研究者詳細

研究活動/社会的活動
分割表示 >>   全件表示

57 件中 1 - 57 件目

年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2015  講演(卓話)  2016/1/12 

活動内容等(Content of Activities) 名古屋ロータリークラブ主催の卓話にて「アメリカの戦争観―ベトナム戦争の記憶をめぐって」と題して講演を行った。 

2015  講演  2015/9/20 

活動内容等(Content of Activities) DAYS JAPAN フォトジャーナリズム写真展in 名古屋・講演会シリーズにて講師の一人を務め、「中東情勢の現在ーアメリカの『対テロ戦争』による負の遺産」と題して講演を行った。 

2015  学会司会(兼討論者)  2015/6/7 

活動内容等(Content of Activities) アメリカ学会2015年度第49回年次大会 部会D「ベトナム戦争終結後40年―米越関係の現在」の司会・討論者を担当するとともに、同大会「アメリカ国際関係史研究」分科会にて分科会責任者として下記の報告の司会者をも担当した(水本義彦氏「ニクソン政権のベトナム政策とタイ1969〜1973年」)。 

2015  テレビ番組出演  2015/5/1 

活動内容等(Content of Activities) BSフジ・プライムニュース「サイゴン陥落から40年ー記者の見たベトナム戦争」ゲストとして出演し、「サイゴン陥落から40年…記者の見たベトナム戦争」をテーマにベトナム戦争とは何だったのか、について解説したた。 

2014  学会司会  2014/6/7 

活動内容等(Content of Activities) アメリカ学会年次大会アメリカ国際関係史分科会責任者として平田雅己氏(名古屋市立大学)による「べ平連による脱走米兵支援活動と米国の干渉、1967-68年」と題する報告の司会を行った。 

2014  学会分科会コメンテーター  2014/11/15 

活動内容等(Content of Activities) 2014年度国際政治学会研究大会(福岡)における分科会「アメリカ政治外交I」において報告者3名のコメンテーターを橋口豊氏(龍谷大学)とともに務めた。同分科会では松岡完氏の司会のもとに以下の三報告があった。
山本章子氏「米国の海外基地政策としての安保改定ーナッシュ・レポートをめぐる米国政府内の検討」、島村直幸氏「英米の『特殊な関係』の再構築? 1956-1963年」、枦山剛氏「1968年におけるアメリカのベトナム戦争和平交渉政策ージョンソン大統領とニクソンの政策を比較しながら」。 

2010  研究調査・資料収集  2011年3月12日ー3月18日 

活動内容等(Content of Activities) 「ヴェトナムにおける『アメリカの戦争』の記憶」に関する研究調査・資料収集のため、ヴェトナム社会主義共和国のハノイ、ソンミ、ホーチミン・シティを訪問した。とくにハノイではヴェトナム枯れ葉剤被害者協会(VAVA)対外関係局長のMinh Y氏、ソンミではソンミ虐殺記念館長のPham Thanh Cong氏、ホーチミン・シティでは戦争証跡博物館のVan館長にそれぞれ面会した。また、2011年3月16日にはソンミ虐殺43周年記念式典に列席した。 

2010  学会司会  2010年6月5日 

活動内容等(Content of Activities) 2010年6月5日に大阪大学吹田キャンパスにて開催された第44回アメリカ学会年次大会第自由論題Fの司会を務めた。報告者は、以下のとおりである。

・佐藤真千子(静岡県立大学) 「ノーマン・カズンズとフリーダム・ハウス」
・板橋晶子(お茶の水女子大学(院)) 「第二次大戦期アメリカにおける『身だしなみ』と美容・衛生用品広告――男性向け製品を中心に」
・島本マヤ子(大阪大学(院)) 「ヘンリー・ウォーレスのアメリカ核独占に対する批判, 1945−1948」 

2010  学会司会  2010年10月31日 

活動内容等(Content of Activities) 国際政治学会2010年度研究大会(於:札幌コンベンションセンター)にて10月31日午前中に開催された「アメリカ政治外交分科会III」の司会を務めた。テーマは、「アメリカ合衆国とベトナム戦争」で、報告者、討論者は、以下のとおりである。
報告者:
佐藤 真千子(静岡県立大学)
「フリーダム・ハウスとベトナム戦争--ジョンソン政権期を中心に」
水本義彦(二松学舎大学)
「ベトナム和平交渉とラオス、1969−1973」
手賀裕輔(慶應義塾大学)
「米中ソ戦略トライアングルとベトナム和平交渉(1971−1973)?ニクソン政権の和平構想をめぐる論争の再検討」
討論者: 森聡(法政大学)、梅崎透(フェリス女学院大学) 

