研究者詳細

その他研究業績
分割表示 >>   全件表示

69 件中 1 - 69 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2010  Revitalizing Regional Language and Decentralization in Indonesia  論文発表、報告書  単著 
Recueil des communications  , CORENS  , 48-54  , Feb 2011   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 2010年9月29-30日にマリ共和国のカイ州で開催されたForum International <Plurilinguismes et Decentralisation>の報告集。29日の会議において論文を発表した。
以下の5団体の共催によって開催された。
Assemblee Regionale de Kayes (ARK)
Union des Communes du cercle de Diema(UCD)
Region Nord-Pas-de-Calais
UNESCO
CORENS 

2010  Indonesian in Japanese Univeresities  招待講演  その他 
National Colloquium on the Future of Indonesian in Australian Universities  , National Teaching Fellow of the Australian Learning and Teaching Council  , 9-11 Feb 2011   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 全豪インドネシア教育の学会において、日本におけるインドネシア語教育の現状について講演を行うとともに、インドネシア語教育の将来について3日間の議論に参加した。 

2010  Sundanese Publishing and the Changing Configuration of Writing in Nineteenh Century  招待講演  その他 
国立インドネシア教育大学大学院  , 2010年8月19日   

概要(Abstract) 研究を行う上で必要なステップについて、特に文化研究の分野に絞って講演した。テーマ、材料の探し方、分析の仕方について話したあと、最後に研究における倫理についても言及した。 

備考(Remarks) 国立インドネシア教育大学の大学院、スンダ文化専攻の博士前期後期課程の学生を対象としたセミナーにおいて講演した。参加者は約30名。 

2010  Sundanese Culture in Globalizastion Era  招待講演  その他 
国立パジャジャラン大学文学部  , 2010年8月18日   

概要(Abstract) 地方のアイデンティティーを保持しつつ、国際的な学問の世界へ羽ばたいていくことの大切さと、その際に留意するべき点を講演した。 

備考(Remarks) 文学部の学部と大学院の新入生を対象として学術講演を行なった。実際の講演はDari Sunda ke Dunia dalam Bidang Akademisと題してインドネシア語で行なった。 

2010  Literary Expressions in Post-Suharto Indonesia  論文発表、報告書  その他 
The Fourteenth Asian Studies Conference Japan (ASCJ)  , ASCJ  , 2010年6月19-20日   

概要(Abstract) Socio-political changes in Indonesia since Soeharto left office in 1998 and the following period of reformasi (reformation) seem to have caused changes in many aspects of Indonesian society. One of the remarkable changes in the period is a freer and more critical expression in literary works. A good example is a prominent poet Acep Zamzam Noor who lives in an Islamic community in West Java. He expressed his sharp criticism and disgust at politics, especially at political leaders and high government officials followed by his social commitment through cultural and socio-political activities. For instance, in the anthology of poems Poligami (Polygamy) published in 2003 he pointed out social problems and stated role of artists or poets in the period of reformation after the end of Soeharto’s regime. It was the period of disorder politically and economically: thousands of political parties tried to get power, jumping of prices, Bali bombing, and so on. This paper will explore the role of literature in the political confusion and also try to discuss relationship between literary expressions and politics in Indonesia by focusing on a poet Acep Zamzam Noor. 

備考(Remarks) 2日目のSession 26: Engaging the Untouchable: Indonesian Writers and the Politically Sensitiveにおいて、論文発表を行なった。 

2010  多言語社会インドネシア:国語政策と「地方語」の位相ースンダ語を例として  招待講演  その他 
インドネシア留学生協会(名古屋支部)  , 2010年10月10日   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 例年、秋に名古屋で開催されている「インドネシア・フェスティバル」において、講演を行った。 

2010  時を彫る男  翻訳  単訳 
新潮  , 新潮社  , 1269号  , 127-137  , 2010/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) オカ・ルスミニの短編Pemahat Abadの翻訳および原作者の紹介と解説。
この翻訳は、高樹のぶ子編『天国の風』新潮社(2011年2月)に、再録されて出版された。 

2010  Bahasa Sunda dan Islam: Suatu potret 2010  招待講演  その他 
International Workshop on Islam dan Kedaerahan di Jawa Barat: a 2010 snapshot  , Universitas Islam Negeri Sunan Gunung Djati and Monash University  , 14 Oct 2010   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2009  多言語社会インドネシア:国語政策と「地方語」の位相ースンダ語を例として  論文発表  その他 
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所  , 協同研究プロジェクト「多言語状況の比較研究」  , 7月11日   

