研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
森山 幹弘 ( モリヤマ ミキヒロ , MORIYAMA Mikihiro )
所属
Organization
国際教養学部国際教養学科
職名
Academic Title
教授
専攻分野
Area of specialization

インドネシア文化史

学会活動
Academic societies

東南アジア史学会会員(1985.4〜現在に至る)
オランダ王立言語・地理・民族学研究所会員(1988.9〜現在に至る)
日本インドネシア学会会員

社会活動
Community services

国立大学法人評価委員会委員

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (40)
著書数 books (22)
学術論文数 articles (18)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
ライデン大学文学部 2003年06月  未設定 
詳細表示
取得学位
     
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 文学博士(D Litt)  A New Spirit: Sundanese Publishing and the Changing Configuration of Writing in 19th-century West Java  レイデン大学文学部大学院  2003年06月 
修士 文学修士    大阪外国語大学大学院外国語学研究科南アジア語学専攻  1987年03月 
学士 文学士    大阪外国語大学外国語学部インドネシア語学科  1885年03月 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  インドネシアにおける言語文化をめぐる文化史 

概要(Abstract) インドネシアには多くの民族集団がそれぞれの言語を持ち,それはそれぞれに言語文化を発展させてきた。インドネシアの文学という時に,それらの言語集団の言語文化の営為を総合したものをさす所以である。本研究においては、西ジャワのスンダ語の言語文化を巡る営み,すなわち,文字の使用の変化,口承文化の伝統,出版,読書形態,印刷文化の展開,貸し本文化の広がり,広義のリテラシーなどについて焦点を当てて調査研究を行い,インドネシアの言語文化の有り様のひとつの面を描き出すことを目的とする。 

短期研究  蘭領東インド時代のインドネシアにおける出版文化の形成 

概要(Abstract) インドネシアの出版文化がどのように形成されてきたかを、オランダ植民地時代に遡り研究することが目的である。19世紀のインドネシアは、イスラームの伝統を引くリトグラフの印刷技術を持っていたが、オランダから西洋の印刷技術がもたらされて以降、教科書、雑誌、新聞などをはじめとして多くの出版物が社会に流布していくことになり、近代の出版文化が生まれたと言える。本研究では、20世紀前半の出版物の広がり、民間の出版社、特にインドネシア人の経営する出版社の出現、小説という新たなジャンルの出現、読書という営為の出現、植民地政庁が運営する「民衆図書局」(バライ・プスタカ)の独占的な役割などに注目し、未だオランダの植民地であったインドネシアにおいて印刷文化がどのように形成されていったかを調査し、研究するものである。
 その際に、引き続き西ジャワのスンダ語を話す人々の文化的な営為に注目してスンダ語の出版物の研究を中心におくが、合わせて20世紀になって民族主義運動とともに蘭領東インドの共通言語となっていったムラユ語(マレー語)の出版物にも注意を払いながら研究を進める。またオランダ植民地政庁の公文書を含む文献資料やオランダ語の言説も研究対象とすることで、植民者と被植民者の関係性の中で形成された印刷文化を明らかにしていく。 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2017  Cultural Dynamics in a Globalized World  共編著   
Routledge Taylor & Francis Group  , その他  , 930 p  , 2018/01   

概要(Abstract) 執筆論文"Forward Regional Identity and Cultural Heritage", pp. 480-484
Indonesian studies have made a wonderful contribution in academia. A great number of scholars have produced numerous articles and books. Ethnographical descriptions and findings about people and society in Indonesia are global asset and comprise our basis for fieldwork in Indonesia since the colonial period. In fact, such knowledge of local people in their colony was needed for their own interest, namely managing their colony and making the maximal profit from the land and people.
Not only description of Indonesian people and society has been made, but also theory and important concepts have been discovered through researches made by scholars from all over the world. Good examples are Clifford Geertz in the field of anthropology and Benedict Anderson in the field of humanities and social science.
In this paper I explore the problem in the Indonesian studies, which seems not completely free from post-colonial mind-set. The mind-set persists in academia of not only outside Indonesian society but also people inside the society themselves seem to be preoccupied with the academic conventions. I try to suggest an alternative attitude of knowing local cultures in the global age to substitute so-called ‘indigenous studies’. 

