研究者詳細

研究発表
分割表示 >>   全件表示

73 件中 1 - 73 件目

年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2016  立地環境と履歴の異なる里山間での植生構造の比較研究-愛知県海上の森と静岡県遊木の森の事例-  共同  2017/03/28-29 
2017年度日本地理学会春季学術大会  , 日本地理学会  , 日本地理学会発表要旨集  , 91  , 275   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 宮崎静里奈(南山大・学生)*、藤本 潔(南山大)、小南陽亮(静岡大) 

2016  西表島船浦湾マングローブ林におけるヤエヤマヒルギとオヒルギの細根生産・蓄積量  共同  2016/12/11 
第22回日本マングローブ学会平成28年度大会  , 日本マングローブ学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 金山昂平(南山大・学生)・藤本 潔(南山大)・小野賢二(森林総研・東北)・渡辺 信(琉球大・熱研)・谷口真吾(琉球大)
 

2016  マングローブ泥炭堆積域における群落レベルでの海面上昇影響の実態と近未来予測(予報)  共同  2016/12/11 
第22回日本マングローブ学会平成28年度大会  , 日本マングローブ学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 松井夕貴(南山大・学生)・藤本 潔(南山大)・小野賢二(森林総研・東北)・渡辺 信(琉球大・熱研)・谷口真吾(琉球大)・Saimon Lihpai (Pohnpei State Government) 

2016  フィリピン・ボホール島の沿岸地域における生業活動とエビ養殖業の変容と現状  共同  2016/12/10 
第22回日本マングローブ学会平成28年度大会   , 日本マングローブ学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 金沢克哉(南山大・学生)・藤本 潔(南山大) 

2016  海面上昇に伴いマングローブ林で起こりつつあること-ミクロネシア連邦ポンペイ島からの報告(速報)-  単独  2016/09/30 
日本地理学会2016年度秋季学術大会  , 日本地理学会  , 日本地理学会発表要旨集  , 90  , 101   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  海面上昇がマングローブ生態系へ及ぼしつつある影響-ミクロネシア連邦ポンペイ島で起こりつつあること-  共同  2016/06/16 
第26回日本熱帯生態学会年次大会  , 日本熱帯生態学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  海面上昇に伴ってマングローブ泥炭堆積域で今起こりつつあること  単独  2015/12/13 
第21回日本マングローブ学会平成27年度大会  , 日本マングローブ学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  ベトナム、カンザー地区の放棄塩田における植林最適樹種の選定  共同  2015/12/12 
第21回日本マングローブ学会平成27年度大会  , 日本マングローブ学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 古谷一将・藤本 潔・石原修一・浅野哲美・Do Van Khai・Can Huy Binh・Phan Van Trung・Huynh Duc Hoan・Le Van Sinh・Vien Ngoc Nam 

2015  マングローブ主要構成種の地下部生産・分解プロセスと立地環境の関係  共同  2015/12/12 
第21回日本マングローブ学会平成27年度大会  , 日本マングローブ学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 藤本 潔・小野賢二・渡辺 信・谷口真吾・井上智美 

2015  Effects of sea-level rise on mangrove habitats and forest dynamics: present status and prediction based on geomorphological and long-term monitoring data in Pohnpei Island, Micronesia  共同  2015/07/28 
XIX INQUA Congress  , International Union for Quaternary Research   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Kiyoshi Fujimoto, Ryuichi Tabuchi, Kenji Ono, Shingo Taniguchi, Shin Watanabe, Tomomi Inoue and Saimon Lihpai 

2015  Habitat evolution of peat swamp forest and belowground carbon sequestration during the Holocene on the coastal lowland in central Sumatra, Indonesia  共同  2015/07/28 
XIX INQUA Congress  , International Union for Quaternary Research   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Kiyoshi Fujimoto, Masafumi Miura, Shigeo Kobayashi, Herwint Simbolon 

2015  Effects of belowground productivity on the belowground carbon storage in Rhizophora apiculata forest on Pohnpei Island, Federated States of Micronesia  共同  2015/07/28 
XIX INQUA Congress  , International Union for Quaternary Research   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Kenji Ono, Kiyoshi Fujimoto, Yasumasa Hirata, Syuntaro Hiradate, Shingo Taniguchi, Ryuichi Tabuchi,
Lihpai Saimon 

