研究者詳細

研究発表
分割表示 >>   全件表示

37 件中 1 - 37 件目

年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2016  観光市場構造の在庫モデル分析  単独  2016/09/03 
観光経済経営研究会2016年度第1回研究発表会  , 観光経済経営研究会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 於:神戸学院大学9月3日 

2014  Reducing Seasonality in Tourism Considering Joint Purchasing  共同  2014/09/19 
4th International Conference on Tourism Management and Tourism Related Issues 2014  , the European Institute for Advanced Studies in Management (EIASM)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共同研究者:大北健一(報告者:香川大学大学院地域マネジメント研究科准教授)(於:ENIT- Agenzia Nazionale del Turismo, Rome, Italy) 

2013  観光地におけるシーズン性の解消の誘因  単独  2014/02/20 
平成26年日本観光学会中部支部大会  , 日本観光学会   

概要(Abstract) 垂直的に差別化された2製品を販売する独占企業の価格選択モデルを用いて、観光地が需要のシーズン性の程度を低減させる活動への投資インセンティブを分析する。消費者(観光客)は異なるシーズン(インシーズンとオフシーズン)という2種類(高品質と低品質)の財の消費から異なる水準の効用を得るものとする。Calzada and Valletti(2012)およびCalzada and Valletti(2012)に依拠したモデルにより、オフシーズンから消費者が得る効用水準を高めることによってシーズン性を低減させるための活動への投資を政策立案者が費用をかけて行うものと想定し、政策立案者が社会的厚生を最大化するように投資を決定する場合と、企業利潤を最大化するように投資を決定する場合を比較することにより、各々のインセンティブの違いを検討する。 

備考(Remarks) 椙山女学園大学現代マネジメント学部棟、2月20日。 JSPS科研費23530552(基盤研究(C))、2012および2013年度南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2 

2013  日本人旅行者の比国セブ旅行動機:手段目的連鎖モデルの分析  単独  2013/11/09 
日本観光学会第104回全国大会(平成25年度秋季全国大会)  , 日本観光学会   

概要(Abstract) 本研究は、手段-目的連鎖(means and end chain)アプローチを用いて、日本人旅行者の海外旅行の価値(personal values)について検討する。本研究の目的は、フィリピンのセブの観光地を訪問中の日本人旅行者を対象とした、ラダリング(laddering)手法を援用したインタビュー調査のデータを用いることによって、旅行先の属性(attributes)、それら属性から旅行者が得る機能的ないし情緒的結果(consequences)、および価値を理解するとともに、これらの間の結び付き(階層構造)を明らかにすることである。セブを旅行先に選んだことに際して日本人旅行者は、「美しい海」、「安い物価」、「日本からの近さ」、を重要な属性として考え、そこから「癒やし」、「新しい経験」、「非日常感」、「開放感」などの結果を得ており、それによって、「仕事や勉強のストレス解消」、「リセット」、「帰国後の活力」、「人としての幅を広げる」、といった価値を実現しようとしていることが分かった。 

備考(Remarks) 大阪観光大学(大阪府泉南郡熊取町)11月9日。 JSPS科研費23530552(基盤研究(C))、2012および2013年度南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2 

2013  Travel Agency Referrals and Competition with Tour Service Providers  共同  2013/10/04 
3rd International Conference on Tourism Management and Tourism Related Issues 2013  , the European Institute for Advanced Studies in Management (EIASM)   , Proceedings of the 3rd International Conference on Tourism Management and Tourism Related Issues  , the European Institute for Advanced Studies in Management (EIASM)  , ISSN 2295-3485  , 5pp   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共同研究者:大北健一(報告者:香川大学大学院地域マネジメント研究科准教授)(於:Citilab, Barcelona, Spain, October 3-4) 