備考(Remarks)  

2017  100 tahun Balai Pustaka (1917-2017): Membangun Peradaban Bangsa  共著   
PT Balai Pustaka  , A5  , 168 p  , 2017/09   

概要(Abstract) "Jasa Balai Pustaka dalam pembentukan literacy pada awal abad ke-20: suatu tinjauan dari penerbitan buku-buku berbahasa Sunda", pp. 11-25.
Balai Pustaka meneruskan dan meningkatkan usaha yang ditangani oleh Commissie voor Volkslectuur selama ini ketika lembaga negara ini didirikan pada tahun 1917. Baik Commissie voor Volkslectuur maupun Balai Pustaka tidak hanya berfungsi sebagai percetakan tetapi juga penerbit. Mereka mengumpulkan naskah dalam berbagai bahasa di Hindia Belanda dan menyunting, memasarkan hasil pencetakannya. Dalam pemilihan naskahnya Balai Pustaka melanjutkan usaha Commissie voor Volkslectuur dalam bahasa daerah yang lain seperti bahasa Bali, bahasa Minangkabau dan bahasa Batak. Isi buku penerbitan juga bervariasi: pengumuman pemerintah Hindia Belanda, majalah, buku sekolah, bacaan anak-anak, roman seperti Salah Asuhan dan lian-lain. Dengan usaha ini Balai Pustaka berhasil menyebarluaskan bacaan dan berjasa dalam pembentukan melak huruf atau literacy di masyarakat pribumi.
Makalah ini akan membahas usaha awal Balai Pustaka dalam penerbitan buku-buku bahasa pribumi pada awal abad ke-20. Khususnya peranan dan pengaruh Balai Pustaka dalam percetakan buku dan majalah berbahasa Sunda dibahas dalam kaitan dengan pembentukan kesastraan modern dan literacy pribumi di Jawa Barat.
 

備考(Remarks)  

2016  Traditions Redirecting the Present: Shards of Memory and Instances of Globalisation in Modern Indonesian Cultural Productions since Independence (1945-2015)  共著   
Cambridge University Press  , A5  , 2017/03   

概要(Abstract) Chapter Six"Textual Production in the Midst of Political and Social Change in Indonesia: Readings of Ajip Rosidi’s Anak Tanahair", 1965年にインドネシアで起こった9月30日事件を題材とした一冊の小説を、文化、宗教、政治などの様々な側面から読み直すことで、いかに文学が文化的な多様性を持つインドネシア社会において文化のダイナミズムを生み出す上で重要な役割を担ってきたのかを論じた。 (pp. 151-176)
 

備考(Remarks)  

2015  ことばと社会:アジアのリンガフランカ  共著   
三元社  , A5  , 247 p. (pp. 30-50)  , 2015/10/31   

概要(Abstract) 担当部分:「インドネシア語のリンガフランカとしての役割の変遷」
インドネシア語がインドネシア共和国において担ってきたリンガ・フランカとしての役割を軸にして、まだムラユ語と呼ばれていた植民地時代にまで遡り、インドネシアを中心とする東南アジア島嶼部においては、いつの時代にもムラユ語=インドネシア語がリンガ・フランカとしての役割を担う多言語状況にあったことを明らかにしようとしたもの 

備考(Remarks) 多言語社会研究17号 

2015  Islam dan Regionalisma [Islam and Regionalism]  共著   
PT Dunia Pustaka Jaya  , B4  , 185 p.  , 2015/08   

概要(Abstract) 担当部分:「Bahasa Sunda dalam Berdo’a」本論文ではムスリムがマジョリティーを占めるスンダ人が祈りではどのようにスンダ語を使用するかについて、文化的背景とアイデンティティの保持の観点から論じた。 (pp. 107-116)
 

備考(Remarks)  

2014  Pendidikan Karakter dalam Budaya Sunda dan Jepang: Sebuah Kajian Perbandingan (Character Education in the Sundanese and Japanese Cultures: A Comparative Study)  共著   
Universitas Pendidikan Indonesia  , B4  , 185 p.  , 2015/02   

概要(Abstract) Perbandingan Pendidikan Karakter antara Daerah Sunda di Indonesia dan di Jepang” (「インドネシア・スンダ地方と日本の人格形成教育の比較」)pp. 110 – 125
A Comparison of Character Education between Sundanese Region in Indonesia and Japan (上記論文の英語訳)pp. 126 – 140 

備考(Remarks) 第二期国際化推進事業として実施したインドネシア教育大学と南山大学国際地域文化研究科との3年間の共同研究の成果物として公刊された。 

2013  Semangat Baru: Kolonialisme, Budaya Cetak, dan Kesastraan Sunda Abad Ke-19  単著   
Komunitas Bambu  , B4  , 340  , 2013/05   

概要(Abstract) 2005年に出版された同名書の別の出版社から出された改訂版。 

備考(Remarks)  

