研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

47 件中 21 - 30 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2009  Incentives of International and Local Hotel Chains to Invest in Congestion- Reducing Activities within a Tourist Destination Region(査読有り)  共著   
The Proceedings of the Australian & New Zealand Marketing Academy Conference 2009  , Promaco Conventions PTY LTD  , 7pp  , 2009/12   

概要(Abstract) The environmental quality of destination has become a tool that hotels in the area have to hold the tourism demand. However, the level of the quality of a region may decrease by increased congestion of tourists visiting the region. This paper studies the ways in which hotel chains' incentives to invest in congestion-reducing activities are influenced by whether they belong to a local chain or an international chain. We analyse the interaction between two congestible regions with four hotels that provide accommodation services and make sequential decisions on congestion-reducing activities and room prices, and compare the results between local and international chain outcomes. It is shown that this incentive is found to be greater for local than for international chains. 

備考(Remarks) 南川和充(筆頭)・大北健一(山口大学大学院技術経営研究科准教授) 共同研究にあたり本人担当部分抽出:モデルの構築、分析の実施、結果の考察の全般を担当し分担率50% 平成21年度科学研究費補助金(基盤研究(C))(南川の部分) 2009年度パッヘ研究奨励金(I-A-2)(南川の部分) 

2009  An Economic Analysis of the Generic Competition Paradox in the Pharmaceutical Market: The Role of Physician's Prescription Decision(査読有り)  共著   
The Proceedings of International Conference on Innovation and Management 2009  , International Conference on Innovation and Management  , 5pp  , 2009/12   

概要(Abstract) The objective of this paper is to provide a game theoretic model explaining the generic competition paradox that demonstrates an increase of brand-name drug price in response to generic entry. In the context of a two-stage model with the physician determining whether patients receive either brand-name, or generic drugs, or none, the paper shows that there exist conditions under which the price of brand-name drugs increases following the entry of generic drugs. The generic competition paradox is shown to be more likely to occur when the entire market is served, the marginal cost of production is high, the number of firms of generics is low, the difference in perceived qualities between brand-name and generic drugs is large, the amount of insurance coverage is high, and the reduction in co-payment a patient is entitled to if he/she buys generic drugs as opposed to brand-name drugs is low. 

備考(Remarks) 山田研一郎(南山大学大学院ビジネス研究科経営学専攻:筆頭)・大北健一(山口大学大学院技術経営研究科准教授)・南川和充 共同研究にあたり本人担当部分抽出:モデルの構築の一部を担当し分担率30% 平成21年度科学研究費補助金(基盤研究(C))(南川の部分) 

2009  Conjoint Analysis for Portable Audio Player in Japan(査読有り)  共著   
The Proceedings of International Conference on Innovation and Management 2009  , International Conference on Innovation and Management  , 4pp  , 2009/12   

概要(Abstract) This paper attempts to discover what type of portable audio player consumers generally preferred via a conjoint analysis. In addition, we investigate customers’willingness to pay (WTP) using a conditional logit model. The study helps with the decision-making procedure for designing portable audio player adaptable to new technology development. 

備考(Remarks) 平松義規(南山大学大学院ビジネス研究科経営学専攻:筆頭)・南川和充 共同研究にあたり本人担当部分抽出:分析の実施の一部を担当し分担率20% 平成21年度科学研究費補助金(基盤研究(C))(南川の部分) 

2009  Price-Quality Competition and Incentive for Unbundling of Hotel Accommodation and Meal Packages in the Tourism Industry(査読有り)  共著   
The Proceedings of International Conference on Tourism Development and Management 2009  , International Conference on Tourism Development and Management  , 4pp  , 2009/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 南川和充(筆頭)・大北健一(山口大学大学院技術経営研究科准教授) 共同研究にあたり本人担当部分抽出:モデルの構築、分析の実施、結果の考察の全般を担当し分担率50% 平成21年度科学研究費補助金(基盤研究(C))(南川の部分) 

2008  原産国イメージがブランド・エクイティに与える効果:ベトナム消費者のケース  共著   
南山経営研究  , 南山大学経営学会  , 第23巻3号  , pp.343-360  , 2009/03   

概要(Abstract) 本稿の目的は,ベトナムにおける消費者の原産国イメージが,その国を原産とするブランドに関するブランド・エクイティの形成に与える効果を実証的に検討することである。本稿ではハイフォン市において行なった質問票調査に基づき,Yasin, Noor and Mohamad[2007]に依拠した因子分析,パス解析,および共分散構造分析(構造方程式モデリング)による分析方法を用いて,そうした既存研究で提示された概念モデルをベトナム消費者において追試を実施する。具体的には,ブランドに関する消費者ベースのエクイティは,そのブランドのブランド・エクイティ構成要素を介在して,原産国イメージと直接的および間接的に有意な関係をもっている,という仮説を検証する。 

備考(Remarks) Nguyen Thi Xuan(南山大学大学院ビジネス研究科経営学専攻:筆頭)・南川和充 共同研究にあたり本人担当部分抽出:第4節の分析の実施を担当し分担率30% 2008年度パッヘ研究奨励金(I-A-2)(南川の部分) 

2008  Vertical Integration, Bundled Discounts and Welfare(査読有り)  共著   
Information Economics and Policy  , Elsevier  , Volume 21/Issue 1  , pp.62-71  , 2009/02   

概要(Abstract) This paper studies firms’ incentives for vertical integration and bundled discounts of complementary components. We assume that firms first choose ownership structures and pricing schemes, and then compete on price. We find that vertical integration and mixed bundling is a dominant strategy for all firms, while, except for systems of components that are highly differentiated, total surplus is maximized under independent ownership with bundled discounts. Thus, our model suggests that vertical separation is beneficial for both firms and consumers in such a situation of competitive bundling. Our results have important policy implications for broadband markets. 

