研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
小林 佳世子 ( コバヤシ カヨコ , KOBAYASHI Kayoko )
所属
Organization
経済学部経済学科
職名
Academic Title
准教授
専攻分野
Area of specialization

情報の経済学、法と経済学、応用ゲーム理論、応用ミクロ経済学

学会活動
Academic societies

日本経済学会 会員 (2002年4月より現在に至る)
法と経済学会発起人・会員(2003年4月より現在に至る)
応用経済学会 会員(2006年より現在に至る)

社会活動
Community services

「経済学等から消費者政策へのインプリケーション」に関する調査研究会委員(2006年12月より2008年6月)

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (10)
著書数 books (1)
学術論文数 articles (8)

出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
東京大学大学院 未設定  2001年09月  単位取得満期退学 
詳細表示
取得学位
   
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
修士 経済学    東京大学大学院経済学研究科理論経済学専攻修士課程  1995年03月 
学士 文学士    東京女子大学文理学部社会学科  1993年03月 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  協調行動とインセンティブ 

概要(Abstract) 人の協調行動がなぜ起こるのか、また人を動かす力とはどのようなものかについて研究を行いたい 

長期研究  法と経済学 

概要(Abstract) インセンティブに動かされる経済主体という観点から、適切なインセンティブ設計の問題を考える。 

短期研究  人間の意志決定と合理性 

概要(Abstract) 人間の意思決定が、どのような状況でどのように「合理的」でなくなるのかについて。 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2002  大人になるための経済学入門  共著   
NHK出版  , 未設定  , 2002/04   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2018  超合理性から適応合理性へー最後通牒ゲームを例としてー  単著   
南山経済研究  , 南山大学経済学会  , 第33巻第1号  , pp1-35  , 2018/6/30   

概要(Abstract) 経済学が前提とすべき人間像は、伝統的なホモエコノミクスではなく、生き残り子孫を残すという観点からの合理性をもった存在であることを、典型的なゲームである最後通牒ゲームを例として議論した。また、その際の合理性を、「適応合理性」とよぶことを提案した。 

備考(Remarks)  

2014  公開買付とアンカリング  共著   
南山経済研究  , 南山大学経済学会  , 第29巻第3号  , pp.199-213  , 2015/3   

概要(Abstract) 公会計つけの文脈におけるアンカリング効果を示すとともに、そのアンカリング効果が、金銭のプライミングに影響を受けるかどうかを検証した。 

備考(Remarks)  

2013  Settlement vs. Trial Under Litigation Fee Rule; A Game Theoretic Approach  単著   
Working Paper Series  , Society of Economics Nanzan University  , No.52  , pp1-28  , 2014/3   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  内生的情報開示モデルと開示政策の意義について  単著   
家計経済研究  , 家計経済研究所  , winter/77  , 31-38  , 2008   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2006  内生的情報開示モデルについて  共著   
南山経済研究  , 南山経済学会  , 21/3  , 407-427  , 2007/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2004  Endogenous Statistical Discrimination in a Labor Market  単著   
The Nanzan Journal of Economic Studies  , Tje Society of Economics Nanzan University  , 19  , 401-412  , 2005/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2004  Statistical Discrimination and Segregation in a Labor Market  単著   
経済と社会  , 東京女子大学社会学会  , 33  , 23-38  , 2005/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2003  情報開示制度の社会的意義  単著   
学術講演会研究発表梗概集  , 法と経済学会  , 第1号  , 446-463  , 2003年11月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2002  情報開示制度の効果  単著   
2003年度 第一回学術講演会研究発表梗概集  , 法と経済学会  , 1  , 445-463  , 2003/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2002  A Note on Bargaining Power and Settlement under Alternative Litigation Fee Rules  単著   
Nanzan Journal of Economic Studies  , Nanzan University  , 17  , 327-341  , 2003/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2007  情報開示フローチャートについて  調査報告  未設定 
内閣府  , 2007/7   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 委員としての発表 

2005  内生的情報開示問題について  研究発表  単著 
経済学等から消費者政策へのインプリケーションについての研究会  , 内閣府/家計経済研究所  , 2006/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2003  情報開示制度の効果  学会  単著 
法と経済学会  , 2003/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2003  情報開示制度の経済学的分析  研究会  単著 
法と経済学研究会  , 2003/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2003  Settlement vs. Trial: Under Alternative Litigation Fee Rules  ワークショップ  単著 
契約理論研究会  , 京都大学  , 2003/04   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2014  アンカリングと法と経済  共同  2014/3./3 
法と経済分析ワークショップ   

概要(Abstract) 近年話題になっている行動経済学の観点から、法と経済学に応用できる話題を探る。今回は、アンカリングが、買収の文脈にも起こっているのかどうかを検討する。 

備考(Remarks)  