2015  マングローブ生態系と地球環境研究  単独  2015/06 
第25回日本熱帯生態学会年次大会  , 日本熱帯生態学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  Accumulation processes of organic carbon in peat deposit in a tropical mangrove forest  共同  2015/05 
日本地球惑星科学連合2015年大会  , 日本地球惑星科学連合   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) ONO Kenji1, HIRADATE Syuntaro, FUJIMOTO Kiyoshi, HIRATA Yasumasa, HIRAIDE Masakazu, TABUCHI Ryuuichi, LIHPAI Saimon 

2014  愛知県「海上の森」におけるナラ枯れ被害およびその後の森林動態と微地形との関係  共同  2015/03/28 
日本地理学会2014年度春季学術大会  , 日本地理学会  , 日本地理学会発表要旨集  , 日本地理学会  , 87  , 77   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 藤本 潔・小南陽亮 

2014  ミクロネシア連邦ポンペイ島のエスチュアリ型マングローブ林における20年間の森林動態と海面上昇の影響  共同  2014/11 
第20回日本マングローブ学会平成26年度大会  , 日本マングローブ学会   

概要(Abstract) ミクロネシア連邦ポンペイ島のエスチュアリ型マングローブ林の20年間の森林動態を明らかにするとともに、近年の急激な海面上昇の影響を考察した。 

備考(Remarks) 森田茅裕・藤本 潔・田淵隆一・小野賢二・谷口真吾・渡辺 信・井上智美・小川知美・Saimon Lihpai 

2014  西表島船浦湾におけるRhizophora stylosa林の細根生産量と潮汐環境の関係  共同  2014/11 
第20回日本マングローブ学会平成26年度大会  , 日本マングローブ学会   

概要(Abstract) 西表島船浦湾のRhizophora stylosa林の細根生産量を潮位環境との関係から考察した。 

備考(Remarks) 小川知美・小野賢二・藤本潔・渡辺信・谷口真吾・井上智美 

2014  海岸低湿地における地形、生物、人為プロセス  共同  2014/09/08 
日本第四紀学会2014年大会  , 日本第四紀学会   

概要(Abstract) 藤本 潔、Kim COHEN、宮城豊彦 

備考(Remarks) 様々な気候帯における海岸低湿地の形成・維持機構に関わる地形・植生・人為プロセスについてレビューした。 

2014  FINE ROOT PRODUCTION AND TIDAL ENVIERONMENT OF RHIZOPHORA STYLOSA STANDS IN IRIOMOTE ISLAND, SOUTHWESTERN JAPAN  共同  2014/09 
6th International Symposium on Physiological Processes in Roots of Woody Plants  , International Society of Root Research   

概要(Abstract) 西表島におけるRhizophora stylosa林の1年間の細根生産量について、潮位環境との関係から考察した。 

備考(Remarks) Tomomi Ogawa, Kenji Ono, Kiyoshi Fujimoto, Shin Watanabe, Shingo Taniguchi, Tomomi Inoue 

2014  ESTIMATION OF FINE ROOT DYNAMICS IN MANGROVE (RHIZOPHORA APICULATA) FOREST IN PHONPEI ISLAND, FSM  共同  2014/09 
6th International Symposium on Physiological Processes in Roots of Woody Plants  , International Society of Root Research   

概要(Abstract) ミクロネシア連保ポンペイ島のRhizophora apiculata林における細根生産量を明らかにした。 

備考(Remarks) Kenji Ono, Kiyoshi Fujimoto, Yasumasa Hirata, Shingo Taniguchi, Ryuichi Tabuchi, Lihpai Saimon 

2013  ミクロネシア連邦ポンペイ島サンゴ礁上マングローブ林における泥炭生成・蓄積過程の評価  共同  2014/03 
第61回日本生態学会大会  , 日本生態学会   

概要(Abstract) ミクロネシア連邦ポンペイ島Rhizophora林における泥炭試料およびリター分解試料を対象に、固体13C CPMAS核磁気共鳴法によって有機物の組成分析を、またイングロースコア法によって細根生産量の評価を行った。 

備考(Remarks) 小野賢二,平舘俊太郎,森田沙綾香,藤本潔,平田泰雅,田淵隆一,Saimon LIHPAI 

2013  微地形と地理学―その応用と展開:趣旨説明  共同  2014/03 
日本地理学会2014年春季学術大会  , 日本地理学会  , 日本地理学会発表要旨集  , 日本地理学会  , 85  , 25   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 藤本 潔・宮城豊彦・西城 潔・竹内裕希子 

