研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

22 件中 1 - 10 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2017  インドネシア語基本文法の記述:教材作成のための共同研究からの報告  共著   
インドネシア 言語と文化  , 日本インドネシア学会  , 23号  , pp. 11-25  , 2017/06   

概要(Abstract) インドネシア語の基本教材について本学会において、2011年にはテーマ発表として日本におけるインドネシア語教育の問題点を共有し、どのような課題に対して取り組んで行かなければならないかを議論した。次いで、2013年のテーマ発表では、インドネシア語の会話の授業について、ネイティブ教員の報告を手がかりとして現状の認識と共通課題を議論した。今回の発表は、それらの発表で共有した課題を踏まえて2013年度から開始した科学研究費による研究「日本におけるインドネシア語教材の分析と教材バンクの創設」(2013年度〜2015年度)を終了したことに合わせ、その研究の成果の一部を発表するものである。
 研究成果として目指していたものは、日本のインドネシア語教育機関において、教師が参照することを目的とした基本文法を記述することであった。それは、インドネシア語の運用(読む、書く、聞く、話す)のために必要な基本的な文法であり、応用的な運用能力を身につけていくための基礎を形成する文法項目と位置づけたものである。参照文法という目的を踏まえて、文法を教える際に必要不可欠な言語学に立脚した考え方を説明することを旨としつつ、現在の時点での標準的、基本的と考えられる記述を行った。具体的な記述は、インドネシア語の特性から、接辞法を中心にした形態論と統語論を中心としたものとなっている。今回の発表は、各文法項目の基本的な構成(1. 概要 2. 形態 3. 機能(文法的機能、意味的機能)4. 補足)からなる幾つかの文法項目を例として取り上げ、上記の方針に則って行ってきた3年間余りの共同研究の成果を発表し、インドネシア語を現場で教えている本学会の会員の批判を仰ぐものである。
 

備考(Remarks)  

2015  Poet in an Islamic Community: Cultural and Social Activities of Acep Zamzam Noor in Tasikmalaya  単著   
Studia Islamika, Indonesian Journal for Islamic Studies  , Center for the Study of Islam and Society (PPIM) Syarif Hidayatullah State Islam University of Jakarta  , 22/2  , pp. 269-295  , 2015   

概要(Abstract) This article brings out the significance of social leader in the time of socio-political change in Indonesia since Soeharto left office in 1998 by describing and analyzing the projects and writings including poems of Acep Zamzam Noor (born in 1960), an activist and poet based in the Pesantren Cipasung (Cipasung Islamic school complex) in Tasikmalaya, West Java. He is respected not by his Islamic knowledge based on learning books, rather by his faith to God and deed based on his own experience. Acep’s oppositional stance in relation to political and religious authorities is manifest in various public projects including political parody and cultural activities in the local community. These respective projects constituted bases for the respect and support from which the institution of the social leader derives its significance in Islamic communities in Indonesia. This article adds to the literature by describing and analyzing an important strand of religious authority. 

備考(Remarks)  

2014  インドネシア語会話の授業について  共著   
インドネシア言語と文化  , 日本インドネシア学会 (Himpunan Pengkaji Indonesia Seluruh Jepang)  , 20号  , pp. 1-11  , 2014/05/24   

概要(Abstract) 日本におけるインドネシア語の会話の授業の運営は、ほとんどの教育機関において、もっぱらネイティブの教員に委ねられてきたのではないか。つまり、インドネシア語教育の全体のカリキュラムの中での位置づけに基づいて、文法や作文などの授業との位置づけがなされないまま行われてきたのではないだろうか。インドネシア語科目のコーディネーターは、会話の授業で使われている教科書され知らず、どのような運営が行われているのかも把握していないということもあるようである。
 また、会話教材の開発について、他の科目とのリンクが考えられて作成されていることもあまり多いとは思われない。会話の授業を担当する専任教員あるいは非常勤の教員とのコミュニケーションを行い、インドネシア語教育に携わる教員が議論し、それぞれの教材を検討し、有機的な関係をもつ教材を作成することがなされなければならない。
 さらには、外国人に対して会話の授業をした経験のないネイティブの教員への必要な指導や訓練なども行っていないのが現状である。教育経験のない教員に対しては十分なガイダンスや引き継ぎを行った上で、授業を任せるのでなければ、会話の授業を初めて担当する教員は戸惑うばかりである。近年では外国語教授法という語学教育の分野の研究も成果が出されてきており、インドネシア語教育に取り込むことができる教育法もあると思われる。果たして、実際の教育現場でどのような会話の授業の実践が行われているのか、現状の認識を行うことから始める必要がある、というのが今回の発表の出発点である。いわば、これまでほとんど議論してこなかったテーマをインドネシア語教育に携わる教員や研究者間で議論を呼びかけることが目的である。
 

