研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

49 件中 11 - 20 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2009  北海南部大陸沿岸における完新世海水準変動研究史と微変動の可能性  単著   
地理学評論  , 日本地理学会  , 82/5  , 465-490  , 2009/09   

概要(Abstract) 氷河性アイソスタシーにより沈降傾向にある北海南部大陸沿岸の海面変化研究史をまとめるとともに、地質層序や地形発達との関係も考慮し完新世中期以降の海水準微変動について考察した。 

備考(Remarks)  

2009  Sediment and carbon storages in the Yahagi River Delta during the Holocene, central Japan  共著   
Quaternary Science Reviews  , Elsevier  , 28/15-16  , 1472-1480  , 2009/07   

概要(Abstract) 矢作川下流デルタにおいて、ArcView 3D analystを用い各層序の体積計算を行うと共に、各層序から採取した不攪乱コアを用い容積重および炭素含有量を明らかにすることで、完新世のデルタ形成過程で蓄積された土砂量および炭素量を質量で明らかにした。 

備考(Remarks) Fujimoto, K., Kawase, K., Ishizuka, S., Shichi, K., Ohira, A. and Adachi, H 

2005  Aboveground litter production, accumulation, decomposition, and tidal transportation of coral reef-type mangrove forest on Pohnpei Island, Federated States of Micronesia  共著   
TROPICS  , 日本熱帯生態学会  , 15/1  , 75-84  , 2006/03   

概要(Abstract) ミクロネシアポンペイ島のサンゴ礁型マングローブ林において、リターの生産、蓄積、分解過程、および潮汐による移動プロセスを明らかにした。 

備考(Remarks) Ono, K., Fujimoto, K., Hiraide, M., Lihpai, S., and Tabuchi, R 

2005  宮城県宮城野海岸平野南部地域における完新世の環境変遷  共著   
第四紀研究  , 日本第四紀学会  , 44/6  , 371-381  , 2005/12   

概要(Abstract) 宮城野海岸平野南部から得られたボーリングコア試料を用い、珪藻分析と花粉分析を行い、過去1万年間の堆積環境と植生変化を明らかにした。 

備考(Remarks) 竹内貞子、安藤一男、藤本 潔、吉田明弘 

2004  奄美大島マングローブ林の植生と立地の関係およびメヒルギ林の炭素蓄積量  共著   
森林立地  , 森林立地学会  , 46/1  , 9-19  , 2004/06   

概要(Abstract) 奄美大島住用川河口マングローブ林の植生と地形との対応関係を明らかにすると共に、その主要部を構成するメヒルギ林の地上部および地下部炭素蓄積量を明らかにした。 

備考(Remarks) 石原修一、藤本 潔、川西基博、渡辺 亮、田中伸治 

2003  Development and Polymorphism of simple sequence repeat DNA markers for Bruguiera Gymnorrhiza (L.) Lamk  共著   
Molecular Ecology Notes  , 3  , 85-87  , 2003   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Sugaya, T., Yoshimaru, H., Takeuchi, M., Katsuta, K., Fujimoto, K. and Changtragoon, S. 

2002  Light-dependent photosynthertic characteristics indicated by chlorophyll fluorescence in five mangrove species native to Pohnpei Island, Micronesia  共著   
Phisiologia Plantarum  , Blackwell  , 117  , 376-382  , 2003/03   

概要(Abstract) ポンペイ島におけるマングローブ主要5種の庇陰を受けていない葉を試料としてクロロフィル蛍光反応測定を行い、各樹種の光利用特性について検討した。 

備考(Remarks) Mitsutoshi Kitao, Hajime Utsugi, Shigeo Kuramoto, Ryuichi Tabuchi, Kiyoshi Fujimoto, Saimon Lihpai 「共同研究につき本人担当抽出不可能」 

2002  十勝川下流低地における沖積層の容積重と炭素含有率  共著   
アカデミア(保健体育・自然科学編)  , 南山大学  , 11巻  , 57-64  , 2003/01   

概要(Abstract) 北海道、十勝川平野の沖積層から得られた深度30mに達する不攪乱コアを用い、各層序の容積重と炭素含有率を明らかにすることで、沖積層の土砂貯留量および炭素貯留量を推定するための基礎データを得た。 

備考(Remarks) 藤本 潔,大平明夫,川瀬久美子,石塚成宏,志知幸治,安達 寛 「研究代表者として研究計画の立案、現地調査、論文執筆の全てを担当」 

2000  Top/root biomass ratio of a secondary mangrove (Ceriops tagal (Perr.) C.B. Rob.) forest  共著   
Forest Ecology and Management  , ELSEVIER  , 139  , 129-134  , 2000/12   

概要(Abstract) タイ南西部のマングローブ林において、Ceriops tagal二次林の地上部および地下部バイオマスの推定を試みた。その結果、地上部バイオマスと地下部バイオマスの比(T/R比)は1.05と算出され、従来報告されている他のマングローブ樹種や他の熱帯林に比べ、地下部に大きなバイオマスが蓄積されていることが明らかになった。 

備考(Remarks) Komiyama,A., Havanond, S., Srisawatt, W., Mochida, Y., Fujimoto, K., Ohnishi, T., Ishihara, S. and Miyagi, T. 

1999  Belowground carbon storage of Micronesian mangrove forests  共著   
Ecological Research  , 日本生態学会  , Vol.14,No.4  , 409-413  , 1999/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Fujimoto, K., Imaya, A., Tabuchi, R., Kuramoto, S., Utsugi, H. and Murofushi, T. 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [NEXT>>]