研究者詳細

研究発表
分割表示   全件表示 >>

73 件中 1 - 10 件目

年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2016  立地環境と履歴の異なる里山間での植生構造の比較研究-愛知県海上の森と静岡県遊木の森の事例-  共同  2017/03/28-29 
2017年度日本地理学会春季学術大会  , 日本地理学会  , 日本地理学会発表要旨集  , 91  , 275   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 宮崎静里奈(南山大・学生)*、藤本 潔(南山大)、小南陽亮(静岡大) 

2016  西表島船浦湾マングローブ林におけるヤエヤマヒルギとオヒルギの細根生産・蓄積量  共同  2016/12/11 
第22回日本マングローブ学会平成28年度大会  , 日本マングローブ学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 金山昂平(南山大・学生)・藤本 潔(南山大)・小野賢二(森林総研・東北)・渡辺 信(琉球大・熱研)・谷口真吾(琉球大)
 

2016  マングローブ泥炭堆積域における群落レベルでの海面上昇影響の実態と近未来予測(予報)  共同  2016/12/11 
第22回日本マングローブ学会平成28年度大会  , 日本マングローブ学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 松井夕貴(南山大・学生)・藤本 潔(南山大)・小野賢二(森林総研・東北)・渡辺 信(琉球大・熱研)・谷口真吾(琉球大)・Saimon Lihpai (Pohnpei State Government) 

2016  フィリピン・ボホール島の沿岸地域における生業活動とエビ養殖業の変容と現状  共同  2016/12/10 
第22回日本マングローブ学会平成28年度大会   , 日本マングローブ学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 金沢克哉(南山大・学生)・藤本 潔(南山大) 

2016  海面上昇に伴いマングローブ林で起こりつつあること-ミクロネシア連邦ポンペイ島からの報告(速報)-  単独  2016/09/30 
日本地理学会2016年度秋季学術大会  , 日本地理学会  , 日本地理学会発表要旨集  , 90  , 101   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  海面上昇がマングローブ生態系へ及ぼしつつある影響-ミクロネシア連邦ポンペイ島で起こりつつあること-  共同  2016/06/16 
第26回日本熱帯生態学会年次大会  , 日本熱帯生態学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  海面上昇に伴ってマングローブ泥炭堆積域で今起こりつつあること  単独  2015/12/13 
第21回日本マングローブ学会平成27年度大会  , 日本マングローブ学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  ベトナム、カンザー地区の放棄塩田における植林最適樹種の選定  共同  2015/12/12 
第21回日本マングローブ学会平成27年度大会  , 日本マングローブ学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 古谷一将・藤本 潔・石原修一・浅野哲美・Do Van Khai・Can Huy Binh・Phan Van Trung・Huynh Duc Hoan・Le Van Sinh・Vien Ngoc Nam 

2015  マングローブ主要構成種の地下部生産・分解プロセスと立地環境の関係  共同  2015/12/12 
第21回日本マングローブ学会平成27年度大会  , 日本マングローブ学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 藤本 潔・小野賢二・渡辺 信・谷口真吾・井上智美 

2015  Effects of sea-level rise on mangrove habitats and forest dynamics: present status and prediction based on geomorphological and long-term monitoring data in Pohnpei Island, Micronesia  共同  2015/07/28 
XIX INQUA Congress  , International Union for Quaternary Research   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Kiyoshi Fujimoto, Ryuichi Tabuchi, Kenji Ono, Shingo Taniguchi, Shin Watanabe, Tomomi Inoue and Saimon Lihpai 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [NEXT>>]