2012  民族大国インドネシア: 文化継承とアイデンティティ  共著   
木犀社  , A5  , 365 p (pp. 49-78)  , 2012/9/25   

概要(Abstract) 1章「アイデンティティの拠り所:受け継がれるスンダ語教科書からの考察」(pp. 49-78)を執筆。
スンダ人は彼らの民族言語であるスンダ語をアイデンティティの拠り所として、植民地時代から現在にいたるまで継承してきている。その軌跡をスンダ語教科書を材料として論じた。 

備考(Remarks)  

2011  Words in Motion – Language and Discourse in Post-New Order Indonesia  共編著   
NUS Press  , B5  , 312 p.  , 2012/03   

概要(Abstract) 担当部分:「Regional Languages and Decentralisation in Post-New Order Indonesia: The case of Sundanese」。
政治の変化、特に地方分権化と地方自治の強化が様々な民族集団の言語(地方語と呼ぶ)が国語と並んで使用されているインドネシアにおいて、地方語にどのような影響を与えたのか、西ジャワのスンダ語コミュニティーを例として取り上げ、教育、出版、マス・メディアなどから考察した。(pp. 82-100)
 

備考(Remarks)  

2011  多言語主義再考ー多言語状況の比較研究  共著   
三元社  , B5  , 756 p.  , 2012/03   

概要(Abstract) 担当部分:「インドネシアにおける多言語状況と『言語政策』」。1945年8月17日に独立を宣言したインドネシアが、今日までどのような言語状況にあったのか、特にどのような多言語状況にあったのかを辿り、その際にインドネシアには果たして言語政策と呼べるものがあったのかについて考察した。さらに多言語状況における問題点について、政権の交代との関連で論じていく。とりわけ、1998年5月のスハルト政権崩壊後の自由化、民主化と言われる時代の到来とともに言語においてどのような変化が起きているのかを論じた。(pp. 407-429)
 

備考(Remarks)  

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2017  インドネシア語基本文法の記述:教材作成のための共同研究からの報告  共著   
インドネシア 言語と文化  , 日本インドネシア学会  , 23号  , pp. 11-25  , 2017/06   

概要(Abstract) インドネシア語の基本教材について本学会において、2011年にはテーマ発表として日本におけるインドネシア語教育の問題点を共有し、どのような課題に対して取り組んで行かなければならないかを議論した。次いで、2013年のテーマ発表では、インドネシア語の会話の授業について、ネイティブ教員の報告を手がかりとして現状の認識と共通課題を議論した。今回の発表は、それらの発表で共有した課題を踏まえて2013年度から開始した科学研究費による研究「日本におけるインドネシア語教材の分析と教材バンクの創設」(2013年度〜2015年度)を終了したことに合わせ、その研究の成果の一部を発表するものである。
 研究成果として目指していたものは、日本のインドネシア語教育機関において、教師が参照することを目的とした基本文法を記述することであった。それは、インドネシア語の運用(読む、書く、聞く、話す)のために必要な基本的な文法であり、応用的な運用能力を身につけていくための基礎を形成する文法項目と位置づけたものである。参照文法という目的を踏まえて、文法を教える際に必要不可欠な言語学に立脚した考え方を説明することを旨としつつ、現在の時点での標準的、基本的と考えられる記述を行った。具体的な記述は、インドネシア語の特性から、接辞法を中心にした形態論と統語論を中心としたものとなっている。今回の発表は、各文法項目の基本的な構成(1. 概要 2. 形態 3. 機能(文法的機能、意味的機能)4. 補足)からなる幾つかの文法項目を例として取り上げ、上記の方針に則って行ってきた3年間余りの共同研究の成果を発表し、インドネシア語を現場で教えている本学会の会員の批判を仰ぐものである。
 

備考(Remarks)  

2015  Poet in an Islamic Community: Cultural and Social Activities of Acep Zamzam Noor in Tasikmalaya  単著   
Studia Islamika, Indonesian Journal for Islamic Studies  , Center for the Study of Islam and Society (PPIM) Syarif Hidayatullah State Islam University of Jakarta  , 22/2  , pp. 269-295  , 2015   

概要(Abstract) This article brings out the significance of social leader in the time of socio-political change in Indonesia since Soeharto left office in 1998 by describing and analyzing the projects and writings including poems of Acep Zamzam Noor (born in 1960), an activist and poet based in the Pesantren Cipasung (Cipasung Islamic school complex) in Tasikmalaya, West Java. He is respected not by his Islamic knowledge based on learning books, rather by his faith to God and deed based on his own experience. Acep’s oppositional stance in relation to political and religious authorities is manifest in various public projects including political parody and cultural activities in the local community. These respective projects constituted bases for the respect and support from which the institution of the social leader derives its significance in Islamic communities in Indonesia. This article adds to the literature by describing and analyzing an important strand of religious authority. 

