研究者詳細

著書
分割表示   全件表示 >>

16 件中 1 - 10 件目

年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2014  企業組織の発展と会計学の展開  単著   
創成社  , B5  , pp. i-xv+pp.1-188  , 2014年10月30日   

概要(Abstract) 企業組織の発展とともに簿記や会計学の実務および理論の共生や展開を明らかにした研究成果物である。 

備考(Remarks)  

2013  グローバル下の地域金融  共著   
中央大学出版  , 未設定  , 28 (pp. 277-204)  , 2014年3月   

概要(Abstract) This paper examines the process and the situation of globalization of Malaysia.  

備考(Remarks)  

2012  Management Through Global Collaboration  共著   
Routledge  , A4  , 2014 (forthcoming)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) The Management Through Collaboration (MTC) project was initiated in 2008 by Professor Charles Wankel of St. Johns University of USA to write a globally usuable textbook of managment. I am a co-author of Chapters 14 and 17. This book is now under revision, and is expected to be published in 2012.  

2011  Development of Business Organization and Accounting – Historical Simultaneity and Congruity  単著   
Lambert Academic Publishing, Dudweiler, Germany  , B5  , 96  , 2011/3   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  非営利組織の財源調達  共著   
全国公益法人協会  , B5  , 290p.  , 2010/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 本書は石崎忠司編著である。小生は、第10章「非営利組織における人的資源管理ーバングラデシュの事例研究」、pp. 217-231の担当である。
 

2008  地球時代の多文化共生の諸相:人が繋ぐ国際関係  共著  ISBN 978-4-87534-417-9 
行路社  , B5  , 375p.  , 2009/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 第5章「ビジネスにおける在日日系人の挑戦」担当:pp.113-133 

2007  やさしい経営学  共著   
創成社  , B5  , 297p.  , 2007/04   

概要(Abstract) 本章では世界経済の国際化の道筋を国民経済の優位性、流通機会や手段の発展、帝国主義植民地政策や政治的要因、企業の海外進出や投資、多国籍企業の定義、プロダクト・ライフサイクル、国民経済の競争的優位性、経済や市場の自由化とボーダーレス化などの過程に検討した。次に、日本経済および経営の国際化を多様の視野から分析した上で国際化における日本の企業経営における課題なども探究した。 

備考(Remarks) 第12章 「経営の国際化」 (pp. 269〜292)担当 

2006  Arbeitswelten in Japan: Japanstudien 18  共著   
iudicium, Munchen  , B5  , 335p.  , 2006/11   

概要(Abstract) This paper examines the underlying causes of the NEET problem in Japan. Findings from the paper suggest that individual personality attributes such as dislike of and inability to adapt to things and situations, over-sensitivity, etc. which arise from and are exacerbated by unfavorable family, school, social, and workplace related circumstances, with further negative influences from the economic environment and metamorphic social changes, have given rise to the problem of NEET. The paper offers some inductive and deductive suggestions to overcome those problems. 

備考(Remarks) With contributions from 15 scholars, this book was edited by Rene Haak. My paper is entitled 

2003  「外国人教授が見たニッポンの大学教育」  共著   
中央経済社  , B5  , 216p.  , 2003/09   

概要(Abstract) 本章では日本の大学教育制度における経営学教育のあり方について検討した。日本で誕生し、世界で高い評価を得ている「日本型経営システム」に比べ、日本で行われている経営学教育は独自性が薄く、他の先進諸国よりも遅れをとっていることを明らかにし、早急な改善策を提言した。執筆者:明 泰淑、コンダカル・ミザヌル・ラハマン、J. A. T. D. ニシャンタ、朴 慶雲、レタンギェップ、ロイ・ラーク、ダレン・マクドナルド(木村有理 翻訳)、エンノ・ベルント、(斎藤毅憲 他17名のコメント付き)。 

備考(Remarks) 第2章「日本の大学における経営学教育の明暗」(pp. 21〜43)担当 

1998  Management Strategies of Multinational Corporations in Asian Markets, Yoshiaki Takahashi, Minoru Murata, and Khondaker Rahman (eds.)  共著   
Chuo University Press  , B5  , 283p.  , 1998/10   

概要(Abstract) 第1章では13カ国における対内外直接投資の状況を分析し、その対内直接投資増大の要因を確定した。また、中国、タイ、マレーシア、シンガポール、台湾などが投資国となりつつあると予測した。第17章ではアジア市場における多国籍企業の市場戦略課題を検討した。経済・政治改革、技術・人的資源の開発、規制緩和、新法制定、新たな域間協力、為替・資本市場の柔軟性と安定性などがアジア諸国全体の緊急課題であり、対策が急がれる。Chap.17 “Management Strategies of Multinational Corporations in Asian Market: Summary, Issues, and Areas for Further Study (pp. 265-276)執筆者:高橋由明、コンダカル・ミザヌル・ラハマン 

備考(Remarks) 執筆者:コンダカル・ミザヌル・ラハマン、高橋由明、村田 稔 Chap.1, pp. 1-16担当; コンダカル・ミザヌル・ラハマン、高橋由明 Chap17, pp.265-276担当 

Page: [<<PREV] [1] [2] [NEXT>>]