2009  研究調査  2009年8月30日ー9月5日 

活動内容等(Content of Activities) 科研「1960年代の米国における文化変容とその越境」に関わる
プロジェクト研究の一環として、1960年代におけるヴェトナム反戦運動の遺産に関する資料収集を米国立公文書館IIならびに
米議会図書館において行った。 

2009  講演  2009年8月29日 

活動内容等(Content of Activities) 愛知憲法会議等主催の連続憲法講座2009の第三回講座(8月29日[土])において「オバマ政権の対アフガニスタン政策と対日外交路線」と題して講演を行った。 

2009  講演  2009年4月13日 

活動内容等(Content of Activities) 一橋大学「平和と和解の研究センター」が主催するレクチャーシリーズ第14回「My Lai Peace Parkという試み:ベトナム帰還兵マイク・ベイムと語る」と題する企画において、マイク・ベイム氏とともに講演を行った。 

2008  講演  2008年12月6日 

活動内容等(Content of Activities) 南山大学名古屋キャンパスにて開催された平成20年度南山大学連続講演会「大学院の講義を聞きに行こう」の講師の一人として、ヴェトナム戦争を題材に、戦争の記憶継承と平和構築の課題について講演した。 

2008  学会分科会コメンテーター  2008年11月 

活動内容等(Content of Activities) つくば国際会議場で開催された2008年度日本国際政治学会研究大会アメリカ政治外交分科会III「アメリカ外交におけるソフトパワーとハードパワー」での松田武「アメリカ外交の文化政策の展開」、中島啓雄「ローズベルト系論とカリブ地域における軍事介入」の両報告に対してコメントを行った。 

2007  講演  2008年3月2日 

活動内容等(Content of Activities) 講演タイトル:イラク戦争--開戦から5年の今 アメリカでは
主催:国民保護法制を考える会
場所:名古屋市中区伏見ライフプラザ。
概要:講演では以下の二点について問題提起した。
1.戦争認識の縦軸(歴史的視点)と横軸(現在的視点)のアプローチから「非暴力・共生」世界の創造へ向けた歴史認識と「平和」創造のあり方について。
2.2008年大統領選挙を見る視点と21世紀世界秩序のあり方を考える視点について。 

2007  研究活動  2007年9月18日 

活動内容等(Content of Activities) 南山大学社会倫理研究所主催「公正と平和」研究プロジェクト・ワークショップ2007のもとで開催された「9.11事件以降の日本とイスラム:21世紀国際社会のビジョンを求めて」のコメンテーター
講演者:マイケル・シーゲル、中西久枝、中野涼子
コメンテーター:半澤朝彦、藤本博

コメントの要旨:
3名の講演者に対してコメンテーターとして以下の問題提起を行った。
*シーゲル報告--反植民地主義の伝統を持つアメリカ合衆国がなぜイスラム理解に失敗したか。中西報告--アメリカ合衆国において閉鎖的かつ視野狭窄的なナショナリズム(アメリカニズム)に向かうのではなく、開かれた関係性の中でのナショナリズムが生み出される可能性はないのか。中野報告:日本の「対米従属外交」の脱却への可能性はあるのか。また、ヨーロッパとは異なり中東への植民地支配の経験がない日本に期待されていることは何か。本コメントは、『時報しゃりんけん』第1号(2008年4月)、30頁に掲載された 

2007  講演  2007年4月22日 

活動内容等(Content of Activities) 講演タイトル:イラクの戦争--いつまで続けるのか--
主催:国民保護法制を考える会
場所:名古屋市中区伏見ライフプラザ
講演要旨:
アメリカによるイラク戦争、そしてその後の米軍による占領・駐留において、アメリカ合衆国はなぜ「ヴェトナム戦争の教訓」を生かせなかったを中心にアメリカによる「イラクの戦争」の諸相について講演した。 