2013  ミクロネシア連邦ポンペイ島における急激な海面上昇がマングローブ生態系に及ぼしつつある影響について  共同  2013/12 
第19回日本マングローブ学会平成25年度大会  , 日本マングローブ学会  , 第19回日本マングローブ学会平成25年度大会講演要旨集  , 日本マングローブ学会  , 19  , 8   

概要(Abstract) ミクロネシア連邦ポンペイ島のエスチュアリ型およびサンゴ礁型マングローブ林に1994年に設置した固定プロットにおける観測データに基づき、最近の急激な海面上昇が立地と森林動態に及ぼした影響を明らかにした。 

備考(Remarks) 新貝陽香・藤本 潔・谷口真吾・小野賢二・渡辺 信・井上智美・平田泰雅・田淵隆一・Saimon Lihpai 

2013  Effects of sea-level rise to mangrove habitat are already emerging: From the long-term monitoring in Pohnpei Island, Micronesia  共同  2013/08 
IGU 2013 Kyoto Regional Conference  , International Geographical Union   

概要(Abstract) ミクロネシア連邦ポンペイ島に1994年にエスチュアリ型マングローブ林に設置した固定プロットにおける観測データから、最近の急激な海面上昇が立地と森林動態に及ぼした影響を明らかにした。 

備考(Remarks) Kiyoshi Fujimoto, Shingo Taniguchi, Kenji Ono, Yasumasa Hirata, Ryuichi Tabuchi and Saimon Lihpai 

2012  ミクロネシア連邦ポンペイ島サンゴ礁上マングローブ林におけるRhizophora apiculataの細根生産量  共同  2013/03 
日本生態学会第60回全国大会  , 日本生態学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 小野賢二, 藤本潔, 平田泰雅, 谷口真吾, 田淵隆一, Saimon Lihpai 

2012  ミクロネシア連邦ポンペイ島サンゴ礁型マングローブ林における地盤高および冠水頻度の違いが生産量に及ぼす影響  共同  2013/03 
日本生態学会第60回全国大会  , 日本生態学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 谷口真吾,藤本潔,平田泰雅,小野賢二,田淵隆一,Saimon Lihpai 

2012  石垣島宮良川河口部における中州上マングローブ林の植生動態  共同  2013/03 
2013年日本地理学会春季学術大会  , 日本地理学会  , 日本地理学会発表要旨集  , 日本地理学会  , 83  , 88   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 小川知美、藤本潔、羽佐田紘大 

2012  ベトナムにおけるマングローブ植林活動を通した環境教育  単独  2012/12 
第18回日本マングローブ学会大会  , 日本マングローブ学会  , 第18回日本マングローブ学会大会講演要旨集  , 1   

概要(Abstract) 公開シンポジウム「マングローブと環境教育」において、ホーチミン市カンザー地区で2002年より実施している、日本とベトナムの大学生を中心としたスタディーツアーの意義と効果についての講演を行った。 

備考(Remarks)  

2012  西表島におけるマングローブ林海側林縁部の立地変動と森林動態  共同  2012/12 
第18回日本マングローブ学会大会  , 日本マングローブ学会  , 第18回日本マングローブ学会大会講演要旨集  , 10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 小川知美、藤本潔、谷口真吾、小野賢二、西埜友美、渡辺信 

2012  ミクロネシア連邦ポンペイ島におけるSonneratia alba群落の地上部現存量と生産量の推定  共同  2012/12 
第18回日本マングローブ学会大会  , 日本マングローブ学会  , 11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 伊庭あずさ、藤本潔、平田泰雅、谷口真吾、小野賢二、田淵隆一、Saimon Lihpai 

2011  Organic carbon dynamics of decomposing litter and peat in a tropical mangrove forest on Pohnpei Island, Federated States of Micronesia  共同  2012/03 
Joint Meeting of The 59th Annual Meeting of ESJ and The 5th EAFES International Congress  , 日本生態学会、East Asian Federation of Ecological Societies   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Ono,K., Hiradate,S., Hiraide,M., Hirata,M., Fujimoto,K., Tabuchi,R., Lihpai,S. 

