研究者詳細

学術論文
分割表示 >>   全件表示

47 件中 1 - 47 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2019  小売店舗の国籍が中国人消費者行動に及ぼす効果-立地国・企業国籍・販売員国籍の交互作用-  共著   
南山経営研究  , 南山大学経営学会  , 第34巻第2号  , pp. 155-181  , 2019/10/30   

概要(Abstract) 孫飛楊(南山大学大学院社会科学研究科経営学専攻博士前期課程修了:筆頭)・南川和充 共同研究にあたり本人担当部分抽出:モデルの構築の一部を担当し分担率10% 

備考(Remarks)  

2019  企業Weibo公式アカウントのインタラクティビティがブランドロイヤルティに与える影響  共著   
南山経営研究  , 南山大学経営学会  , 第34巻第1号  , pp. 61-85  , 2019/06/30   

概要(Abstract) Zhang Runting(南山大学大学院社会科学研究科経営学専攻博士前期課程修了:筆頭)・南川和充 共同研究にあたり本人担当部分抽出:モデルの構築の一部を担当し分担率10% 

備考(Remarks)  

2018  互助会の経済合理性-共同利用に関する理論を中心に-  単著   
南山経営研究  , 南山大学経営学会  , 第33巻第2号  , pp.325-340  , 2018/11   

概要(Abstract) 互助会という仕組みがもつ「相互扶助」や「施設の共同利用」の側面に焦点をあてて、その経済合理性を説明する。1990年代から頼母子講に関する理論研究や「情報財の共有」に関する経済学的な分析が進展しているが、それらの分野での理論的枠組に関する既存研究の論文レビューをおこなうことによって、そこで得られた分析結果を応用するかたちで冠婚葬祭互助会がもつ経済的機能を考察する。 

備考(Remarks) <研究ノート>

2016年5月に互助会保証株式会社の委託業務として株式会社冠婚葬祭総合研究所がテーマ「互助会システムの変遷及び将来への提言」に関する調査研究の成果をとりまとめた論文集に掲載された報告書(非公刊)をもとにしている。当該テーマでの調査研究業務の委託(本学石垣智徳教授と著者)を受けて当該報告書を作成した際には同研究所の助成を受けた。同報告書を再構成のうえで本誌に公刊することについては同研究所の承諾を得ている。 

2017  史実にみる冠婚葬祭の変化-超高度経済成長期~バブル期-  共著   
葬送文化(日本葬送文化学会会誌)  , 日本葬送文化学会  , 第19号  , pp. 38-74  , 2018/01/20   

概要(Abstract) 浅井秀明(株式会社出雲殿:筆頭)・南川和充・石垣智徳(南山大学大学院ビジネス研究科教授)共同研究にあたり本人担当部分抽出:構想の一部を担当し分担率10% 

備考(Remarks)  

2016  Reducing seasonality through private and public investment: tourism in Okinawa's off season(査読有り)  共著   
World Review of Entrepreneurship, Management and Sustainable Development  , Inderscience  , Volume 13/Number 1  , pp. 1-9  , 2017   

概要(Abstract) Seasonality is one of the most problematic aspects of tourism. The private and public incentives are studied to reduce seasonality by improving the utility of the low season while also considering joint purchasing. It is found that the optimal investment to reduce seasonality when maximising private profit is lower than or equal to when maximising social welfare. Findings are supported by the off season of Okinawa, Japan. 

備考(Remarks) 大北健一(香川大学大学院地域マネジメント研究科准教授:筆頭)・南川和充  共同研究にあたり本人担当部分抽出:モデルの構築、分析の実施、結果の考察の全般を担当し分担率50%  

2016  Travel agency referral and retailer competition(査読有り)  共著   
World Review of Entrepreneurship, Management and Sustainable Development  , Inderscience  , Volume 12/Number 4  , pp. 457-466  , 2016   

概要(Abstract) Tourists are one of the main market segments for service providers such as parks, museums, restaurants, and retailers. Travel agencies expose tourists in their package tours to service providers for a referral fee. This paper studies the competitive effects of travel agency referral in a setting where differentiated products are sold by two competing service providers. Using a simple spatial competition model, a non-cooperative game is analysed with informed tourists where duopolistic service providers compete on price, focusing on equilibrium prices and the profit of each service provider. This paper shows that referral is beneficial except where the cost of referral is too high. Service providers employ travel agency referral in order to mitigate the intensity of price competition by committing to higher prices. 

備考(Remarks) 大北健一(香川大学大学院地域マネジメント研究科准教授:筆頭)・南川和充  共同研究にあたり本人担当部分抽出:モデルの構築、分析の実施、結果の考察の全般を担当し分担率50% 

2015  Platform Selection by Software Developers: Theory and Evidence(査読有り)  共著   
Journal of the Japanese and International Economies  , Elsevier  , Volume 38  , pp. 282-303  , 2015/12   

概要(Abstract) This paper analyzes platform selection (affiliation) by game developers in the Japanese home video game industry. We develop an elementary model of affiliation by software developers and propose the hypothesis that wider availability of game titles for a platform positively inclines game developers to affiliate with that platform when releasing new game titles. Then, using data for Japan, we estimate a multinomial logit model that includes both the attributes of game developers and the characteristics of platforms, and find evidence supporting this hypothesis. Overall, the findings suggest that game developers expect the indirect network effect to apply, and the prospect of future growth matters to them when deciding with which platform to affiliate. 