備考(Remarks)  

2014  インドネシア語会話の授業について  共著   
インドネシア言語と文化  , 日本インドネシア学会 (Himpunan Pengkaji Indonesia Seluruh Jepang)  , 20号  , pp. 1-11  , 2014/05/24   

概要(Abstract) 日本におけるインドネシア語の会話の授業の運営は、ほとんどの教育機関において、もっぱらネイティブの教員に委ねられてきたのではないか。つまり、インドネシア語教育の全体のカリキュラムの中での位置づけに基づいて、文法や作文などの授業との位置づけがなされないまま行われてきたのではないだろうか。インドネシア語科目のコーディネーターは、会話の授業で使われている教科書され知らず、どのような運営が行われているのかも把握していないということもあるようである。
 また、会話教材の開発について、他の科目とのリンクが考えられて作成されていることもあまり多いとは思われない。会話の授業を担当する専任教員あるいは非常勤の教員とのコミュニケーションを行い、インドネシア語教育に携わる教員が議論し、それぞれの教材を検討し、有機的な関係をもつ教材を作成することがなされなければならない。
 さらには、外国人に対して会話の授業をした経験のないネイティブの教員への必要な指導や訓練なども行っていないのが現状である。教育経験のない教員に対しては十分なガイダンスや引き継ぎを行った上で、授業を任せるのでなければ、会話の授業を初めて担当する教員は戸惑うばかりである。近年では外国語教授法という語学教育の分野の研究も成果が出されてきており、インドネシア語教育に取り込むことができる教育法もあると思われる。果たして、実際の教育現場でどのような会話の授業の実践が行われているのか、現状の認識を行うことから始める必要がある、というのが今回の発表の出発点である。いわば、これまでほとんど議論してこなかったテーマをインドネシア語教育に携わる教員や研究者間で議論を呼びかけることが目的である。
 

備考(Remarks) 共著者:森山幹弘、サフィトリ・エリアス、モハンマド・ウマル・ムスリム、降幡正志、原真由子 

2014  Post-authoritarian diversity in Indonesia’s state-owned mosques: A manakiban case study  共著   
Journal of Southeast Asian Studies  , National University of Singapore  , Vol. 45/no. 2  , pp. 194-213  , 2014/05   

概要(Abstract) これまであまり関心が払われてこなかったインドネシアのイスラームの公共性の高まりを考察するとともに、地方社会が選挙を通して民主化していくプロセスを西ジャワのタシクマラヤ市を例に検討した。とりわけ政府が運営するイスラーム組織が弱体化していること、どのようなイスラームの慣習が抑圧されているかを明らかにした。 

備考(Remarks) with Greg Barton, Linda Hindasah and Julian Millie 

2013  Potensi, Prospek dan Sumbangan Karya Sastera dalam Teknologi dan Industri Kreatif Masa Kini di Jepun(「現代日本における創造的技術と産業を活用した文学作品の潜在力、展望と貢献」)  未設定   
Portal eSeminar  , Dewan Bahasa dan Pustaka, Malaysia  , 2013/13  , pp.1-13  , 2013   

概要(Abstract) Dalam dekade terakhir ini terasa pengaruh perkembangan teknologi yang belum pernah dialami dunia sebelumnya. Tidak terkecuali perkembangan itu terjadi di masyarakat Asia dengan inovasi teknologi atau penyebaran komputer, telepon genggam, tablet dan internet di semua sudut masyarakat. Di bidang kesasteraan, perkembangan teknologi tersebut, khususnya teknologi digital, sering dikatakan akan mengubah sarana-sarana untuk belajar, membaca, dan menulis, dan juga kebiasaan membaca dan menulis. Apakah benar pengaruh perkembangan teknologi dan industri kreatif masa kini tak terhindar sehingga cara membaca dan menulis pun ikut berubah? Kalau memang terjadi perubahan seperti itu sejauh manakah kreasi karya sastera telah dan akan berubah?
Kertas kerja ini akan meneliti perkembangan sarana-sarana membaca dan perubahan kebiasaan membaca sebagai salah satu akibat dari perkembangan teknologi tersebut di masyarakat Jepun. Kedua, akan membahas apakah terjadi perubahan karya sastera Jepun baik segi isi maupun segi bentuk, dan kalau hal itu memang terjadi, sejauh mana terjadi perubahan tersebut. Pembahasan dalam kertas kerja ini juga akan mencakup isu baru yang sedang dirancang untuk memperkenalkan buku pelajaran digital di sekolah-sekolah di Jepun. 