2013  ホテルへの問い合わせメールに対する返信回答のクオリティ  単独  2013/06/22 
日本観光学会第103回全国大会  , 日本観光学会   

概要(Abstract) 本研究では、ミステリー・ゲスト・アプローチを用いて、ホテルへ送信した問い合わせメールに対する返信メール回答の(知覚)品質について測定を行った。空室の有無、宿泊料金、アメニティ、空港からのアクセス、ホテル発のツアー、の5項目について、新婚旅行予定の日本人が問い合わせるという想定で英文メールを作成し、セブ(フィリピン)とコタキナバル(マレーシア)のホテルへ送信して、収集された返信メールのデータを分析した。本研究の目的は、(1)観光地のホテルが潜在顧客とのコミュニケーションに電子メールを使用している程度を評価すること、(2)セブのホテルはコタキナバルのホテルと比較してどの程度有効に英文メールへ回答しているかを確認すること、である。セブのホテルはコタキナバルのホテルと比較して返信率は高いが、返信時間はやや長いこと、問い合わせ項目への回答度は高いが、返信メールの品質はやや劣ること、が明らかとなった。 

備考(Remarks) 愛知大学名古屋キャンパス(名古屋市中村区)午後の部(15:30~17:30)教室L608<企画セッション>第2報告 2013年度南山大学パッヘ研究奨励金(I-A-2) 

2013  In-Hospital Referrals and Competition in the Funeral Services Industry  共同  2013/04/04 
International Symposium on Business and Management 2013  , Knowledge Association of Taiwan、 International Business AcademicsConsortium(iBAC)   , Proceedings of International Symposium on Business and Management 2013  , Knowledge Association of Taiwan  , pp.486-495   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共同研究者:浅井秀明(報告者:南山大学大学院ビジネス研究科経営学専攻博士後期課程修了)(於:北九州国際会議場, 北九州市小倉北区, 4月4日13:30-15:00, Meeting Room 6),2013年度パッヘ研究奨励金(I-A-2)(南川の部分)  

2012  Responsiveness and Quality of E-mail Inquiries to Hotels: A Comparison between Cebu, Philippines and Kota Kinabalu, Malaysia  単独  2013/02/07 
3rd International Conference on Multidisciplinary Research (ICMURE2013)  , LCCB Research and Accreditation Office   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Planta Centro Hotel and Residences, Bacolod City, Philippines, 2月7-9日 2012年度パッヘ研究奨励金(I-A-2) 

2012  A Study of Tourism Taxation and Incentives of Hotel Chains to Invest in Congestion-Reducing Activities  共同  2012/07/17 
5th Biennial Conference of the Academy of World Business, Marketing and Management Development (AWBMAMD 2012)  , Academy of World Business, Marketing and Management Development   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共同研究者:大北健一(報告者:香川大学大学院地域マネジメント研究科准教授)(於:The Danubius Hotel Helia, Budapest, Hungary, 7月17日),2012年度パッヘ研究奨励金(II-B)(南川の部分)  

2011  Shopping Commission in Group Package Tourism: A Two-Sided Market Perspective  共同  2011/09/15 
the 1st International Conference on Tourism Management and Tourism Related Issues  , the European Institute for Advanced Studies in Management (EIASM)  , Proceedings of the 1st International Conference on Tourism Management and Tourism Related Issues  , the European Institute for Advanced Studies in Management (EIASM)  , ISSN 2223-9014  , 4pp   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共同研究者:大北健一(報告者:香川大学大学院地域マネジメント研究科准教授)(於:University of Bologna, Rimini, Italy, 9月15日) 

2011  Shopping Commission in Group Package Tourism: A Two-Sided Market Perspective  共同  2011/07 
観光経済経営研究会2011年度第1回研究発表会  , 観光経済経営研究会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共同研究者:大北健一(香川大学大学院地域マネジメント研究科准教授)(於:奈良県立大学7月9日) 

2010  Shopping Commission in Group Package Tourism: A Two-Sided Market Perspective  共同  2011/02 
愛知大学経営学会ワークショップ「観光、交通に関するまちづくり」  , 愛知大学経営学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共同研究者:大北健一(報告者:香川大学大学院地域マネジメント研究科准教授)(於:愛知大学・車道校舎2月21日) 

