研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
竹田 和代 ( タケダ カズヨ , TAKEDA Kazuyo )
所属
Organization
留学生別科留学生別科
職名
Academic Title
講師
専攻分野
Area of specialization

日本語教育、日本語言語学


出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
University of Wisconsin-MadisonDepartment of East Asian Languages and LiteratureJapanese Linguistics 修士課程  1995年05月  修了 
詳細表示
取得学位
 
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
修士 Master of Arts  Pragmatics of transitive and intransitive sentences  University of Wisconsin-Madison  1995年05月01日 
詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  文脈から考える~てくる構文  単著   
日本語論説資料第51号(平成26年分)  , 論説資料保存会  , 第51号  , 384  , 2016/09/30   

概要(Abstract) 南山大学留学生別科では、初級後半コースで変化動詞と共に用いる「~てくる」「~ていく」を学習する。「~てくる」の意味用法は、話し手への方向性や変化の過程、変化の始まり、出来事の継続を表すなど一様ではない。本稿では、補助動詞の「~てくる」について、「~てくる」構文しか持たない文と、相対する「~ていく」構文を持つものに着目し、二つの文の意味機能の相違を考察した。 

備考(Remarks)  

2014  文脈から考える~てくる構文  未設定   
南山大学国際教育センター紀要第14号  , 南山大学国際教育センター  , 14号  , pp.41-52  , 2014/02/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  初級学習者向け拡大認知練習の試み  単著   
南山大学国際教育センター紀要11号  , 南山大学国際教育センター  , 11号  , pp.83-86  , 2010/12/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  初級翻訳コースにおける拡大文節認知練習の試み  未設定   
南山大学国際教育センター紀要第10号  , 南山大学国際教育センター  , 第10号  , pp.103-113  , 2008/12/01   

概要(Abstract) 本稿では初級の学習者に焦点を当て、拡大文節を認知し英訳させる確認テストとアンケート調査の結果を分析した。その結果、初級レベルでも誤訳の主なものは拡大認知に失敗に基づくものであることが分かった。また拡大文節発見の原則のうち主題「は」の原則と被修飾語がモダルの原則が定着しやすいようだ。文意はとれるが拡大文節認知に失敗する例は、拡大文節が文の中央に埋め込まれ、文頭の副詞句が文末の動詞を修飾している場合に多く、拡大文節の認知が正しく英訳が間違っている例では、語訳の原因は、文の骨格がとれないためであった。受講者によるコースの全体評価は4.89/5と肯定的であった。 

備考(Remarks)  

2000  A study of Demonstrative Adjectives before Anaphoric nouns in Japanese  単著   
関西外国語大学留学生別科日本語教育論集10号  , 関西外大留学生別科  , 第10号  , pp.1-8  , 2000/12/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2018 
2017 
2016 
詳細表示

2019/05/10 更新