研究者詳細

学術論文
分割表示 >>   全件表示

63 件中 1 - 63 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2015  The Charitable Sector in Islamic Asia  共著   
南山経営研究  , 南山大学  , 第30巻第2号  , pp. 105-119  , October 2015   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  Laboor-Management Relations in Toyota: Focus on the 2014 Annual Wage Negotiation  共著   
The International Journal of Nepalese Academy of Management  , Nepalese Academy of Management  , Vol. 3, No. 1, 2015  , pp. 146-168  , April 2015   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  Management and Economy in Hartals: The Case of Bangladesh   単著   
Journal of Comparative International Management  , Management Futures, Canada  , Vol. 17, No. 1  , 24-42  , October 2014   

概要(Abstract) In view of the chronic problem of hartal (blocade, closure, strike, etc.) in Bangladesh, this paper examines this problem and its impact on the economy of Bangladesh and especially on the management of business companies in this country. Finally, it articulates some suggestions to overcome this problem.  

備考(Remarks)  

2014  Globalization of Malaysian Economy – With Special Focus on the Role of Growth Enclaves  共著   
International Journal of Economics and Empirical Research  , TESDO  , Vol. 2, No. 8  , 274-287   , August 2014   

概要(Abstract) This paper examines the process of globalization of Malaysian economy with special focus on the roles of various growth enclaves (industrial estate, free industrial zone, free trade zone, science park, multimedia super corridor, etc.) in the internationalization.  

備考(Remarks)  

2014  タイにおける日系企業の経営  単著   
企業研究  , 中央大学企業研究所  , 第26号  , 135-155  , 2015年2月28日   

概要(Abstract) 本論文は、タイにおける日系多国籍企業経営の諸側面の特徴を検討する。さらに、日本的経営の移転可能性とその現状および問題なども明らかにする。 

備考(Remarks)  

2014  株式会社における会計の諸側面  単著   
企業研究  , 中央大学企業研究所  , 第24巻  , 14 (pp. 153-166)  , 2014年2月   

概要(Abstract) 本論文は、株式会社における会計の諸側面を検討する。 

備考(Remarks)  

2012  「小規模および個人企業組織における会計活動の調査」  単著   
『企業研究』  , 中央大学企業研究所  , 第22号  , pp. 79-88  , 2013年2月   

概要(Abstract) 小規模および個人企業組織における会計活動の実践、方法および理論の検討や分析に関する研究である。 

備考(Remarks)  

2012  「タイにおける国内および日系企業の経営」  単著   
『日本経営学第86大会報告要旨集』  , 日本経営学会  , 第86圏  , pp. 173-176  , 2012年9月   

概要(Abstract) タイ王国におけるその国内企業経営と日系多国籍企業経営の諸側面の検討に関する研究である。 

備考(Remarks)  

2012  「合名・共同事業体における会計活動」  単著   
『企業研究』   , 中央大学企業研究所  , 第21号  , pp. 179-190  , 2012年8月   

概要(Abstract) 合名企業や共同事業体における会計活動の実践、方法および理論の検討や分析に関する研究である。 

備考(Remarks)  

2012  Development of Business Organization and Accounting in Europe from Earliest Times to Luca Pacioli  単著   
商学論纂  , 中央大学商学研究会  , 第53、第3.4号  , pp. 141-163  , 2012年3月10日   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  Personnel Management of NGOs in Bangladesh  共著   
Contemporary Management Research  , CMR, Taiwan  , Vol. 8, No. 4  , pp. 275-295  , 2012年12月   

概要(Abstract) バングラデシュの非政府組織における人事管理の諸側面についての研究である。 

備考(Remarks)  

