研究者詳細

研究発表
分割表示   全件表示 >>

78 件中 21 - 30 件目

年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2014  ミクロネシア連邦ポンペイ島のエスチュアリ型マングローブ林における20年間の森林動態と海面上昇の影響  共同  2014/11 
第20回日本マングローブ学会平成26年度大会  , 日本マングローブ学会   

概要(Abstract) ミクロネシア連邦ポンペイ島のエスチュアリ型マングローブ林の20年間の森林動態を明らかにするとともに、近年の急激な海面上昇の影響を考察した。 

備考(Remarks) 森田茅裕・藤本 潔・田淵隆一・小野賢二・谷口真吾・渡辺 信・井上智美・小川知美・Saimon Lihpai 

2014  西表島船浦湾におけるRhizophora stylosa林の細根生産量と潮汐環境の関係  共同  2014/11 
第20回日本マングローブ学会平成26年度大会  , 日本マングローブ学会   

概要(Abstract) 西表島船浦湾のRhizophora stylosa林の細根生産量を潮位環境との関係から考察した。 

備考(Remarks) 小川知美・小野賢二・藤本潔・渡辺信・谷口真吾・井上智美 

2014  海岸低湿地における地形、生物、人為プロセス  共同  2014/09/08 
日本第四紀学会2014年大会  , 日本第四紀学会   

概要(Abstract) 藤本 潔、Kim COHEN、宮城豊彦 

備考(Remarks) 様々な気候帯における海岸低湿地の形成・維持機構に関わる地形・植生・人為プロセスについてレビューした。 

2014  FINE ROOT PRODUCTION AND TIDAL ENVIERONMENT OF RHIZOPHORA STYLOSA STANDS IN IRIOMOTE ISLAND, SOUTHWESTERN JAPAN  共同  2014/09 
6th International Symposium on Physiological Processes in Roots of Woody Plants  , International Society of Root Research   

概要(Abstract) 西表島におけるRhizophora stylosa林の1年間の細根生産量について、潮位環境との関係から考察した。 

備考(Remarks) Tomomi Ogawa, Kenji Ono, Kiyoshi Fujimoto, Shin Watanabe, Shingo Taniguchi, Tomomi Inoue 

2014  ESTIMATION OF FINE ROOT DYNAMICS IN MANGROVE (RHIZOPHORA APICULATA) FOREST IN PHONPEI ISLAND, FSM  共同  2014/09 
6th International Symposium on Physiological Processes in Roots of Woody Plants  , International Society of Root Research   

概要(Abstract) ミクロネシア連保ポンペイ島のRhizophora apiculata林における細根生産量を明らかにした。 

備考(Remarks) Kenji Ono, Kiyoshi Fujimoto, Yasumasa Hirata, Shingo Taniguchi, Ryuichi Tabuchi, Lihpai Saimon 

2013  ミクロネシア連邦ポンペイ島サンゴ礁上マングローブ林における泥炭生成・蓄積過程の評価  共同  2014/03 
第61回日本生態学会大会  , 日本生態学会   

概要(Abstract) ミクロネシア連邦ポンペイ島Rhizophora林における泥炭試料およびリター分解試料を対象に、固体13C CPMAS核磁気共鳴法によって有機物の組成分析を、またイングロースコア法によって細根生産量の評価を行った。 

備考(Remarks) 小野賢二,平舘俊太郎,森田沙綾香,藤本潔,平田泰雅,田淵隆一,Saimon LIHPAI 

2013  微地形と地理学―その応用と展開:趣旨説明  共同  2014/03 
日本地理学会2014年春季学術大会  , 日本地理学会  , 日本地理学会発表要旨集  , 日本地理学会  , 85  , 25   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 藤本 潔・宮城豊彦・西城 潔・竹内裕希子 

2013  ミクロネシア連邦ポンペイ島における急激な海面上昇がマングローブ生態系に及ぼしつつある影響について  共同  2013/12 
第19回日本マングローブ学会平成25年度大会  , 日本マングローブ学会  , 第19回日本マングローブ学会平成25年度大会講演要旨集  , 日本マングローブ学会  , 19  , 8   

概要(Abstract) ミクロネシア連邦ポンペイ島のエスチュアリ型およびサンゴ礁型マングローブ林に1994年に設置した固定プロットにおける観測データに基づき、最近の急激な海面上昇が立地と森林動態に及ぼした影響を明らかにした。 

備考(Remarks) 新貝陽香・藤本 潔・谷口真吾・小野賢二・渡辺 信・井上智美・平田泰雅・田淵隆一・Saimon Lihpai 

2013  Effects of sea-level rise to mangrove habitat are already emerging: From the long-term monitoring in Pohnpei Island, Micronesia  共同  2013/08 
IGU 2013 Kyoto Regional Conference  , International Geographical Union   

概要(Abstract) ミクロネシア連邦ポンペイ島に1994年にエスチュアリ型マングローブ林に設置した固定プロットにおける観測データから、最近の急激な海面上昇が立地と森林動態に及ぼした影響を明らかにした。 

備考(Remarks) Kiyoshi Fujimoto, Shingo Taniguchi, Kenji Ono, Yasumasa Hirata, Ryuichi Tabuchi and Saimon Lihpai 

2012  ミクロネシア連邦ポンペイ島サンゴ礁上マングローブ林におけるRhizophora apiculataの細根生産量  共同  2013/03 
日本生態学会第60回全国大会  , 日本生態学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 小野賢二, 藤本潔, 平田泰雅, 谷口真吾, 田淵隆一, Saimon Lihpai 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [NEXT>>]