2010  Tourism Taxation and Incentives of Hotel Chains to Invest in Congestion-Reducing Activities  共同  2011/01 
Business and Social Science Research Conference  , World Academy of Social Science, Australia   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Novotel World Trade Centre, Dubai, UAE, 2011年1月3日,南川和充・Caixia Ye・Gefu Yin(南山大学大学院ビジネス研究科経営学専攻), 平成22年度科学研究費補助金(基盤研究(C))(南川の部分),2010年度パッヘ研究奨励金(I-A-2)(南川の部分) 

2010  An Economic Analysis of the Generic Competition Paradox in the Pharmaceutical Market: The Role of Physician's Prescription Decision  共同  2010/12 
the Australia & New Zealand Marketing Academy Conference 2010  , the Australia and New Zealand Marketing Academy   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) University of Canterbury, Christchurch, New Zealand,2010年12月1日,山田研一郎(南山大学大学院ビジネス研究科経営学専攻)・大北健一(香川大学大学院地域マネジメント研究科准教授)・南川和充,平成22年度科学研究費補助金(基盤研究(C))(南川の部分),2010年度南山大学パッヘ研究奨励金(I-A-2)(南川の部分) 

2010  葬祭サービスの消費者特性-(株)出雲殿の利用者アンケートから-  共同  2010/11 
日本観光学会中部支部平成22年研究発表大会  , 日本観光学会中部支部   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共同研究者:浅井秀明(報告者:南山大学大学院ビジネス専攻2年)(於:椙山女学園大学星ヶ丘キャンパス:11月14日)『日本観光学会中部支部平成22年研究発表大会研究発表梗概集』pp.10-11. 

2010  Price-Quality Competition and Incentive for Unbundling of Hotel Accommodation and Meal Packages in the Tourism Industry  共同  2010/07 
4th Biennial Conference of the Academy of World Business, Marketing and Management Development(AWBMAMD 2010)  , The Academy of World Business, Marketing and Management Development (AWBMAMD)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Scandic Hotel, Oulu Finland, 2010年7月13日,南川和充,大北健一(香川大学大学院地域マネジメント研究科准教授),赤壁弘康(南山大学経営学部),平成22年度科学研究費補助金(基盤研究(C))(南川の部分) 

2009  The Determinants of Platform Selection in the Japanese Home Video Game Software Industry: An Empirical Approach  共同  2010/03 
the Midwest Business Administration Association (MBAA) International Conference 2010  , Academy of International Business, US-Midwest Region Chapter   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) The Drake Hotel,Chicago U.S.A.,2010年3月24日,南川和充,大北健一(山口大学大学院技術経営研究科准教授),平成21年度科学研究費補助金(基盤研究(C))(南川の部分),(若手研究(B))(大北の部分),平成21年度南山大学パッヘ研究奨励金II-B(南川の部分) 

2009  Conjoint Analysis for Portable Audio Player in Japan  共同  2009/12 
the 6th International Conference on Innovation and Management 2009  , International Conference on Innovation and Management   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Pontifical Catholic University of Sao Paulo,Sao Paulo Brazil,2009年12月10日,平松義規(南山大学大学院ビジネス研究科経営学専攻)・南川和充,平成21年度科学研究費補助金(基盤研究(C))(南川の部分) 

2009  An Economic Analysis of the Generic Competition Paradox in the Pharmaceutical Market: The Role of Physician’s Prescription Decision  共同  2009/12 
the 6th International Conference on Innovation and Management 2009  , International Conference on Innovation and Management   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Pontifical Catholic University of Sao Paulo,Sao Paulo Brazil,2009年12月10日,山田研一郎(南山大学大学院ビジネス研究科経営学専攻)・大北健一(山口大学大学院技術経営研究科准教授)・南川和充,平成21年度科学研究費補助金(基盤研究(C)),平成21年度南山大学パッヘ研究奨励金II-B(南川の部分) 

2009  Incentives of International and Local Hotel Chains to Invest in Congestion-Reducing Activities within a Tourist Destination Region  共同  2009/12 
the Australia & New Zealand Marketing Academy Conference 2009  , the Australia and New Zealand Marketing Academy   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Crown Promenade Hotel,Melbourne Australia,2009年12月2日,南川和充,大北健一(山口大学大学院技術経営研究科准教授),平成21年度科学研究費補助金(基盤研究(C))(南川の部分),2009年度パッヘ研究奨励金(I-A-2)(南川の部分) 