2011  Entrepreneurship Needs and Achievement Motivations of Descendant Latin-Japanese Entrepreneurs in Japan   共著   
International Journal of Entrepreneurship  , The Allied Academics, USA  , Vol. 15, No. 1  , pp. 99-119  , September 2011   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  Economic Linkage Effect of Expressway Construction: An Empirical Analysis of San-en Nanshin Expressway in San-en Nanshin Region of Japan  共著   
Nanzan Management Review  , Nanzan University  , Vol. 26, No. 1  , pp. 45-55  , 2011/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  Accounting Practices, Reporting Requirements, and Translation of Financial Statements: A Research Framework on Japanese MNCs in Australia  共著   
Nanzan Management Review  , Nanzan University  , Vol. 25, No. 1  , pp. 37-47  , 2010/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2009  A Paradox of World Population Stabilization Policy  共著   
The Journal of Developing Areas  , Tennessee State University  , Vol. 43, No. 1  , pp. 111-121  , Fall 2009   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2009  Good Governance, Administration, and Management for Economic Development in Bangladesh  共著   
Nanzan Management Review  , Nanzan University  , Vol. 24, No. 1&2  , pp. 105-126  , 2009/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  The China Factor Blunts the Cutting-edge of the Japan-Malaysia Free Trade Agreement  共著   
Global Economy Journal  , Berkeley Electronic Press, CA, USA  , 8  , 4  , October, 2008   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  Sectoral Development Planning and Strategies in Bangladesh  共著   
Nanzan Management Review  , Nanzan Daigaku Keiei Gakkai  , 23/1&2  , pp. 1-21  , October, 2008   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  Japan-Malaysia Free Trade Agreement: Expectations and Achievements  共著   
Journal of Comparative International Management  , Management Futures, University of New Brunswick, Canada  , 11  , pp. 29-42  , June, 2008   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  Management of Nonprofit Organizations: A General Overview  単著   
Chuo Business Review  , Chuo University, Institute of Business Research  , 13  , pp. 145-64  , August, 2008   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  Effectiveness of Malaysia-Japan Free Trade Agreement in the Face of the China Factor  共著   
Proceedings of the Regional Development International Conference and Exhibition (REDICE)  , Multimedia University, Cyberjaya, Malaysia  , 1  , 5-6 November, 2008   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) This paper was awarded the Best Paper Award of the conference 

2008  NGO Management Reforms in Bangladesh: An Application of the Theory of NGO Commons  共著   
Proceedings of the Regional Development International Conference and Exhibition (REDICE)  , Multimedia University, Cyberjaya, Malaysia  , 1  , 5-6 November, 2008   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  Amakudari of Civil Servants in Japan: An Examination of the Vices and Virtues and Postulation of Reforms  単著   
Proceedings of the 25th Annual Conference of the Euro-Asia Management Studies Association (EAMSA)  , Doshisha Business School/ITEC, Kyoto, Japan  , 25  , 4-6 December, 2008   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  A Nomenclature Theory for NGOs in Bangladesh – Lessons from Theory of NGO Commons  共著   
Proceedings of the 25th Annual Conference of the Euro-Asia Management Studies Association (EAMSA)  , Doshisha Business School/ITEC, Kyoto, Japan  , 25  , 4-6 December, 2008   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  World’s Declining Work-Age Population and Economic Sustainability  共著   
Proceedings of the the 1st Terengganu International Business and Economics Conference  , Terengganu International Business and Economics Conference 2008 (TiBEC ’08), Putra Terengganu, Malaysia  , 1  , 26-28 November, 2008   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) (with Md. Mahmudul Alam, Rafiqul Islam Molla, and Md. Wahid Murad) 

2008  Promoting Lifetime Employment of Freeters in Japan  単著   
Journal of Business and Behavioral Sciences  , The American Society of Business and Behavioral Sciences (ASBBS)  , 17/1  , pp. 160-176  , 2008/Spring   

概要(Abstract) The traditional lifetime employment system in Japan has failed to accommodate all job seekers in its mainstream and, consequently freeters, part-timers, and other non-regular employment practices, have come into being and increased enormously, threatening the very foundation of the national labor market and human resources management (HRM) system. In view of this situation, using a structured questionnaire survey, this paper examines the type of facilities and support that freeters and part-timers need at the pre-employment, job-search, and post-employment stages, and from employers, management, and other sources to help them secure full-time employment. The paper postulates a schematic framework of training and education that, if applied as envisaged, would elevate their positions to lifetime regular employment. 