概要(Abstract) 平成20年4月から始まった共同研究プロジェクトにおいて、インドネシアの事例を扱うセッションを設定し、他の2名の研究者とともにインドネシアにおける国語政策の功罪と地方語の多様なあり方について発表した。 

備考(Remarks)  

2009  Suatu Perbandingan Media Massa antara Indonesia dan Jepang  講演  その他 
Diskusi Panel held by Departemen Usaha Pendidikan Jurnalistik  , Perusahaan Umum LKBN Antara  , 3 September 2009   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2009  Mengenang Hari Bahasa Ibu (母語デーを記念して)  招待講演  その他 
Peringatan Hari Bahasa Ibu In-ternasional  , Program Studi Sastra Sunda, Fakultas Sastra, Universitas Padjadjaran  , 2010/2   

概要(Abstract) バンドンにある国立パジャジャラン大学では文学部スンダ文学学科が中心となって5年前から、毎年2月21日の国際母語デーを記念する催しを開催している。講演は母語としてのスンダ語を考える時、インドネシアの言語政策は世界的に見ると成功例であることについて、国語政策、国家の独立などと結びつけながら講演を行った。 

備考(Remarks)  

2009  Hak Asasi Bahasa dan Bahasa Daerah di Indonesia (インドネシアにおける言語権と地方語)  招待講演  その他 
特別授業  , Fakultas Ilmu Pengetahuan Bu-daya, Universi-taas Indonesia  , 2010/2   

概要(Abstract) インドネシア大学の文化研究学部の学部学生と院生を対象とした特別講義を行った。ヨーロッパで1990年代から提唱されてきた言語権という新しい考え方をインドネシアの言語状況に当てはめて考えるとどのような新しい見方ができるのか、講演を行った。 

備考(Remarks)  

2009  Asal Usul Buku Geliat Bahasa Selaras Zaman (「時代とともに言語は変わる」の起源)  招待講演  その他 
Peluncuran Buku  , Pusat Bahasa(国立言語研究センター)  , 2010/02   

概要(Abstract) 国立言語研究センターと出版社の共同企画によって、森山がインドネシア人研究者と共同編集した「時代とともに言語は変わる」の出版記念講演会が開催された。執筆者の中から6名が参加した。森山はこの本の出発点となるアイディアについて講演を行った。 

備考(Remarks)  

2009  スンダ語  事典項目  共著 
大修館書店  , 126-129  , 2009/4   

概要(Abstract) 世界の141の言語について、どのような言語か、使える表現、現在のその言語の使用状況、参考文献、文化的背景について記述された事典。読みやすい事典となっている。 

備考(Remarks) 梶茂樹、中島由美、林徹編『事典 世界のことば141』 

2009  Menjadi Penyair Lagi…(再び詩人になる): Literary expressions from Islamic community  論文発表  その他 
Canadian Council for South East Asian Studies  , he University of British Columbia  , 2009/10   

概要(Abstract) 西ジャワの山村にあるイスラム教育施設に住み続けるスンダ人の詩人アチェップ・ザムザム・ヌールについて、その文学性、彼の社会にコミットする姿勢、イスラムと文学との関係について、近年の社会状況を分析しながら、論じた。 

備考(Remarks) The session “Is-lam at the Centre of Indonesian Cultural Produc-tion 1: Islam as a signifier and ge-nerative matrix”, 

2009  Regional Language and Decentralisation in Indonesia since Socio-Political Changes in 1998  招待講演  その他 
LanguesLocales et Decentralisation  , ARTESS-CORENS  , 12 et 13 juin   

概要(Abstract) インドネシアでは共通語・国語としての統一言語インドネシア語による独立国家による言語政策が行われてきた。その成功の陰で、インドネシアの様々な地方語はどのような歴史を辿ったかを論じた後、スハルト体制崩壊後の一部ではアルが新たな地方語復権の兆しがみられることを論じた。
この招待発表は、すでに発表していた論文13をインターネットで読んだ主催者側からの要請によって実現したものである。 

備考(Remarks) ARTES: Atelier de Recherche et de Traduction en Sciences Sociales
CORENS: Collectif Regional pour la Cooperation Nord-Sud
世界の様々な地域の現地語もしくは地方語の使用について、地方分権という政治的な観点から議論することを目的としたセミナーに招待され論文を発表した。ヨーロッパ、中南米アメリカ、アフリカの事例とともに、アジアの事例として、インドネシアの事例が取り上げられた。 