2009  遺跡を観光資源として活用するためにIII−ヘリテージ・ツーリズム研究の観点から−  共同  2009/10 
日本観光学会第99回全国大会  , 日本観光学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共同研究者:石川修一(報告者:神戸学院大学経営学部)・赤壁弘康(南山大学経営学部)(於:神戸夙川学院大学10月10日) 平成19年度,平成20年度科学研究費補助金(基盤研究(C))および2008年度,2009年度神戸学院大学経営学会研究助成C 『日本観光学会第99回全国大会研究発表要旨集』pp.28-29. 

2009  Price-Quality Competition and Incentive for Unbundling of Hotel Accommodation and Meal Packages in the Tourism Industry  共同  2009/09 
the International Conference on Tourism Development and Management 2009  , the International Conference on Tourism Development and Management   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) virtual presentation,the Conference Center of Kipriotis Hotel,Kos Island Greece,2009年9月11-14日,南川和充,大北健一(山口大学大学院技術経営研究科准教授),平成21年度科学研究費補助金(基盤研究(C))(南川の部分) 

2008  Network Structure of Video Game Software in Japan: Some Empirical Results  共同  2008/12 
the Australia & New Zealand Marketing Academy Conference 2008  , the Australia & New Zealand Marketing Academy   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) (英語報告)丸山雅祥(報告者:神戸大学大学院経営学研究科),南川和充,大北健一(京都学園大学経営学部准教授)(於:Olympic Stadium, Sydney Australia 12月1日-3日) 平成20年度科学研究費補助金(基盤研究(C))(南川および丸山の部分) 

2008  吉野ヶ里歴史公園視察調査結果について  共同  2008/12 
「ホスピタリティー産業としての ヘリテージ活用ビジネスに関する研究」研究会  , 神戸学院大学   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 報告者:南川和充,共同研究者:石川修一(神戸学院大学経営学部)・赤壁弘康(南山大学経営学部)(於:神戸学院大学12月20日) 

2008  Network Structure of Video Game Software in Japan: Some Empirical Results  共同  2008/11 
2008 年度日本応用経済学会秋季大会  , 日本応用経済学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) (邦語報告)大北健一(報告者:京都学園大学経営学部准教授),丸山雅祥(神戸大学大学院経営学研究科),南川和充(於:金沢大学11月23日) 平成20年度科学研究費補助金(基盤研究(C))(南川および丸山の部分) 

2008  ホテルの規模,収益性,および市場特性  共同  2008/06 
日本観光学会第97回全国大会  , 日本観光学会   

概要(Abstract) 日本のホテル業界をとりあげ,ホテルの規模およびパフォーマンスの要因分析を行なった。すなわち,ホテルは新規展開の際にどのような規模を選択するのか,また,既存ホテルについてはどのような立地をしているホテルのパフォーマンスが高いのか,という問題を検討する。まず,ホテル間の集積効果および競合効果を識別するために,新規展開時におけるホテルの規模とそれが立地した市場の特性に関する実証分析を行なった。新規展開ホテルは,立地した都市に当該ホテルよりも規模の小さな既存ホテルの割合が高く,当該ホテルの最も高い部屋の料金が高額であるほど,新規展開ホテルはその都市に規模の大きいホテルを開設ということが明らかとなった。また,既存ホテルのパフォーマンスを規定する要因については,立地している都市に当該ホテルよりも規模の小さなホテルが多いほど,ホテルのパフォーマンスは低くなる傾向があることが明らかとなった。 

備考(Remarks) 共同研究者:松浦万智子(報告者:南山大学大学院ビジネス研究科経営学専攻前期課程)(於:北海商科大学6月7日) 

2008  観光地ホテルの環境改善投資インセンティブ  共同  2008/06 
日本観光学会第97回全国大会  , 日本観光学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共同研究者:大北健一(京都学園大学経営学部准教授)(於:北海商科大学6月7日) 平成20年度科学研究費補助金(基盤研究(C))(南川の部分) 『日本観光学会第97回全国大会研究発表要旨集』pp.12-13. 