備考(Remarks) Full and revised version of the paper presented at the 10th International Conference of the ASBBS in Honlulu, Hawaii, June 28-30, 2007 

2008  The China Factor Blunts the Cutting-edge of the Japan-Malaysia Free Trade Agreement  共著   
Global Economy Journal  , Berkeley Electronic Press, CA, USA  , Vol. 8, No. 4/7  , 2008/9   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2007  日本的経営の歴史的変貌と今後の行方  単著  ISSN 0912-6147 
南山経営研究  , 南山大学経営学会  , 22/2  , pp. 129-150  , 2007/10   

概要(Abstract) Within the background of constant changes of business environment of Japanse-style management, this paper examines the concurrent and historical features of its eight different aspects, namely ilifetime employment, seniority based wage and promotion, training and education, enterprise union, decision-making, production management, shitauke and keiretsu, and quality control. It then examines how the system has transformed during the post-Second World War period, and with the investment and operation of business activities by Japanese companies in foreign countries. It also finds that the foreign companies operating within Japan have induced Japanese companies to refurbish their indigeneous management practices with elements of management practices in the West. The paper envisages further in-depth studies in all these eight areas and different other areas that are not studied here. 

備考(Remarks)  

2007  Education and Development of Top Management in Japanese Corporations  単著   
Chuo Business Review  , Chuo University, Institute of Business Research  , 11  , pp.111-129  , 2007/08   

概要(Abstract) 本論文は既存文献、教育訓練カリキュラム、企業資料、人事部担当者との聞き取り調査に基づき、日本企業における経営者の教育・訓練および開発プロセスを考察した。日本の企業における、特に経営者の全階層にある管理者クラスの人材開発はOJT、社内外におけるOff-JT、自己啓発に依拠して継続的、持続的に行われるプロセスである。企業は、自己啓発、自己教育について多様な支援対策を歴史的に設置している。1990年以降のビジネス環境の展開にともなって日本の伝統的な経営手法の変化を余儀なくされ、西欧から多種多様な経営教育・開発プログラムを適用するようになった。 

備考(Remarks) This is the revised verson of the paper that I presented at the Seventy-Eighth Annual Conference of Nihon Keiei Gakkai, held at Waseda University in 2004. 

2006  Micro Credit, Grameen Bank, and Developmental Perspectives and Issues in Bangladesh  共著   
Nanzan Management Review  , Nanzan Keiei Kenkyukai  , 21/3  , 209-236  , 2007/03   

概要(Abstract) With a brief highlight on the developmental perspectives and issues in Bangladesh, this paper articulates some of the reasons of access to micro-credit facilities by people below or on the poverty line. It then explains how micro-credit offers income generating facilities which ultimately leads to poverty eradication, improvement of human security, and empowerment of women in particular. The paper also examines the leadership, management structure, and human resources management system of Grameen Bank. 

備考(Remarks)  

2006  Theorizing Japanese FDI to China  単著   
Proceedings of the 2006 International Conference of Business, Economics and Management Disciplines  , ICBEMD, USTB, China  , 9  , 10  , 2006/06   

概要(Abstract) This paper examines the nature and extent of Japanese FDI to China and then endeavors to explain that in the context of diverse theories of FDI. It concludes that Japanese FDI must be explained with more than one theories, and the current situation is nothing but a la Jpanese FDI model to China and is different from its FDI in other countries. 

備考(Remarks) The full paper was published in this proceedings 

2005  Government Administration and NGOs in Bangladesh: With Special Focus on Fund Management, Accounts and Audit, and Governance  単著   
Nanzan Management Review  , Nanzan Daigaku Keiei Gakkai  , 20/2.3  , 32  , 2006/03   

概要(Abstract) This paper examines the mechanism of government administration in connection with the operation and management of NGOs in Bangladesh. It articulates the major characteristics in formation, laws and institutions, fund management, accounts and audit, and governance, and concludes that the system of administration and most of the mechanisms are still at formative stages, and require quick improvement to ensure better management ofNGOs in this country. 