備考(Remarks)  

2012  インドネシア語教育の活性化のために  共著   
インドネシア 言語と文化  , 日本インドネシア学会  , 第18号  , pp. 2-10  , 2012/09   

概要(Abstract) 日本におけるインドネシア語教育はどのような対策を採ることが必要とされているのか。今後も18歳人口の減少が続き大学の教育・研究環境は厳しさを増していくこと、さらにはインドネシア語教員の再生産が現状のままでは難しいことに正面から向かい合う必要があることを認識し、国内に散らばっている教育機関の教員が協力し、どのような対策を採ることが可能なのかを論じた。 (pp. 2-5, 10) 

備考(Remarks)  

2012  大学生による学生支援活動が社会人基礎力、職業キャリア・レディネスや学校生活充実度に及ぼす影響  共著   
アカデミア 人文・自然科学編  , 南山大学 南山学会  , 第4号  , pp. 83-94  , 2012/06/30   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  Urang Sunda Ceuk Batur (外国人が見るスンダ人)  単著   
Cahara, Bumi Siliwangi Majalah Pendidikan UPI  , Universitas Pendidikan Indonesia  , No. 8  , pp. 19 – 25  , 2011/06   

概要(Abstract) Tulisan kecil ini mencoba melihat siapa orang Sunda. Dengan kata lain, bagaimana orang Sunda diidentifikasi di antara suku bangsa-suku bangsa lain di Indonesia. Kita akan mencermati uraian, gambaran dan kesan yang terdapat dalam pelbagai pandangan, baik pandangan orang asing maupun orang Sunda sendiri. Tidak kurang juga dalam kebijakan pemerintah RI setelah kemerdekaan, dan tentu saja di bidang pendidikan, khususnya yang berkaitan dengan kurikulum dan buku pelajaran bahasa Sunda, dan lain-lain.
 

備考(Remarks)  

2010  The Impact of Early Modern Textbooks on Sundanese Writing in the Nineteenth Century  単著   
Tawarikh, International Journal for Historical Studies  , Association of Indonesian Scholars of History Education  , Vol.2, No.1  , 1-22  , October 2010   

概要(Abstract) Dangding is the generic name of a type of verse forms, which was always chanted, and often sung loudly. A long narrative composed in dangding is called wawacan, a genre loved by the people in the 19th century. Tradition has it that aristocrats and Islamic teachers in the Sundanese-speaking area borrowed it from the Javanese literary tradition when the Javanese kingdom of Mataram ruled West Java. Dangding was admired in Sundanese aristocratic circles, and pervaded the elite community. The Dutch saw dangding as the most original and valuable kind of Sundanese writing and thought it the best way to convey modern information and enlighten the people. There were other visions of how local culture could serve colonial ends, though. The missionary S. Coolsma, for one, argued that prose should be developed among the people, even though he was aware of the Sundanese preference for poetry. Coolsma believed that dangding was too traditional to embody the novelties of modernity; and hoped that prose would lead to ‘a new spirit’ (een nieuwe geest), paving the way to new and strong forms of writing (Coolsma 1881: 145). On the other hand, Sundanese themselfves were to think that prose was more transparent and clear and even more pleasant to read than dangding, as textbooks were made in the new form of writing.
The conception of writing and reading began to change. Schools and textbooks created a new type of reader and writer: they formed a new audience alongside the semi-illiterate one that was closely linked to the oral traditions which would remain predominant in West Java for a long time to come. Increasing numbers of Sundanese children started to read and write in Sundanese. The new type of education produced modern readers by way of modern textbooks in Roman script.
 

備考(Remarks)  

2007  Revival of the Sundanese language? : Some preliminary views on a regional language in Indonesia  単著   
アカデミア 文学・語学編  , 南山学会  , 第83号  , pp. 211-226  , 2008/01   

概要(Abstract) スハルト体制の終焉(1998年)とともに、イデオロギーとしてのインドネシア語国語政策の下にこれまで封じ込められていた民族言語(地方語)が解き放たれ、公共の場においてより自由な言説が生まれてきている。加えて、英語や中国語が都市部を中心にして生活の中にこれまで以上に入り込んできている。これらの現象は、これまでのインドネシア語が担ってきた役割に変化が生じ、インドネシアの言語の様態に変化が生じていることを示唆しているように思われる。本論文では、インドネシアで二番目に大きい民族言語集団であるスンダ語(言語人口約3千万人)を取り上げ、本当に公共の場においてこれまで以上に地方語が使われるようになってきているのか、そのためにどのような努力がなされているのか、地方文化において新しい動きがあるのかを考察する。 