備考(Remarks) 丸山雅祥(神戸大学経営学研究科教授:筆頭)・David Flath(立命館大学経済学部教授)・南川和充・大北健一(香川大学大学院地域マネジメント研究科准教授)・善如悠介(大阪経済大学経済学部講師)共同研究につき本人担当抽出不可能 

2015  史実にみる冠婚葬祭の変化-バブル崩壊以降  共著   
葬送文化(日本葬送文化学会会誌)  , 日本葬送文化学会  , 第17号  , pp.62-85  , 2015/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 浅井秀明(株式会社出雲殿:筆頭)・南川和充・石垣智徳(南山大学大学院ビジネス研究科教授)共同研究にあたり本人担当部分抽出:構想の一部を担当し分担率10% 

2015  The Generic Competition Paradox in a Universal Healthcare's Prescription Drug Market(査読有り)  共著   
International Journal of Business and Globalisation  , Inderscience  , Volume 14/Number 4  , pp.438-445  , 2015/05/30   

概要(Abstract) This paper provides a game theoretic model on the likelihood of the generic competition paradox in a universal healthcare's prescription drug market. Using a two-stage model in which patients are prescribed either the brand-name drug, a generic alternative, or no drug, it is found that under certain conditions the price of the brand-name drug increases after the entry of generic alternatives. The generic competition paradox is found to require full market coverage and to be more likely to occur with a larger difference in the perceived quality of the brand-name drug and its generic alternatives, higher marginal costs of production, or lower insurance coverage. 

備考(Remarks) 大北健一(香川大学大学院地域マネジメント研究科准教授:筆頭)・南川和充  共同研究にあたり本人担当部分抽出:モデルの構築、分析の実施、結果の考察の全般を担当し分担率50% 

2013  ホテルへの問い合わせメールに対する返信回答のクオリティ  単著   
神戸学院大学経営学論集  , 神戸学院大学経営学会  , 第10巻第1・2号  , pp. 43-51.  , 2014/03/20   

概要(Abstract) 本研究ではミステリー・ゲスト・アプローチを用いて、ホテルへ送信した問い合わせメールに対する返信メール回答のクオリティについて検討する。空室の有無、宿泊料金、アメニティ、空港からのアクセス、ホテル発のツアー、の5項目について、新婚旅行予定の日本人が問い合わせるという想定で英文メールを作成し、セブ(フィリピン)とコタキナバル(マレーシア)のホテルへ送信して、収集された返信メールのデータを分析する。本研究の目的は、(1)観光地のホテルが潜在顧客とのコミュニケーションに電子メールを使用している程度を評価すること、(2)セブのホテルはコタキナバルのホテルと比較してどの程度有効に英文メールへ回答しているかを確認すること、である。 

備考(Remarks) 平成25年度科学研究費補助金(基盤研究(C))、2012年度および2013年度パッヘ研究奨励金(I-A-2) 

2013  非日常顧客サービス評価「葬祭サービスに関する事例」  共著   
葬送文化(日本葬送文化学会会誌)  , 日本葬送文化学会  , 第15号  , pp.16-25  , 2013/12/20   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 浅井秀明(南山大学大学院ビジネス研究科経営学専攻博士後期課程:筆頭)・南川和充・石垣智徳(南山大学大学院ビジネス研究科教授) 共同研究にあたり本人担当部分抽出:モデルの構築の一部を担当し分担率10% 2013年度パッヘ研究奨励金(I-A-2)(南川の部分)  

2013  Travel Agency Referrals and Competition with Tour Service Providers(査読有り)  共著   
Proceedings of 3rd International Conference on Tourism Management and Tourism Related Issues  , the European Institute for Advanced Studies in Management (EIASM)  , ISSN 2295-3485  , 5pp  , 2013/10   

概要(Abstract) 旅行会社が企画した旅行商品のツアー旅行者を潜在顧客として紹介を受ける(送客)ことの対価としてその旅行会社へ紹介手数料を支払う観光サービス業者(土産物店等)の誘因に関するモデルを構築し、こうした「Travel Agency Referral」の契約が観光サービス業者間の価格競争に与える効果を理論的に検討した。 

備考(Remarks) 南川和充(筆頭)・大北健一(香川大学大学院地域マネジメント研究科准教授) 共同研究にあたり本人担当部分抽出:モデルの構築、分析の実施、結果の考察の全般を担当し分担率50% 平成25年度科学研究費補助金(基盤研究(C))(南川の部分) 2013年度パッヘ研究奨励金(I-A-2)(南川の部分)  

2013  非日常顧客サービス評価-婚礼サービスに関する事例-  共著   
南山経営研究  , 南山大学経営学会  , 第28巻第1号  , pp.3-14  , 2013/06   

概要(Abstract) 日本の婚礼サービスの利用者(婚礼列席者)に対して実施した質問票調査に基づいて、顧客満足に影響を与える要因について共分散構造分析を行なった。従業員サービスなどの「接客因子」と設備・料理を含めた「物品因子」という2つの潜在因子が存在するという仮説は支持され、列席者にとっての顧客満足は接客因子よりも物品因子のほうからより強く影響を受ける、という結果が示された。 

備考(Remarks) 浅井秀明(南山大学大学院ビジネス研究科経営学専攻博士後期課程:筆頭)・南川和充・石垣智徳(南山大学大学院ビジネス研究科教授) 共同研究にあたり本人担当部分抽出:モデルの構築の一部を担当し分担率10% 南山大学経営研究センターワークショップ「観光経済経営研究会」特集。 2013年度パッヘ研究奨励金(I-A-2)(南川の部分)  

