研究者詳細

研究活動/社会的活動
分割表示   全件表示 >>

57 件中 51 - 57 件目

年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2013  研究調査  2013/9/5〜2014/3/10 

活動内容等(Content of Activities) 研究休暇を利用し米国アメリカ大学客員研究員としてワシントンDCに滞在した。ワシントンDC滞在中に米議会図書館で研究資料調査を行うとともに、以下の機関等にてそれぞれ研究資料調査を行った。
 1.2013年10月14日〜10月22日:
The Wisonsin Historical Society(Madison,
Wisconsin)
 2.2013年10月25日〜10月29日:
Cornell University Library(Ithaca, New York)等
 3.2013年10月14日〜10月22日:
The State Historical Society of Missouri
(Columbis, Missouri)等
 4.2014年2月9日〜2月15日:
McMaster University Library
(Hamilton, Ontario, Canada)


 

2013  講演  2013/8/2 

活動内容等(Content of Activities) 2013年度立命館大学・アメリカン大学国際平和交流セミナーにおける「京都セミナー3:虐殺と和解ー真実の共有と悔悟・寛容への道を探る」
のセッションにおいて、「ベトナムのミ・ライ(ソン・ミ)虐殺のばあい」と題して講演を行なった。
 

2013  講演  2013/10/23 

活動内容等(Content of Activities) The American University Literature Department主催による2013 Literature Colloquium: Apocalypse Nowの場で、”The My Lai Massacre and its Legacies”(Session 4: The Historian's Apocalypse Now)と題して話題提供を行った。この話題提供の中では、ヴェトナム戦争を象徴する米軍によるヴェトナム民間人対する虐殺事件の一つであった「ソンミ虐殺」を事例に、「ソンミ虐殺」の概要と「戦争の克服」をめざず一ヴェトナム帰還兵によるヴェトナム民衆との和解・平和活動について考察した 

2012  研究調査  2013/3/13〜2013/3/19 

活動内容等(Content of Activities) ヴェトナムにおいて、自己の研究テーマであるソンミ虐殺事件に係る戦争の記憶の現状等について以下の研究調査ならびに関係者との懇談・意見交換を行った。具体的には主として以下のことを実施した。
1.戦争証跡博物館訪問と同舘長との懇談
2.ソンミ博物館訪問と同舘長との懇談
3.ホーチミンシティおよびハノイにおける戦争関連博物館訪問
4.ヴェトナム人研究者と「ヴェトナム戦争の記憶の現状」について
  意見交換
5.ソンミ虐殺の地でヴェトナム帰還米兵が主宰して行っている人道  支援活動について見学、同ヴェトナム帰還米兵等と意見交換
6.ソンミ虐殺45周年記念式典に参列
 

2012  愛知県立大学外国語学部グローバル人材育成推進事業キックオフセミナー  2013/1/25 

活動内容等(Content of Activities) 愛知県立大学外国語学部グローバル人材育成推進事業キックオフセミナー「グローバル人材の育成を考える」のパネルディスカッションにけるパネリストを務めた。 

2012  「総合学習」への対応  2012/7/27 

活動内容等(Content of Activities) 「総合学習」の一環として愛知教育大学付属岡崎中学校生徒が研究室を訪問した。本生徒はケネディ暗殺等、アメリカ現代史に強い関心があり、生徒から出された質問について回答をした。
 

2011  南山高校女子部連携講座「土曜セミナー」  2011/11/19 

活動内容等(Content of Activities) 「『アメリカ』に学ぶ、『アメリカ』に発信する」と題して英語学習ト国際理解の可能性について講演した。 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [NEXT>>]