2011  ミクロネシア連邦ポンペイ島におけるフタバナヒルギ丸太の分解  共同  2012/03 
Joint Meeting of The 59th Annual Meeting of ESJ and The 5th EAFES International Congress  , 日本生態学会、East Asian Federation of Ecological Societies   

概要(Abstract) 平出政和、小野賢二、藤本潔、平田泰雅、田淵隆一、Saimon Lihpai 

備考(Remarks)  

2011  愛知県「海上の森」におけるナラ枯れの現状と炭素固定機能への影響  共同  2012/03 
日本地理学会2012年春季学術大会  , 日本地理学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 藤本潔、小南陽亮 

2011  ミクロネシア連邦ポンペイ島エスチュアリ型マングローブ林の森林動態と炭素固定機能-1ha固定プロットにおける17年間の観測研究-  共同  2011/11 
第17回日本マングローブ学会大会  , 日本マングローブ学会  , 第17回日本マングローブ学会大会講演要旨集  , 10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 宮崎さゆり、藤本潔、平田泰雅、谷口真吾、小野賢二、西埜友美、田淵隆一、Saimon Lihpai 

2011  高密度に支柱根が発達したRhizophora stylosa林の地上部現存量の推定-ミクロネシア連邦ポンペイ島の事例-  共同  2011/11 
第17回日本マングローブ学会大会  , 日本マングローブ学会  , 第17回日本マングローブ学会大会講演要旨集  , 11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 西埜友美、藤本潔、平田泰雅、谷口真吾、小野賢二、平舘俊太郎、宮崎さゆり、田淵隆一、Saimon Lihpai 

2011  ミクロネシア、ポンペイ島サンゴ礁型マングローブ林の森林動態と炭素固定機能-1ha固定プロットにおける16年間の観測研究-  共同  2011/05 
第21回日本熱帯生態学会年次大会  , 日本熱帯生態学会  , 第21回日本熱帯生態学会年次大会(沖縄)講演要旨集  , 67   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 藤本潔、平田泰雅、平出政和、鳥山淳平、小野賢二、谷口真吾、田淵隆一、服部都、井上理咲子、Saimon Lihpai 

2010  ベトナム南部カンザー地区のマングローブ域に暮らす人々の生業活動とその持続可能性  共同  2011/03 
2011年日本地理学会春季学術大会  , 日本地理学会   

概要(Abstract) ベトナム南部カンザー地区のマングローブ域で暮らす人々が生業活動の中でマングローブ生態系をいかに利用し、どれほどの経済的恩恵を受けているのかを明らかにすると共に、その持続可能性について考察した。 

備考(Remarks) 井上理咲子・藤本 潔・Phan Van Trung・Cao Huy Binh・Huynh Duc Hoan・Nguyen Quynh Ha Nhu 

2010  矢作川下流低地における完新世の堆積土砂量と炭素蓄積量の時系列的変動  共同  2011/03 
2011年日本地理学会春季学術大会  , 日本地理学会   

概要(Abstract) 矢作川下流低地の三角州前置層まで含めた堆積土砂量についてArcGIS3DAnalystを用いて体積計算を行い、各層序の容積重から堆積土砂量の絶対量(質量)および炭素蓄積量を推定すると共に、1000年オーダーでのそれらの蓄積量の変動を明らかにした。 

備考(Remarks) 羽佐田紘大・藤本 潔 

2010  Estimation of aboveground biomass of mangrove forest using crown area obtained from high-resolution satelite data  共同  2010/8 
XXIII IUFRO WORLD CONGRESS  , International Union of Forest Research Organizations   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Y. Hirata, R. Tabuchi, S. Lihpai, H. Anson, K. Fujimoto, S. Kuramoto, Y. Mochida 

2010  ベトナム南部カンザー地区のマングローブ域における人の自然利用  共同  2010/11 
第16回日本マングローブ学会大会  , 日本マングローブ学会   

概要(Abstract) ベトナム南部カンザー地区のマングローブ域で暮らす人々が生業活動の中でいかにマングローブ生態系を利用しているかを明らかにした。 

備考(Remarks) 井上理咲子、藤本 潔、Phan Van Trung、Cao Huy Binh、Huynh Duc Hoan、Nguyen Quynh Ha Nhu 