2013  In-Hospital Referrals and Competition in the Funeral Services Industry(査読有り)  共著   
Proceedings of International Symposium on Business and Management 2013  , International Symposium on Business and Management 2013  , pp.486-495  , 2013/04   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 浅井秀明(南山大学大学院ビジネス研究科経営学専攻博士後期課程:筆頭)・南川和充 共同研究にあたり本人担当部分抽出:モデルの構築の一部を担当し分担率10% 

2012  ミャンマーにおける通信サービス市場-携帯電話ユーザーの使用拡大と購買拡大を中心に-  共著   
南山経営研究  , 南山大学経営学会  , 第27巻第2号  , pp.143-172  , 2012/10   

概要(Abstract) ミャンマー携帯電話利用者へのアンケート調査データから「技術受容モデル(TAM)」に基づく共分散構造分析を行い、携帯電話使用・購買拡大意識がどのような要因からの経路で高められるかを表すモデルの特定を行った。 

備考(Remarks) Khin Mar Su(南山大学大学院ビジネス研究科経営学専攻博士前期課程修了:筆頭)、南川和充、薫祥哲(南山大学経営学部教授) 共同研究にあたり本人担当部分抽出:モデルの構築、質問票の設計の一部を担当し分担率10% 

2012  非日常的顧客サービス評価に関する研究-葬祭サービスに関する事例-(査読有り)  共著   
地域創造学研究(奈良県立大学研究季報)  , 奈良県立大学研究会  , 第22巻第4号  , pp.93-108  , 2012/09   

概要(Abstract) 非日常的な顧客サービスである葬祭サービスに関する顧客評価の事例研究である。共分散構造分析を用いて、各種サービスにおける重要性を数値化し、応用面における提案を行った。 

備考(Remarks) 浅井秀明(南山大学大学院ビジネス研究科経営学専攻博士後期課程:筆頭)・南川和充・石垣智徳(南山大学ビジネス研究科教授) 共同研究にあたり本人担当部分抽出:モデルの構築の一部を担当し分担率10% 観光経済経営研究会特集号。 

2011  Shopping Commission in Group Package Tourism: A Two-Sided Market Perspective(査読有り)  共著   
Proceedings of the 1st International Conference on Tourism Management and Tourism Related Issues  , the European Institute for Advanced Studies in Management (EIASM)  , ISSN 2223-9014  , 4pp  , 2011/09/15   

概要(Abstract) Tourism industry is a two-sided market where both tour service providers and tourists buy access to the package holidays offered by competing travel agencies. We adopt a two-sided market model to represent the interaction of tour service providers (e.g. souvenir retailers), package tourists and travel agencies (e.g. local tour operators) to study the optimal pricing strategy for the travel agencies. Souvenir retailers value more a tour operator attracting a large mass of tour participants to gain access to tourists. We analyze and compare successive monopoly and integrated monopoly equilibria. In the integrated monopoly pricing model, the monopoly tour operator sells group travel packages to tourists and may charge shopping commission fees to each souvenir store for introducing the tourists while in the long-run model it chooses the optimal amount of shopping time. We show that a profit-maximizing tour operator sets a positive commission fee to retailers and derives profit from making the arrangements for the provision of souvenir. The tour operator can subsidize the other side (tourists) by setting a negative (below-cost) price in their market if and only if tourists become more valuable to retailers. 

備考(Remarks) 南川和充(筆頭)・大北健一(香川大学大学院地域マネジメント研究科准教授) 共同研究にあたり本人担当部分抽出:モデルの構築、分析の実施、結果の考察の全般を担当し分担率50% 平成23年度科学研究費補助金(基盤研究(C))(南川の部分) 2011年度パッヘ研究奨励金(I-A-2)(南川の部分)  

2010  A Note on the Desirability of Merger among Complements(査読有り)  共著   
Journal of Industry, Competition and Trade  , Springer  , Volume 11/Number 1  , pp.57-65  , 2011/03   

概要(Abstract) This paper examines the effects of the merger of firms producing complementary components on the quality choice. We extend the model of Economides 1999 to considerably general situations about the quality function, utility function, and distribution function of consumers, and establish the results that a complementary merger provides products of higher quality, and achieves higher market coverage, higher profits and higher consumer surplus than independent ownership. 

備考(Remarks) 丸山雅祥(神戸大学大学院経営学研究科教授:筆頭)・南川和充・善如悠介(神戸大学大学院経営学研究科博士課程) 共同研究にあたり本人担当部分抽出:分析の実施の全般、結果の考察の一部を担当し分担率40%,  平成19,20,21年度科学研究費補助金(基盤研究(C))(南川および丸山の部分) 

2010  Price-Quality Competition and Incentive for Unbundling of Hotel Accommodation and Meal Packages in the Tourism Industry(査読有り)  共著   
Conference Proceedings, 4th Biennial Conference of the Academy of World Business, Marketing and Management Development 2010  , The Academy of World Business, Marketing and Management Development  , Vol. 4/No.1  , pp.28-33  , 2010/07   

概要(Abstract) This paper presents a game theoretic model where lodging companies offering hotel accommodation and meals can choose one of the three bundling forms: mixed bundling (i.e., accommodation and meals are sold separately and as a package), pure bundling (i.e., components sold only as a package) or unbundling (i.e., a la carte pricing). In the first stage of a two-stage game, companies choose among three bundling strategies. In the second stage, they simultaneously select a level of product (service) quality and charges for accommodation and meals. We show that unbundling is a dominated strategy for both companies except for composites of components that are highly differentiated, so that either pure or mixed bundling is played in equilibrium. In fact, it seems likely that the strategic equilibrium outcomes of our model coincide with the reality of the travel and tourism industry. However, at the bundling-bundling equilibrium both companies are worse off than when they both commit to practice unbundling. We also show that unbundling increases profits of the companies, total surplus and consumer surplus. So, our results of the analytical model may have important implications for government policies trying to encourage unbundling in Japanese lodging markets. 

