研究者詳細

その他研究業績
分割表示 >>   全件表示

11 件中 1 - 11 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2017  小高泰著『ベトナム人民軍隊:知られざる素顔と軌跡』  書評  単著 
ベトナムの社会と文化  , 風響社  , 第8号  , 293-297頁  , 2018年2月   

概要(Abstract) 同著の主要内容を要約し、今後のベトナム人民軍研究における課題として
、組織および人事動態、動員数と関連する社会との関係、国際比較の3点を指摘し、説明した。 

備考(Remarks)  

2008  Area-Historical Research in Cambodia: Reports of 2006 and 2007 Survey  報告書  共編著 
The Joint Research Group of Royal University of Fine Arts and Nanzan University  , Volume 2  , iii+62pp  , August 2008   

概要(Abstract) カンボジア歴史地域調査団の報告書第二巻。第一巻に続いて、2006年から07年にかけて行われた調査報告及び2008年3月にカンボジア王立芸術大学で開催されたワークショップ報告を含んでいる。 

備考(Remarks)  

2005  Area-Historical Research in Cambodia: Reports of 2004 and 2005 Survey  調査報告書  共編著 
Secretariat of the Joint Research Group of RUFA and Nanzan University  , Vol.1 (No. 1-2)  , 161  , 2006/02   

概要(Abstract) 2004年8月から行われてきている日本・カンボジア共同歴史・地域調査報告書。地域研究・考古学・建築学の視点からの各種報告12編を含んでいる。 

備考(Remarks)  

2005  Ancient Rice Morphology with Area-Historical Dimensions: Geography, Politics, and History, A Prelimi  報告書  単著 
Area-Historical Research in Cambodia  , The Secretariat of Joint Research Group  , Vol.1, No. 2  , 10  , 2006/02   

概要(Abstract) 古代遺跡レンガ中に含まれる稲モミ形態の計量的分析によって、国家形成と農業発展の関連を探索した。 

備考(Remarks)  

2005  Area-Historical Survey in Southeastern Cambodia: Problems, Methodology, and Findings  報告書  単著 
Area-Historical Research in Cambodia  , The Secretariat of Joint Research Group  , Vol.1, No. 1  , 23  , 2006/02   

概要(Abstract) カンボジア東南部における歴史地域調査の主要課題・方法論及び調査手続き・主要成果を概説した。 

備考(Remarks)  

2001  紅河デルタ村落同属集団に関する社会歴史調査  科学研究費報告書  共著 
百穀社通信  , 東京大学人文社会系研究科南アジア東南アジア歴史社会専攻研究室  , 11  , 2001/07   

概要(Abstract) 北部ベトナム・ナムディン省・ヴバン県・タィンロイ村における総合学術調査の成果として、1950年代までの教育や習俗に関する面接調査、土地所有状況、現在のジャガイモ栽培、保管、販売事業、金融調査、農村企業、老人の履歴等が報告された。 

備考(Remarks)  

1999  カンボジア問題  事典項目  共著 
ベトナムの事典  , 同胞社・角川書店  , 1999/06   

概要(Abstract) 60年代におけるカンボジアとベトナム労働党の秘密軍事協定が、第三次インドシナ紛争につながり、この構造がベトナムの大きな被害を経て90年代における和平まで解消されなかったことを説明した。 

備考(Remarks)  

1998  戦争する国家−国際紛争の科学的研究  書評  単著 
国際学論集  , 上智大学国際関係研究所  , 42  , 83-90  , 1998/07   

概要(Abstract) ダニエル・ゲラー、J.デヴィッド・シンガーの著作を批判的に検討し、国際紛争研究における時系列分析の重要さと紛争原因における非合理的要因を含んだデータ・ベース作成の意義を説明した。 

備考(Remarks)  

1997  ベトナム・バッコク村  図録  共著 
デジタルミュージアム−博物館の未来  , 東京大学総合研究博物館  , 1997/02   

概要(Abstract) ベトナム北部の一村落における総合的調査の一環として、村落景観、村人の暮らしを中心とした映像を提示し、その意味を示した。 

備考(Remarks)  

1996  近世ベトナムの土地所有・農業と農村社会  科学研究費報告書  共著 
百穀社通信  , 東京大学人文社会系研究科南アジア東南アジア歴史社会専攻研究室  , 4  , 1996/02   

概要(Abstract) 北部ベトナム・ナムハー省・ヴバン県・タィンロイ村における総合学術調査の成果として、省水利公社への面接調査記録、村地辺ごとの作付け体系、税制、行政制度史、村内B集落における悉皆家計状況面接調査記録、村落年長者への面接調査記録、収集資料目録が報告された。 

備考(Remarks)  

1995  近世ベトナムの土地所有・農業と農村社会  科学研究費報告書  共著 
百穀社通信  , 東京大学文学部桜井研究室  , 1  , 1995/01   

概要(Abstract) 北部ベトナム・ナムハ−省・ヴバン県・タィンロイ村における総合学術調査の成果として、歴史資料と村落現状を村行政幹部への面接調査、村落・家屋測量データを比較しつつ検討した。この結果、文献的には15世紀に成立したと考えられている旧バッコク村と現在のバッコク村落との連続性が示唆された。また、収集文献目録が付された。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]