2009  ベトナム・カンザーマングローブ生物圏保全地域における生物多様性の復元  共同  2010/3 
第57回日本生態学会大会  , 日本生態学会   

概要(Abstract) ベトナム、カンザー地区において微地形条件に応じた樹種選定で実施したマングローブ林再生プロジェクトにおける植栽後7〜8年間の植林苗の定着率や成長過程を明らかにした。 

備考(Remarks) 石原修一、藤本 潔、Vien Ngoc Nam, Le Van Sinh, Huynh Duc Hoan, Dieu Thi Bich Hai 

2009  マングローブ林開発と修復に伴う環境変化と住民生活への影響−タイ王国、サムットソンクラーム県クローンコン地区の事例−  共同  2009/11 
第15回日本マングローブ学会大会  , 日本マングローブ学会   

概要(Abstract) エビ養殖池の開発で一旦はマングローブ林が激減したものの、その後の植林で環境修復が進みつつあるタイ湾北西岸サムットソンクラーム県、クローンコン地区において、その経緯とそれに伴う環境変化を明らかにすると共に、住民の生業や経済状況、環境意識を把握した上で、持続可能な土地利用政策について考察した。 

備考(Remarks) Kritmanorote Krittaluck, 藤本 潔 

2009  ベトナム、カンザー地区におけるマングローブ再造林プロジェクトと日越交流  共同  2009/11 
第15回日本マングローブ学会大会  , 日本マングローブ学会   

概要(Abstract) ベトナム、カンザー地区で2002年度から実施しているマングローブ林再生プロジェクトにおける植林苗の成長過程を明らかにする共に、その作業に加わった日越大学生や現地森林官への波及効果を紹介した。 

備考(Remarks) 石原修一、藤本 潔、Vien Ngoc Nam, Le Van Sinh, Huynh Duc Hoan, Dieu Thi Bich Hai 

2008  北海南部大陸沿岸における完新世海水準変動研究史と微変動の可能性  単独  2009/03 
日本地理学会発表要旨集  , 日本地理学会  , 75  , 151   

概要(Abstract) オランダを中心とする北海南部大陸沿岸の14C年代測定導入以降の海水準変動史を明らかにすると共に、それぞれの研究におけるデータの信頼性を評価することで、特に完新世中期以降の海水準微変動の可能性について考察した。 

備考(Remarks)  

2008  完新世におけるインドネシア・スマトラ島東岸の泥炭湿地林の拡大  共同  2008/10 
日本地理学会発表要旨集  , 日本地理学会  , 74  , 31   

概要(Abstract) スマトラ島泥炭湿地林の形成過程を多点でのボーリング調査および年代測定結果から考察し、現在の泥炭湿地林は主として3000calBP以降に形成されたことを明らかにした。 

備考(Remarks) 三浦正史・藤本 潔・小林繁男・Herwint Simbolon・春山成子 

2007  平野堆積物中炭素に対する陸上植物の寄与−3つの沖積平野堆積物中の炭素窒素安定同位体比からわかること−  共同  2008/03 
日本森林学会第119回大会  , 日本森林学会  , 119  , 495   

概要(Abstract) 十勝平野、矢作川平野、宮崎平野における完新世堆積物の炭素窒素安定同位体比から、炭素貯留に対する陸上植物の寄与について考察した。 

備考(Remarks) 石塚成宏、藤本潔、志知幸治、大平明夫、川瀬久美子 

2007  Geomorphological evolution and mangrove habitat dynamics of the Northern Mekong River Delta  共同  2007/09 
AA-Platform International Conference on Mangroves, Ho Chi Minh City  , 名古屋大学   

概要(Abstract) メコンデルタ北部およびドンナイ川低地の地形発達とマングローブ林の立地変動を明らかにした。 

備考(Remarks) Fujimoto, K., Umitsu, M., Kawase, K., Nguyen, V.L., Ta, T.K.O. and Huynh, D.H. 

2007  Growth and mortality of mangroves for four years in a reforested are, Can Gio, Vietnam  共同  2007/09 
AA-Platform International Conference on Mangroves  , 名古屋大学   

概要(Abstract) ベトナムカンザー地区におけるマングローブ植林後4年間の樹種別成長速度および死亡率を明らかにした。 

備考(Remarks) Ishihara, S., Fujimoto, K., Vien, N.N. and Huynh, D.H. 