備考(Remarks)  

2005  NPO Sector in the Economy of Bangladesh-Historical Development, Present Condition, and Future Outlook  単著   
Academia  , Nanzan University  , 82  , 41  , 2006/01   

概要(Abstract) Based on the survey of research literatures, NGO activists/ leaders/ scholars/ public opinion, NGOs' own published and unpublished materials, government laws and documents, and a first hand investigation into the origin of academic institutions and activities of some NGOs, this paper examines the historical development and evolution of the NPO sector in Bangladesh. It concludes that, the sector as evolved today, involves three generations: religious social organizations from olden days to the present, VOs that promote the interests of specific target groups, and small and large NGOs established after independence in 1971, have turned out as NPOs. 

備考(Remarks)  

2005  Work Conditions of Women in the Household Sector of Bangladesh  単著   
中央大学経済研究所年報  , 中央大学経済研究所  , 36  , 27  , 2005/10   

概要(Abstract) This paper examines the employment conditions of female workers in the household sector the economy of Bangladesh. It makes an overview of the national population and labour force and their prominent characteristics. Then, it examines the legal and administrative frameworks that regulate and administer job conditions of women in the formal sector. Based on a questionnaire survey, it finally examines the work conditions of women employed as household helpers. It is found that the current employment conditions are not at all satisfactory because of the absence of adequate regulatory measures and authorities. Finally, the paper suggests some concrete measures to improve the current situation without further delay. 

備考(Remarks)  

2004  日本の小規模NGOの経営について−バングラデシュにおける市民団体の活動事例を中心に−  単著   
『企業研究』  , 中央大学企業研究所  , 第6号  , 2005/03   

概要(Abstract) バングラデシュ農村地帯で診療所建設を手がかりに公衆衛生の普及に携わる、日本国籍小規模NGOの経営に関して考察した。NGOs/NPOsの学問的一般定義、および、日本のNPO法で定める活動分野についても分析し、この団体のNGOとしての位置付けを検討した。活動実績を調査し、当NGOが成し遂げた成功の要因は、リーダーの資質、ミッション・目標・目的の明示化、会員の教育訓練・教化、日本本部と現地事務所を併設する二重経営組織による活動地域への適応促進、行政‐市民‐NGO役員間のパートナーシップなどにあると論じた。また、日バ両国での生活体験をもつ人材をアドバイザーとして採用し、意思決定の円滑化に努めていることにも着目した。今後の問題点として、資金調達、リーダーシップの透明性維持を指摘した。 

備考(Remarks)  

2004  Education and Development of Top Management in Japan: Continuity and Change  単著   
日本経営学会第78回大会報告要旨集  , 日本経営学会  , pp. 293-298  , 2004/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2002  Japanese MNCs' HRM Practices in Malaysia: Current Situation and Future Prospect  共著   
Chuo Business Review  , Chuo University  , 1/1  , pp.157-177  , 2002/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2002  南アジア諸国における児童労働者の法的雇用環境  単著   
『アジア経営研究』  , アジア経営学会  , 第8号  , pp. 90〜95  , 2002/06   

概要(Abstract) 本論文は、南アジア、特にバングラデシュ、インド、スリランカにおける児童労働者の法的雇用環境について論じたものである。英国旧殖民地、伝統的な児童雇用慣習、産業形態、経済状況など3国の様々な共通点を示しながら、各国独自の雇用環境や法規制について国際法を絡めて詳細に検証した。さらに、それぞれの国の事情に即した、迅速かつ健全な雇用環境改善と政府、NGOs、 CBOs、3者の積極的な協力を提言した。 

備考(Remarks)  

2001  Bonded Zones as a Development Strategy in Indonesia – An Examination of the Development Issues and Challenges of Batam’s Bonded Zone  単著   
『商学論纂』  , 中央大学  , pp.111〜170  , 2002/03   

概要(Abstract) インドネシアの開発戦略として保税地域がどのような効果をもたらしたか、バタム保税地域の調査をもとに多角的に検証した。国内においては多様な経済発展効果をもたらし、特にバタムでは、製造業、観光業なども発展した。対外的には、成長三角地帯のような集積の経済効果があらわれた。アジア通貨危機によって発展に陰りが出たが、当局や投資家が積極的に支援している。競争力のある産業共同体としてさらに発展するためには課題も多く、今後の計画についても提案した。 