備考(Remarks) 南川和充(筆頭)・大北健一(香川大学大学院地域マネジメント研究科准教授)・赤壁弘康(南山大学経営学部教授) 共同研究にあたり本人担当部分抽出:モデルの構築、分析の実施、結果の考察の全般を担当し分担率33% 平成22年度科学研究費補助金(基盤研究(C))(南川の部分) 

2009  The Determinants of Platform Selection in the Japanese Home Video Game Software Industry: An Empirical approach(査読有り)  共著   
The Proceedings of Academy of International Business, US-Midwest Region Chapter 2010 Meeting  , the Midwest Business Administration Association (MBAA) International  , 9pp  , 2010/03   

概要(Abstract) This paper explores the determinants of hardware console selection in the Japanese home video game software industry. Recently, we find literature that deals with hardware-software relationships. However, there has been little empirical analysis of the factors determining the developers’ decisions to launch new game titles for specific platforms. This paper examines the problem by using the mixed logit model, allowing for random taste variation across software developers in their sensitivities to the characteristics of platform providers. We find that the developers are more likely to release a title for a platform having a dominant position. 

備考(Remarks) 南川和充(筆頭)・大北健一(山口大学大学院技術経営研究科准教授) 共同研究にあたり本人担当部分抽出:モデルの構築、分析の実施の全般を担当し分担率50% 平成21年度科学研究費補助金(基盤研究(C))(南川の部分),(若手研究(B))(大北の部分) 

2009  Incentives of International and Local Hotel Chains to Invest in Congestion- Reducing Activities within a Tourist Destination Region(査読有り)  共著   
The Proceedings of the Australian & New Zealand Marketing Academy Conference 2009  , Promaco Conventions PTY LTD  , 7pp  , 2009/12   

概要(Abstract) The environmental quality of destination has become a tool that hotels in the area have to hold the tourism demand. However, the level of the quality of a region may decrease by increased congestion of tourists visiting the region. This paper studies the ways in which hotel chains' incentives to invest in congestion-reducing activities are influenced by whether they belong to a local chain or an international chain. We analyse the interaction between two congestible regions with four hotels that provide accommodation services and make sequential decisions on congestion-reducing activities and room prices, and compare the results between local and international chain outcomes. It is shown that this incentive is found to be greater for local than for international chains. 

備考(Remarks) 南川和充(筆頭)・大北健一(山口大学大学院技術経営研究科准教授) 共同研究にあたり本人担当部分抽出:モデルの構築、分析の実施、結果の考察の全般を担当し分担率50% 平成21年度科学研究費補助金(基盤研究(C))(南川の部分) 2009年度パッヘ研究奨励金(I-A-2)(南川の部分) 

2009  An Economic Analysis of the Generic Competition Paradox in the Pharmaceutical Market: The Role of Physician's Prescription Decision(査読有り)  共著   
The Proceedings of International Conference on Innovation and Management 2009  , International Conference on Innovation and Management  , 5pp  , 2009/12   

概要(Abstract) The objective of this paper is to provide a game theoretic model explaining the generic competition paradox that demonstrates an increase of brand-name drug price in response to generic entry. In the context of a two-stage model with the physician determining whether patients receive either brand-name, or generic drugs, or none, the paper shows that there exist conditions under which the price of brand-name drugs increases following the entry of generic drugs. The generic competition paradox is shown to be more likely to occur when the entire market is served, the marginal cost of production is high, the number of firms of generics is low, the difference in perceived qualities between brand-name and generic drugs is large, the amount of insurance coverage is high, and the reduction in co-payment a patient is entitled to if he/she buys generic drugs as opposed to brand-name drugs is low. 

備考(Remarks) 山田研一郎(南山大学大学院ビジネス研究科経営学専攻:筆頭)・大北健一(山口大学大学院技術経営研究科准教授)・南川和充 共同研究にあたり本人担当部分抽出:モデルの構築の一部を担当し分担率30% 平成21年度科学研究費補助金(基盤研究(C))(南川の部分) 

2009  Conjoint Analysis for Portable Audio Player in Japan(査読有り)  共著   
The Proceedings of International Conference on Innovation and Management 2009  , International Conference on Innovation and Management  , 4pp  , 2009/12   

概要(Abstract) This paper attempts to discover what type of portable audio player consumers generally preferred via a conjoint analysis. In addition, we investigate customers’willingness to pay (WTP) using a conditional logit model. The study helps with the decision-making procedure for designing portable audio player adaptable to new technology development. 

備考(Remarks) 平松義規(南山大学大学院ビジネス研究科経営学専攻:筆頭)・南川和充 共同研究にあたり本人担当部分抽出:分析の実施の一部を担当し分担率20% 平成21年度科学研究費補助金(基盤研究(C))(南川の部分) 

2009  Price-Quality Competition and Incentive for Unbundling of Hotel Accommodation and Meal Packages in the Tourism Industry(査読有り)  共著   
The Proceedings of International Conference on Tourism Development and Management 2009  , International Conference on Tourism Development and Management  , 4pp  , 2009/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 南川和充(筆頭)・大北健一(山口大学大学院技術経営研究科准教授) 共同研究にあたり本人担当部分抽出:モデルの構築、分析の実施、結果の考察の全般を担当し分担率50% 平成21年度科学研究費補助金(基盤研究(C))(南川の部分) 

2008  原産国イメージがブランド・エクイティに与える効果:ベトナム消費者のケース  共著   
南山経営研究  , 南山大学経営学会  , 第23巻3号  , pp.343-360  , 2009/03   

