研究者詳細

その他研究業績
分割表示 >>   全件表示

28 件中 1 - 28 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2010  Creative Accounting and Auditors in Bangladesh  調査報告  共著 
School of Commerce and Law, CQUniversity, Australia  , 30p.  , April 30, 2010   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2009  Japanese MNCs and FDI to Australia – Entry Strategy, Subsidiary Reporting Requirement, and Translation of Financial Statements  判例研究  単著 
School of Commerce and Marketing, CQUniversity Australia  , 30p.  , November 27, 2009   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  Current World Economic Crisis and Solutions  資料  単著 
World Plaza, Nanzan University, Seto Campus  , 10p.  , December, 2008   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  Reforming Misleading Nomenclature of NGOs in Bangladesh  Research Forum  共著 
Nagoya, Japan  , Graduate School of Business Administration, Nanzan University  , January 31, 2009  , 10p.  , 2009/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) (with Taslima Rahman) 

2008  ビジネスにおける日系人の挑戦ー起業家開発に関する達成欲求理論から考察  Project Reporting  単著 
Nanzan University, Nagoya Campus  , Latin America Research Centre  , 19 July, 2008   

概要(Abstract) 本研究は、日本国内でのビジネスにおける日系人の挑戦姿勢を、起業家開発に関する達成欲求理論の視野から考察し、分析したものである。 

備考(Remarks) 南山大学ラテンアメリカ研究センターにてプロジェクト研究の中間発表。後日、研究の成果として以下にまとめられた。
『地球時代の多文化共生の諸相:人が繋ぐ国際関係』(ISBN 978-4-87534-417-9)、共著、行路社、B5、375p.、2009/03刊、第5章「ビジネスにおける在日日系人の挑戦」担当:pp.113-133(21p.) 

2007  Amakudari of Civil Servants in Japan: An Examination of the Vices and Virtues and Postulation of Reforms  Working Paper  単著 
Working Paper  , Nanzan University, Center for Management Studies  , 0703  , 21p.  , 2008/03   

概要(Abstract) This paper examines the virtues and vices of amakudari or descent from heaven of the civil servants to public enterprises, government bodies, and private enterpsies in Japan, and postulates some measures to reform this system. 

備考(Remarks)  

2006  Freeters' and Part-timers' Challenge to human Resources Management in Japan  調査報告書  その他 
Nanzan University  , Nanzan University, Center for Management Studies  , 0605  , 23p.  , 2007/02   

概要(Abstract) Based on primary and secondary sources, this paper examines the challenges that the freeters and part-timers pose to traditional HRM in Japan, and suggests training and education measures to promote full-time employment of such freeters and part-timers. 

備考(Remarks) This research was support by the Pache Research Subsidy I-A-2 of Nanzan University for the academic year 2006 

2006  TQM in Japan - Emphasis on Shop-Floor Level QC Circle Activities  Lecture  その他 
Beijing, China  , University of Science and Technology Beijing  , 2006/06   

概要(Abstract) This lecture aims to incite paticipants' interest in studying Japanese TQM system which is regarded as one of the most important factors for the success ofJapanese business enterprises. It also aims to induce enthusiasm in assessing QC management practices in China, with the ultimate goal to reform and improve those in the light of lessons from the system in Japan. 

備考(Remarks) Lecture at School of Business, June 26, 2006 for MBA and PhD students 

1999  人材開発政策の経済成長への効果測定手法、および、政策評価手法の開発にかかわる基礎研究  調査報告  共著 
文部省科研費基盤研究(平成9年〜11年)   , 2000/03   

概要(Abstract) 人材開発政策・活動が経済成長に及ぼす効果を確認し、同政策・活動を評価することを目的とする。人材開発活動が家計所得向上効果、労働供給構造を調整し労働力需給のミスマッチを是正する効果をもつことを明らかにした。これらの効果を数量的に明示することが今後の課題となる。 