備考(Remarks) 共著者:森山幹弘、サフィトリ・エリアス、モハンマド・ウマル・ムスリム、降幡正志、原真由子 

2014  Post-authoritarian diversity in Indonesia’s state-owned mosques: A manakiban case study  共著   
Journal of Southeast Asian Studies  , National University of Singapore  , Vol. 45/no. 2  , pp. 194-213  , 2014/05   

概要(Abstract) これまであまり関心が払われてこなかったインドネシアのイスラームの公共性の高まりを考察するとともに、地方社会が選挙を通して民主化していくプロセスを西ジャワのタシクマラヤ市を例に検討した。とりわけ政府が運営するイスラーム組織が弱体化していること、どのようなイスラームの慣習が抑圧されているかを明らかにした。 

備考(Remarks) with Greg Barton, Linda Hindasah and Julian Millie 

2013  Potensi, Prospek dan Sumbangan Karya Sastera dalam Teknologi dan Industri Kreatif Masa Kini di Jepun(「現代日本における創造的技術と産業を活用した文学作品の潜在力、展望と貢献」)  未設定   
Portal eSeminar  , Dewan Bahasa dan Pustaka, Malaysia  , 2013/13  , pp.1-13  , 2013   

概要(Abstract) Dalam dekade terakhir ini terasa pengaruh perkembangan teknologi yang belum pernah dialami dunia sebelumnya. Tidak terkecuali perkembangan itu terjadi di masyarakat Asia dengan inovasi teknologi atau penyebaran komputer, telepon genggam, tablet dan internet di semua sudut masyarakat. Di bidang kesasteraan, perkembangan teknologi tersebut, khususnya teknologi digital, sering dikatakan akan mengubah sarana-sarana untuk belajar, membaca, dan menulis, dan juga kebiasaan membaca dan menulis. Apakah benar pengaruh perkembangan teknologi dan industri kreatif masa kini tak terhindar sehingga cara membaca dan menulis pun ikut berubah? Kalau memang terjadi perubahan seperti itu sejauh manakah kreasi karya sastera telah dan akan berubah?
Kertas kerja ini akan meneliti perkembangan sarana-sarana membaca dan perubahan kebiasaan membaca sebagai salah satu akibat dari perkembangan teknologi tersebut di masyarakat Jepun. Kedua, akan membahas apakah terjadi perubahan karya sastera Jepun baik segi isi maupun segi bentuk, dan kalau hal itu memang terjadi, sejauh mana terjadi perubahan tersebut. Pembahasan dalam kertas kerja ini juga akan mencakup isu baru yang sedang dirancang untuk memperkenalkan buku pelajaran digital di sekolah-sekolah di Jepun. 