2006  メコンデルタ北部およびドンナイ川デルタの地形発達とマングローブ林の立地変動  共同  2007/03 
日本地理学会2007年春季学術大会  , 日本地理学会   

概要(Abstract) メコンデルタ北部およびドンナイ川デルタの地形発達を、海水準変動およびマングローブ林の立地変動と共に明らかにした。 

備考(Remarks) 藤本潔、海津正倫、川瀬久美子、NGUYEN Van Lap、TA Thi Kim Oanh 

2006  インドネシア・スマトラ島東岸の低湿地の地形発達  共同  2007/03 
日本地理学会2007年春季学術大会  , 日本地理学会   

概要(Abstract) スマトラ島東岸低湿地の形成過程について、海水準変動および泥炭湿地林、マングローブ林の立地変動と共に考察した。 

備考(Remarks) 三浦正史、藤本潔、小林繁男、Herwint SIMBOLON 

2005  西表島仲間川低地における相対的海水準変動に伴う低湿地林の立地変動  共同  2006/03 
日本地理学会2006年春季学術大会  , 日本地理学会   

概要(Abstract) 西表島仲間川低地の淡水湿地林においてボーリング調査を行い、3500年前以降のマングローブ堆積物の分布を明らかにすると共に、その間の相対的海水準は現海水準を上回ることがなかったことを明らかにした。 

備考(Remarks) 三浦正史・春山成子・藤本 潔 

2005  ポンペイ島マングローブ林の群落型と立地形成年代の関係について  共同  2005/11 
日本マングローブ学会'05年次大会  , 日本マングローブ学会   

概要(Abstract) ミクロネシア、ポンペイ島のマングローブ群落を植物社会学的手法でタイプ分けすると共に、その立地形成年代を地形学的手法で推定し、両者の対応関係を明らかにした。 

備考(Remarks) 藤本 潔、持田幸良、菊池多賀夫、田淵隆一 

2005  ベトナム、カンザー地区マングローブ再造林プロジェクトの4年目の状況報告  共同  2005/11 
日本マングローブ学会'05年次大会  , 日本マングローブ学会   

概要(Abstract) ベトナム、カンザー地区で実施しているマングローブ再造林プロジェクトにおける4年目の樹種別生残率および成長量を明らかにした。 

備考(Remarks) 石原修一、藤本 潔、Vien Ngoc Nam, Le Van Sinh, Cat Van Thanh 

2004  沖積平野の形成過程における土砂貯留機能および炭素蓄積機能の評価−矢作川下流低地を事例として  共同  2005/03 
日本地理学会2005年度春季学術大会  , 日本地理学会   

概要(Abstract) GIS3D解析ソフトを用い、沖積層各層序の体積計算を行うと共に、30m深に達する不撹乱コアの採取を行い、各層序の容積重および炭素含有量を明らかにした上で、土砂貯留量および炭素蓄積量を質量として算出した。 

備考(Remarks) 藤本 潔、川瀬久美子、大平明夫、石塚成宏、志知幸治、安達 寛 

2004  ベトナム、カンザー地区マングローブ再造林プロジェクトの3年目の状況報告  共同  2004/11 
日本マングローブ学会'04年次大会  , 日本マングローブ学会   

概要(Abstract) カンザー地区の再造林地に設置した2つの固定プロットにおいて、それぞれ植林後2年目および3年目の生存率および成長量を明らかにした。 

備考(Remarks) 石原修一、藤本 潔、井上いつか、Vien Ngoc Nam、Cat Van Thanh 

2004  ポンペイ島サンゴ礁型マングローブ林におけるRhizophora apiculata葉の分解  共同  2004/06 
第14回日本熱帯生態系学会年次大会  , 日本熱帯生態学会   

概要(Abstract) Rhizophora apiculataが優占するポンペイ島サンゴ礁型マングローブ林において、林床および30cm深における葉の通年分解試験を行い、分解過程を明らかにした。 

備考(Remarks) 小野賢二、藤本 潔、持田幸良、菊池多賀夫、平出政和、倉本恵生、石原修一、Walter PETER、Saimon LIHPAI、Helson ANSON、田淵隆一 

2004  海洋小島嶼(ミクロネシアポンペイ島)のサンゴ礁型マングローブ林とエスチュアリ型マングローブ林における  共同  2004/06 
第14回日本熱帯生態学会年次大会  , 日本熱帯生態学会   