2008  遺跡を観光資源として活用するためにII  共同  2008/06 
日本観光学会第97回全国大会  , 日本観光学会   

概要(Abstract) 2007年の第95回大会において「遺跡を観光資源として活用するために」のテーマで研究発表を行った。その際は島根・鳥取地方(2006年度の調査)における遺跡の保存・活用に関するインタビューおよび視察調査を取り上げた。その結論は,「たまたま見つかった埋蔵遺跡を残すかあるいはその場所を他の目的で活用するかの判断基準を明確にするためという私たちのモデル化の意図は妥当なものである。」ことがその調査結果から確認できた。その後1年をかけ,さらに多くの遺跡やそれに付設されている博物館などとでインタビュー・視察調査を行った。その目的は,私たちのモデル化の意図を発展させ,遺跡及びそれに関連する施設の存在意義と効率性を評価するためのモデルの必要性とその方法を明らかしようとすることである。本発表ではこのことについて報告を行なった。さらに,遺跡と環境とのかかわりについて考察した。 

備考(Remarks) 共同研究者:石川修一(報告者:神戸学院大学経営学部)・赤壁弘康(南山大学経営学部)(於:北海商科大学6月7日) 平成19年度,平成20年度科学研究費補助金及び2008年度神戸学院大学経営学会研究助成 

2007  遺跡を観光資源として活用するために  共同  2007/06 
日本観光学会第95回全国大会  , 日本観光学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共同研究者:石川修一(報告者:神戸学院大学経営学部)・赤壁弘康(南山大学経営学部)(於:東京大学6月16日) 

2005  観光業における泊食分離の誘因と価格競争  共同  2005/11 
日本観光学会第92回全国大会  , 日本観光学会   

概要(Abstract) 補完製品市場としての観光関連産業における企業間関係や価格政策のあり方が,価格競争や社会的厚生に及ぼす経済的効果を理論的に検討するために,Economides and Salop[1992],Choi[2003]のフレームワークに基づいてゲーム理論による価格競争のモデル分析をおこなう。宿泊施設と飲食施設を両方とも備えた合併企業(旅館)と飲食サービスのみを提供する企業(飲食店)を想定し,合併企業による泊食分離,すなわち混合バンドリング政策あるいは単品販売を採用しようとする私的な誘因と,泊食分離が経済厚生に及ぼす効果を検討する。 

備考(Remarks) 共同研究者:赤壁弘康(南山大学経営学部)(於:椙山女学園大学星が丘キャンパス) 

2005  Vertical Integration, Bundling and Welfare  共同  2005/09 
32nd Annual Conference of the EARIE  , the European Association for Research in Industrial Economics   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) (英語報告)丸山雅祥(報告者:神戸大学大学院経営学研究科),南川和充(於:University of Porto, Porto Portugal, 9月3日) 

2005  泊食分離(交泊分離)の経済分析−ホスピタリティ・マーケティングの観点から−  共同  2005/06 
日本観光学会第91回全国大会  , 日本観光学会   

概要(Abstract) 宿泊業,旅行業,交通業などの観光関連産業の競争を,ホスピタリティ・マーケティングの観点から理論的に分析した.観光立国推進戦略会議の提言をうけて,既に実務のレベルでは,泊食(宿泊と食事)分離,交泊(交通と宿泊)分離の導入を通じて観光客の選択の自由度を高める動きがみられる.このようなトレンドが理論的に支持できるかを明らかにし,泊食分離の経済的効果(価格,サービス水準,需要量,企業利潤,消費者余剰,社会的余剰)を経済学的に分析した. 