備考(Remarks)  

2012  インドネシア語教育の活性化のために  共著   
インドネシア 言語と文化  , 日本インドネシア学会  , 第18号  , pp. 2-10  , 2012/09   

概要(Abstract) 日本におけるインドネシア語教育はどのような対策を採ることが必要とされているのか。今後も18歳人口の減少が続き大学の教育・研究環境は厳しさを増していくこと、さらにはインドネシア語教員の再生産が現状のままでは難しいことに正面から向かい合う必要があることを認識し、国内に散らばっている教育機関の教員が協力し、どのような対策を採ることが可能なのかを論じた。 (pp. 2-5, 10) 

備考(Remarks)  

2012  大学生による学生支援活動が社会人基礎力、職業キャリア・レディネスや学校生活充実度に及ぼす影響  共著   
アカデミア 人文・自然科学編  , 南山大学 南山学会  , 第4号  , pp. 83-94  , 2012/06/30   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  Urang Sunda Ceuk Batur (外国人が見るスンダ人)  単著   
Cahara, Bumi Siliwangi Majalah Pendidikan UPI  , Universitas Pendidikan Indonesia  , No. 8  , pp. 19 – 25  , 2011/06   

概要(Abstract) Tulisan kecil ini mencoba melihat siapa orang Sunda. Dengan kata lain, bagaimana orang Sunda diidentifikasi di antara suku bangsa-suku bangsa lain di Indonesia. Kita akan mencermati uraian, gambaran dan kesan yang terdapat dalam pelbagai pandangan, baik pandangan orang asing maupun orang Sunda sendiri. Tidak kurang juga dalam kebijakan pemerintah RI setelah kemerdekaan, dan tentu saja di bidang pendidikan, khususnya yang berkaitan dengan kurikulum dan buku pelajaran bahasa Sunda, dan lain-lain.
 

備考(Remarks)  

2010  The Impact of Early Modern Textbooks on Sundanese Writing in the Nineteenth Century  単著   
Tawarikh, International Journal for Historical Studies  , Association of Indonesian Scholars of History Education  , Vol.2, No.1  , 1-22  , October 2010   

概要(Abstract) Dangding is the generic name of a type of verse forms, which was always chanted, and often sung loudly. A long narrative composed in dangding is called wawacan, a genre loved by the people in the 19th century. Tradition has it that aristocrats and Islamic teachers in the Sundanese-speaking area borrowed it from the Javanese literary tradition when the Javanese kingdom of Mataram ruled West Java. Dangding was admired in Sundanese aristocratic circles, and pervaded the elite community. The Dutch saw dangding as the most original and valuable kind of Sundanese writing and thought it the best way to convey modern information and enlighten the people. There were other visions of how local culture could serve colonial ends, though. The missionary S. Coolsma, for one, argued that prose should be developed among the people, even though he was aware of the Sundanese preference for poetry. Coolsma believed that dangding was too traditional to embody the novelties of modernity; and hoped that prose would lead to ‘a new spirit’ (een nieuwe geest), paving the way to new and strong forms of writing (Coolsma 1881: 145). On the other hand, Sundanese themselfves were to think that prose was more transparent and clear and even more pleasant to read than dangding, as textbooks were made in the new form of writing.
The conception of writing and reading began to change. Schools and textbooks created a new type of reader and writer: they formed a new audience alongside the semi-illiterate one that was closely linked to the oral traditions which would remain predominant in West Java for a long time to come. Increasing numbers of Sundanese children started to read and write in Sundanese. The new type of education produced modern readers by way of modern textbooks in Roman script.
 

備考(Remarks)  

2007  Revival of the Sundanese language? : Some preliminary views on a regional language in Indonesia  単著   
アカデミア 文学・語学編  , 南山学会  , 第83号  , pp. 211-226  , 2008/01   

概要(Abstract) スハルト体制の終焉(1998年)とともに、イデオロギーとしてのインドネシア語国語政策の下にこれまで封じ込められていた民族言語(地方語)が解き放たれ、公共の場においてより自由な言説が生まれてきている。加えて、英語や中国語が都市部を中心にして生活の中にこれまで以上に入り込んできている。これらの現象は、これまでのインドネシア語が担ってきた役割に変化が生じ、インドネシアの言語の様態に変化が生じていることを示唆しているように思われる。本論文では、インドネシアで二番目に大きい民族言語集団であるスンダ語(言語人口約3千万人)を取り上げ、本当に公共の場においてこれまで以上に地方語が使われるようになってきているのか、そのためにどのような努力がなされているのか、地方文化において新しい動きがあるのかを考察する。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [NEXT>>]