概要(Abstract) 本稿の目的は,ベトナムにおける消費者の原産国イメージが,その国を原産とするブランドに関するブランド・エクイティの形成に与える効果を実証的に検討することである。本稿ではハイフォン市において行なった質問票調査に基づき,Yasin, Noor and Mohamad[2007]に依拠した因子分析,パス解析,および共分散構造分析(構造方程式モデリング)による分析方法を用いて,そうした既存研究で提示された概念モデルをベトナム消費者において追試を実施する。具体的には,ブランドに関する消費者ベースのエクイティは,そのブランドのブランド・エクイティ構成要素を介在して,原産国イメージと直接的および間接的に有意な関係をもっている,という仮説を検証する。 

備考(Remarks) Nguyen Thi Xuan(南山大学大学院ビジネス研究科経営学専攻:筆頭)・南川和充 共同研究にあたり本人担当部分抽出:第4節の分析の実施を担当し分担率30% 2008年度パッヘ研究奨励金(I-A-2)(南川の部分) 

2008  Vertical Integration, Bundled Discounts and Welfare(査読有り)  共著   
Information Economics and Policy  , Elsevier  , Volume 21/Issue 1  , pp.62-71  , 2009/02   

概要(Abstract) This paper studies firms’ incentives for vertical integration and bundled discounts of complementary components. We assume that firms first choose ownership structures and pricing schemes, and then compete on price. We find that vertical integration and mixed bundling is a dominant strategy for all firms, while, except for systems of components that are highly differentiated, total surplus is maximized under independent ownership with bundled discounts. Thus, our model suggests that vertical separation is beneficial for both firms and consumers in such a situation of competitive bundling. Our results have important policy implications for broadband markets. 

備考(Remarks) 丸山雅祥(神戸大学大学院経営学研究科教授:筆頭)・南川和充 共同研究にあたり本人担当部分抽出:分析の実施の全般、結果の考察の一部を担当し分担率50% 平成18,19,20年度科学研究費補助金(基盤研究(C))(南川および丸山の部分) 

2008  Network Structure of Video Game Software in Japan: Some Empirical Results(査読有り)  共著   
The Proceedings of the Australia & New Zealand Marketing Academy Conference 2008  , Promaco Conventions PTY LTD, Sidney  , 6pp  , 2008/12   

概要(Abstract) This paper explores the network structure of software development in the home video game industry. A number of researchers have based studies on models of hardware-software relationships. However, there has been little empirical analysis of the factors determining the developers' decisions to launch new game titles for specific platforms. This paper examines the problem by using the mixed logit model, allowing for random taste variation across software developers in their sensitivities to the characteristics of platform providers. We found that the developers were more likely to release a title for a platform which had a dominant position. Our empirical result indicates the presence of network effects stated in two-sided market literature. 

備考(Remarks) 丸山雅祥(神戸大学大学院経営学研究科教授:筆頭)・南川和充・大北健一(京都学園大学経営学部准教授) 共同研究にあたり本人担当部分抽出:モデルの構築、分析の実施の全般を担当し分担率30% 平成20年度科学研究費補助金(基盤研究(C))(南川および丸山の部分) 

2007  新規出店ホテルの規模と市場の特性  共著   
南山経営研究  , 南山大学経営学会  , 第22巻3号  , pp.419-436  , 2008/03   

概要(Abstract) 近年のホテルの出店ラッシュの動向を把握するために、新規開設ホテルはどのように規模を選択するかという問題を検討している。市場の特性及びホテルの特徴に焦点を当てて,ホテルの規模の大きさを規定する要因を実証的に明らかにした。 

備考(Remarks) 松浦万智子(南山大学大学院ビジネス研究科経営学専攻:筆頭)・南川和充 共同研究にあたり本人担当部分抽出:第4節の分析結果の検討を担当分担率30% 2007年度パッヘ研究奨励金(I-A-2)(南川の部分) 

2006  泊食分離の経済分析(査読有り)  共著   
日本観光学会誌  , 日本観光学会  , 第47号  , pp.43-56  , 2006/06   

概要(Abstract) 本論文では,宿泊サービスと飲食サービスという補完的な製品の販売に関する価格政策に注目し,泊食分離をめぐる観光企業間の競争構造を理論的に考察する。代替的な宿泊サービスと飲食サービスを提供する2つの観光企業が存在するもとで,宿泊と飲食に関する販売形態の選択,宿泊ならびに飲食の価格の選択を多段階ゲームによって分析するとき,販売形態としてパッケージ価格政策が選ばれ,泊食分離の状況は均衡としては導出されないことを示す。この分析結果をもとに,これまでパッケージ価格政策が観光業界の基本構造となっている点について理論的な説明を提示するとともに,最近の観光業界において泊食分離や交泊分離を推し進める必要性が指摘されていることに対する政策的インプリケーションを示す。 

備考(Remarks) 南川和充,赤壁弘康(南山大学経営学部教授) 分担率50%, 共同研究につき本人担当抽出不可能 2005年度パッヘ研究奨励金(I-A-2) 

2005  観光業における泊食分離の誘因と価格競争  単著   
南山経営研究  , 南山大学経営学会  , 第20巻2・3号  , pp.161-186  , 2006/03   