2009  Bahasa Sunda dan Globalisasi’  講演  その他 
Diskusi Terbuka “Bahasa Sunda dan Arus Globalisasi”  , Fakultas Sastra Padjadjaran University  , 1 September 2009   

概要(Abstract) パジャジャラン大学の文学部が主催したグローバリゼーションと地方文化と地方語であるスンダ語についての公開講演に招待を受けた。
スンダ語のユニークさとグローバリゼーションが進むが故にこそ、ローカルな文化の表出であるスンダ語とその文化の研究がますます重要になっていくことを講演した。 

備考(Remarks)  

2008  文化の世代間継承の言説  研究報告  その他 
2009/3   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 平成19年度科学研究費補助金「文化の世代間継承に関する文化人類学的研究:インドネシアの事例から」2年目の研究報告会での報告 

2008  インドネシア「文学」  事典項目  その他 
新版 東南アジアを知る事典  , 平凡社  , 629  , 2008年6月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  Apakah Bahasa Sunda Bangkit kembali?  発表  その他 
Workshop 'Language Change in Post New Order Indonesia'  , Indonesia University  , 2008年6月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 本ワークショップをインドネシア大学とともにオーガナイズした。併せて、発表を行なった。 

2008  Jasa Moehamad Moesa  発表  その他 
Wargi Soria Nata Legawa  , 2008年12月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  Toward a new phase of Indonesian literature in Japan  招待講演  その他 
Jakarta International Literary Festival  , Dinas Kebudayaan dan Permuseuman Provinsi DKI Jakarta  , 2008年12月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2007  ‘Bahasa & Sastra Sunda di tengah Peradaban Dunia: Pengalaman Seorang Penulis dengan Dosen’ (Sundanese Language and Literature in the middle of World Civilization: Experience of an Author and Lecturer)  講演  その他 
Faculty of Letters, Padjadjaran University  , 2007年8月28日   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Lecture held by Faculty of Letters, Padjadjaran University in Bandung, 28 August 2007 

2007  ‘Penaklukan Bahasa: Daya Hidup Bahasa Sunda di Era Pos Kolonial’ (Conquering Language: Vitality of Sundanese in the Post-Colonial Era)  セミナー  その他 
Tobucil & Klabs Book Store in Bandung  , 2007年8月25日   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Evening Discussion at Tobucil & Klabs Book Store in Bandung, 25 August 2007 

2007  スンダ語はリバイバルするのか  発表  その他 
共同プロジェクト「インドネシアの国語政策と言語状況の変化」  , 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所  , 2007年6月9日   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2007  Melukis dengan Kata  エッセイ  その他 
Menjadi Penyair Lagi...by Acep Zamzam Noor  , Pustaka Azan  , xii-xvi  , 2007年6月9日   

概要(Abstract) 詩人であり画家でもあるアチェップ・ザムザム・ヌールは、カンバスに描くようにことばの絵の具を使って視覚的な詩作を試みている。 

備考(Remarks) インドネシアを代表する詩人アチェップ・ザムザム・ヌールの詩集の巻頭エッセイ。この詩集は2007年度、赤道文学賞を受賞。 

2006  Bahasa Ibu dan Lokalitas  エッセイ  単著 
Harian Pagi Tribun Jabar  , 22 Feb 2007  , pp. 1, 7  , 2007/02   

概要(Abstract) 2月21日の「世界母語デー」にちなんで投稿依頼をうけて執筆した。インドネシアの母語(特にスンダ語)と地方文化についての重要性について論じたもの。 

備考(Remarks) インドネシアで発行されている日刊紙(朝刊一面)への投稿記事 

2006  Politik Bahasa dan Kebudayaan: Kasus Sunda” (Language Policy and Culture: a case of Sundanese)  研究発表  その他 
Seminar at the Research Institute Centre of Public Policy and Development of Region  , Padjadjaran University  , 2006/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2006  「ムスリムの村に住む詩人」  寄稿  単著 
『インドネシアニュースレター』  , 日本インドネシアNGOネットワーク  , 57  , 34-39  , 2006/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 吉久晶子の訳を含む 

2006  Memikirkan budaya lewat bahasa: persamaan dan perbedaan antara bahasa Indoensia dan bahasa Jepang”  講演  その他 
Studium Generale Lecture at Faculty of Language and Arts  , State University of Jakarta  , 2006/08   