備考(Remarks)  

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2010  Revitalizing Regional Language and Decentralization in Indonesia  論文発表、報告書  単著 
Recueil des communications  , CORENS  , 48-54  , Feb 2011   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 2010年9月29-30日にマリ共和国のカイ州で開催されたForum International <Plurilinguismes et Decentralisation>の報告集。29日の会議において論文を発表した。
以下の5団体の共催によって開催された。
Assemblee Regionale de Kayes (ARK)
Union des Communes du cercle de Diema(UCD)
Region Nord-Pas-de-Calais
UNESCO
CORENS 

2010  Indonesian in Japanese Univeresities  招待講演  その他 
National Colloquium on the Future of Indonesian in Australian Universities  , National Teaching Fellow of the Australian Learning and Teaching Council  , 9-11 Feb 2011   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 全豪インドネシア教育の学会において、日本におけるインドネシア語教育の現状について講演を行うとともに、インドネシア語教育の将来について3日間の議論に参加した。 

2010  Sundanese Publishing and the Changing Configuration of Writing in Nineteenh Century  招待講演  その他 
国立インドネシア教育大学大学院  , 2010年8月19日   

概要(Abstract) 研究を行う上で必要なステップについて、特に文化研究の分野に絞って講演した。テーマ、材料の探し方、分析の仕方について話したあと、最後に研究における倫理についても言及した。 

備考(Remarks) 国立インドネシア教育大学の大学院、スンダ文化専攻の博士前期後期課程の学生を対象としたセミナーにおいて講演した。参加者は約30名。 

2010  Sundanese Culture in Globalizastion Era  招待講演  その他 
国立パジャジャラン大学文学部  , 2010年8月18日   

概要(Abstract) 地方のアイデンティティーを保持しつつ、国際的な学問の世界へ羽ばたいていくことの大切さと、その際に留意するべき点を講演した。 

備考(Remarks) 文学部の学部と大学院の新入生を対象として学術講演を行なった。実際の講演はDari Sunda ke Dunia dalam Bidang Akademisと題してインドネシア語で行なった。 

2010  Literary Expressions in Post-Suharto Indonesia  論文発表、報告書  その他 
The Fourteenth Asian Studies Conference Japan (ASCJ)  , ASCJ  , 2010年6月19-20日   

概要(Abstract) Socio-political changes in Indonesia since Soeharto left office in 1998 and the following period of reformasi (reformation) seem to have caused changes in many aspects of Indonesian society. One of the remarkable changes in the period is a freer and more critical expression in literary works. A good example is a prominent poet Acep Zamzam Noor who lives in an Islamic community in West Java. He expressed his sharp criticism and disgust at politics, especially at political leaders and high government officials followed by his social commitment through cultural and socio-political activities. For instance, in the anthology of poems Poligami (Polygamy) published in 2003 he pointed out social problems and stated role of artists or poets in the period of reformation after the end of Soeharto’s regime. It was the period of disorder politically and economically: thousands of political parties tried to get power, jumping of prices, Bali bombing, and so on. This paper will explore the role of literature in the political confusion and also try to discuss relationship between literary expressions and politics in Indonesia by focusing on a poet Acep Zamzam Noor. 

備考(Remarks) 2日目のSession 26: Engaging the Untouchable: Indonesian Writers and the Politically Sensitiveにおいて、論文発表を行なった。 

2010  多言語社会インドネシア:国語政策と「地方語」の位相ースンダ語を例として  招待講演  その他 
インドネシア留学生協会(名古屋支部)  , 2010年10月10日   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 例年、秋に名古屋で開催されている「インドネシア・フェスティバル」において、講演を行った。 

2010  時を彫る男  翻訳  単訳 
新潮  , 新潮社  , 1269号  , 127-137  , 2010/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) オカ・ルスミニの短編Pemahat Abadの翻訳および原作者の紹介と解説。
この翻訳は、高樹のぶ子編『天国の風』新潮社(2011年2月)に、再録されて出版された。 

2010  Bahasa Sunda dan Islam: Suatu potret 2010  招待講演  その他 
International Workshop on Islam dan Kedaerahan di Jawa Barat: a 2010 snapshot  , Universitas Islam Negeri Sunan Gunung Djati and Monash University  , 14 Oct 2010   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2009  多言語社会インドネシア:国語政策と「地方語」の位相ースンダ語を例として  論文発表  その他 
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所  , 協同研究プロジェクト「多言語状況の比較研究」  , 7月11日   