概要(Abstract) 補完製品市場としての観光関連産業における企業間関係や価格政策のあり方が,価格競争や社会的厚生に及ぼす経済的効果を理論的に検討するために,Economides and Salop[1992],Choi[2003]のフレームワークに基づいてゲーム理論による価格競争のモデル分析をおこなう。宿泊施設と飲食施設を両方とも備えた合併企業(旅館)と飲食サービスのみを提供する企業(飲食店)を想定し,泊食分離すなわち混合バンドリング政策あるいは単品販売への合併企業の誘因と,泊食分離が価格競争や経済厚生に及ぼす効果を検討する。泊食分離は経済厚生を高め,消費者および社会的な観点から望ましいものの,企業側にとって泊食分離を採用するインセンティブがないことがある。泊食分離をめぐって消費者および社会的な観点と企業の利害とが相反する場合があり,そのときの条件を明らかにした。 

備考(Remarks) 2005年度パッヘ研究奨励金(I-A-2) 日本観光学会第92回全国大会にて報告 

2005  補完製品の取引構造と競争−価格および品質への影響−  共著   
国民経済雑誌  , 神戸大学経済経営学会  , 第193巻3号  , pp.11-26  , 2006/03   

概要(Abstract) 本論文では,補完製品に関する様々な取引構造のもとでの価格と品質をめぐる企業間競争を分析する。2種類の補完製品について,それぞれ2種類の代替財が存在する状況を仮定したもとで,代替財を生産する潜在的に4つの企業による取引構造(補完合併または独立)の選択,補完製品の品質の決定,および価格の決定を3段階のゲームによって分析する。そのとき,均衡では,補完製品を生産する企業にとって,補完合併ではなく独立(アンバンドリング)を選択するインセンティブが存在するが,アンバンドリングは,消費者のみならず生産者全体にとっても経済厚生の面から好ましいものではなく,合併規制の必要性が明らかにされる。 

備考(Remarks) 丸山雅祥(神戸大学経営学研究科教授),南川和充 分担率50%, 共同研究につき本人担当抽出不可能 2005年度パッヘ研究奨励金(I-A-2) 

2005  Vertical Integration, Bundling and Welfare  共著   
The Proceedings of 32nd EARIE Annual Conference  , the European Association for Research in Industrial Economics  , 19pp  , 2005/09   

概要(Abstract) We provide a framework to analyze the effect of vertical integration and mixed bundling in the vertically related markets. We consider a two-stage game. In the first stage, firms choose market structures and pricing schemes. In the second stage, the firms choose prices. We then compare prices, demands, consumer surplus, and social welfare under alternative market structures. If the firms do not use mixed bundling, the component prices of integrated firms become lower than those of independent firms. When mixed bundling is possible, integrated firms set higher prices for individual components and lower prices for bundled goods. Although these have opposite effects on consumer welfare, mixed bundling always reduces consumer surplus. We also show that mixed bundling is a dominant strategy for all firms. Whereas, except for the composite goods that are very close substitutes, the firms are better off when they commit not to use mixed bundling. 

備考(Remarks) Masayoshi Maruyama(神戸大学経営学研究科教授:conference参加報告者) and Kazumitsu Minamikawa  分担率50%, 共同研究につき本人担当抽出不可能(CD version のためページ番号無し) 

2004  補完製品市場における価格競争と企業間関係−着うたビジネスの事例−  単著   
南山経営研究  , 南山大学経営学会  , 第19巻第2号  , pp.245-261  , 2004/10   

概要(Abstract) 互いに補完的な製品を供給する複占企業間の市場構造として,補完独立,補完合併,水平合併といった状況を想定し,様々な市場構造における価格競争を多段階ゲームの定式化により検討した。単品価格設定およびバンドリング価格設定を考慮した既存研究を展望するとともに,市場構造の類型をより一般化してモデル分析を行った。各々の市場均衡の比較により,合併が企業利潤,製品価格,消費者余剰に与える効果を理論的に明らかにするとともに,最近の着うたビジネスをめぐる事例に関してインプリケーションを示した。 

備考(Remarks)  

2003  補完合併の経済性と品質選択  共著   
南山経営研究  , 南山大学経営学会  , 第18巻1・2号  , pp.79-93  , 2003/10   

概要(Abstract) 互いに補完的な製品を供給する企業間の市場構造として,補完独立と垂直分離の状況を想定し,その企業合併が社会的便益に及ぼす効果を多段階ゲームの定式化により検討した。補完独立の状況での補完製品の品質設定および価格設定とを議論している既存研究を,垂直分離のケースにも拡張するとともに,品質水準の決定に関する想定をより一般化してモデル分析を行った。分離と合併との市場均衡の比較により,合併が企業利潤,製品価格,品質水準,消費者余剰に与える効果を理論的に明らかにした。 

備考(Remarks) 丸山雅祥(神戸大学経営学研究科教授),南川和充 分担率50%, 共同研究につき本人担当抽出不可能 2003年度パッヘ研究奨励金(I-A-2) 

2002  補完製品市場の垂直統合と分離 −垂直的製品差別化のケース−  共著   
南山経営研究  , 南山大学経営学会  , 第17巻3号  , pp.217-233  , 2003/03   

概要(Abstract) ソフトウエアとハードウエアといった,互いに補完的な製品の組み合わせであるシステム製品をめぐる企業間競争に焦点を当てて,企業間で統合を行うか分離するかという選択の問題についてゲーム理論的なモデル分析を行った。既存研究では行われていない,製品間の垂直的製品差別化の状況を想定し,戦略的な分離への誘因を検討した。製品間の製品差別化の程度,およびソフトウエア開発のための固定費用に依存して,どのように統合・分離の均衡が生成するか,その条件を明らかにした。 

備考(Remarks) 南川和充,大北健一(神戸大学大学院経営学研究科市場科学専攻博士後期課程) 分担率50%, 共同研究につき本人担当抽出不可能。2002年度南山大学経営学会特別研究奨励費「補完製品市場の競争分析」 