2006  資料収集・研究調査・面接調査  2007年3月22日ー31日 

活動内容等(Content of Activities) 南山大学地域研究センター共同研究「宗教と政治のインターフェイス」の研究分担者のテーマ「アメリカ合衆国における宗教と平和」に関して米国ウィスコンシン州マディソン市とワシントン、D.C.の米議会図書館にて資料収集・研究調査・面接調査を行った。 

2006  講演  2006年7月31日 

活動内容等(Content of Activities) 広島市立大学広島平和研究所主催HPI研究フォーラムの講師の一人としてヴェトナム帰還米兵マイク・ベイム氏と共に「戦争の記憶と平和構築ーヴェトナム帰還米兵の『ミライ(ソンミ)平和公園プロジェクト』をめぐって」と題して講演を行った。 

2005  研究調査  2006年3月8日〜15日 

活動内容等(Content of Activities) パッへ研究奨励金I-Aによる研究助成のもとで、米国国立公文書館IIにおいて研究テーマである「ソンミ虐殺」の実相と米国社会の対応についての一次資料の調査・収集を行った。 

2005  講演  2005年7月9日 

活動内容等(Content of Activities) 愛知教育大学「第9条の会」主催講演会において、「『アメリカの戦争』を考える--『戦争の惨劇』から和解・平和共生へ」と題して講演した。 

2005  学会活動  2005年6月5日 

活動内容等(Content of Activities) 第39回アメリカ学会年次大会において部会A「ヴェトナムの記憶」を企画し、学会当日、本部会の司会者を務めた。 

2005  講演  2005年6月1日及び18日 

活動内容等(Content of Activities) 南山大学エクステンションカレッジ講座「今、アメリカを問う」(2005年6月1日、18日担当分)の連続講座にて「アメリカにおける『戦争』観・『平和』観」と題して講演した。 

2005  講演  2005年12月7日 

活動内容等(Content of Activities) 愛知憲法会議等主催「連続憲法講座2005」の第7回講演会において、「アメリカの世界戦略を読む--『帝国』はどこへいくのか」と題して講演した。 

2005  講演  2005年11月8日 

活動内容等(Content of Activities) 大垣東高校において「総合学習」授業の一環として、「『アメリカ』から学ぶ、『アメリカ』に発信する--『英語で学ぶ』意味と国際理解の可能性--」と題して講演した。 

2004  講演  2005年2月3日 

活動内容等(Content of Activities) 2004年度第二回知多地区社会教育委員連絡協議会研究会講師として、「戦争の記憶を超えて---国際社会における多文化共生--」と題して講演した。 

2004  研究調査  2005.3.11〜17 

活動内容等(Content of Activities) 「ソンミ虐殺」の記憶継承をもとに、ヴェトナムとの和解・相互理解・共生をめざすMy Lai Peace Park ProjectのProject Director, Mike Boehm氏にヴェトナムのハノイにて面接調査を行うとともに、虐殺現場であったMy Lai(Son My)にてMy Lai Peace Park Project についての各プロジェクトについて現地調査を行った。 

2004  記念講演  2004年9月4日 

活動内容等(Content of Activities) 2004年度日本グローバル教育学会全国研究大会記念講演の講師として招聘され、「『アメリカの戦争』の壁を超えて--『戦争の記憶』と平和共生の可能性」と題して講演した。 

2004  講演  2004年7月27日 

活動内容等(Content of Activities) 2004年度「いずみの会」第二回勉強会講師として、「アメリカと戦争」と題して講演した。 

2004  講演  2004年5月8日、15日 

活動内容等(Content of Activities) 南山大学エクステンションカレッジ春期講座「今問う『アメリカとは何か』」の講師の一人として「『イラク戦争』におけるアメリカ」と出して二回にわたって講演を行った。 

2004  講演  2004年5月29日 

活動内容等(Content of Activities) 愛知県アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会学習会講師として「ベトナムのアメリカ、イラクのアメリカ」と題して講演を行った 

2004  研究調査  2004.9.7〜9.13 

活動内容等(Content of Activities) ヴェトナム戦争を象徴する「ソンミ虐殺」の記憶に関する著作Four Hours in My Lai 執筆にあたって著者が収集した資料を所蔵するLiddel Hart Center for Military Archives(King's College London)にて資料収集を行った。 

