研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

20 件中 1 - 10 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2015  「ソンミ虐殺」の地におけるヴェトナム帰還米兵による「和解・共生」の試みー「マディソン・クエーカーズ」(MQI)と現地ヴェトナム・コミュニティ  単著   
立教アメリカン・スタディーズ  , 立教大学アメリカ研究所  , no.38  , pp.25-40  , 2016/3/31   

概要(Abstract) 本稿においては、2014年3月に刊行した拙著『ヴェトナム戦争研究』第7章で検討した内容を発展させる見地から、「マディソン・クエーカーズ」(MQI)の活動について以下の二点を考察した。第一に、現地組織との密接な連携と援助資金受給者との直接的触れ合いを重視した活動を展開していること。そして第二に、「ソンミ虐殺」の生存者やその関係者との関係構築を通して「ソンミ虐殺」の記憶継承の磁場としての役割を果たしていること。とくに前者の点では、MQIの活動が現地ヴェトナム・コミュニティにどのような影響と役割を果たしてきたかに注目した。 

備考(Remarks)  

2015  Towards Reconciliation, Harmonious Coexistence and Peace: The Madiosn Quakers,Inc. Projects and the Hibakusha's Visit to My Lai in March 2008  単著   
Nanzan Review of American Studies  , Center for American Studies, Nanzan University  , Vol.37  , pp.3-23  , 2015/12/17   

概要(Abstract) 本稿では、ヴェトナムにおいて「和解・共生」活動を進めるヴェトナム帰還米兵マイク・ベイムが主宰する「マディソン・クエーカーズ」(Madiosn Quakers,Inc.)について、その活動がアメリカ・ヴェトナムの二国間を枠組みを超えそれら両国以外の地域も射程に入れて進められてきたことに着眼して、その具体的一事例として「ソンミ虐殺」40周年にあたる2008年3月に日本の被爆者4名を虐殺現場のソンミ村(アメリカではMy Laiと表記)に招聘したことを取り上げ、その内容と意義について論じた。2014年3月に刊行した拙著『ヴェトナム戦争研究』第8章の一部の内容を改稿し、英訳したものである。
 

備考(Remarks)  

2014  The Legacy of the Gulf of Tonkin Incident:"Real American War"in Vietnam  単著   
Nanzan Review of American Studies  , The Center for American Studies, Nanza University  , Vol.XXXVI  , pp.113-121  , 2014/12/17   

概要(Abstract) 本論文は、2014年5月24日にアメリカ研究センター主催、大学院国際地域文化研究科・名古屋アメリカ研究会共催として開催されたシンポジウム「市民権法とトンキン湾事件50周年にちなんでー『人種』差別撤廃とベトナム戦争のアメリカ化を考えるー」にて報告した内容を原稿化したものである。本論文では、(1)トンキン湾事件の歴史的意味、(2)トンキン湾事件後のヴェトナムにおける「アメリカの戦争」の諸相、(3)ヴェトナム民間人犠牲の実相、(4)トンキン湾事件の今日的遺産、の4点について考察した。 

備考(Remarks)  

2010  ヴェトナムにおける「アメリカの戦争犯罪」再考  単著   
アジア・アフリカ研究  , アジア・アフリカ研究所  , 第50巻第4号  , pp.17-31  , 2010年10月   

概要(Abstract) 本稿では、ヴェトナムにおける「アメリカ戦争犯罪」告発の経緯を振り返り、次に『ロサンゼルス・タイムズ』紙が報じた、ヴェトナムにおける「アメリカの戦争犯罪」の新たな事実の内容とその意義について検討した。そして最後に、イラクとアフガニスタンにおける「アメリカの戦争」を告発する目的で2008年に開催された「冬の兵士」公聴会について紹介することで、「ヴェトナム」が問いかける今日的意味について言及した。 

備考(Remarks)  

2008  ソンミ村虐殺40周年をめぐって  単著   
歴史学研究  , 青木書店  , 第847号  , pp.61-68,76  , 2008年11月   

概要(Abstract) 「時評」論文として、2008年3月16日にヴェトナム戦争を象徴するソンミ村虐殺事件から40周年を迎えた。本稿では、虐殺の地で開催されたソンミ村虐殺40周年記念式典の特徴、ソンミ村虐殺の生存者の想い・位置、虐殺の実相をめぐる記憶継承の課題についてまとめた。(p.61-68,76) 