備考(Remarks) 執筆者:竹野忠弘、小井川広志、コンダカル・ミザヌル・ラハマン 

1999  Human Resources Development in Bangladesh: Policies, Plans, and Issues  調査報告  共著 
Proceedings of the Sixth Joint Annual Conference of Association for Economic and Development Studies  , Boston  , 2000/01   

概要(Abstract) バングラデシュにおける、過去25年間と現在の人的資源開発をその構造的視点にたって研究したものである。人的資源開発の現状、人的資源開発政策と計画を分析、人的資源開発を阻害する要因を特定して、問題点と今後の課題を議論した。学会名正式名称は“Proceedings of the Sixth Joint Annual Con-ference of Association for Economic and Develop-ment Studies on Bangladesh (AEDSB)” 

備考(Remarks) 執筆者:コンダカル・ミザヌル・ラハマン、ブイヤンM.H. 19p. 

1999  Transferability of Japanese Personnel Management System: A Case Study in Malaysia  調査報告  共著 
Proceedings of the Sixteenth Annual Conference of Euro-Asia Management Studies Association (EAMSA)  , pp.1-15  , 1999/10   

概要(Abstract) 在マレーシア日本企業21社に対するアンケート調査をもとに、日本の人事管理制度(終身雇用制、年功序列型賃金、年功序列型昇進)の移転可能性について検討した。日本とまったく同じ制度の導入は難しいが、各社とも、現地のビジネス環境を考慮しながら、日本の制度を移転し、また、現地文化に溶け込み、長期的に移転を続けるために様々な対策を講じている事を明らかにした。 

備考(Remarks) 執筆者:コンダカル・ミザヌル・ラハマン、村田稔 

1999  Transferability of Japanese Human Resources Management System  調査報告  単著 
Sawyer School of Management, Suffolk University  , pp.1〜22  , 1999/04   

概要(Abstract) 異文化への人的資源経営システムの諸側面の移転に関する研究である。終身雇用と年功序列は日本の経済成長の初期段階に確立され、日本独特の文化として根付いたもので、日本と異なる民族性や文化、経済発展過程をもった国では、この2つの移転・移植は困難である。しかし、技術伝達による失職はありえないという精神面での変革を前提があれば、欧米の教育訓練(OJTやOFF-JT)を日本のように計画的に実行することが可能である。 

備考(Remarks)  

1998  Japanese Multinationals and Local Management Development in ASEAN Countries: The Case of Malaysia  調査報告  単著 
愛知労働問題研究所  , pp.1〜15  , 1998/06   

概要(Abstract) アジア諸国における現地経営開発(経営者および経営システム)について、日本企業の貢献や影響について検討した。マレーシア・ペナン地域では、日系企業が、現地の現場監督や技術者の教育訓練のために、ペナン熟練開発センター(PSDC)に自社の機械を貸し出し、技術者を講師として派遣する。この制度はマレーシア政府が公表したことによって、全土に普及した。 

備考(Remarks)  

1997  Malaysia’s Economic Success by Ataul Huq Pramanik, Pelanduk Publications (Petaling Jaya: 1994)   書評  単著 
『企業研究所年報』  , 中央大学  , 第18号  , pp.129〜136  , 1997/07   

概要(Abstract) マレーシア開発経済の権威であるAtaul Huq Pramanik教授の「Malaysia’s Economic Success」の書評である。著者は長年にわたる研究をもとに、マレーシア経済成功の諸要因を計量経済学的に分析し、成功の要因と弱点を理論と統計依存型分析で明確にし、要因の持続性についても述べている。予見できない危機、民族間の不均衡などが生じた場合の民間活動や、アボリジニの発展のために草の根レベルの参加型経済開発も提案した。 

備考(Remarks)  

1996  Management Practices of Global MNCs in Asian Market  調査報告  共著 
Proceedings of the Thirteenth Annual Conference of Euro-Asia Management Studies Association (EAMSA),  , Chuo University, Tokyo, Japan  , 510p.  , 1996/11   