概要(Abstract) “Memikirkan budaya lewat bahasa: persamaan dan perbedaan antara bahasa Indoensia dan bahasa Jepang” (Thinking culture through language: similarities and differences between Indonesian and Japanese) 

備考(Remarks)  

2006  Sundanese in Aksara Walanda: The Choice of script in the 19th century Sundanese language community o  講演  その他 
General Lecture (Kuliah Umum) at Department of History and Islamic Civilization  , Faculty of Humanities, State University of Islam Sunan Gunung Djati  , 2006/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2006  「共同研究プロジェクト:インドネシアの国語政策と言語状況の変化」  報告  共著 
『通信』  , 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所  , 第117号  , 75-76  , 2006/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 塩原朝子との共著 

2006  近代の咀嚼:スンダ文学の場合  研究発表  その他 
国立民族学博物館共同研究「インドネシアにおける「近代」の咀嚼」研究会  , 国立民族学博物館  , 2006/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2006  インドネシアにおける言語変化:スンダ語の状況について  研究発表  その他 
共同研究プロジェクト「インドネシアの国語政策と言語状況の変化」  , 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所  , 2006/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2006  百年後に読まれる本を書きたい  エッセー  単著 
『学術月報』  , 日本学術振興会  , Vol. 59, No. 5  , 314-315  , 2006/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2006  Munculnya Sastra Sunda Modern” (The Emergence of Modern Sundanese Literature)  セミナー講演  その他 
Book Launching Seminar at Institut Teknologi Nasional  , Institut Teknologi Nasional, Bandung  , 2006/04   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2006  “Lokalitas dan Bahasa Daerah” (Locality and Regional Language)  セミナー講演  その他 
Pusat Bahasa (National Language Centre of Indonesia)  , 2006/04   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2005  Language Change and Regional Literature after Soeharto  論文発表  その他 
Indonesia Culture Workshop: Arts, Culture and Political and Social Change Since Suharto  , School of Asian Languages & Studies, University of Tasmania  , 2005/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2005  Language Change and Regional Literature in Indonesia  論文発表  その他 
Faculty Seminar at Faculty of Asian Studies, Australian National University  , Australian National University  , 2005/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2005  Is the language situation in Indonesia changing?  論文発表  その他 
Indonesia Council Open Conference 2005  , Flinders University  , 2005/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2005  New Interest in Sundanese and a New Sundanese-English Dictionary  ニュースレター  単著 
Bhinneka: Newsletter of Southeast Asia and South & West Asia Centres, Faculty of Asian Studies  , The Australian National University  , No. 2  , 5  , 2005/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2005  Learning Two Languages Simultaneously; how to apply to Indonesian and a regional language  論文発表  その他 
The 8th Conference of the Australian Society of Indonesian Language Educators  , Curtin University of Technology  , 2005/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2004  セノ・グミラ・アジダルマ原作. 「犬人伝説」  翻訳  単訳 
新潮  , 新潮社  , 1200  , 139-145  , 2005/01   

概要(Abstract) 『新潮』(創刊1200号特集 文学アジア)解説を含む 

備考(Remarks)  

2004  Sundanese in Aksara Walanda: the choice of script in the 19th century Sundanese language community o  発表  その他 
International Workshop on Southeast Asian Studies  , Royal Netherlands Institute of Southeast Asian and Caribbea Studies  , 2004/11   

概要(Abstract) Script as identity-marker in Southeast Asiaというテーマのもとに、17名の専門家がジャカルタに集まってセミナーを行った。発表論文では西ジャワのスンダ語がどのようにしていくつかの可能性があったにもかかわらず、ローマ字がその文字として選択されたかについて歴史的な考察を行った。 

備考(Remarks)  

2004  Sejarah sastra Sunda pada abad ke-19  招待講演  その他 
Acara Studium Generale  , Fakultas Adab, IIstitut Agama Islam Negeri Sunan Gunung Djati  , 2004/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 新入生を対象とした学部主催の講演 

2004  Menimbang Pendekatan Alternatif dalam Studi Sejarah Kebudayaan  招待講演  その他 
研究会  , インドネシア大学文化学部  , 2004/08   

概要(Abstract) 外国の文化研究を行うことの意義、また研究姿勢と倫理の問題について、自らの20年あまりのインドネシア研究および博士論文執筆を例として講演した。 

