研究者詳細

その他研究業績
分割表示   全件表示 >>

33 件中 11 - 20 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2008  国際シンポジウム「オバマの米国 世界はどう変わる」  パネリスト  その他 
中日新聞社  , 2009年1月   

概要(Abstract) パネリストの一人としてオバマ政権における外交ならびに日米関係の課題と展望について発言を行った。 

備考(Remarks) 国際シンポジウム「オバマの米国 世界はどう変わる」[平成21年1月16日](於:名古屋市能楽堂) 

2008  アメリカ帝国とは何か--21世紀世界秩序の行方--  翻訳  共訳 
ミネルヴァ書房  , 362p.  , 2008年4月   

概要(Abstract) 本書は、世界的な広い視野に立ち、「アメリカ帝国」を比較の視座から時間と空間の両面において捉え、イラク戦争の性格とその歴史的位置ならびに近年における合衆国の対外行動とその論理について考察したものである。 

備考(Remarks) Lloyd Gardner and Marilyn Young, eds. The New American Empire (New Press, 2005)の全訳。共訳者:松田武、菅英輝、藤本博。第二章、第三章、第六章、第七章を担当。 

2008  「『戦争の記憶』継承と平和構築の課題---ヴェトナム戦争が問いかけること」  講演  その他 
南山大学  , 2008年12月   

概要(Abstract) ヴェトナム戦争を題材に、戦争の記憶継承と平和構築の課題について講演した。 

備考(Remarks) 平成20年度南山大学連続講演会「大学院の講義を聞きに行こう」の講師。 

2008  アメリカ外交におけるソフトパワーとハードパワー  学会コメンテーター  その他 
2008年度日本国際政治学会年次大会  , 2008年11月   

概要(Abstract) 2008年度日本国際政治学会研究大会アメリカ政治外交分科会IIIでの松田武「アメリカ外交の文化政策の展開」、中島啓雄「ローズベルト系論とカリブ地域における軍事介入」の両報告に対してコメントを行った。 

備考(Remarks)  

2008  ソンミ村虐殺40周年をめぐって  寄稿  その他 
歴史学研究  , 歴史学研究会  , 847号  , 9  , 2008年11月   

概要(Abstract) 2008年3月16日にヴェトナム戦争を象徴するソンミ村虐殺事件から40周年を迎えた。本稿では、虐殺の地で開催されたソンミ村虐殺40周年記念式典の特徴、ソンミ村虐殺の生存者の想い・位置、虐殺の実相をめぐる記憶継承の課題についてまとめた。(p.61-68,76) 

備考(Remarks)  

2008  戦争の記憶と平和構築---ヴェトナム戦争の場合  研究発表  その他 
第6回国際平和博物館会議  , 立命館大学  , 2008年10月   

概要(Abstract) 記念シンポジウム 「過去の克服と和解の空間としての平和博物館」のパネリストの一人として、「戦争と平和、憎しみと和解」の論点をもとに、ヴェトナム戦争を象徴するソンミ虐殺とその遺産が提起する問題について報告した。 

備考(Remarks)  

2007  アメリカの戦争と世界秩序に関する総合的研究  科学研究費補助金研究成果報告  共著 
399p.  , 2008年3月   

概要(Abstract) ヴェトナム帰還米兵マイク・ベイム氏が主宰するMy Lai Peace Park Projectについて、他者であるヴェトナム民衆の戦争被害への眼差しに基づく「戦争の克服」をモチーフにヴェトナム民衆との「和解・平和・共生」活動を進めている一事例としての特徴とその可能性について考察した。 

備考(Remarks) "Towards Reconciliation and a Peaceful Relationship: A Vietnam War Veteran's My Lai Peace Park Project."を執筆(pp.327-345)。研究代表者:菅英輝。共著者:岩下明裕、松田武、松岡完、Qinag Zhai, Ilya V.Gaidulk, 菅英輝、橋口豊、
李鐘元、中嶋啓雄、Bruce Cummings,秋元英一、大津留(北川)智恵子、Andrew Rotter,土佐弘之、油井大三郎、柄谷利恵子、初瀬龍平、藤本博. 

2007  ソンミ虐殺の遺産と戦争・平和--  研究報告記録  その他 
平和文化研究  , 長崎総合科学大学 長崎平和文化研究所  , 第29集  , 40-64  , 2008年3月   

概要(Abstract) 貫通的な20世紀の戦争史という歴史の縦軸の視点とともに、越境的、トランスナショナルなレベル、すなわち現在の横軸の視点から、非暴力共生の世界を創造するうえでヴェトナム戦争をどう位置づけるかについて問題提起した。 

備考(Remarks) 2006年10月13日(金)に開催された長崎総合科学大学長崎平和研究所主催の研究例会における報告を文章化したものである。 

2007  ソンミ虐殺(My Lai Massacre)と1960年代の遺産  研究発表  その他 
東京女子大学  , 2008年1月   

概要(Abstract) 研究報告においては、ソンミ虐殺をめぐる近年の議論を紹介するとともに、ヴェトナム帰還米兵マイク・ベイム氏主宰のMy Lai Peace Park Projectに投影される1960年代の遺産について、Norman Morrison とJoseph Elderの両氏の足跡をもとに報告した。 

備考(Remarks)  

2005  国際政治学事典  事典項目  その他 
弘文堂  , 2005/11   

概要(Abstract) 「大統領戦争権限決議」、「ペンタゴン・ペーパーズ事件」、「ベトナム帰還兵」の三項目を執筆した。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [NEXT>>]