研究者詳細

著書
分割表示   全件表示 >>

26 件中 1 - 10 件目

年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2016  Traditions Redirecting the Present: Shards of Memory and Instances of Globalisation in Modern Indonesian Cultural Productions since Independence (1945-2015)  共著   
Cambridge University Press  , A5  , 2017/03   

概要(Abstract) It can be said that Ajip Rosidi has lived in Indonesian literature since independence. He experienced various political and social changes even globalization in recent decades. His novel Anak Tanahair (A child of homeland) published in 1985 can be deemed as a novel based on his experience before and after the September 30th Movement and social disorder. This novel describes difficulties and conflicts of a muslim living in Jakarta at the time of the September 30th Movement. I will explore some aspects of cultural, religious and political conflicts in Anak Tanahair and also aspiration and affection for regional culture echoed in the text. In my reading I will make a comparison with other novels related with the Septemner 30th Movement written by the above mentioned authors to demonstrate how textual production play a significant role in the society of diversity and what role literature has been playing to promote cultural dynamism in Indonesia. 

備考(Remarks)  

2015  ことばと社会:アジアのリンガフランカ  共著   
三元社  , A5  , pp. 30-50  , 2015/10/31   

概要(Abstract) インドネシア語がインドネシア共和国において担ってきたリンガ・フランカとしての役割を軸にして、まだムラユ語と呼ばれていた植民地時代にまで遡り、インドネシアを中心とする東南アジア島嶼部においては、いつの時代にもムラユ語=インドネシア語がリンガ・フランカとしての役割を担う多言語状況にあったことを明らかにしようとしたもの 

備考(Remarks) 多言語社会研究17号 

2015  Islam dan Regionalisma [Islam and Regionalism]  共著   
PT Dunia Pustaka Jaya  , B4  , pp. 107-116  , 2015/08   

概要(Abstract) イスラムと地方文化の関係性について論じた論文集。本論文ではムスリムがマジョリティーを占めるスンダ人が祈りではどのようにスンダ語を使用するかについて論じたもの。 

備考(Remarks)  

2014  Pendidikan Karakter dalam Budaya Sunda dan Jepang: Sebuah Kajian Perbandingan (Character Education in the Sundanese and Japanese Cultures: A Comparative Study)  共著   
Universitas Pendidikan Indonesia  , B4  , 185 p.  , 2015/02   

概要(Abstract) Perbandingan Pendidikan Karakter antara Daerah Sunda di Indonesia dan di Jepang” (「インドネシア・スンダ地方と日本の人格形成教育の比較」)pp. 110 – 125
A Comparison of Character Education between Sundanese Region in Indonesia and Japan (上記論文の英語訳)pp. 126 – 140 

備考(Remarks) 第二期国際化推進事業として実施したインドネシア教育大学と南山大学国際地域文化研究科との3年間の共同研究の成果物として公刊された。 

2013  Semangat Baru: Kolonialisme, Budaya Cetak, dan Kesastraan Sunda Abad Ke-19  単著   
Komunitas Bambu  , B4  , 340  , 2013/05   

概要(Abstract) 2005年に出版された同名書の別の出版社から出された改訂版。 

備考(Remarks)  

2012  民族大国インドネシア: 文化継承とアイデンティティ  共著   
木犀社  , A5  , 365 p (pp. 49-78)  , 2012/9/25   

概要(Abstract) 1章「アイデンティティの拠り所:受け継がれるスンダ語教科書からの考察」(pp. 49-78)を執筆。
スンダ人は彼らの民族言語であるスンダ語をアイデンティティの拠り所として、植民地時代から現在にいたるまで継承してきている。その軌跡をスンダ語教科書を材料として論じた。 

備考(Remarks)  

2011  Words in Motion – Language and Discourse in Post-New Order Indonesia  共編著   
NUS Press  , B5  , 312 p.  , 2012/03   

概要(Abstract) “Regional Languages and Decentralisation in Post-New Order Indonesia: The case of Sundanese” 

備考(Remarks)  

2011  多言語主義再考ー多言語状況の比較研究  共著   
三元社  , B5  , 756 p.  , 2012/03   

概要(Abstract) 「インドネシアにおける多言語状況と『言語政策』」 

備考(Remarks)  

2010  Perubahan Pandangan Aristokrat Sunda dan Esai-esai lainnya mengenai Kebudayaan Sunda [スンダ人貴族の見方の変化とスンダ文化に関するその他のエッセイ]  単著   
Pusat Studi Sunda  , B5  , pp. 75-102  , 2010/11   

概要(Abstract) “Ketika Tulisan Dicetak: Kesusasteraan Sunda di Jawa Barat pada Paruh Kedua Abad ke-19”[書かれたものが印刷された時:19世紀後半の西ジャワにおけるスンダ文学] 

備考(Remarks) Sundalana シリーズ第7巻Perubahan Pandangan Aristokrat Sunda dan Esai-esai lainnya mengenai Kebudayaan Sunda [スンダ人貴族の見方の変化とスンダ文化に関するその他のエッセイ]として出版された。 

2009  Geliat Bahasa Selaras Zaman (時代と共に言語は変わる)  共編著   
KPG  , その他  , 423  , 2010/01   

概要(Abstract) Pengantar: Cakupan dan Gagasan Buku ini(序論:本書のスコープとねらい)
インドネシアの言語について検討する際に、言語と権力の問題、言語とアイデンティティの問題を避けて通ることができないことを指摘するとともに、「地方」「民族」エスニシティー」「国家」をキーワードとしていくことが、言語における新しい現象を理解するために必要であることを論じた。
「Bahasa Daerah dan Desentralisasi pada Masa Pasca-Orde Baru(地方語と新秩序体制後の地方分権化)」
政治の変化、特に地方分権化と地方自治の強化が様々な民族集団の言語(地方語と呼ぶ)が国語と並んで使用されているインドネシアにおいて、地方語にどのような影響を与えたのか、西ジャワのスンダ語コミュニティーを例として取り上げ、教育、出版、マス・メディアなどから考察した。
 

備考(Remarks) Geliat Bahasa Selaras Zaman (時代と共に言語は変わる)
平成20年6月に森山幹弘が中心となって企画し、インドネシア大学が開催機関として行われた社会言語学のワークショップの議論の成果を基に、インドネシア国内外から15名の執筆者を集めて編集した論文集。テーマは、スハルト体制崩壊後のインドネシアにおいて、規制緩和と技術的な進歩によって英語、中国語の使用が一気に増大したこと、中央集権体制の脆弱化にともない地方語が復権する兆しが見えること、書き言葉と話し言葉の区別が曖昧になってきている現象などを扱った論文集である。言語の使用の変化に特化した研究書としては類をみない。インドネシア人研究者と日本人研究者が共同で編集した初めての出版物であること、日本人の論文が1冊の本のなかで4本もインドネシア語で紹介されることなど、メディアなどでも耳目を集めた。 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [NEXT>>]