研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

45 件中 1 - 10 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2018  互助会の経済合理性-共同利用に関する理論を中心に-  単著   
南山経営研究  , 南山大学経営学会  , 第33巻第2号  , pp.325-340  , 2018/11   

概要(Abstract) 互助会という仕組みがもつ「相互扶助」や「施設の共同利用」の側面に焦点をあてて、その経済合理性を説明する。1990年代から頼母子講に関する理論研究や「情報財の共有」に関する経済学的な分析が進展しているが、それらの分野での理論的枠組に関する既存研究の論文レビューをおこなうことによって、そこで得られた分析結果を応用するかたちで冠婚葬祭互助会がもつ経済的機能を考察する。 

備考(Remarks) <研究ノート>

2016年5月に互助会保証株式会社の委託業務として株式会社冠婚葬祭総合研究所がテーマ「互助会システムの変遷及び将来への提言」に関する調査研究の成果をとりまとめた論文集に掲載された報告書(非公刊)をもとにしている。当該テーマでの調査研究業務の委託(本学石垣智徳教授と著者)を受けて当該報告書を作成した際には同研究所の助成を受けた。同報告書を再構成のうえで本誌に公刊することについては同研究所の承諾を得ている。 

2017  史実にみる冠婚葬祭の変化-超高度経済成長期~バブル期-  共著   
葬送文化(日本葬送文化学会会誌)  , 日本葬送文化学会  , 第19号  , pp. 38-74  , 2018/01/20   

概要(Abstract) 浅井秀明(株式会社出雲殿:筆頭)・南川和充・石垣智徳(南山大学大学院ビジネス研究科教授)共同研究にあたり本人担当部分抽出:構想の一部を担当し分担率10% 

備考(Remarks)  

2016  Reducing seasonality through private and public investment: tourism in Okinawa's off season(査読有り)  共著   
World Review of Entrepreneurship, Management and Sustainable Development  , Inderscience  , Volume 13/Number 1  , pp. 1-9  , 2017   

概要(Abstract) Seasonality is one of the most problematic aspects of tourism. The private and public incentives are studied to reduce seasonality by improving the utility of the low season while also considering joint purchasing. It is found that the optimal investment to reduce seasonality when maximising private profit is lower than or equal to when maximising social welfare. Findings are supported by the off season of Okinawa, Japan. 

備考(Remarks) 大北健一(香川大学大学院地域マネジメント研究科准教授:筆頭)・南川和充  共同研究にあたり本人担当部分抽出:モデルの構築、分析の実施、結果の考察の全般を担当し分担率50%  

2016  Travel agency referral and retailer competition(査読有り)  共著   
World Review of Entrepreneurship, Management and Sustainable Development  , Inderscience  , Volume 12/Number 4  , pp. 457-466  , 2016   

概要(Abstract) Tourists are one of the main market segments for service providers such as parks, museums, restaurants, and retailers. Travel agencies expose tourists in their package tours to service providers for a referral fee. This paper studies the competitive effects of travel agency referral in a setting where differentiated products are sold by two competing service providers. Using a simple spatial competition model, a non-cooperative game is analysed with informed tourists where duopolistic service providers compete on price, focusing on equilibrium prices and the profit of each service provider. This paper shows that referral is beneficial except where the cost of referral is too high. Service providers employ travel agency referral in order to mitigate the intensity of price competition by committing to higher prices. 

備考(Remarks) 大北健一(香川大学大学院地域マネジメント研究科准教授:筆頭)・南川和充  共同研究にあたり本人担当部分抽出:モデルの構築、分析の実施、結果の考察の全般を担当し分担率50% 

2015  Platform Selection by Software Developers: Theory and Evidence(査読有り)  共著   
Journal of the Japanese and International Economies  , Elsevier  , Volume 38  , pp. 282-303  , 2015/12   

概要(Abstract) This paper analyzes platform selection (affiliation) by game developers in the Japanese home video game industry. We develop an elementary model of affiliation by software developers and propose the hypothesis that wider availability of game titles for a platform positively inclines game developers to affiliate with that platform when releasing new game titles. Then, using data for Japan, we estimate a multinomial logit model that includes both the attributes of game developers and the characteristics of platforms, and find evidence supporting this hypothesis. Overall, the findings suggest that game developers expect the indirect network effect to apply, and the prospect of future growth matters to them when deciding with which platform to affiliate. 

