研究者詳細

その他研究業績
分割表示   全件表示 >>

33 件中 21 - 30 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2005  イラク戦争のなかでベトナム戦争をふりかえる  寄稿  その他 
歴史地理教育  , 歴史教育者協議会  , 685  , 56-57  , 2005/06   

概要(Abstract) ベトナム戦争終結30周年にあたり、2003年3月に開始されたイラク戦争とその後の米軍によるイラク駐留に対して「戦争の大義」を問うイラク帰還米兵に光をあて、「イラク戦争」との関連で「ベトナム戦争の今日的教訓」について論じた。 

備考(Remarks)  

2005  ベトナム終戦と米国(下)  寄稿  単著 
沖縄タイムズ  , 2005/05   

概要(Abstract) 「9.11同時多発テロ」以降のアメリカ外交の特徴の一つとしてヴェトナム戦争時代に見られた二項対立的発想があることを指摘し、「ヴェトナムの教訓」をふまえ、二項対立的思考から脱却し、国連中心の多国間協調システムのもとで地域の信頼醸成を構築することに米国の課題があることを指摘した。 

備考(Remarks) 2005年5月2日掲載(共同通信配信記事) 

2004  「アメリカの戦争」の壁を超えて  寄稿  単著 
『グローバル教育』  , グローバル教育学会  , 7号  , 74-88  , 2005/03   

概要(Abstract) 本稿では、「9.11同時多発テロ」後のアメリカによるアフガニスタン攻撃とイラク攻撃に象徴される「アメリカの戦争」の時代、すなわち単独主義的・一国主義的なアメリカ政府が主導する「対テロ戦争」の時代をどう把握したらよいのか、そして「平和共生」の世界を創造する視点からこうしたアメリカ政府の対応をいかに克服すべきか、について問題提起した。 

備考(Remarks)  

2004  古矢旬・遠藤泰生編著『新アメリカ学入門』  書評  単著 
東京大学院総合文化研究科付属アメリカ太平洋研究センター年報  , 東京大学アメリカ太平洋研究センター  , 第5号  , 159-164  , 2005/03   

概要(Abstract) 古矢旬・遠藤泰生編『新アメリカ学入門』に寄稿されている各論考についてそれぞれ短評を行った。 

備考(Remarks)  

2004  アメリカと戦争  寄稿  単著 
いずみ  , いずみの会  , 26号  , 15-20  , 2004/10   

概要(Abstract) イラク戦争を歴史的文脈の中に位置づけ、アメリカ合衆国と戦争に関する特徴を概観した。 

備考(Remarks)  

2003  時代を読む(ヴェトナム戦争)『ヤンキー・ラブズ・ウォー』所収  寄稿  その他 
宝島社  , 63-72  , 2003/10   

概要(Abstract) 米国による主な軍事介入をまとめた編集企画のなかで、ベトナム戦争に関する主要論点についてのインタビューに応じたもの。 

備考(Remarks) 近代アメリカ戦争史研究会編 

2003  2002年の歴史学界--回顧と展望(北アメリカ、20世紀)  文献解題  単著 
『史学雑誌』2002年の歴史学界--回顧と展望--  , 史学会  , (第112編第5号  , 437  , 2003/05   

概要(Abstract) 2002年において発表されたアメリカ合衆国を対象とする歴史研究に関する主要著作・論文を紹介し、その特徴について概観した。 

備考(Remarks)  

2002  北米政治史・比較政治  文献解題  その他 
年報政治学  , 岩波書店  , 2002年度  , 262−263  , 2002/12   

概要(Abstract) 2001年に刊行されたアメリカ合衆国とカナダに関する政治(史)分析の文献を紹介した。 

備考(Remarks)  

2002  日本大百科全書(CD-ROM版)  事典項目執筆  その他 
小学館  , 1901/01   

概要(Abstract) ウェストモーランド、マクナマラ等7項目の改訂を行った。 

備考(Remarks)  

2001  ハリー・レイ「『真珠湾の真実』は真実にあらず−」  翻訳  共訳 
論座  , 朝日新聞社  , 2002年1月号  , 114-129  , 2001/12   

概要(Abstract) 1999年に刊行されたロバート・スティネット著『真珠湾の真実』(原題 Day of Deceit)の主張である「ルーズベルト陰謀説」を批判した論文の翻訳。 

備考(Remarks) 共訳者:山本礼子(翻訳担当部分は,共同作業のため抽出不可能) 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [NEXT>>]