概要(Abstract) サンゴ礁型およびエスチュアリ型マングローブ林において、実生の動態を数年間の観測調査によって明らかにした。 

備考(Remarks) 倉本恵生、石原修一、小野賢二、田淵隆一、藤本 潔、Saimon LIHPAI 

2004  ポンペイ島マングローブの呼吸根がトラップしたもの  共同  2004/06 
第14回日本熱帯生態学会年次大会  , 日本熱帯生態学会   

概要(Abstract) ポンペイ島におけるサンゴ礁型マングローブ林のひとつであるSonneratia alba林において、その呼吸根が持つ物質捕捉機能について考察した。 

備考(Remarks) 田淵隆一、倉本恵生、藤本 潔 

2003  北海道東部,風蓮川低地における完新世相対的海水準変動  共同  2004/03 
日本地理学会2004年度春季学術大会  , 日本地理学会   

概要(Abstract) 北海道、風蓮川低地の14地点から採取したボーリング試料に対して珪藻分析および14C年代測定を行い、過去5000年間の相対的海水準変動を明らかにした。 

備考(Remarks) 大平明夫, 藤本 潔, 安達 寛 

2003  ベトナム、カンザー地区におけるマングローブ再造林プロジェクトの概要と植林後1年目の状況  共同  2003/11 
日本マングローブ学会2003年次大会  , 日本マングローブ学会   

概要(Abstract) ベトナム、カンザー地区で2002年度から開始したマングローブ再造林プロジェクトの概要を紹介すると共に、再造林地の立地環境と植林後1年目の状況について報告した。 

備考(Remarks) 藤本 潔,石丸 龍,中山智之,江間あゆ美,Vien Ngoc Nam,Le Van Sinh 

2003  ミクロネシア連邦ポンペイ島におけるRhizophora stylosa林の支柱根バイオマスの推定  共同  2003/11 
日本マングローブ学会2003年次大会  , 日本マングローブ学会   

概要(Abstract) ミクロネシア、ポンペイ島のRhizophora stylosa林に設置した固定プロットにおいて各部位地上部現存量の推定を行った結果、支柱根現存量は130t/haに達し、全地上部現存量の58%を占めることが明らかになった。 

備考(Remarks) 井上いつか,藤本 潔,田淵隆一,Saimon LIHPAI 

2003  矢作川下流低地における後氷期初頭以降の植生変遷  共同  2003/10 
日本花粉学会第44回大会  , 日本花粉学会   

概要(Abstract) 矢作川沖積平野で実施した2本の30mボーリングコア試料を用い花粉分析を行い、後氷期初頭以降の植生変遷の復元を試みた。 

備考(Remarks) 志知幸治,藤本 潔,石塚成宏,大平明夫,川瀬久美子,安達 寛 

2003  ポンペイ島北岸の先駆性Sonneratia alba林の気根量  共同  2003/06 
第13回日本熱帯生態学会年次大会  , 日本熱帯生態学会   

概要(Abstract) ミクロネシア、ポンペイ島のSonneratia alba林に設置した固定プロットにおいて地上部現存量の推定を行った結果、地上部気根現存量は35t/haに達し、全地上部現存量の9.5%を占めることが明らかになった。 

備考(Remarks) 田淵隆一,倉本恵生,石原修一,小野賢二,平出政和,藤本 潔 

2003  Sonneratia albaの栄養繁殖とマングローブ林の海側への拡大  共同  2003/06 
第13回日本熱帯生態学会年次大会  , 日本熱帯生態学会   

概要(Abstract) ミクロネシア、ポンペイ島のSonneratia alba林に設置した固定プロットにおいて毎木調査を行い、Sonneratia albaは伏条することによって海側へ拡大してきたことを明らかにした。 

備考(Remarks) 石原修一,田淵隆一,藤本 潔,倉本恵生,小野賢二,平出政和,宮崎安将,持田幸良,菊池多賀夫,Saimon LIHPAI 

2002  マングローブ立地の形成過程と地下部炭素蓄積機能  単独  2003/03 
第50回日本生態学会大会  , 日本生態学会   

概要(Abstract) マングローブ立地の形成過程を地形学的に明らかにすると共に、その過程で蓄積された炭素量と蓄積速度について、アジア・太平洋地域から得られたデータに基づいて考察した。 