備考(Remarks) 大学スタッフと大学院生を対象とした研究会 

2004  Ketika tulisan dicetak  発表  その他 
SEMINAR SASTERA CETAK ABAD KE-19  , Dewan Bahasa dan Pustaka  , 2004/04   

概要(Abstract) マレーシア言語文学研究所主催で「Sastera Abad ke-19, Pintu Gerbang kesusasteraan Alam Melayu Moden」のテーマの下で行われたセミナーであった。発表論文では印刷という革新的技術が既存の文学にどのような影響を与えたかについて論じた。 

備考(Remarks)  

2003  スンダ語言語研修報告  報告書  単著 
アジア・アフリカ言語文化研究所 通信   , 東京外国語大学  , 第108・109合併  , 47-53  , 2003/11   

概要(Abstract) 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所主催 2003年度言語研修(8月から9月)の報告書 

備考(Remarks)  

2003  マックス・ハーフェラール、もしくはオランダ商事会社のコーヒー競売  翻訳協力  未設定 
東京  , めこん出版  , 538  , 2003/10   

概要(Abstract) 19世紀の蘭領東インドの植民地政策を内部告発したオランダ文学の不朽の名作の日本語版。日本で初めての完全訳。 

備考(Remarks) 翻訳出版のコーディネートおよび編集協力 

2003  The Impact of Early Modern Textbooks on Sundanese Writing in the Nineteenth Century  発表  未設定 
Third Intenational Convention of Asia Scholar, Panel: Early Modern Textbooks in the Malay World  , Singapore  , 2003/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2003  Mencari Akar Pemikiran Sastra Sunda Modern: Setelah masuknya pengaruh orang Belanda pada paruh kedu  発表  その他 
Pertemuan Ilmiah Nasional ke-14  , Himpunan Sarjana Kesusastraan Indonesia, Fakultas Sastra Universitas Airlangga, Surabaya  , 2003/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2002  突き抜けていく作家たち、スハルト退陣後のインドネシア文学  解説  単著 
アジアセンターニュース  , 国際交流基金アジアセンター  , no. 21  , 8-11  , 2002/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2002  インドネシア文学  年鑑  単著 
ブリタニカ国際年鑑2002年版  , ブリタニカ・ジャパン  , 2002年版  , 386-387  , 2002/04   

概要(Abstract) 最近のインドネシア文学の動きについて解説したもの。 

備考(Remarks)  

2002  The Birth of the Modern Reader: Sundanese Translations of European Stories in the Nineteenth Centur  発表  その他 
International Workshop The History of Translation in Indonesia and Malayasiaユ  , UMR 8093 (CNRS-EHESS) & Ecole francaise dユExtreme-Orient, Sevres-France  , 2001/04   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2001  インドネシア語  寄稿  単著 
国際文化研修  , 全国市町村国際文化研修所  , 34号  , 50-51  , 2002/02   

概要(Abstract) インドネシア語とはいかなることばなのか,発音,文章構造などについて解説した。 

備考(Remarks)  

2001  インドネシア語の基礎(語彙集付き)  教科書  その他 
謄写版  , 115pp.+ 76 pp.  , 2002/02   

概要(Abstract) 南山大学の2002年度用のインドネシア語の初習者用の教科書および語彙集。文法,練習問題,会話の三部から構成され,そのうち文法の部を執筆し,また全体の編集,監修をおこなった。 

備考(Remarks) Henri Daros,柏村彰夫,森山幹弘
(監修・編集) 

2001  メディアを利用した女性作家  寄稿  単著 
コラム 世界文学・文化 アラカルト  , 北海道新聞夕刊  , 1月15日  , 第10面  , 2002/01   

概要(Abstract) インドネシアの若手女性作家の最近の活躍についての紹介。 

備考(Remarks)  

2001  「スンダ」「バドゥイ」  事典項目  単著 
世界民族学事典  , 弘文堂  , pp.1300(pp.344-  , 2001/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2000  『レンチョン(短剣)』に描かれるアチェー暴力論  翻訳  単訳 
総合文化研究  , 東京外国語大学総合文化研究所  , 第3号  , 2000/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) セノ・グミラ・アジダルマ原作 

1999  クララーレイプされた女性の物語  翻訳  単訳 
アジアセンターニュース  , 国際交流基金アジアセンター  , no. 12  , 11  , 1999/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) セノ・グミラ・アジダルマ原作 

