研究者詳細

学術論文
分割表示 >>   全件表示

21 件中 1 - 21 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2015  Poet in an Islamic Community: Cultural and Social Activities of Acep Zamzam Noor in Tasikmalaya  単著   
Studia Islamika, Indonesian Journal for Islamic Studies  , Center for the Study of Islam and Society (PPIM) Syarif Hidayatullah State Islam University of Jakarta  , 22/2  , pp. 269-295  , 2015   

概要(Abstract) This article brings out the significance of social leader in the time of socio-political change in Indonesia since Soeharto left office in 1998 by describing and analyzing the projects and writings including poems of Acep Zamzam Noor (born in 1960), an activist and poet based in the Pesantren Cipasung (Cipasung Islamic school complex) in Tasikmalaya, West Java. He is respected not by his Islamic knowledge based on learning books, rather by his faith to God and deed based on his own experience. Acep’s oppositional stance in relation to political and religious authorities is manifest in various public projects including political parody and cultural activities in the local community. These respective projects constituted bases for the respect and support from which the institution of the social leader derives its significance in Islamic communities in Indonesia. This article adds to the literature by describing and analyzing an important strand of religious authority. 

備考(Remarks)  

2014  インドネシア語会話の授業について  共著   
インドネシア言語と文化  , 日本インドネシア学会 (Himpunan Pengkaji Indonesia Seluruh Jepang)  , 20号  , pp. 1-11  , 2014/05/24   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著者:森山幹弘、サフィトリ・エリアス、モハンマド・ウマル・ムスリム、降幡正志、原真由子 

2014  Post-authoritarian diversity in Indonesia’s state-owned mosques: A manakiban case study  共著   
Journal of Southeast Asian Studies  , National University of Singapore  , Vol. 45/no. 2  , pp. 194-213  , 2014/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) with Greg Barton, Linda Hindasah and Julian Millie 

2013  “Potensi, Prospek dan Sumbangan Karya Sastera dalam Teknologi dan Industri Kreatif Masa Kini di Jepun”(「現代日本における創造的技術と産業を活用した文学作品の潜在力、展望と貢献」)  未設定   
Portal eSeminar  , Dewan Bahasa dan Pustaka, Malaysia  , 2013/13  , pp.1-13  , 2013   

概要(Abstract) 日本におけるインターネット上の文学活動の概観。 

備考(Remarks)  

2012  インドネシア語教育の活性化のために  共著   
インドネシア 言語と文化  , 日本インドネシア学会  , 第18号  , pp. 2-10  , 2012/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  大学生による学生支援活動が社会人基礎力、職業キャリア・レディネスや学校生活充実度に及ぼす影響  共著   
アカデミア 人文・自然科学編  , 南山大学 南山学会  , 第4号  , pp. 83-94  , 2012/06/30   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  Urang Sunda Ceuk Batur (外国人が見るスンダ人)  単著   
Cahara, Bumi Siliwangi Majalah Pendidikan UPI  , Universitas Pendidikan Indonesia  , No. 8  , pp. 19 – 25  , 2011/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  The Impact of Early Modern Textbooks on Sundanese Writing in the Nineteenth Century  単著   
Tawarikh, International Journal for Historical Studies  , Association of Indonesian Scholars of History Education  , Vol.2, No.1  , 1-22  , October 2010   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2007  Revival of the Sundanese language? : Some preliminary views on a regional language in Indonesia  単著   
アカデミア 文学・語学編  , 南山学会  , 第83号  , 211-226  , 2008年1月   

概要(Abstract) スハルト体制の終焉(1998年)とともに、イデオロギーとしてのインドネシア語国語政策の下にこれまで封じ込められていた民族言語(地方語)が解き放たれ、公共の場においてより自由な言説が生まれてきている。加えて、英語や中国語が都市部を中心にして生活の中にこれまで以上に入り込んできている。これらの現象は、これまでのインドネシア語が担ってきた役割に変化が生じ、インドネシアの言語の様態に変化が生じていることを示唆しているように思われる。本論文では、インドネシアで二番目に大きい民族言語集団であるスンダ語(言語人口約3千万人)を取り上げ、本当に公共の場においてこれまで以上に地方語が使われるようになってきているのか、そのためにどのような努力がなされているのか、地方文化において新しい動きがあるのかを考察する。 

備考(Remarks)  

2006  東南アジア島嶼部の聯句、パントゥン  単著   
アジア遊学  , 勉誠出版  , 95  , 146-159  , 2007/01   

概要(Abstract) 東アジアを中心に盛んである文学のジャンル、聯句が東南アジアの島嶼部のおいてどのような状況にあるのか、特にマレー語で創作される伝統的なパントゥンに焦点を当てて論じたもの。今回の号は「和漢聯句の世界」と題して組まれた特集号となっている。 

備考(Remarks)  

2005  Print technology and literacy among the Sundanese language community in the second half of the nineteenth century  単著   
RIMA (Review of Indonesian and Malaysian Affairs)  , The Association for the Publication of Indonesian and Malaysian Studies Inc.  , Vol. 38, No. 2  , 39-62  , 2005/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2005  Dari Manuskrip ke Cetakan: Sastra Sunda Paruh Kedua Abad Ke-19  単著   
Kalam  , Komunitas Utan Kayu  , No. 22  , 105-119  , 2005/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2003  Mencari Akar Pemikiran Sastra Sunda Modern: Setelah masuknya pengaruh Belanda pada paruh kedua abad ke-19  単著   
Sundalana  , Yayasan Pusat Studi Sunda  , 2  , 101-120  , 2004/03   

概要(Abstract) 蘭領東インド時代の西ジャワ地方のスンダ語圏において、いかに既存の文学観がオランダ人などによって移入された西洋の文学観の影響を受けて変容し、新しい近代の文学観が生まれたかを歴史的に跡付けた研究論文。 