2001  製品差別化を伴う補完財市場における垂直的構造と互換性  単著   
広島県立大学論集  , 広島県立大学  , 第5巻1号  , pp.39-56  , 2001/08   

概要(Abstract) 互いに補完的な製品を組み合わせて消費するシステム製品をめぐる企業間競争に焦点を当てて,企業間で統合を行うか否か,製品間の規格を互換にするか否かという選択の問題についてゲーム理論的なモデル分析を行った。既存研究を整理するとともに,システム製品市場における企業間の価格競争を緩和するための戦略的分離への誘因を検討した。また,製品間の製品差別化の程度,および互換のための費用に依存して,どのように互換・非互換の均衡が生成するか,その条件を理論的に明らかにした。 

備考(Remarks)  

2001  地域類型からみた中山間地域における企業特性の研究  共著   
広島県立大学論集  , 広島県立大学  , 第4巻2号  , pp.47-64  , 2001/02   

概要(Abstract) 広島県中山間地域で行われた2年間のアンケート調査を取りまとめ,県北部,中央部,沿岸・都市部,島嶼部の4地域ごとに,中山間地域の産業企業がおかれている現状,抱える問題,それへの対応策を分析している.地域別および業種別に,事業所の地域的特徴,現在の経営状況,直面している経営上の問題点,地域の商業環境および経営環境に対する意識,経営活性化のための今後の経営方針,雇用促進のための環境整備や対策について実態を明らかにした.こうした調査結果の分析から,経営活性化の課題と活性化のために求められる方策を示した. 

備考(Remarks) 南川和充,片桐昭司(広島県立大学経営学部助教授),加藤博和(広島県立大学経営情報学研究科博士課程),野原建一(広島県立大学経営学部教授),津島隆夫(広島県立大学経営学部教授) 分担率20%(担当部分:第5節「産業企業をとりまく経営環境」の執筆および全節のデータ集計と図表の作成) 

2000  広島県中山間地域における事業所の特性に関する研究  共著   
広島県立大学論集  , 広島県立大学  , 第4巻1号  , pp.91-128  , 2000/08   

概要(Abstract) 広島県備北地域で行われた前年度の調査に引き続き,中央部沿岸部,島嶼部地域についてアンケート調査を行い,中山間地域の産業企業がおかれている現状,抱える問題,それへの対応策を分析している.地域別および業種別に,事業所の地域的特徴,現在の経営状況,直面している経営上の問題点,地域の商業環境および経営環境に対する意識,経営活性化のための今後の経営方針,雇用促進のための環境整備や対策について実態を明らかにした.こうした調査結果の分析から,経営活性化の課題と活性化のために求められる方策を示すとともに,今後の研究方向を明らかにした. 

備考(Remarks) 南川和充,片桐昭司(広島県立大学経営学部助教授),野原建一(広島県立大学経営学部教授),津島隆夫(広島県立大学経営学部教授) 分担率25%(担当部分:第5節「産業企業をとりまく経営環境」の執筆および全節のデータ集計と図表の作成) 

2000  流通チャネルの選択と製品競争(査読有り)  共著   
流通研究  , 日本商業学会  , 第3巻1号  , pp.1-21  , 2000/03   

概要(Abstract) 流通チャネル選択,製品品質,価格に関する多段階ゲームのモデルをもとに高品質(NB)メーカーと低品質(PB)メーカーとのチャネル間競争を検討した.これまで自明のように受け取られてきた,NBメーカーは開放的チャネルを採用し,PBメーカーは選択的チャネルを採用するというチャネル構造が,品質に対する消費者の評価が相対的に高い場合の均衡として導かれることを明らかにした.また,NBメーカーの利潤の方が高くなること,小売マージン率についてはPB製品の方が高いことといった実態に符合する結論や,PB導入による経済厚生への影響を,モデル分析を通じて明らかにしている. 

備考(Remarks) 丸山雅祥(神戸大学経営学研究科教授),南川和充 担当率50%, 共同研究につき本人担当抽出不可能 

2000  流通チャネルの選択と品揃え競争−小売空間競争における垂直統合と分離−  単著   
広島県立大学論集  , 広島県立大学  , 第3巻2号  , pp.11-27  , 2000/02   

概要(Abstract) 従来,小売空間競争と流通チャネルの選択に関する研究は独立に進められてきたが,本論文では2つの研究の統合を試みている.小売業者間の空間競争の状況において,品揃えを通じた小売競争を,価格,チャネル構造という多角的な側面からとらえたときに,そうした競争が,メーカーや小売業者の利潤ならびに出荷価格や小売価格にどのように影響を与えるかを分析している.多段階ゲームの均衡分析により,流通チャネルの開放をともなう垂直分離による出荷価格の引き上げ効果と,製品の品揃え数の選択を通じた小売段階の価格競争の回避という,企業間の戦略的相互作用を検討している. 

備考(Remarks)  

1999  中山間地域における産業企業活性化に関する研究  共著   
広島県立大学論集  , 広島県立大学  , 第3巻1号  , pp.125-161  , 1999/08   

概要(Abstract) 広島県中山間地域の産業企業がおかれている現状,抱える問題,それへの対応策について,事業所に対して行ったアンケート調査による集計結果の分析に基づいて検討している.具体的には,事業所の地域的特徴,現在の経営状況,直面している経営上の問題点,地域の商業環境および経営環境に対する意識,経営活性化のための今後の経営方針,雇用促進のための環境整備や対策について,主として業種別にその実態を明らかにした.こうした調査結果の分析から,経営活性化の課題と活性化のために求められる方策を示すとともに,今後の研究方向を明らかにした. 