概要(Abstract) 平成20年4月から始まった共同研究プロジェクトにおいて、インドネシアの事例を扱うセッションを設定し、他の2名の研究者とともにインドネシアにおける国語政策の功罪と地方語の多様なあり方について発表した。 

備考(Remarks)  

2009  Suatu Perbandingan Media Massa antara Indonesia dan Jepang  講演  その他 
Diskusi Panel held by Departemen Usaha Pendidikan Jurnalistik  , Perusahaan Umum LKBN Antara  , 3 September 2009   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
学術関係受賞
年度
Year
受賞学術賞名
Name of award
受賞対象となった研究/業績/活動等
Activity for which award given
受賞年月(日)
Date
授与機関
Award presenter
2005  第二回日本学術振興会賞  スンダ近代文学の形成をめぐる文化史研究  2006年03月09日 
日本学術振興会 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2017  110 tahun pembelajaran Bahasa Melayu di Jepun: suatu sejarah persahabatan antara Malaysia dan Jepun  単独  2017/12/19 
Annual ECoFl Symposium, Issues in Economics, Finance and Banking: Past, Present and Future  , Universiti Utara Malayasia   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  Penerbitan buku berbahasa Sunda selama100 tahun  単独  2017/10/28 
Lustrum Sundanese Studies  , Faculty of Humanities, Universitas Pendidikan Indonesia   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  Metodologi Penelitian Etnografi  単独  2017/10/27 
Faculty of Humanities, Universitas Pendidikan Indonesia   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  Demographic Change and its Impact on Contemporary Japanese Society  単独  2017/10/26 
International Postgraduate Conference on Social and Political Issues  , Faculty of Social and Political Sciences, Universitas Indonesia   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  Print culture in Sundanese for 100 years in the Dutch East Indies  単独  2017/10/24 
1st UPI International Conference on Language, Literature, Culture, and Education  , Indonesia University of Education   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  Pengajaran Bahasa Indonesia di Jepang: Pelaksanaan dan Masalahnya  単独  2017/09/23 
APP-BIPA Jepang  , Pengajaran Bahasa Indonesia bagi Pengajar dan Pegiat Bahasa Indonesia di Jepang   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  インドネシア語基本文法の記述:教材作成のための共同研究からの報告  共同  2016/11/19 
日本インドネシア学会  , 日本インドネシア学会   

概要(Abstract) インドネシア語の基本教材について本学会において、2011年にはテーマ発表として日本におけるインドネシア語教育の問題点を共有し、どのような課題に対して取り組んで行かなければならないかを議論した。次いで、2013年のテーマ発表では、インドネシア語の会話の授業について、ネイティブ教員の報告を手がかりとして現状の認識と共通課題を議論した。今回の発表は、それらの発表で共有した課題を踏まえて2013年度から開始した科学研究費による研究「日本におけるインドネシア語教材の分析と教材バンクの創設」(2013年度〜2015年度)を終了したことに合わせ、その研究の成果の一部を発表するものである。 

備考(Remarks)  

2016  Knowing local cultures in Indonesia: rethinking “indigenous” studies in a global age  単独  2016/11/08 
The 1st Asia-Pacific Research in Social Sciences and Humanities  , Universitas Indonesia   

概要(Abstract) In this paper I explore the problem in the Indonesian studies, which seems not completely free from post-colonial mind-set. The mind-set persists in academia of not only outside Indonesian society but also people inside the society themselves seem to be preoccupied with the academic conventions. I try to suggest an alternative attitude of knowing local cultures in the global age to substitute so-called ‘indigenous studies’. 

備考(Remarks)  

2016  Suatu Diskusi Post-kolonial: contoh penelitian budaya Sunda  単独  2016/11/04 
Faculty of Humanities, Universitas Indonesia  , Faculty of Humanities, Universitas Indonesia   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  Ethnic identity and regional language: the case of Sundanese in West Java  単独  2016/07/18 
Conceptualizing Rapport Symposium  , La Trobe University   

概要(Abstract) The focus of this paper is on my development of rapport with a Sundanese musician family over the last thirty-five years. The discussion explores the relationship between language and ethnic identity, concentrating on the following issues: how is mutual empathy, trust, and emotional attachment presented and developed through my exchanges of Sundanese during fieldwork; and what is the relationship between this use of Sundanese and socio-political change that occurred at the local and national level over this period. 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2011  科学研究費補助金  名称検討監修 
研究分担者  日本学術振興会   