備考(Remarks)  

2003  A New Spirit: Sundanese Publishing and the Changing Configuration of Writing in Nineteenth-Century West java  単著   
184  , 2003/06   

概要(Abstract) 19世紀の半ばから20世紀初頭にかけての蘭領東インド・西ジャワの文学を巡るひとつの文化史。西ジャワに住むスンダ人の言語であるスンダ語の近代文学の生成過程をオランダ人
側とスンダ人側からの資料を基に歴史的に研究した。学校教育、印刷技術、教科書などの導入や、東インド社会が近代化していくなかで、いかに文学とその受容の仕方が変容していったかを跡付けた先駆的研究。 

備考(Remarks) レイデン大学提出 博士論文 

2001  Pencarian 'Bahasa' dan 'Kesusastraan' Jawa Barat: Sebuah pengantar mengenai bentuk penulisan Sunda di jawa Barat Abad XIX  単著   
Jurnal Kebudayaan Sunda Dangiang  , Komunitas Dangiang  , no. 2  , 71 pp (5-51)  , 2001/08   

概要(Abstract) 西ジャワのスンダ語の文学と言語の19世紀の生成過程についての研究。
1995年刊行の英語論文のインドネシア語への翻訳。 

備考(Remarks)  

2001  スンダ語の「本」の創出 ― 19世紀蘭領東インド,西ジャワにおける印刷のはじまり  単著   
南山大学図書館紀要  , 南山大学図書館  , 7号  , 47-56  , 2001/05   

概要(Abstract) 19世紀の蘭領東インドにおいて、植民地政府が導入した西洋式の学校教育と教科書の出版のための印刷技術の導入は、既存のスンダ語の言語文化に変容をもたらした。最初のスンダ語の本が出版されたと考えられる1850年から、印刷が植民地政府によって制度化される20世紀初頭までにおよそ200冊の本が、ジャワ文字、ローマ字、アラビア文字で印刷された。19世紀の後半はスンダ言語共同体において印刷による文字文化が形成されつつあった時期であり、文学の近代化をもらたす土壌を準備した。西ジャワにおいてスンダ語による印刷がどのように行われたかを論じたもの。その過程において西洋的な「本」の概念が西ジャワの文化に移入されて,受容されていくことを跡付けた。 

備考(Remarks)  

1999  Moehamad Moesa, print literacy, and the new formation of knowledge in 19th-century West Java  単著   
Indonesia and the Malay World  , The School of Oriental and African Studies, University of London  , Vol. 28No. 80  , 5-21  , 2000/03   

概要(Abstract) 19世紀のスンダ語による教育政策はオランダ政府によって植民地経営の観点から推し進められた。そこにおいてスンダ人貴族でありプリアンガン地域に大きな影響力をもっていたモハマッド・ムサは植民地政策に利用された。しかしそれは一方的なものではなく、お互いが相手を必要としたものであった。彼の活躍はスンダ言語文化に変容をもたらすものでもあった。教育制度の拡充とそれに伴う教科書の創出においてスンダ語はムサとその盟友ホーレによって新たな伝統が創られ、伝統的な文学は近代化の道を辿り始めた。 

備考(Remarks)  

1996  Discovering the ‘language’ and the ‘literature’ of West Java  単著   
東南アジア研究  , 京都大学東南アジア研究センター  , 34巻1号  , 151-183  , 1996/06   

概要(Abstract) 19世紀初頭まで西ジャワの言語は隣接するジャワ語の山岳方言と考えられていた。オランダの植民地経営がその社会に深く根を下ろし始めるとともに「原住民」の文化を知ることが必要と考えられ、また学問的関心も高まっていく。やがて西ジャワの言語はスンダ語という独立した言語という地位が西洋の知の中で確定し、個別の文化が存在し、書かれたものが存在することが認識される。さらにオランダ人はその中に西洋的な「文学」を発見しようとするが、スンダ人とは異なる「文学」観をもつ彼らにはその芸術性を理解することは不可能であり、彼らの文学観を押し付けてしまうことになった。 

備考(Remarks)  

1994  Language Policy in the Dutch Colony: on Sundanese in the Dutch East Indies  単著   
東南アジア研究  , 京都大学東南アジア研究センター  , 32巻4号  , 446-454  , 1995/03   

概要(Abstract) オランダ領東インドにおいて「原住民」の言語は19世紀の初め頃から植民地経営に重要な役割を持つようになる。西洋式の教育制度やそこで使われる教科書(印刷技術の移入)においてオランダ政庁は既存の文字に代わるラテン文字を導入していくなど、伝統からの断絶、近代への移行を促す文化政策をスンダ語に対して推し進めていく。その言語政策が他の地域に比べスンダ語の地域では稀な成功を修めたことを明らかにした。 

備考(Remarks)  

1990  印刷されたスンダの叙事詩ワワチャン  単著   
東南アジア研究  , 京都大学東南アジア研究センター  , 28巻1号  , 108-122  , 1990/06   

概要(Abstract) 19世紀の半ばから百年の間スンダの人々の間で人気を得た叙事詩ワワチャンを軸にして、スンダの「近代」文学の萠芽を辿っている。1850年から印刷されるようになったスンダ語の文学は新たな展開を見せる。それらの新しい形態の文学について統計的に分析を行い、その上で文学の担い手である作者、読者、そして出版者の役割を論じている。その結果ワワチャンという一つの文芸ジャンルが植民地政府の文化政策の上に華を咲かせたものであることが明らかとなる。 

備考(Remarks)  

1987  Wiwitan radja-radja di poelo Djawa スンダ「王朝史」  単著   
大阪外国語大学大学院  , 1987/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 修士論文 

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]