備考(Remarks)  

2000  Employment Environment of Women in Bangladesh: The Legal and Religious Aspects  単著   
『現代と文化』  , 日本福祉大学研究紀要  , 第104号  , pp.165〜184  , 2001/03   

概要(Abstract) バングラデシュにおける女性の労働環境について法規制と宗教の2点から考察した。憲法や労働法は男女の雇用機会均等を保障し、政府の開発政策も女性労働者の重要性を強調し、女性労働環境の改善を求めてきた。しかし、国民の88%が信仰するイスラム教が生活の細部まで倫理・道徳的に規定し、伝統的に女性蔑視の傾向がある上、社会生活上の啓発不足、雇用者の不正、法の不適切な施行など、健全な女性労働環境の構築の障害となっている問題を明らかにした。 

備考(Remarks)  

2000  Understanding the Communicative Culture of Management in a Least Developed Country: The Case of Bangladesh  単著   
『現代と文化』  , 日本福祉大学研究紀要  , 第103号  , pp.1〜18  , 2000/08   

概要(Abstract) バングラデシュ特有のコミュニケーション文化の例を44あまり取上げ、後発途上国の企業経営におけるコミュニケーション機能の社会・文化的環境を検討した。国境を超えるビジネスではまず相手の文化的側面を理解することが重要課題となる。特に発展途上国では、国際経営の責任を委ねる前にその国の歴史を含むコミュニケーション文化を理解し、企業目的達成のために適切なコミュニケーション方法を考案しなければならない。 

備考(Remarks)  

2000  経営開発−その理論とテクニックの考察  単著   
『企業研究所年報』  , 中央大学  , 第21号  , pp. 143〜165  , 2000/07   

概要(Abstract) 欧米で採用されている経営開発理論とテクニックに関する考察である。経営開発理論ではプラグマティズム、経験的学習、成人教育法が主流をなし、それぞれに受動的学習アプローチと経験学習アプローチがある。最新の大学主催プログラム、会議・セミナー、経営ゲーム、モジュラー・プレセプトラル・メソッドにも言及した。海外との競争が不可避となった昨今、競争力を失わずに事業を維持するためにはどのような経営開発とテクニックを採用すべきかも検討した。 

備考(Remarks)  

1998  日系多国籍企業の人事管理の諸側面 – マレーシアの事例  共著   
『商学論纂』  , 中央大学  , pp. 185〜202  , 1999/03   

概要(Abstract) アンケート調査をもとに、在マレーシア日系多国籍企業の人事管理(採用、昇格、報酬)を考察し、離職率が高い現地労働市場環境の下における、日本的経営システムの変容を分析した。日本的人事管理制度の一方的導入は困難であるため、現地の習慣や文化、法制度を考慮し、教育研修、インセンティブ、福利厚生など、従業員にモチベーションを与えて雇用の安定を図り、経営と操業の調和と維持に努める日系多国籍企業の姿が明らかになった。 

備考(Remarks) 執筆者:コンダカル・ミザヌル・ラハマン、村田稔 共同研究により本人担当部分抽出不可能 

1998  Industrial Estates and Regional Development: A Case Study on Penang State of Malaysia  単著   
『経済論集』  , 日本福祉大学  , 第13号  , pp. 131〜152  , 1998/08   

概要(Abstract) マレーシア・ペナン州工業団地に進出した企業が地域に及ぼした経済・社会的影響について検討した事例研究による論文である。雇用創出、労使関係の安定、外資企業による資金および技術の調達、製造品輸出による外貨獲得、他州との連携、現地企業との下請け契約促進、自然環境保護、人的資源や熟練開発など、肯定的影響によって、ペナン地域はマレーシア第2位の経済的豊かさを誇る一方で、人件費高騰というデメリットも生じた。 

備考(Remarks)  