備考(Remarks)  

2002  マングローブ(メヒルギ、オヒルギ)の遺伝的多様性と集団間分化について  共同  2003/03 
第50回日本生態学会大会  , 日本生態学会   

概要(Abstract) マイクロサテライトマーカーを用い、南西諸島、タイ、およびポンペイ島におけるメヒルギとオヒルギ集団の遺伝的多様性と集団間分化を解析した。 

備考(Remarks) 菅谷貴志,吉丸博志,藤本 潔,Suchitra Changtragoon 

2002  沖縄県西表島,仲間川オヒルギ林の成熟過程  共同  2002/11 
日本マングローブ学会2001年次大会  , 日本マングローブ学会   

概要(Abstract) 西表島におけるオヒルギ林の立地成立過程を、アナジャコの活動に伴うバイオターベーションの影響も含め、主として地形学的に明らかにした。 

備考(Remarks) 宮城豊彦,馬場繁幸,藤本潔,内山庄一郎,石原修一,渡辺純江 

2002  十勝平野における後氷期初頭以降の植生変遷  共同  2002/10 
日本花粉学会第43回大会  , 日本花粉学会   

概要(Abstract) 十勝川下流低地で採取した2本の30mボーリング試料の花粉分析を行い、後氷期初頭以降の植生変遷史の復元を試みた。 

備考(Remarks) 志知幸治,藤本 潔,石塚成宏,大平明夫,川瀬久美子,安達 寛 

2001  タイ国および西表島マングローブ林における主要な構成種の分布とその立地  共同  2002/03 
第49回日本生態学会大会  , 日本生態学会   

概要(Abstract) タイおよび西表島マングローブ林の主要構成種について,特に地盤高との関係からその分布を規定する立地環境について考察した。 

備考(Remarks) 石原修一,持田幸良,藤本 潔,宮城豊彦,菊池多賀夫 

2001  奄美大島住用川・役勝川河口マングローブ林の立地環境,植生および地下部炭素蓄積量  共同  2001/11 
日本マングローブ学会2001年次大会  , 日本マングローブ学会   

概要(Abstract) 奄美大島住用川・役勝川河口マングローブ林の立地環境と植生配列の関係を検討すると共に,優占するメヒルギ林の地上部バイオマスおよび地下部炭素蓄積量を明らかにした。 

備考(Remarks) 藤本 潔,石原修一,田中伸治,川西基博,渡辺 亮 

2001  奄美大島住用川・役勝川河口マングローブ林における植生の帯状配列と立地  共同  2001/10 
植生学会第6回大会  , 植生学会   

概要(Abstract) 奄美大島住用川・役勝川河口に見られるマングローブ林および後背林の植生配列について,特に地盤高と堆積物との関係から考察した。 

備考(Remarks) 石原修一,川西基博,渡辺 亮,田中伸治,藤本 潔 

2001  Holocene sea-level changes and mangrove habitat dynamics in the Asia-Pacific region  共同  2001/09 
The 3rd Interna-tional Con-ference of the Interna-tional Geo-logical Cor-relation Programme Project  , INQUA Neo-tectonics and Shore-lines Com-mission   

概要(Abstract) ミクロネシア・コスラエ島,タイ南西部,および西表島で明らかにされた相対的海水準変動を比較し,アジア・太平洋地域に共通する海面変化傾向を明らかにした。また,それぞれの地域の相対的海面変動に対応したマングローブ立地の動態について検討した。 

備考(Remarks) Fujimoto, K. and Miyagi, T. 

2001  ポナペ島マングローブ林における冠水頻度と現存量の関係  共同  2001/06 
第11回日本熱帯生態学会年次大会  , 日本熱帯生態学会   

概要(Abstract) ミクロネシア,ポナペ島のマングローブ林について,潮汐による冠水頻度とRhizophora apiculataおよびBruguiera gymnorrhizaの現存量の関係について考察した。その結果,冠水頻度の上昇と共にR. apiculataの個体現存量が増加し,個体数が減少した。一方,B. gymnorrhizaは明瞭ではないがR. apiculataと反対の傾向が見られた。 

備考(Remarks) 宇都木玄,北尾光俊,田淵隆一,倉本恵生,平出政和,宮崎安将,小野賢二,藤本 潔 

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]