2002  Financial Contracting  未設定  2002/11 
法と経済学研究会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2002  Settlement vs. Trial Under Alternative Litigation Fee Rules; A Game Theoretic Approach  その他  2002/09 
Shadow Workshop  , Universiry of Pennsylvania   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2002  Settlement vs. Trial Under Alternative Litigation Fee Rules  その他  2002/05 
日本経済学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2000  非対称情報下の裁判費用の分配と和解  その他  2000/11 
ワークショップ  , 福岡大学経済学部   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1994  株式会社の法と経済学  未設定  1994/07 
東京経済研究センターコンファレンス  , 東京経済研究センター   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 討論者 

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2018  学部共通研究費(特別配分)  経済学における合理性について 
代表     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2018  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  経済学における合理性とは 
代表    10万円 

研究内容(Research Content) 経済学が前提とすべき合理性は、伝統的な経済学が前提とするホモエコノミクスではなく、生き残り子孫を残すという意味での合理性であることを議論したい。また、その際の合理性は、従来の限定合理性や超合理性を含むより広い合理性であり、それを「適応合理性」とよぶことを議論したい。 

備考(Remarks)  

2017  学部共通研究費(特別配分)  経済学における合理性とは 
代表    15万円 

研究内容(Research Content) 経済学が前提とすべき合理性は、伝統的な経済学が前提とするホモエコノミクスではなく、生き残り子孫を残すという意味での合理性であることを議論したい。また、その際の合理性は、従来の限定合理性や超合理性を含むより広い合理性であり、それを「適応合理性」とよぶことを議論したい。 

備考(Remarks)  

2016  学部共通研究費(特別配分)   経済学における合理性とは 
代表    15万円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2007  科学研究費補助金  企業リストラクチャリングの代替的手法 
  日本学術振興会   

研究内容(Research Content) 研究補助金 

備考(Remarks)  

2006  科学研究費補助金  企業リストラクチャリングの代替的手法 
  日本学術振興会   

研究内容(Research Content) 研究補助金 

備考(Remarks)  

2006  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  内生的情報開示問題 
     

研究内容(Research Content) 研究補助金 

備考(Remarks)  

2005  科学技術研究費基盤研究(B)(1)  倒産法の経済学的分析 
  日本学術振興会   

研究内容(Research Content) 研究助成 

備考(Remarks)  

2004  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  情報開示制度の効果 
     

研究内容(Research Content) 研究助成 

備考(Remarks)  

2004  科学技術研究費基盤研究(B)(1)  倒産法の経済学的分析 
  日本学術振興会   

研究内容(Research Content) 研究助成 

備考(Remarks)  

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2013  多読用資料作成 

学生が、現在図書館にある資料で多読が始められるよう、利用可能な資料について、タイトル・内容紹介・レベル(YL)・評価・配下場所・請求番号についての資料一覧を作り、学生に配布した。
合わせて、多読に関する国内の資料を集め、それらをまとめた、多読に関する説明用資料を作成した。 

 
2006  カリキュラム見直しWG 

経済学部におけるカリキュラム見直しプロジェクトチーム(2003年4月-7月)の一員として、学生の多様化に対応する経済学科カリキュラムの改善する作業に参画した。 

 
2018  学生による実験 

 経済演習において、学生が自ら考え、準備し、実施し、結果を振り返り、まとめるという、すべての仮定を、学生が自らおこなう「実験」を経済演習に取り入れている。
 毎回のゼミで、学生が実験を準備し、実施し、なぜそのような結果になったのかを振り返り考える作業は、学生にとっておm、「学ぶ楽しさ」を実感できる場となっている。 

20180401~20190131 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2018  学園内オープンキャンパスにおける模擬授業  2018/6/10 

活動内容等(Content of Activities) 南山学園内高校に対して、模擬授業を行った。
具体的には、経済学部で学ぶとはどういったことかを理解してもらうことを目的に、「モノの値段はどう決まる!?」というタイトルで模擬授業を行った。 

2017  模擬授業  2017/11/9 

活動内容等(Content of Activities) 天白高校において、模擬授業を行った。
ここでは、アクティブラーニングの一環として、大学で行っている経済模擬実験を簡単にして行った。具体的には、オークションの実験を行った 

2014  模擬授業  2014/5/24 

活動内容等(Content of Activities) 高校生へ向けた、大学での模擬授業 

2013  社会人のための講演会  2013/12 

活動内容等(Content of Activities) 社会人の方へ向けての、講演会 

2013  模擬授業  2013/11/7 

活動内容等(Content of Activities) 高校生向けの模擬授業 

2008  調査研究会委員   2006/12-2008/6 

活動内容等(Content of Activities) 「経済学等から消費者政策へのインプリケーション」に関する調査研究会委員 

2004  CTW Summer Conference on Behavioral Finance and Contract Theory  2004/9/13-2004/9/14 

活動内容等(Content of Activities) CTW Summer Conference on Behavioral Finance and Contract Theoryにおけるchairman 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2018 
2017 
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
2010 
2009 
詳細表示

2019/04/16 更新