2003  研究活動  2003年6月 

活動内容等(Content of Activities) 2003年度アメリカ学会年次大会「冷戦史分科会」において佐々木卓也編著『戦後アメリカ外交史』についての書評を行った。 

2003  講演  2003/12/1 

活動内容等(Content of Activities) 名古屋高年大学鯱城会の第二回公開講演会の講師として、「アメリカ外交の行方」と題して講演した。 

2003  講演  2003/11/9 

活動内容等(Content of Activities) 愛知県内の中・高の英語・社会科担当の先生方で構成される「愛知米国理解教育研究会」第2回研究例会において講演した。講演では,「イラク戦争」が米国理解にどのような視点を提示するものであるかを中心に話題提供した。 

2003  講演  2003/11/14 

活動内容等(Content of Activities) 一宮市主催「一宮市高齢者大学講座」の連続講義の一講師として、「現在の国際情勢の見方、考え方」と題して講演した。 

2003  講演  2003/10/24, 12/12 

活動内容等(Content of Activities) 2003年度南山エクステンション・カレッジ講座の一つ「今問う、アメリカとは何か」と題するオムニバス形式の講座の講師として、10月24日と12月12日に、それぞれ「イラク戦争」の現段階、ヴェトナム戦争の遺産と教訓を中心に講演した。 

2003  講演  2003.6.27, 7.4. 

活動内容等(Content of Activities) 自主講座「なごや自由学校」の企画の一つとして、「アメリカと戦争」に関する講演を二回行った。具体的は、それぞれ「アメリカの戦争は何をしてきたのか」(6月27日)と「グローバル化と現代の戦争」(7月4日)のテーマで講演した。 

2002  研究活動  2003年1月17日〜1月25 

活動内容等(Content of Activities) ヴェトナム戦争期における在日米軍の役割に関するリサーチのため、米国ジョージワシントン大学および米国立公文書館II(College Park,Maryland)にて資料(史料)調査を行った。 

2002  講演  2002年11月20日 

活動内容等(Content of Activities) 《南山大学連携講座》「異文化を見る眼〜現地の暮らしから考える〜」の講師の一人として「多文化社会〜アメリカ東部の場合〜」と題して講演を行った。 

2001  研究活動  2002/01/04-13 

活動内容等(Content of Activities) 「ラッセル法廷」[ヴェトナム戦争犯罪民間国際法廷](1967年)に対するジョンソン政権の対応に関する資料収集のためThe Lyndon B. Johnson Presidential Library(Austin, Tesxas,USA)とThe National Archives II(College Park, Maryland,USA)にて調査を行った。 

2001  面接調査  2001/12/29 

活動内容等(Content of Activities) 「ラッセル法廷」[ヴェトナム戦争犯罪民間国際法廷](1967年)研究の一環として,その法廷に判事として日本から唯一参加した森川金寿弁護士に当時の状況を聞き書きするため面接調査を行った。 

2001  講演  2001/12/08 

活動内容等(Content of Activities) 「『同時多発テロ』・『反テロ戦争』が問いかけること」(第23回名古屋国際関係合同ゼミナール 第II部,南山大学) 

2001  講演  2001/11/25 

活動内容等(Content of Activities) 「『新しい戦争』とブッシュ政権の対外政策」(東海科学者シンポジウム「同時多発テロと国際社会」,名古屋大学法学部アジア法政情報交流センター) 

2001  研究活動  2001/11/22-25 

活動内容等(Content of Activities) 県立長崎シーボルト大学及び九州大学大学院比較社会文化研究院で開催された「安保研究会」に出席し,ゲストスピーカーの一人,Lloyd Gardner 氏による研究報告のセッションの司会を務めた 

2001  講演  2001/10/14 

活動内容等(Content of Activities) 「21世紀の国際政治−『米国同時多発テロ事件』と『人間の安全保障の課題』」(成人大学講座「21世紀を展望する」,豊明市南部公民館) 

2001  研修旅行  2001/08/14-28 

活動内容等(Content of Activities) 愛知教育大学「米国理解教育プロジェクト」(第二年次)運営委員の一人としてアメリカ東部の現地研修旅行(ボストン,ニューヨーク他)に参加した。 

