研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

47 件中 1 - 10 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2015  避難困難地域における津波避難施設整備の現状と課題-三重県伊勢市大湊地区を事例に-  共著   
アカデミア(人文・自然科学編)  , 南山大学  , 11  , 105-116  , 2016/01   

概要(Abstract) 津波常襲地である三重県伊勢市大湊町に建設された津波避難タワーが完成に至るまでの経緯を明らかにすると共に、今後の課題について考察した。 

備考(Remarks) 大橋由美・藤本 潔 

2014  西表島仲間川低地におけるマングローブ林の立地形成過程と地盤運動  共著   
Mangrove Science  , 日本マングローブ学会  , 9  , 3-15  , 2015/03   

概要(Abstract) 西表島仲間川低地における完新世後期のマングローブ林の立地形成過程を明らかにするとともに、それに影響を及ぼしたと考えられる地震隆起の発生時期について考察した。 

備考(Remarks) 藤本 潔・三浦正史・春山成子 

2014  Estimation of aboveground biomass in a Rhizophora stylosa forest with density developed prop roots in Pohnpei Island, Federated States of Micronesia  未設定   
Mangrove Science  , 9  , 17-25  , 2015/03   

概要(Abstract) ミクロネシア連邦ポンペイ島のサンゴ礁上に発達した、支柱根が高密度に発達したRhizophora stylosa林の地上部バイオマスを推定した。その結果、支柱根バイオマスは、全地上部バイオマスの58%に上ることが明らかになった。 

備考(Remarks) Yumi Nishino, Kiyoshi Fujimoto, Tabuchi Ryuichi, Yasumasa Hirata, Kenji Ono, Shingo Taniguchi, Tomomi Ogawa and Saimon Lihpai 

2014  Assessing the carbon compositions and sources of mangrove peat in a tropical mangrove forest on Pohnpei Island, Federated States of Micronesia   共著   
Geoderma  , 245-246  , 11-20  , 2015/01   

概要(Abstract) サンゴ礁型マングローブ林における深度約1mのマングローブ泥炭の化学組成および14C年代測定値より、泥炭生成に及ぼす現生根茎の影響を考察した。 

備考(Remarks) Kenji Ono, Syuntaro Hiradate, Sayaka Morita, Masakazu Hiraide, Yasumasa Hirata, Kiyoshi Fujimoto, Ryuichi Tabuchi, Saimon Lihpai 

2014  The Relationships among Community Type, Peat Layer Thickness, Belowground Carbon Storage and Habitat Age of Mangrove Forests in Pohnpei Island, Micronesia  共著   
Open Journal of Forestry  , 5  , 48-56  , 2015/01   

概要(Abstract) Kiyoshi Fujimoto, Yukira Mochida, Takao Kikuchi, Ryuichi Tabuchi, Yasumasa Hirata, Saimon Lihpai 

備考(Remarks) ミクロネシアポンペイ島のマングローブ林において、主要群落型、マングローブ泥炭層厚、地下部炭素蓄積量の関係を明らかにするとともに、植生遷移系列および各群落形成に要する時間スケールを明らかにした。 

2013  ベトナム南部カンザー地区のマングローブ域に暮らす人々の生業活動の現状と持続可能性  共著   
アカデミア(人文・自然科学編)  , 南山大学  , 7  , 151-169  , 2014/01   

概要(Abstract) ベトナム南部カンザー地区のマングローブ域で暮らす人々が、生業活動の中でその生態系といかに関わり、どれほどの経済的恩恵を受けているかについて明らかにするとともに、その持続可能性について考察した。 

備考(Remarks) 井上理咲子・藤本 潔 

2013  Aboveground dynamics and productivity of major mangrove communities on Pohnpei Island, Federated States of Micronesia  共著   
Global Environmental Research  , Asociation of International Research Initiatives for Environmental Studies  , 17/2  , 207-214  , 2013/11   

概要(Abstract) ミクロネシア、ポンペイ島の主要マングローブ群落内に1994年に設置した2つの固定プロットにおける地上部森林動態および生産量を明らかにした。 

備考(Remarks) Fujimoto, K., Tabuchi, R., Hirata, Y., Ono, K., Taniguchi, S. and Lihpai, S 

2011  矢作川下流低地における完新世の堆積土砂量と蓄積炭素量の時系列的変動  共著   
地形  , 日本地形学連合  , 33/1  , 25-43  , 2012/01   

概要(Abstract) 矢作川下流低地における完新世の堆積土砂量と蓄積炭素量を質量として推定し、それらの1000年毎の時系列的変動を明らかにした。 

備考(Remarks) 羽佐田紘大・藤本潔 

2009  北海南部大陸沿岸における完新世海水準変動研究史と微変動の可能性  単著   
地理学評論  , 日本地理学会  , 82/5  , 465-490  , 2009/09   

概要(Abstract) 氷河性アイソスタシーにより沈降傾向にある北海南部大陸沿岸の海面変化研究史をまとめるとともに、地質層序や地形発達との関係も考慮し完新世中期以降の海水準微変動について考察した。 

備考(Remarks)  

2009  Sediment and carbon storages in the Yahagi River Delta during the Holocene, central Japan  共著   
Quaternary Science Reviews  , Elsevier  , 28/15-16  , 1472-1480  , 2009/07   

概要(Abstract) 矢作川下流デルタにおいて、ArcView 3D analystを用い各層序の体積計算を行うと共に、各層序から採取した不攪乱コアを用い容積重および炭素含有量を明らかにすることで、完新世のデルタ形成過程で蓄積された土砂量および炭素量を質量で明らかにした。 

備考(Remarks) Fujimoto, K., Kawase, K., Ishizuka, S., Shichi, K., Ohira, A. and Adachi, H 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [NEXT>>]