概要(Abstract) アジア市場におけるグローバル多国籍企業の経営あり方に関する論文集である。アジア市場への進出戦略の比較、現地における経営制度の適応方法の比較、欧米市場における多国籍企業との比較を通じて、類似点と相違点を明らかにし、その根本的な原因を追求した。アジア諸国の経営政策および現地経営システムは、国によって異なる民族的・宗教的環境においてどのように変わるのか議論した。 

備考(Remarks) 編著者:高橋由明、村田稔、コンダカル・ミザヌル・ラハマン 

1996  Management of Industrial Estates and Free Trade Zones in Penang State of Malaysia  調査報告  単著 
School of Social Sciences, University Sains Malaysia, Malaysia  , pp.1〜20  , 1996/08   

概要(Abstract) マレーシア、ペナン州の自由貿易区と工業団地の行政および経営について検討したものである。中央政府、ペナン開発公社(PDC)によって工業団地の経済的目的を達成するように指導するが、団地内の各企業は自社の経営に関する完全自立を確保し、企業間摩擦の解決、団地内の共有施設の維持管理をおこなうが、ユーティリティは公社と州政府が合同で管理する。 

備考(Remarks)  

1995  地域・産業社会と外国人労働者に関する研究  調査報告  共著 
国際連合地域開発センター  , pp.67〜83  , 1996/03   

概要(Abstract) 担当部分:第3章 外国人労働者の住居問題四日市市内に居住・就労する日系外国人労働者の標本調査をおこない、その住宅問題について検討した。具体的な問題は、住宅不足、家主の無関心、高額な料金システム、言葉の壁、教育施設の不足、近所づきあいの問題、住宅手当の不備など枚挙にいとまがない。最善の解決策として、雇用者が外国人労働者を全面的に援助すること、地方自治体は組織や財源を活用し、ボランティア団体とともに外国人労働者を雇用する企業を援助することを提案した。 

備考(Remarks) 執筆者:山崎正人、河崎亜洲夫、尾崎正利、林徹、高橋賢次、木下順、コンダカル・ミザヌル・ラハマン、片岡和彦、吉田良夫、矢守隆、他4名 第3章担当 

1993  Japanese Foreign Direct Investment and Malaysia’s Economic Development  調査報告  単著 
International Economic Conflict Discussion Paper  , 名古屋大学経済学部経済研究センター  , No.68  , 54p.  , 1993/09   

概要(Abstract) マレーシア政府が「ルックイースト政策」を提唱し、日本の資本、技術、労働精神を求め、法整備や規制緩和をおこなった結果、日系資本と技術がマレーシアへ殺到した。その結果、雇用創出(特にブミプトラの雇用)、国内労働力の利用、貿易収支改善、インフラ整備など経済発展に貢献した。日系企業の立地状況を見ると、マレーシア全州に存在しており、各地域の現地産業と連携して現地経済に多様な影響を与えた。 

備考(Remarks)  

1993  Japanese-Style Management and Islamic Management: What can Muslim Countries Learn from Japan  調査報告  単著 
Management Development Centre, International Islamic University of Malaysia, Malaysia  , pp.1〜20  , 1993/07   

概要(Abstract) 日本的経営の人事管理における人間的側面をイスラム諸国の形態と比較し、イスラム諸国が日本から学ぶべき点について検討した。相手を尊重しようとする姿勢、目上からの命令には従順であることはイスラム世界と日本の共通点といえよう。イスラムには「シューラ」という意思決定システムも存在するが、日本企業のように社内での計画的な教育訓練を実施すれば、日本的経営はイスラム社会でも実行可能と考えられる。 

備考(Remarks)  

1992  Management of Transnational Corporations in ASEAN Countries  調査報告  単著 
南山大学経営研究センター  , pp.1〜22  , 1992/06   

概要(Abstract) アセアン諸国における3種類の多国籍企業(A型:アメリカ、E型:ヨーロッパ、J型:日本)の経営システムの比較研究である。各タイプの経営形態は本国本社の経営規則によって現地で異なるが、アセアン諸国は日本よりも欧米の教育と文化に慣れているため、国によっては植民地の経験から欧米の経営システムを受け入れやすい事を明らかにした。その結果、A型とE型は、J型よりも、東南アジアの現地経営者を企業に取り込むことが容易である。 