備考(Remarks)  

2006  戦争の体験・記憶と「和解・共生」意識の形成-ヴェトナム帰還兵マイク・ベイムと「ミライ平和公園プロジェクト」をめぐってー  単著   
アメリカ史研究  , 日本アメリカ史学会  , no.29  , 55-70  , 2006/08   

概要(Abstract) ヴェトナム帰還兵マイク・ベイムと彼が主宰する「ミライ公園プロジェクト」に関して、このプロジェクトの一環としての貧困女性に対する資金貸付プロジェクトならびに「女性の出会い」プロジェクトの内容とその意義を中心に検討し、一ヴェトナム帰還米兵が自らの「戦争の体験・記憶」をもとに「他者」であるヴェトナムの人々との「和解・共生」意識をどのように形成していったのかを再検討した。 

備考(Remarks)  

2004  「アメリカの戦争」の時代を超えてーヴェトナム戦争の「教訓・記憶」と「和解・相互理解・共生」  単著   
社会科学論集  , 愛知教育大学地域社会システム講座  , 第42・43合併  , 47-68  , 2005/03   

概要(Abstract) 本稿では、アメリカ政府が主導する「対テロ戦争」の時代をどう把握したらよいのか、そして「平和共生」の世界を創造する視点からこうしたアメリカ政府の対応をいかに克服すべきか、について論じた。本稿での検討を通して、とくに「アメリカの戦争の時代」を超える視点として「戦争の記憶」における「開かれたナショナリズム」の重要性ならびに「9.11」以後における「平和の条件」としてのトランスナショナルな世界像構築の必要性について問題提起した。 

備考(Remarks)  

2002  アメリカ合衆国におけるヴェトナム戦争の記憶  単著   
歴史学研究  , 歴史学研究会  , 768号  , 188-195  , 2002/10   

概要(Abstract) 「加害」の記憶と忘却の相剋に焦点をあて、アメリカ合衆国における「べトナム戦争の記憶」の諸相を検討した。具体的には、(1)ベトナム戦争中に戦争批判の側からの「加害」の視点の提起、(2)米指導者による「加害」の視点の希薄化を意図したベトナム戦争の「公的記憶」再構築の試み、(3)「公的記憶」再構築に対する「対抗的記憶」としての「加害/他者」認識の視点を継承しようとする試み、の三点について検討した。そして最後に、「対テロ戦争」との関連で「加害/他者」の視点がもつ「ベトナム戦争の記憶」継承の可能性につい論じた。(p.188〜195) 

備考(Remarks)  

2002  ジョンソン政権とラッセル法廷(ベトナム戦争犯罪国際法廷)  単著   
国際政治  , 日本国際政治学会  , 130号  , 76-91  , 2002/05   

概要(Abstract) アメリカ合衆国におけるベトナム戦争の道義的反省をめぐる歴史的諸相を考察する一環として、アメリカのベトナムにおける「戦争犯罪」を裁くため1967 年に開催された民間戦争犯罪法廷である「ラッセル法廷」をとりあげ、アメリカのベトナム軍事介入を「戦争犯罪」と見なす見解に対するジョンソン政権の認識と対応を検討した。この考察を通して、ジョンソン政権が「ラッセル法廷」に対し一貫して意図的に無視する態度をとったことを明らかにした。(p.76〜91) 

備考(Remarks)  

1998  ヴェトナム戦争と日米関係,1965年〜1967年−アジアにおける「冷戦」の文脈の中で  単著   
社会科学論集  , 愛知教育大学社会科学学会  , 37号  , 137-171  , 1998/07   

概要(Abstract) 日本など西側同盟関係との関連でもアメリカのヴェトナム戦争政策を考察する作業の一環として、1960 年代の日米関係を射程に入れて、アメリカのヴェトナム戦争政策について論及した。この論稿では、ヴェトナム戦争拡大過程の中で、日本がアメリカの要請に応えてアジアにおける政治的・経済的役割を増大させたこととヴェトナムの民族的抵抗が長期化を余儀なくされたことが表裏一体のものであったという、アジアにおける「冷戦」構造の特徴を浮き彫りにした。(p.137〜171) 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [NEXT>>]