) 論文「La fonction expiatoire de la mort dans l’Histoire de France au Moyen Âge : la fin de Charles le Téméraire」を参照されたい。 

備考(Remarks) 於ヴァクイユ,ミシュレ博物館 

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]