研究者詳細

著書
分割表示   全件表示 >>

13 件中 1 - 10 件目

年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2009  中国近世戯曲史  その他   
中華書局  , B4  , 598  , 2009/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 青木正児原著・王古魯訳著・本人校訂 

1996  日中文化交流史叢書10人物  共著   
大修館書店  , A4  , 483  , 1996/10   

概要(Abstract) 本人執筆担当部分:第7章「幻想の往還」第4節「飛龍衛士、韓志和」p.441〜461(中国語版『中日文化交流史大系10人物』第7章「超越時空的伝説」第4節「飛龍衛士韓志和」p. 344〜357、浙江人民出版社、1996年12月)
4と同じ叢書に属する「人物」巻は、日中文化交流の中に浮かび上ってくる人間像―人物といったものを焦点として立案されたものである。第7章は日中間の伝説の人物像を描き出すもので、本人執筆担当部分はその中の一人、唐に渡った韓志和という日本人について、資料を博捜して、その実像に迫った。 

備考(Remarks) 鳥越憲三郎,王 勇,中西 進,藤善真澄,夏 応元,馮 佐哲,劉 雨珍,蔡 毅,井上章一 

1996  日中文化交流史叢書9典籍  共著   
大修館書店  , A4  , 509  , 1996/05   

概要(Abstract) 本人執筆担当部分:第3章「中国における日本漢籍の流布」第7節「兪樾と中日漢籍の交流」p.311〜340(中国語版『中日文化交流史大系9典籍』第3章「日本漢籍西伝中国的歴程」第7節「兪樾与中日漢籍交流」p.289〜303、浙江人民出版社、1996年11月)
この叢書は全部で10冊となり、「典籍」巻は日中間の書物交流史で、その中の中国へ渡った日本の書物については、初めて明らかになった考察なので、「画期的な交流史」と評価されている。本人執筆担当部分は主に兪樾が『東瀛詩選』を編集する時、日本漢籍との関わりを究明したものである。 

備考(Remarks) 大庭 修,王 勇,藤善真澄,蔡 毅,小川 博 

1992  江蘇歴代文学家  共著   
江蘇古籍出版社(中国南京)  , A5  , 475  , 1992/06   

概要(Abstract) 范仲淹は北宋の代表作家の一人、葉夢得は北宋と南宋をまたがる作家で、その二人の生涯と創作を詳しく述べたものである。 

備考(Remarks) 本人執筆担当部分:范仲淹p.119―127、葉夢得p.141―148 

1983  中国古代文学作品選(上、中、下)  共著   
江蘇人民出版社(中国南京)  , A5  , 1438  , 1983/01   

概要(Abstract) これは中国大学の古典文学教材である。本人執筆担当は宋代の王安石らの作品8篇で、その背景・内容及び芸術特色について、注釈・解説を付けたものである。 

備考(Remarks) 共著者は金啓華、黄進徳ほか51名 

2007  市河寛斎  共著   
研文出版  , A4  , 231  , 2007/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 「日本漢詩人選集」第9巻、西岡淳と共著 

2007  日本漢詩論稿  単著   
中華書局  , A4  , 325  , 2007/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2006  君 当に酔人を恕すべし――中国の酒文化  単著   
農山漁村文化協会  , A4  , 206  , 2006/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 「図説中国文化百華」第17巻 

2003  清水茂漢学論集  単訳   
中華書局  , A4  , 567  , 2003/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2002  中国伝統文化在日本  単訳  302.1k/435 
中華書局  , B5  , 269  , 2002/04   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [NEXT>>]