1997  A Walking encyclopedia of Sundanese: Moehamad Moesa and the introduction of print literacy in ninete  発表  未設定 
European Science Foundation Workshop 'Encompassing Knowledge: indigenous encyclopedias in Indonesia  , Leiden University, CNWS Research Cluster Culture Studies of Southeast Asia and Oceania and Research  , 1997/12   

概要(Abstract) インドネシアの各地には国語インドネシア語とは別に、それぞれの地方の言語によって書き残された百科事典的な書物が残されている。それは彼らの文化、生活の知識の集大成であることが多い。スンダ地方について特に19世紀の近代化の時代を取り上げて知識の再編成が行われたことを論じた。 

備考(Remarks)  

1996  Comments on "The impact of the Malay language on the immigrational flow of peoples and the creation  コメント  その他 
国際シンポジウム「東南アジアにおける人の移動と文化の創造」  , 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(於:竹橋会館)  , 1996/12   

概要(Abstract) 東南アジアの島嶼部において広く使われているマレー語について、文化の創造と人の移動という観点から論じたペーパーに対して、歴史的な側面と言語と文化の関係の点から問題を提起した。 

備考(Remarks)  

1996  Raden Hadji Moehamad Moesa: Holles beste vriend en informant(ラデン・ハジ・ムハマッド・ムサ:ホーレ  発表  その他 
シンポジウム Karel Frederik Holle 1829 -1896: weldoener en wetenschapper van Waspada (カレル・フレ  , ャ宴Cデン大学、東南アジア・オセアニア言語文化学科及び東インド茶業、ファン・デル・フッフト家文書財団  , 1996/05   

概要(Abstract) スンダ人ムサの役割を担当。共同発表者Dr.T.van den Berge。19世紀のスンダ語地域においてその文化に最も大きな影響を与えたオランダ人がカレル・フレデリック・ホーレであり、その盟友がスンダ人のラデン・ハジ・ムハマッド・ムサであった。二人の足跡を辿り功績を再評価した。 

備考(Remarks) with Dr Tom van den Berge (Leiden University) 

1994  The Implementation of the Sundanese Language Policy   発表  その他 
セミナー De Nederlandse Koloniale Taalpolitiek  , International Institute for Asian Studies (IIAS), State University of Leiden(於:ライデン大学)  , 1994/03   

概要(Abstract) 世界に広がっていたオランダの植民地においてどのように言語政策が推し進められたかが議論されたセミナーであった。その中で蘭領東インドのスンダ語地域のケースについて実証的発表を行った。 

備考(Remarks)  

1993  The Spread of the Dutch Education System and Sundanese Writing in 19th century  発表  その他 
ライデン大学、東南アジア・オセアニア言語文化学科研究会  , Leiden University  , 1993/02   

概要(Abstract) スンダの近代文学の生成の上でいかにオランダの教育制度の導入が大きな影響を及ぼしたのか、学校の設立数、生徒数、教科書の出版などの具体的な数値から明らかとなった。 

備考(Remarks)  

1989  印刷されたスンダの叙事詩ワワチャン  発表  その他 
東南アジア史学会第42回研究大会  , 早稲田大学  , 1989/12   

概要(Abstract) 19世紀を通じてスンダの文学はオランダ植民地政庁の文化政策の中で変容していく。その時期はスンダの文学にとっては近代化の時期と考えられ、なかでも叙事詩ワワチャンにその近代の表出を見ることができることを論じた。 

備考(Remarks)  

1988  F.S. Eringa, Soendaas-Nederlands Woordenboek  書評  その他 
東南アジア研究  , 京都大学東南アジア研究センター  , 第26巻3号  , p. 336-338  , 1988/12   

概要(Abstract) 本論文は書評の形式をとっているが、スンダ語の辞書についての丁寧な歴史的概観と解説を行ったものである。最新のエーリンハの辞書と19世紀以来のオランダ語、英語の辞書、さらにスンダ語の辞書を比較検討し、当該辞書の優れた点を明らかにしている。 

備考(Remarks)  

2014  セノ・グミラ・アジアダルマ短編集  翻訳  共訳 
めこん  , 284 p.  , 2014/08/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  Mengenang Putu Wijaya dari Jepang’[Remember Putu Wijaya from Japan]  寄稿  単著 
Bertolak dari yang Ada, Kumpulan Esai untuk PW 70 [Begin from what it is, essays for PW 70]  , Jakarta: Teater Mandiri ed.  , 2014/04   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]