研究内容(Research Content) 本研究は、インドネシアを主な研究対象地として、消費様式や生活必需品の共通度、普及度を検証し、それが国民文化や民族文化の形成に果たす役割を明らかにすることを目的とする。従来ナショナリズム等のイデオロギーや教育等の制度面から論じられることの多かった国民文化形成の意識的・意図的な側面に加えて、生活用品の購買・使用という特に国家を意識しない消費行動もまた国民文化形成に大きく寄与していること、また特定の品目においては民族文化が意識的に維持されていることを明らかにする。 

備考(Remarks)  

2010  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  イスラムとリージョナリズム:インドネシア、西ジャワの文化的実践からの考察 
  南山大学パッヘ研究奨励金委員会   

研究内容(Research Content) 研究助成 

備考(Remarks)  

2009  Discovery Projects of Australian Researh Council  Glocalisation and sub-national Islams in Indonesia: neo-traditionalism, local Islam and the commemoration of regional Islamic legacies 
協力研究者  ARC   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 本プロジェクトの採択通知を2009年12月に受け取った。このプロジェクトは2010年6月から助成金の交付を受ける。 

2007  科学研究費補助金  文化の世代間継承に関する文化人類学的研究:インドネシアの事例から 
非代表者  文部科学省  60万円 

研究内容(Research Content) 海外調査費 

備考(Remarks) 2007年度から3年間の研究助成 

2004  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  メディア・リテラシーと共同体の形成について 
     

研究内容(Research Content) 研究助成 

備考(Remarks)  

2003  国際交流活動助成  「新しい時代精神ー19世紀西ジャワにおけるスンダ語出版と文学の変容」のインドネシア語出版 
  りそな アジア・オセアニア財団   

研究内容(Research Content) 出版助成 

備考(Remarks)  

2003  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  翻訳と文化の変容:19世紀のインドネシア、スンダ語文化において 
     

研究内容(Research Content) 研究助成 

備考(Remarks)  

2002  隣人を知ろうプログラム  セノ・グミラ・アジダルマの文学 
  トヨタ財団   

研究内容(Research Content) 短編集の翻訳出版 

備考(Remarks)  

2002  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  翻訳と文化の変容:19世紀のインドネシア、スンダ語文化において 
     

研究内容(Research Content) 研究助成 

備考(Remarks)  

2001  南山大学パッヘ研究奨励金I-A  インドネシア,スンダ近代文学の変容 
     

研究内容(Research Content) 研究助成 

備考(Remarks)  

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2017  演習IIにおける他大学との合同ゼミ 

アジア学科の3年生ゼミの学生を指導し、ともにインドネシア語を学び、インドネシアを研究対象地域として学んでいる大阪大学と東京外国語大学との3大学合同ゼミを本年度も南山大学を会場として実施した。すでに本年度で4回目を数える合同ゼミは非常に有意義な学びの場となっている。
 

2017/09 ~ 2017/10 
2015  「中級インドネシア語文法」の教科書の編集 

昨年度まで実施した3年間の科学研究費補助金によって実施した「日本におけるインドネシア語教材の分析と教材バンクの創設」の成果を基に、これまで使用していた中級文法の教科書を全面改訂した。 

2016/01 ~ 2016/03 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2017  インドネシア語スピーチコンテスト  2017/11 

活動内容等(Content of Activities) 今回で第10回目のインドネシア語スピーチコンテストの企画、運営をインドネシア学生会名古屋支部の協力を得て、南山大学を会場として実施した。今年度からアジア学科と国際教養学科との合同で主催した。今年も全国から出場者を集め、インドネシア大使館の後援を頂き実施することができ、年中行事として社会的に認知されてきている。 

2006  共同研究プロジェクト 主査  2006年度 

活動内容等(Content of Activities) 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 所外からの代表による共同研究プロジェクト「インドネシアの国語政策と言語状況の変化」の初年度、9名の共同研究員によって運営し、3回の研究会を開催 

2001  海外研究出張・オランダ  2002/03/03-2002/03/3 

活動内容等(Content of Activities) オランダ国レイデン大学東南アジア・オセアニア言語文化学科および王立地理・言語・民族学研究所図書館(レイデン市)において博士論文のための研究調査を行った。 

2001  海外研究出張・インドネシア  2001/09/01-2001/09/1 

活動内容等(Content of Activities) バンドゥンとジャカルタの図書館において19世紀のスンダ語の出版物についての書誌学的な調査およびインタビューを行った。 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2017 
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
2010 
2009 
2008 
詳細表示

2018/04/27 更新