研究者詳細

その他研究業績
分割表示   全件表示 >>

22 件中 1 - 10 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2020  法制度と法治ー信訪制度  辞書・事典  単著 
よくわかる現代中国政治  , ミネルヴァ書房  , pp54-55  , 2020/4/30   

概要(Abstract)  ⅰ:日本の『請願法』に相当する中国の『信訪条例』が分量も多く精密であるものの、その運用実態は条例(国務院が交付数r法律に相当)の意図と乖離していること、ⅱ:条例に基づく制度には固有の不可解さを生む三要因を分析、ⅲ:信訪制度へ向かう異議申し立てや救済請求が、信訪から本来のチャネルである訴訟へと向かいつつあるが、最大の障壁は「司法の独立」が実現されていない点にある。 

備考(Remarks)  

2014  ディープな中国の参与観察の記録  書評  単著 
週刊読書人  , 株式会社 読書人  , 1  , 2014/04/18   

概要(Abstract) 「株式会社 読書人」の編集部からの依頼を受けて、ピーター・ヘスラー著≪北京の胡同≫(白水社、2014年)の書評を書いた。特に日本人にとっては、中国が経済成長を背景に対日戦略を転換し、中国の外務官僚が日本を痛罵する場面をメディアでよく目にすることに対して、本書が物言わぬ一般中国人の生活や心模様を理解できる好著である点に力点を入れた。伝統主義的体質と社会主義の枠組みの中で庶民がどのような統制化におから、いかなる発想や日常的な諸問題を解決しているかを著者が境界人人的スタンスから、深い洞察力で観察・分析していることを論じた。 

備考(Remarks)  

2012  中国陳情制度改革と憲政の建設  翻訳  単訳 
陳情-中国社会の底辺から  , 東方書店  , pp.23-39  , 2012/07/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  中国陳情制度の運用メカニズムとその変容  翻訳  単訳 
陳情-中国社会の底辺から  , 東方書店  , pp.41-63  , 2012/07/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  陳情資料①  資料  単訳 
中国における陳情行動に関する実証的研究  , 南山大学外国語学部松戸研究室  , pp.  , 2012/03/31   

概要(Abstract) アパレル関連国有企業からの解雇労働者による抵抗運動の女性リーダーによる陳情活動関連資料の邦訳 

備考(Remarks) 平成21・22・23年度科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)による研究成果の一部である。 

2011  陳情資料③  資料  単訳 
中国のおける陳情行動に関する実証的研究  , 南山大学外国語学部松戸研究室  , 2012/03/31   

概要(Abstract) 農村自治の挫折(選挙で幹部に当選したにもかかわらず、権力者の妨害で職責を果たせない)に伴い北京陳情の道に入った夫婦の陳情関連資料の邦訳 

備考(Remarks) 平成21・22・23年度科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)による研究成果の一部である。 

2011  陳情資料②  資料  単訳 
中国における陳情行動に関する実証的研究  , 南山大学外国語学部松戸研究室  , 2012/03/31   

概要(Abstract) 銀行における住宅配分問題をめぐる紛糾と解雇を巡る陳情活動資料の邦訳 

備考(Remarks) 平成21・22・23年度科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)による研究成果の一部である。 

2010  中国女工達の新しい地平  書評  単著 
週刊読書人  , 株式会社 読書人  , 4月30日号  , 1  , 2010年4月   

概要(Abstract) レスリー・T・チャン著(栗原泉訳)『現代中国女工哀史』(白水社、2010年2月発行)の書評である。著者は中国系二世のアメリカ人でハーバードで歴史学と文学を専攻したジャーナリストで、彼女が珠江デルタの経済開放区東カン市で3年に亘り出稼ぎ女子労働へ行った密着取材の集大成である。本書にはもう一つの視点としての著者自身のルーツ探しがあることで、二つのテーマの接点が「出去」という視座にあることを指摘し、邦訳タイトルに少し問題がある点を、中国歴史に対する見解にやや短絡的思考があることを指摘した。しかし、10年前に長江デルタでの出稼ぎ女性労働者学術調査の経験を持つ松戸の目からしても、「母語は中国語」と言うほどの語学力に裏付けされた本書の価値は大きい。 

備考(Remarks)  

2006  ”鏡”としての中国  講演会  その他 
2006年7月22日   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) (南山大学連続講演会「学科長が語る南山の現在」) 

2006  中国におけるグローバリズムの深化と社会構造変動に関する実証的研究  科学研究費補助金報告書  共著 
122  , 2006/05   

概要(Abstract) 平成14年度〜16年度科研費の報告書。劇的な社会変動を経験する中国の勤労者(企業従業員)の労働意識・社会意識の特性やその変質に関する実証研究である。北京市と西安市で2003年春に実施したアンケート(有効回答は1262票)の分析から、両都市間の社会情勢や社会意識の差異、それ以前に実施した同質の調査結果との比較から、WTO加盟が労働条件や労働意識の変質の面で大きなエポックとなっている点が実証できた。巻末にはアンケート票と単純集計結果を掲載している。執筆担当箇所:pp.1-10,pp.53-85,pp.109-122 

備考(Remarks) 研究代表者:松戸庸子;研究課題番号14510231 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [NEXT>>]