1996  Small-Group Activities in Japanese Corporations: Their Relationship with Other Theories of Management  単著   
『企業研究所年報』  , 中央大学  , 第17号  , pp. 125〜141  , 1996/07   

概要(Abstract) 日本企業における小集団活動を、日本独自の職場環境に西欧のシステムの合理的な要素を最適に組み込んだ日本独自の経営方式であることを論じた。西欧で開発されたX理論、Y理論、Z理論を代表とする各種理論やスキャンロン計画などのプログラムと比較した結果、日本のQCサークルはこうした理論の本質を備えていることを確認した。単に仕事をこなすだけでなく人間の基礎的心理と行動様式に合致させたという点で、QCサークルは他の理論より実行面で優れていることを証明した。 

備考(Remarks)  

1995  Solving the Problems of Government Control and Managerial Autonomy in the Public Sector of Bangladesh: Some Lessons from Japan and the U. K.  単著   
『企業研究所年報』  , 中央大学  , 第16号  , pp. 205〜250  , 1995/07   

概要(Abstract) バングラデシュと日英の公企業経営の比較研究を通じて、バングラデシュ公企業が抱える政府統制と経営の自立という2大課題を解決するべく提案を示した。法によって政府と公企業の方針を区別し、企業目的に沿った組織の構築、予算や業績の議会審議、自己資金供給政策などによる日英の成功を例に、バングラデシュの国情を考慮した上で、両国から学ぶべき点を模索した。また、経営の自立を保証できない場合には、民営化も視野に入れるよう提言する。 

備考(Remarks)  

1994  アジア諸国における工業団地 – その実績、問題点および見通し  単著   
『企業研究所年報』  , 中央大学  , 第15号  , pp. 155〜168  , 1994/07   

概要(Abstract) 歴史的背景と展望、立地計画、運営および経営など、それぞれに異なった経験をもつ、アジア7ヶ国の工業団地について、立地計画と開発に関する分析とその問題点、実績と効果の評価、将来の見通しについての比較と検討をおこなった。工業団地と地域開発や産業発展との調和、工業団地の一極集中化による域内の貿易摩擦問題の懸念なども指摘した。 

備考(Remarks)  

1993  Government Control, Public Accountability, and Managerial Autonomy in the Public Sector of Japan  単著   
『企業研究所年報』  , 中央大学  , 第14号I  , pp. 127〜143  , 1993/07   

概要(Abstract) 日本の公企業の経営に関して、政府の統制、公的責任、経営の自立性の3点を検討する。経営の自立性は法によって保障され、企業の運営方針と省庁の企業方針は厳密に区別される。目的別組織形態の創設、各種委員会の設立、関連官庁との切り離し、企業による財務政策の導入などによって経営の自立性を維持する。公的責任は、予算、投資、利益分配、会計監査、適正価格の設定、企業計画に関する国会質疑や審議を通して実現させる。 

備考(Remarks)  

1992  バングラデシュにおける労使関係  単著   
『企業研究所年報』  , 中央大学  , 第13号  , pp. 63〜76  , 1992/07   

概要(Abstract) バングラデシュにおける労使関係の状況と問題を解明する試みである。主に労働組合組織の歴史的形態と特徴、労使団体交渉のあり方、労使共同審議、労働者の経営参加、労使争議とその解決等の現状と問題点を検討した。低生産性の問題に漉き込まれて低生産性問題を抱えているバングラデシュ経済を立て直すためには、健全な労使関係が不可欠であり、そのためには労使協調が高生産性を生み出している日本の労使関係から学ぶ点が多いと考えられる。 

備考(Remarks)  

1990  Small-Group Activities in Japanese Corporations – An Assessment of the Conditions for Success  単著   
『企業研究所年報』  , 中央大学  , 第11号  , pp.193〜228  , 1990/07   

概要(Abstract) 日本企業における小集団活動の効果は品質の向上、生産コストの軽減、軽作業環境、健全な職場環境、満足度の高い人材配置、生産性の向上を上げることができる。本論文では、日本的QCサークル活動の概要、理念および歴史を考察し、上述の効果を生み出す様々な要因、例えば、経営トップの支援、日本科学技術連盟の指導と教育、金銭的・非金銭的動機付けなどを検討した。 

