研究者詳細

研究助成
分割表示   全件表示 >>

22 件中 1 - 10 件目

年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2021  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  アルベール・ロンドルとルポルタージュ文学の誕生 
代表    30万円 

研究内容(Research Content) 本研究は、フランス人ジャーナリスト、アルベール・ロンドルのルポルタージュを通じて、ジャーナリズムが社会に影響を及ぼすメカニズムを検証する。ロンドルは、徒刑場、精神病院、軍隊刑務所、植民地、国際売春組織などに潜入取材を行い、その悲惨な現状を明るみに出した。ジャーナリズムの歴史において、それらは「ルポルタージュ文学」の先駆的作品として重要な意義を持つ。本研究では、文学と歴史学の境界を越えた学際的な観点から、ロンドルの著作の社会批判の射程とその時代的限界について考察する。 

備考(Remarks)  

2021  科学研究費補助金  アルベール・ロンドルとルポルタージュ文学の誕生 
代表  日本学術振興会  直接経費50万円、間接経費15万円 

研究内容(Research Content) 本研究は、フランス人ジャーナリスト、アルベール・ロンドルのルポルタージュを通じて、ジャーナリズムが社会に影響を及ぼすメカニズムを検証する。ロンドルは、徒刑場、精神病院、軍隊刑務所、植民地、国際売春組織などに潜入取材を行い、その悲惨な現状を明るみに出した。ジャーナリズムの歴史において、それらは「ルポルタージュ文学」の先駆的作品として重要な意義を持つ。本研究では、文学と歴史学の境界を越えた学際的な観点から、ロンドルの著作の社会批判の射程とその時代的限界について考察する。 

備考(Remarks)  

2020  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  アルベール・ロンドルとルポルタージュ文学の誕生 
代表    30万円 

研究内容(Research Content) 本研究は、フランス人ジャーナリスト、アルベール・ロンドルのルポルタージュを通じて、ジャーナリズムが社会に影響を及ぼすメカニズムを検証する。ロンドルは、徒刑場、精神病院、軍隊刑務所、植民地、国際売春組織などに潜入取材を行い、その悲惨な現状を明るみに出した。ジャーナリズムの歴史において、それらは「ルポルタージュ文学」の先駆的作品として重要な意義を持つ。本研究では、文学と歴史学の境界を越えた学際的な観点から、ロンドルの著作の社会批判の射程とその時代的限界について考察する。 

備考(Remarks)  

2020  科学研究費補助金  アルベール・ロンドルとルポルタージュ文学の誕生 
代表  日本学術振興会  直接経費70万円、間接経費21万円 

研究内容(Research Content) 本研究は、フランス人ジャーナリスト、アルベール・ロンドルのルポルタージュを通じて、ジャーナリズムが社会に影響を及ぼすメカニズムを検証する。ロンドルは、徒刑場、精神病院、軍隊刑務所、植民地、国際売春組織などに潜入取材を行い、その悲惨な現状を明るみに出した。ジャーナリズムの歴史において、それらは「ルポルタージュ文学」の先駆的作品として重要な意義を持つ。本研究では、文学と歴史学の境界を越えた学際的な観点から、ロンドルの著作の社会批判の射程とその時代的限界について考察する。 

備考(Remarks)  

2019  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  アルベール・ロンドルとルポルタージュ文学の誕生 
代表    30万円 

研究内容(Research Content) 本研究は、フランス人ジャーナリスト、アルベール・ロンドルのルポルタージュを通じて、ジャーナリズムが社会に影響を及ぼすメカニズムを検証する。ロンドルは、徒刑場、精神病院、軍隊刑務所、植民地、国際売春組織などに潜入取材を行い、その悲惨な現状を明るみに出した。ジャーナリズムの歴史において、それらは「ルポルタージュ文学」の先駆的作品として重要な意義を持つ。本研究では、文学と歴史学の境界を越えた学際的な観点から、ロンドルの著作の社会批判の射程とその時代的限界について考察する。 

備考(Remarks)  

2019  科学研究費補助金  アルベール・ロンドルとルポルタージュ文学の誕生 
代表  日本学術振興会  直接経費100万円、間接経費30万円 

研究内容(Research Content) 本研究は、フランス人ジャーナリスト、アルベール・ロンドルのルポルタージュを通じて、ジャーナリズムが社会に影響を及ぼすメカニズムを検証する。ロンドルは、徒刑場、精神病院、軍隊刑務所、植民地、国際売春組織などに潜入取材を行い、その悲惨な現状を明るみに出した。ジャーナリズムの歴史において、それらは「ルポルタージュ文学」の先駆的作品として重要な意義を持つ。本研究では、文学と歴史学の境界を越えた学際的な観点から、ロンドルの著作の社会批判の射程とその時代的限界について考察する。 

備考(Remarks)  

2018  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  アルベール・ロンドルとルポルタージュ文学の誕生 
代表    10万円 

研究内容(Research Content)  本研究では、徒刑場、精神病院、軍隊刑務所、植民地、国際売春組織などについてルポルタージュを著したアルベール・ロンドルについて、とりわけ19世紀以来の精神医学の発展ならびに精神病院の状況について研究を行った。その過程で、19世紀末の医学界の重鎮であり、20世紀の医学のみならず文化にも多大な影響を与えたジャン=マルタン・シャルコーの臨床講義についても考察した。 

備考(Remarks)  

2017  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  現代フランスにおける歴史記述をめぐる議論について 
代表    21万6千円 

研究内容(Research Content) 本研究では、イヴァン・ジャブロンカを中心とする今日の歴史研究者たちの仕事に注目し、近年における歴史記述論の現状を確認するとともに、歴史と文学という二つの領域の関係について再検討を試みる。 

備考(Remarks)  

2017  科学研究費補助金  グラン=ギニョル劇に見る科学と文化の相互的影響 
代表  日本学術振興会  直接経費70万円、間接経費21万円 

研究内容(Research Content) グラン=ギニョル劇はベル・エポックに作られた恐怖演劇であるが、これまでフランスのアカデミズムにおいては周縁的なジャンルとみなされほとんど研究されてこなかった。しかしこのジャンルは当時のさまざまな科学――医学、心理学、犯罪科学、衛生学、細菌学、人類学、民族学、心霊科学など――との関連がきわめて深く、同時代の科学的知識と文学・芸術との関係を知るうえで非常に重要である。その意味で本研究はこのジャンルを通じて一時代の総合的な知のありかたを検討する試みであり、文学・科学・政治・社会を横断する学際的研究の実践として大きな意義をもつ。 

備考(Remarks) 2014年度より継続 

2016  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  20世紀初頭のヨーロッパ文化と狂気の表象 
代表    30万円 

研究内容(Research Content) 20世紀初頭における狂気の表象について、同時代の文学作品や、映画・演劇・オペラなどの表象芸術、医学書、新聞・雑誌やルポルタージュを材料にして、そのイメージを多方面から検証する。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [NEXT>>]