備考(Remarks) 丸山雅祥(神戸大学大学院経営学研究科教授:筆頭)・南川和充 共同研究にあたり本人担当部分抽出:分析の実施の全般、結果の考察の一部を担当し分担率50% 平成18,19,20年度科学研究費補助金(基盤研究(C))(南川および丸山の部分) 

2008  Network Structure of Video Game Software in Japan: Some Empirical Results(査読有り)  共著   
The Proceedings of the Australia & New Zealand Marketing Academy Conference 2008  , Promaco Conventions PTY LTD, Sidney  , 6pp  , 2008/12   

概要(Abstract) This paper explores the network structure of software development in the home video game industry. A number of researchers have based studies on models of hardware-software relationships. However, there has been little empirical analysis of the factors determining the developers' decisions to launch new game titles for specific platforms. This paper examines the problem by using the mixed logit model, allowing for random taste variation across software developers in their sensitivities to the characteristics of platform providers. We found that the developers were more likely to release a title for a platform which had a dominant position. Our empirical result indicates the presence of network effects stated in two-sided market literature. 

備考(Remarks) 丸山雅祥(神戸大学大学院経営学研究科教授:筆頭)・南川和充・大北健一(京都学園大学経営学部准教授) 共同研究にあたり本人担当部分抽出:モデルの構築、分析の実施の全般を担当し分担率30% 平成20年度科学研究費補助金(基盤研究(C))(南川および丸山の部分) 

2007  新規出店ホテルの規模と市場の特性  共著   
南山経営研究  , 南山大学経営学会  , 第22巻3号  , pp.419-436  , 2008/03   

概要(Abstract) 近年のホテルの出店ラッシュの動向を把握するために、新規開設ホテルはどのように規模を選択するかという問題を検討している。市場の特性及びホテルの特徴に焦点を当てて,ホテルの規模の大きさを規定する要因を実証的に明らかにした。 

備考(Remarks) 松浦万智子(南山大学大学院ビジネス研究科経営学専攻:筆頭)・南川和充 共同研究にあたり本人担当部分抽出:第4節の分析結果の検討を担当分担率30% 2007年度パッヘ研究奨励金(I-A-2)(南川の部分) 

2006  泊食分離の経済分析(査読有り)  共著   
日本観光学会誌  , 日本観光学会  , 第47号  , pp.43-56  , 2006/06   

概要(Abstract) 本論文では,宿泊サービスと飲食サービスという補完的な製品の販売に関する価格政策に注目し,泊食分離をめぐる観光企業間の競争構造を理論的に考察する。代替的な宿泊サービスと飲食サービスを提供する2つの観光企業が存在するもとで,宿泊と飲食に関する販売形態の選択,宿泊ならびに飲食の価格の選択を多段階ゲームによって分析するとき,販売形態としてパッケージ価格政策が選ばれ,泊食分離の状況は均衡としては導出されないことを示す。この分析結果をもとに,これまでパッケージ価格政策が観光業界の基本構造となっている点について理論的な説明を提示するとともに,最近の観光業界において泊食分離や交泊分離を推し進める必要性が指摘されていることに対する政策的インプリケーションを示す。 

備考(Remarks) 南川和充,赤壁弘康(南山大学経営学部教授) 分担率50%, 共同研究につき本人担当抽出不可能 2005年度パッヘ研究奨励金(I-A-2) 

2005  観光業における泊食分離の誘因と価格競争  単著   
南山経営研究  , 南山大学経営学会  , 第20巻2・3号  , pp.161-186  , 2006/03   

概要(Abstract) 補完製品市場としての観光関連産業における企業間関係や価格政策のあり方が,価格競争や社会的厚生に及ぼす経済的効果を理論的に検討するために,Economides and Salop[1992],Choi[2003]のフレームワークに基づいてゲーム理論による価格競争のモデル分析をおこなう。宿泊施設と飲食施設を両方とも備えた合併企業(旅館)と飲食サービスのみを提供する企業(飲食店)を想定し,泊食分離すなわち混合バンドリング政策あるいは単品販売への合併企業の誘因と,泊食分離が価格競争や経済厚生に及ぼす効果を検討する。泊食分離は経済厚生を高め,消費者および社会的な観点から望ましいものの,企業側にとって泊食分離を採用するインセンティブがないことがある。泊食分離をめぐって消費者および社会的な観点と企業の利害とが相反する場合があり,そのときの条件を明らかにした。 

備考(Remarks) 2005年度パッヘ研究奨励金(I-A-2) 日本観光学会第92回全国大会にて報告 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [NEXT>>]