備考(Remarks) 南川和充,野原建一(広島県立大学経営学部教授),津島隆夫(広島県立大学経営学部教授) 分担率40%(担当部分:第5節「産業企業をとりまく経営環境」の執筆および全節のデータ集計と図表の作成) 

1999  流通チャネルの垂直統合と分離−製品選択を含むケースへの拡張−  共著   
国民経済雑誌  , 神戸大学経済経営学会  , 第180巻2号  , pp.31-45  , 1999/08   

概要(Abstract) 従来,流通チャネルと製品差別化競争に関する研究は独立に進められてきたが,本論文では2つの研究の統合を試みている.本論文では複数チャネルの競争状況を想定し,チャネルの統合と分離のモデルを製品の品質選択を含むケースへと拡張した上で,チャネル構造,品質,出荷価格,小売マージンの決定を分析している.多段階ゲームの均衡分析により,垂直分離による出荷価格の引き上げ効果と,製品の垂直的な差別化を通じた価格競争の回避という,企業間の戦略的な相互作用を検討するとともに,経済厚生に対する効果を明らかにした. 

備考(Remarks) 丸山雅祥(神戸大学経営学研究科教授),南川和充 分担率50%, 共同研究につき本人担当抽出不可能 

1999  流通チャネルと小売立地選択  単著   
広島県立大学論集  , 広島県立大学  , 第2巻2号  , pp.69-82  , 1999/02   

概要(Abstract) メーカーと流通業者による流通チャネル内部における,価格設定および流通業者の立地選択に関する意思決定の調整問題を検討している.多段階ゲームにおける均衡分析から,メーカーによるプライスリーダーシップや流通業者との共同利潤最大化といった意思決定様式が,流通業者の立地政策に及ぼす影響を分析している.価格決定のみを考慮した従来の研究とは異なり,流通チャネル内部において価格に関する意思決定の調整を図ることは,流通業者の立地変化にともなう消費者の買物移動コストの変化を考慮した場合,メーカーと流通業者にとってのみならず消費者にとっても望ましいケースが存在することを明らかにした. 

備考(Remarks)  

1997  小売市場の空間競争に関する理論的・実証的研究(博士論文)  単著   
神戸大学  , 93 pp  , 1997/01   

概要(Abstract) 小売市場における店舗の空間競争に焦点を当て,大型小売店舗の立地選択と空間競争の問題を,小売業態およびメーカーによる流通チャネル政策との関連において理論的・実証的に検討している.まず,空間競争モデルにおけるこれまでの議論を概観したのち,ライバル関係にある同業態の小売企業の店舗展開過程において,空間的な参入阻止的効果が立地戦略に影響を及ぼしていることをデータを用いて検証した.また,多次元の空間競争モデルに関する最近の研究成果を展望した後,異業態店舗間の空間競争に関する多段階ゲームの理論モデルを設定するとともに,出店計画データを用いて異業態店舗の集積立地という傾向を識別した. 

備考(Remarks) 未公刊(A4判,40字30行,93枚) 

1995  流通チャネルと小売空間競争  単著   
六甲台論集-経営学編-  , 神戸大学大学院経営研究会  , 第42巻2号  , pp.21-45  , 1995/12   

概要(Abstract) メーカーによる流通チャネル構造の選択問題を,消費者の空間的な買物行動および小売段階で展開されている小売業者間の空間競争との関連のなかで明らかにした.自社製品を取り扱う流通業者をメーカーが特定化する選択的チャネルか,または自社製品の販路に制約を加えない開放的チャネル政策かという2つのチャネル・パターン間の選択問題を分析対象として,多段階ゲームの枠組から検討した.結論として,消費者の空間的な移動コストが低く,そのため小売段階が競争的な場合,メーカー間での価格競争を緩和させるために各々選択的チャネル政策が支配略均衡となることを明らかにした. 

備考(Remarks)  

1994  小売空間競争と小売ミックス−小売引力法則の導出の試み−  単著   
六甲台論集  , 神戸大学大学院研究会  , 第41巻3号  , pp.131-145  , 1994/10   

概要(Abstract) 小売商圏論におけるReillyの小売引力法則(2都市への距離と魅力から各々への出向比率を求める)に対して,経済学におけるHotellingタイプの空間競争モデル(複占企業間の価格競争)によってミクロ的に理論的基礎づけを行っている.小売ミックス(店舗立地による地理的な差別化だけでなく,製品や店舗自体の特性)に対する消費者選好の異質性を導入することによってはじめて,空間競争モデルの枠組みから引力法則の公式が導出されることを明らかにしている.また,引力法則の距離抵抗パラメータの経済的意味について検討するとともに,需要関数から導かれる商圏構造について数値計算を行った. 

備考(Remarks)  

1993  小売引力モデルのミクロ的基礎:多目的買物行動の観点から(修士論文)  単著   
神戸大学  , 132 pp  , 1993/12   

概要(Abstract) マーケティング論における消費者の空間的購買行動の議論と経済学における空間競争の議論とを架橋することを目的としている.マーケティング論における小売引力モデル(買物施設への距離と売場面積から消費者の目的地選択確率を規定するモデル)を取り上げ,消費者の経済合理性の観点と店舗間の空間的競争の観点から,そのミクロ的な理論的基礎を与えた.また,消費者の目的地選択行動における多目的買物行動や店舗の空間的配置の重要性を指摘し,この観点から小売引力モデルの問題点を検討した上で,今後の研究課題を明らかにした. 

備考(Remarks) 未公刊(B5判,30字20行,132枚) 

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]