備考(Remarks)  

1991  Organizational Behaviour and Industrialization: Lessons from ・・・  調査報告  共著 
Proceedings of the International Expert Group Meeting on Organizational Behaviour and ・・・  , United National Centre for Regional Development (UNCRD), Nagoya, Japan  , 101p.  , 1991/11   

概要(Abstract) アセアン地域の経済発展へ多国籍企業と海外直接投資が及ぼした影響に関する研究である。地域間格差縮小をめざした経済発展のあり方を分析し、持続可能な地域発展の確立を検討することを目的とした。投資国として、西欧、北米、日本を挙げ、それぞれの企業の経営方法を検討し、被投資国経済への貢献の現状と可能性を検討した。また投資国と被投資国双方の利益を拡大する方策も提案している。(担当pp. 9-14, 17-18, 25-26, 32-36, 47-49, 56-58)編著者:ラモス J.、クマーラU. A.、コンダカル・ミザヌル・ラハマン、ミタン M. 

備考(Remarks) 調査報告及び会議録の正式名称は“・・・Organizational Behaviour and Industrialization: Lessons from Transnational Corporations in the Manufacturing and Agro-Based Industries Sectors” 

1987  Government Control on the Public Enterprises in Bangladesh – with Reference to the Jute Indust  調査報告  単著 
Proceedings of the Ninth International Symposium on Asian Studies  , Hong Kong  , pp.237〜252  , 1987/11   

概要(Abstract) バングラデシュの国営ジュート産業を取上げ、国営企業に対する政府管理制度を検討したものである。国営化以外の管理手段として、命令、ビジネスや行政に関する規定の発表、経営トップの任命、天下り、退職軍人の派遣、国会審議、会計監査や調査、年間予算の国家承認、委員会設立、役人による抜き打ち検査が実施される。これらの管理方法によって国営企業を政府の傘下に置くことはできるが、経営の自立が阻害され、企業成績が悪化する原因となっている。 

備考(Remarks)  

1983  Industrialization in Bangladesh (in Bengali)  寄稿  単著 
The Dainik Desh, Dhaka  , pp.10〜11  , 1983/07   

概要(Abstract) バングラデシュの第1次、第2次五カ年計画までの産業開発戦略と国家計画を評価し、産業開発の障壁を明らかにすることによって新しい産業計画を提言した。農業依存型産業開発を中核とした代替産業としての輸出指向型産業、南アジア地域との統合、バングラデシュ経済の資金調達能力を検討し、基礎産業開発のための提案と実行面での方針を提言した。  

備考(Remarks)  

1983  Management Information System  寄稿  単著 
The Bangladesh Observer, Dhaka  , pp. 5〜7  , 1983/06   

概要(Abstract) 経営管理上システムの設定を理論的に分析した。まず、経営管理の情報ニーズの枠組みを把握し、それらのニーズに応じて必要な情報を提供できる経営管理上システム設定のための様々な条件を検討し、一つのモデルシステムを提案した。本論文は、バングラデシュでMISを導入した時期に執筆したものである。 

備考(Remarks)  

2015  Corporate Governance and Financial Reporting in Japan: The Impact on Fraudulent Reporting  寄稿  共著 
Nanzan University, Center for Management Studies  , 1506  , 21p.  , November 2015   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  Amakudari of Civil Servants in Japan: An Examination of the Vices and Virtues and Postulation of Reforms  寄稿  未設定 
Nanzan University, Center for Management Studies  , 0703  , 20p.  , March 2008   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2007  Freeters' and Part-timers' Challenge to Human Resources Management in Japan  寄稿  単著 
Nanzan University, Center for Management Studies  , 0605  , 23p.  , February 2007   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  How Did Malaysian Economy Go Global - Emphasis on the Role of Growth Enclaves  寄稿  共著 
Nanzan University, Center for Management Studies  , 1303  , 20p.  , March 2014   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]