2001  研究活動  2001/06/04 

活動内容等(Content of Activities) アメリカ学会年次大会における分科会セッションにて「冷戦史」分科会設立のため,2001年度の第35回年次大会(愛知県立大学にて開催)において[冷戦史]分科会準備会を企画・開催し,その司会を務めた。2002年度の第36回年次大会より「冷戦史」分科会が正式に発足。 

2001  講演  2001/05/20 

活動内容等(Content of Activities) 「アメリカ合衆国から学ぶこと−日米交流の源流の地,ラトガース大学訪問にあたって」(愛知教育大学「米国理解教育プロジェクト」(第2年次)第3回研修会) 

2016  公開講座  2016/5/07〜2016/07/30 

活動内容等(Content of Activities) 2016年度南山エクステンションカレッジの講座を下記のタイトルで担当した:「第二次世界大戦後の国際関係と米国の歴史に学ぶ―『ヴェトナム戦争の時代』の世界」。 

2013  研究調査  2013/9/5〜2014/3/10 

活動内容等(Content of Activities) 研究休暇を利用し米国アメリカ大学客員研究員としてワシントンDCに滞在した。ワシントンDC滞在中に米議会図書館で研究資料調査を行うとともに、以下の機関等にてそれぞれ研究資料調査を行った。
 1.2013年10月14日〜10月22日:
The Wisonsin Historical Society(Madison,
Wisconsin)
 2.2013年10月25日〜10月29日:
Cornell University Library(Ithaca, New York)等
 3.2013年10月14日〜10月22日:
The State Historical Society of Missouri
(Columbis, Missouri)等
 4.2014年2月9日〜2月15日:
McMaster University Library
(Hamilton, Ontario, Canada)


 

2013  講演  2013/8/2 

活動内容等(Content of Activities) 2013年度立命館大学・アメリカン大学国際平和交流セミナーにおける「京都セミナー3:虐殺と和解ー真実の共有と悔悟・寛容への道を探る」
のセッションにおいて、「ベトナムのミ・ライ(ソン・ミ)虐殺のばあい」と題して講演を行なった。
 

2013  講演  2013/10/23 

活動内容等(Content of Activities) The American University Literature Department主催による2013 Literature Colloquium: Apocalypse Nowの場で、”The My Lai Massacre and its Legacies”(Session 4: The Historian's Apocalypse Now)と題して話題提供を行った。この話題提供の中では、ヴェトナム戦争を象徴する米軍によるヴェトナム民間人対する虐殺事件の一つであった「ソンミ虐殺」を事例に、「ソンミ虐殺」の概要と「戦争の克服」をめざず一ヴェトナム帰還兵によるヴェトナム民衆との和解・平和活動について考察した 

2012  研究調査  2013/3/13〜2013/3/19 

活動内容等(Content of Activities) ヴェトナムにおいて、自己の研究テーマであるソンミ虐殺事件に係る戦争の記憶の現状等について以下の研究調査ならびに関係者との懇談・意見交換を行った。具体的には主として以下のことを実施した。
1.戦争証跡博物館訪問と同舘長との懇談
2.ソンミ博物館訪問と同舘長との懇談
3.ホーチミンシティおよびハノイにおける戦争関連博物館訪問
4.ヴェトナム人研究者と「ヴェトナム戦争の記憶の現状」について
  意見交換
5.ソンミ虐殺の地でヴェトナム帰還米兵が主宰して行っている人道  支援活動について見学、同ヴェトナム帰還米兵等と意見交換
6.ソンミ虐殺45周年記念式典に参列
 

2012  愛知県立大学外国語学部グローバル人材育成推進事業キックオフセミナー  2013/1/25 

活動内容等(Content of Activities) 愛知県立大学外国語学部グローバル人材育成推進事業キックオフセミナー「グローバル人材の育成を考える」のパネルディスカッションにけるパネリストを務めた。 

2012  「総合学習」への対応  2012/7/27 

活動内容等(Content of Activities) 「総合学習」の一環として愛知教育大学付属岡崎中学校生徒が研究室を訪問した。本生徒はケネディ暗殺等、アメリカ現代史に強い関心があり、生徒から出された質問について回答をした。
 

2011  南山高校女子部連携講座「土曜セミナー」  2011/11/19 

活動内容等(Content of Activities) 「『アメリカ』に学ぶ、『アメリカ』に発信する」と題して英語学習ト国際理解の可能性について講演した。 

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]