備考(Remarks) 共同研究者:赤壁弘康(南山大学経営学部)(於:神戸国際会議場) 

2003  Social Benefit of Vertical and Complementary Merger  単独  2003/06 
日本経済学会2003年度春季大会  , 日本経済学会   

概要(Abstract) 互いに補完的な製品を供給する企業間の市場構造として,補完独立と垂直分離の状況を想定し,その企業合併が社会的便益に及ぼす効果を多段階ゲームの定式化により検討した。補完独立の状況での補完製品の品質設定および価格設定とを議論している既存研究を,垂直分離のケースにも拡張するとともに,品質水準の決定に関する想定をより一般化してモデル分析を行った。分離と合併との市場均衡の比較により,合併が企業利潤,製品価格,品質水準,消費者余剰に与える効果を理論的に明らかにした. 

備考(Remarks) (邦語報告)共同研究者:丸山雅祥(神戸大学大学院経営学研究科)(於:大分大学) 

2002  Vertical Separation and Product Quality  単独  2002/06 
日本経済学会2002年度春季大会  , 日本経済学会   

概要(Abstract) 単一の流通チャネルにおける統合と分離の問題を,品質選択との関連から議論した既存研究であるEconomides[1999]を紹介し,報告では複数チャネルの競争状況を想定し,チャネルの統合と分離のモデルに製品の品質水準の選択を含むケースへと拡張した。チャネル構造,品質水準,出荷価格,小売マージンの決定を多段階ゲームの均衡分析により定式化し,垂直分離への誘因を検討した。また,独占と競争のケースを比較することにより,企業分割が経済厚生に与える効果を明らかにした. 

備考(Remarks) (邦語報告)共同研究者:丸山雅祥(神戸大学大学院経営学研究科)(於:小樽商科大学) 

2000  Strategic Vertical Separation:Reconsidered  単独  2000/09 
日本経済学会2000年度秋季大会  , 日本経済学会   

概要(Abstract) 従来の垂直的市場構造の分析において明示的に扱われてこなかった製品差別化の構造を考慮して,垂直的な製品差別化をともなう市場を定式化したうえで,戦略的分離の命題を再検討した.価格競争の緩和という戦略的相互作用の観点から,垂直統合と(フランチャイズ料を伴わない)垂直分離との比較を行った.製品の総需要の価格弾力性,および製品差別化の程度という2つの条件が,戦略的分離命題の結論に影響することを明らかにした.従来の結論とは異なり,垂直統合のみが均衡となるという条件を示し,その基本論理を明らかにした. 

備考(Remarks) (邦語報告)共同研究者:丸山雅祥(神戸大学大学院経営学研究科)(於:大阪府立大学) 

1998  Strategic Vertical Separation and Product Quality  単独  1998/09 
日本商業学会関西部会1998年度9月例会  , 日本商業学会   

概要(Abstract) 従来,流通チャネルと製品差別化競争に関する研究は独立に進められてきたが,本報告では2つの研究の統合を試みていた.単一の流通チャネルにおける統合と分離の問題を,品質選択との関連から議論したEconomides[1999]を紹介し,報告では複数チャネルの競争状況を想定し,チャネルの統合と分離のモデルに製品の品質選択を含むケースへと拡張した上で,チャネル構造,品質,出荷価格,小売マージンの決定を多段階ゲームの均衡分析により検討し,垂直分離による経済厚生についての効果を明らかにした. 

備考(Remarks) (邦語報告)共同研究者:丸山雅祥(神戸大学大学院経営学研究科) (於:大阪市立大学文化交流センター,大阪駅前第3ビル16階) 

1997  流通チャネルと小売空間競争  単独  1997/05 
日本商業学会関西部会1997年度5月例会  , 日本商業学会   

概要(Abstract) メーカーと流通業者による流通チャネル内部における,価格設定および流通業者の立地選択に関する意思決定の調整問題を検討している.多段階ゲームにおける均衡分析から,メーカーによるプライスリーダーシップや流通業者との共同利潤最大化といった意思決定様式が,流通業者の立地政策に及ぼす影響を分析している.価格決定のみを考慮した従来の研究とは異なり,流通チャネル内部において価格に関する意思決定の調整を図ることは,消費者にとっても望ましいケースが存在することを明らかにした. 

備考(Remarks) (於:大阪市立大学文化交流センター,大阪駅前第3ビル16階) 

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]