備考(Remarks) 丸山雅祥(神戸大学経営学研究科教授:筆頭)・David Flath(立命館大学経済学部教授)・南川和充・大北健一(香川大学大学院地域マネジメント研究科准教授)・善如悠介(大阪経済大学経済学部講師)共同研究につき本人担当抽出不可能 

2015  史実にみる冠婚葬祭の変化-バブル崩壊以降  共著   
葬送文化(日本葬送文化学会会誌)  , 日本葬送文化学会  , 第17号  , pp.62-85  , 2015/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 浅井秀明(株式会社出雲殿:筆頭)・南川和充・石垣智徳(南山大学大学院ビジネス研究科教授)共同研究にあたり本人担当部分抽出:構想の一部を担当し分担率10% 

2015  The Generic Competition Paradox in a Universal Healthcare's Prescription Drug Market(査読有り)  共著   
International Journal of Business and Globalisation  , Inderscience  , Volume 14/Number 4  , pp.438-445  , 2015/05/30   

概要(Abstract) This paper provides a game theoretic model on the likelihood of the generic competition paradox in a universal healthcare's prescription drug market. Using a two-stage model in which patients are prescribed either the brand-name drug, a generic alternative, or no drug, it is found that under certain conditions the price of the brand-name drug increases after the entry of generic alternatives. The generic competition paradox is found to require full market coverage and to be more likely to occur with a larger difference in the perceived quality of the brand-name drug and its generic alternatives, higher marginal costs of production, or lower insurance coverage. 

備考(Remarks) 大北健一(香川大学大学院地域マネジメント研究科准教授:筆頭)・南川和充  共同研究にあたり本人担当部分抽出:モデルの構築、分析の実施、結果の考察の全般を担当し分担率50% 

2013  ホテルへの問い合わせメールに対する返信回答のクオリティ  単著   
神戸学院大学経営学論集  , 神戸学院大学経営学会  , 第10巻第1・2号  , pp. 43-51.  , 2014/03/20   

概要(Abstract) 本研究ではミステリー・ゲスト・アプローチを用いて、ホテルへ送信した問い合わせメールに対する返信メール回答のクオリティについて検討する。空室の有無、宿泊料金、アメニティ、空港からのアクセス、ホテル発のツアー、の5項目について、新婚旅行予定の日本人が問い合わせるという想定で英文メールを作成し、セブ(フィリピン)とコタキナバル(マレーシア)のホテルへ送信して、収集された返信メールのデータを分析する。本研究の目的は、(1)観光地のホテルが潜在顧客とのコミュニケーションに電子メールを使用している程度を評価すること、(2)セブのホテルはコタキナバルのホテルと比較してどの程度有効に英文メールへ回答しているかを確認すること、である。 

備考(Remarks) 平成25年度科学研究費補助金(基盤研究(C))、2012年度および2013年度パッヘ研究奨励金(I-A-2) 

2013  非日常顧客サービス評価「葬祭サービスに関する事例」  共著   
葬送文化(日本葬送文化学会会誌)  , 日本葬送文化学会  , 第15号  , pp.16-25  , 2013/12/20   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 浅井秀明(南山大学大学院ビジネス研究科経営学専攻博士後期課程:筆頭)・南川和充・石垣智徳(南山大学大学院ビジネス研究科教授) 共同研究にあたり本人担当部分抽出:モデルの構築の一部を担当し分担率10% 2013年度パッヘ研究奨励金(I-A-2)(南川の部分)  

2013  Travel Agency Referrals and Competition with Tour Service Providers(査読有り)  共著   
Proceedings of 3rd International Conference on Tourism Management and Tourism Related Issues  , the European Institute for Advanced Studies in Management (EIASM)  , ISSN 2295-3485  , 5pp  , 2013/10   

概要(Abstract) 旅行会社が企画した旅行商品のツアー旅行者を潜在顧客として紹介を受ける(送客)ことの対価としてその旅行会社へ紹介手数料を支払う観光サービス業者(土産物店等)の誘因に関するモデルを構築し、こうした「Travel Agency Referral」の契約が観光サービス業者間の価格競争に与える効果を理論的に検討した。 

備考(Remarks) 南川和充(筆頭)・大北健一(香川大学大学院地域マネジメント研究科准教授) 共同研究にあたり本人担当部分抽出:モデルの構築、分析の実施、結果の考察の全般を担当し分担率50% 平成25年度科学研究費補助金(基盤研究(C))(南川の部分) 2013年度パッヘ研究奨励金(I-A-2)(南川の部分)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [NEXT>>]