備考(Remarks)  

1989  Fundamental Problems of Low Productivity in the Jute Industry of Bangladesh and Their Solution Through the Adoption of Japanese-Style Management Practices(博士論文)  単著   
中央大学大学院商学研究科  , 377p  , 1990/02   

概要(Abstract) バングラデシュのジュート産業の低生産性問題への日本的経営の適用の可能性を考察した。ジュート産業の低生産性を招いた問題点として、政府の管理、経営の自立、生産技術、教育訓練、雇用、賃金体系、労使関係、現場レベルの管理を明確にした。各分野での問題点を解決するために日本的経営の視点からの改良を提言した。 

備考(Remarks)  

1989  Trade Union and Industrial Relations in Japan  単著   
『大学院論究』経済学・商学研究科篇  , 中央大学  , 第22号  , pp. 39〜63  , 1989/11   

概要(Abstract) 日本企業における労使関係を、労働組合の組織化、団体交渉と団体合意、労使共同審議、労働争議に焦点を当てて検討した。企業別、産業別に組織された組合団体、労働者の基本的権利に対する経営者の認識、企業の組合による労働条件に関する交渉等様々な面で意思決定に労働者が参加できることは、労使関係を安定させ、生産性を高める要因になっている。しかし、賃金上昇率、福利厚生など労働者側に不満をもたらす要因も認められる。 

備考(Remarks)  

1989  Training and Education in the Japanese Corporation  単著   
『企業研究所年報』経済学・商学研究科篇  , 中央大学  , 第10号  , pp. 449〜473  , 1989/08   

概要(Abstract) 日本企業の終身雇用と企業内教育の連携を考察した研究である。全社員を対象にした、管理職、非管理職、ホワイトカラー、ブルーカラーのための教育訓練内容について実例をあげて検討した。教育訓練については、採用前研修、採用後研修、体験教育、社内社外教育、自己啓発等を分析し、さらに個々のキャリア開発、社員教育の関連と計画、さらにこれらに対する企業見解を検討した。 

備考(Remarks)  

1988  Development of Jute Industry in Bangladesh – A Study in Retrospect  単著   
『大学院論究』経済学・商学研究科篇  , 中央大学  , 第21号  , pp. 21〜49  , 1988/10   

概要(Abstract) 30年間にわたるジュート産業の歴史的発展と経営形態の変化を中心にした研究である。ジュート産業は、パキスタン時代に国営産業として創立され、生産が軌道に乗った段階で民営化された。バングラデシュ独立後に再び国営化され、やがて40%の部門が民間に移行した。こうした変化が、この産業に期待された雇用創出、外貨獲得や生産実績にいかに影響を及ぼしたかについて考察をおこなった。 

備考(Remarks)  

1987  Fundamental Problems of Low Productivity in the Jute Industry of Bangladesh (II)  単著   
『大学院研究年報』経済学・商学研究科篇  , 中央大学  , 第17号II  , pp. 181〜195  , 1988/03   

概要(Abstract) バングラデシュのジュート産業における低生産性の問題を技術的側面および人間的側面から分析した研究である。技術的側面として、旧式の技術、非科学的な品質管理、技術者不足、熟練労働者不足、旧式機械の使用、原材料の浪費などがあり、人間的側面としては、不健全な労使関係、生産性向上への不十分な動機づけ、不安定な雇用制度、賃金支払制度の不合理などを明確にした。 

備考(Remarks)  

1987  Organization and Management of the Nationalized Jute Industry in Bangladesh  単著   
『大学院論究』経済学・商学研究科篇  , 中央大学  , 第20号  , pp. 53〜73  , 1987/10   

概要(Abstract) 国営ジュート産業の組織と経営形態と経営目標との関連を分析し、3段階経営組織(three-tier management system)が経営自立性を阻害し、戦略的意思決定に悪影響を及ぼしているということを指摘した。特に、現場の労働者および班長(Line Sarder)が適切に訓練、教育されないままでいることが低生産性の原因になっていることを明確にした。 

