研究者詳細

研究発表
分割表示   全件表示 >>

22 件中 1 - 10 件目

年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2015  グローバルサウスと暴力  単独  2016/3/19 
途上国研究会  , 立命館大学国際地域研究所   

概要(Abstract) 上記研究会での共通テーマ「グローバルサウスと暴力」のもとでセッションI「21世紀のグローバル秩序と暴力」において「ベトナム戦争の後遺症と市民運動」のタイトルで報告した。 

備考(Remarks)  

2015  ベトナム戦争後の米国における「ベトナムの記憶」と「戦争の克服」をめぐる諸相  単独  2015/5/10 
日本ベトナム研究者会議2015年度研究大会  , 日本ベトナム研究者会議   

概要(Abstract) シンポジウム「ベトナム戦争終結40周年にあたってー戦争の記憶から考えるベトナム戦争」のパネリストの一人として招かれ報告を行なった。報告においては、ベトナム戦争後の米国における「ベトナムの記憶」の特徴とともに、戦争体験を有する帰還米兵を中心とする米軍による「加害」の記憶継承とトランスナショナルな「和解・共生」の活動について問題提起した。 

備考(Remarks) シンポジウムでの報告者:今井昭夫(東京外国語大学)、伊藤正子(京都大学)、藤本 

2015  ベトナム戦争の「現在」-戦後40年と米越の新しい視点  単独  2015/12/5 
立教大学アメリカ研究所主催公開シンポジウム  , 立教大学アメリカ研究所   

概要(Abstract) 上記公開シンポジウムのパネリストの一人として「帰還米兵によるヴェトナム民衆との『和解・共生』の試みー『ソンミの虐殺』の地における『マディソン・クエーカーズ』(MQI)プロジェクト」と題して報告を行った。 

備考(Remarks)  

2014  Legacy of Tonkin Gulf:”American War" in Vietnam  単独  2014/5/24 
市民権法とトンキン湾事件50周年にちなんでー『人種』差別撤廃とベトナム戦争の『アメリカ化』を考える  , 南山大学アメリカ研究センター   

概要(Abstract) 本発表では、(1)トンキン湾事件の歴史的意味、(2)トンキン湾事件後のヴェトナムにおける「アメリカの戦争」の諸相、(3)ヴェトナム民間人犠牲の実相、(4)トンキン湾事件の今日的遺産、の4点について考察した。 

備考(Remarks) アメリカ研究センター主催、大学院国際地域文化研究科・名古屋アメリカ研究会共催として開催されたシンポジウムでの報告。報告者として他に、Peter Kuznick(American University,USA)、川島正樹(南山大学)。 

2010  The United States, Japan, and the Challenge of the Vietnam War  単独  2010/4/10 
Organization of American Historians(OAH)   

概要(Abstract) 本報告(英語)では、上記報告タイトルのもとに、ヴェトナム戦争が日米安全保障条約、とくに沖縄と日本本土の米軍基地の役割とその機能にどのような影響を与えたのかについて論じた。 

備考(Remarks) 2010 Organization of American Historians(OAH,米国アメリカ史学会)の年次大会(於:Washinton,D.C.)で開催された日本アメリカ学会とOAHとの合同セッション(Japanese-American Relations Since World War II: A Trans-Pacific Dialogue)にてパネリストの一人として研究報告を行った。 

2010  アメリカ合衆国におけるヴェトナム反戦運動とその遺産--ヴェトナム帰還兵・「アメリカの戦争犯罪」・国際的連関  単独  2010/12/11 
国際シンポジウム「1960年代の『脱神話化』--国境と社会集団を越えて--」   

概要(Abstract) ヴェトナム戦争期におけるヴェトナム帰還兵による「戦争犯罪」告発の動きを対象に、国際的連関の視点、そしてヴェトナム帰還兵による「戦争犯罪」告発運動の今日的遺産を考える意味で「長い1960年代」の視点も導入して、ヴェトナム戦争期におけるヴェトナム帰還兵による「戦争犯罪」告発の動きの歴史的意義について研究報告を行った 。 具体的には、国際的連関の視点を導入して、反戦ヴェトナム帰還兵の組織であるVVAWを中心とした「アメリカの戦争犯罪」の告発運動の展開とその意義について言及するとともに、ヴェトナム戦争期のVVAWの活動の今日的遺産についても考察した。

 

備考(Remarks) 2010年12月11日に上智大学にて開催された国際シンポジウム「1960年代の『脱神話化』--国境と社会集団を越えて--」におけるパネリストの一人として研究発表を行った。 

2009  「ソンミ」の記憶継承とトランスナショナルな「和解・平和』創造」の可能性  単独  2009/10/31 
科研「冷戦後東アジア国際関係の構造変動と秩序形成の総合的研究--パワーと歴史認識の交錯--」の2009年度第三回研究会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  戦争の記憶と平和構築---ヴェトナム戦争の場合  単独  2008/9/27 
科研「冷戦後東アジア国際関係の構造変動と秩序形成の総合的研究」研究会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 中国・北京社会科学院で開催(中国の現代史研究者が参加)。 

2008  My Lai Peace Park as a Space for Overcoming the Past and Reconciliation  単独  2008/10/8 
第6回国際平和博物館会議  , 第6回国際平和博物館会議組織委員会   

概要(Abstract) 立命館大学第6回国際平和博物館会議での研究報告。記念シンポジウム 「過去の克服と和解の空間としての平和博物館」のパネリストの一人として、「戦争と平和、憎しみと和解」の論点をもとに、ヴェトナム戦争を象徴するソンミ虐殺とその遺産が提起する問題について報告(英語)した。 

備考(Remarks)  

2008  ソンミ虐殺と1960年代の遺産  単独  2008/1/27 
科研「1960年代の米国における文化変容とその越境に関する総合的研究」第5回研究会   

概要(Abstract) ソンミ虐殺をめぐる近年の議論を紹介するとともに、ヴェトナム帰還米兵マイク・ベイム氏主宰のMy Lai Peace Park Projectに投影される1960年代の遺産についてNorman Morrison とJoseph Elderの両氏の足跡をもと報告した。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [NEXT>>]