備考(Remarks)  

1986  Fundamental Problems of Low Productivity in the Jute Industry of Bangladesh (I)  単著   
『大学院研究年報』経済学・商学研究科篇  , 中央大学  , 第16号II  , pp. 247〜264  , 1987/03   

概要(Abstract) バングラデシュのジュート産業における低生産性の問題を技術的側面および人間的側面から分析した研究である。技術的側面として、旧式の技術、非科学的な品質管理、技術者不足、熟練労働者不足、旧式機械の使用、原材料の浪費などがあり、人間的側面としては、不健全な労使関係、生産性向上への不十分な動機づけ、不安定な雇用制度、賃金支払制度の不合理などを明確にした。 

備考(Remarks)  

1984  Applicability of F. W. Taylor’s Scientific Management in Bangladesh  単著   
『大学院研究年報』経済学・商学研究科篇  , 中央大学  , 第14号II  , pp.207-217  , 1985/03   

概要(Abstract) バングラデシュ経済における低生産性と労働者のサボタージュ問題の原因を検討し、F. W. Taylorが提案した科学的管理システムの適用の可能性を、ジュート産業を例にとり、職場管理の再編成および能力給導入の観点から考察した。 

備考(Remarks)  

1983  Management Control Process  共著   
Bank Review  , Vol. III  , 1983/12   

概要(Abstract) 製造企業における経営管理手法の理論的分析および業務別経営管理メカニズムを提言した論文である。特に、経営管理の理論と実際、経営管理システムを支える条件を検討し、中小製造企業に導入可能な様々な方法を提案し、実行段階に注意すべき不可欠要因例も提示した。 

備考(Remarks) 執筆者:コンダカル・ミザヌル・ラハマン、アハメドM. 執筆担当部分:pp. 25〜33 

1982  Business Organization and the Development of Accounting(修士論文)  単著   
ダッカ大学大学院商学研究科  , 127p  , 1982/12   

概要(Abstract) 経営組織発展に対する、会計慣習、方法技術の歴史的発展を考察した。会計学は人間文明と経済活動の中に結合して古くから存在する学問である。会計的な考え方は物々交換の時代に既に始まり、家内生産、組織的生産・流通・取引の時代の後、技術発展に伴って現代の経済的組織の発展を促した。数字発見と貨幣使用から様々な経済的組織の誕生を経て現在に至るまで、会計学が経済発展に応じてどのように発展してきたかを分析、検討した。 

備考(Remarks)  

2016  Accounting Irregularities at Toshiba: An Inquiry into the Nature and Causes of the Problem and Its Impact on Corporate Governance in Japan  共著   
Global Advanced Research Journal of Management and Business Studies  , Global Advanced Research Journals  , 5(4)  , pp. 88-101  , April 2016   

概要(Abstract) This research describes the largest financial scandal in reent Japanese corporate history. It explains how the Toshiba scandal expanded from a relatively simple case of accounting fraud to a company-wide decit that involved dozens of managers and three generations of top executives. --------- 

備考(Remarks)  

2016  マレーシアにおける企業経営の諸側面ー日系企業の人事管理に焦点を当ててー  単著   
企業研究  , 中央大学企業研究所  , 第30号  , pp. 61-91  , 2017/2/27   

概要(Abstract) Based on literature surveys, interviews, and a questionnaire survey, this paper examines differences in management practices in business enterprises in Malaysia. Three different systems were studied: Japanese, Chinese, and Bumiputera or Malay. Findings of this research are summarized as follows. Firstly, ---- 

備考(Remarks)  

2016  Effective Corporate Governance and Financial Reporting in Japan  共著   
Asian Academy of Management Journal of Accounting and Finance  , Asian Academy of Management and University Sains Malaysia  , 12 (Supplementary Issue 1)  , pp. 93-123  , 2016/12/01   

概要(Abstract) This paper examines corporate governance in Japan since 1990s. Its focus includes financial reporting, a key part of good governance. It offers an overview of various legal, institutional, and stakeholder aspects of governance, followed by an investigation of accounting, disclosure, and reporting. ---  

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]