研究者詳細

著書
分割表示   全件表示 >>

25 件中 1 - 10 件目

年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2005  大学講義の改革ー BRD(当日レポート方式)の提案  単著   
北大路書房  , A5  , 151  , 2005/05   

概要(Abstract) 当日ブリーフレポート方式(BRD)は、筆者が考案した講義手順である。講義の当日に受講生に簡単なレポートをまとめてもらう。講義の冒頭でテーマを発表し、90分間で簡単なレポート(A4版の用紙1枚)を書くよう求める。このことで、学生の当日の授業における到達目標を具体化し、講義への注意集中度を高める。このBRDの目的、方法、効果、他の方式との比較などをまとめたものである。 

備考(Remarks)  

2012  大学生活を楽しむ護心術 初年次教育ガイドブック   単著   
ナカニシヤ出版  , その他  , 107  , 2012/8/15   

概要(Abstract) 大学での勉強は、いろいろな意味で高校までとはかなり違ってくる。そこで入学後に、「基礎ゼミナール」あるいは「教養セミナー」などの名称で、入門授業を組む大学もある。本書では、こうした大学1年生に知っておいて欲しい基礎知識を整理した。2部構成となっており、第一部が学生の勉強について、第二部が学生の生活面での注意事項である。第一部では、講義の受け方やノートの取り方、試験の受け方、レポートの書き方など、大学での勉強ガイドとなっている。一方、第二部では、悪質商法や破壊的カルトなどから被害を受けないように必要な知識、心の病の基礎知識、酒やたばこ、車の利用などの問題を扱っている。
いずれも、心理学や現代懐疑主義の立場から、1年生でもわかるようにわかりやすく解説をしている。 

備考(Remarks)  

2016  生徒指導士入門テキスト2   未設定   
学事出版  , 未設定  ,  4p.  , 2016/04   

概要(Abstract) 米国の学校においては、生徒指導の枠組みとして、カウンセリングやTET(教師学)、ゼロトレランスなどが用いられてきた。しかし、最近になって、PBIS(ポジティブな行動サポート)と呼ばれる予防的な取り組みが行われるようになってきた。PBISにおいては、生徒が取るべき望ましい行動を、3つの段階でポジティブに指導する方法が用いられる。実際PBISを導入することで、行動面、学力面ともに、好ましい成果が報告されている。本著では、このPBISの概略を、ごく簡単に紹介している。 

備考(Remarks)  

2007  学校心理学入門シリーズ2 ーー授業改革の方法  単著   
ナカニシヤ出版  , A5  ,  Pp.139-156.  , 2007/06   

概要(Abstract) 大学の授業改善においては、大きく分けて二つの方法論がある。第一は、講義という枠組みの中での改善である。これは基本的には、伝統的な講義らしく教員の説明を中心にすえる。しかし、視聴覚的な方法を用いる、受講生の意見を聞くなどして双方向的にする改善策である。BRD(当日ブリーフレポート方式)も、この中に入れて考えることができる。一方、第二の方法は、講義という枠組みを取り払い、学生中心に進める改革モデルである。いわゆる学習者中心型の方法論と言える。このカテゴリーにはいるものとして、PSI(個別化教授システム)や、PBL(問題に基づく学習)が挙げられる。これらはいずれも、過去に数多くの実践例と実証的な研究を積み重ねてきている。特にPBLは、メタ分析が複数なされており、その効果については、極めて活発に研究がなされてきた。 

備考(Remarks) 「大学の授業改善と当日ブリーフレポート方式」
 市川千秋(監修) 宇田光・山口豊一・西口利文(編) 

1999  地域に生きる大学  共著   
和泉書院  , A5  , 219p.  , 2000/03   

概要(Abstract) 1章「大学教育に対する学生の意識・教員の意識」、2章「大学の授業改革のゆくえ」、3章「大学教員の地域社会への貢献ーー巡回スクールカウンセラーの立場から」、5章「大学開放センターの発展」を分担執筆。1・2・5章は中井良宏、片山尊文、山元有一と共著。3章(Pp.119-136)のみ単独執筆である。学生による授業評価や教育制度上の改革状況、教員としての取り組みなど、松阪大学の学生や全国の大学を対象に実施した数々の調査結果をもとに、大学改革を進める上で不可欠なデータを多面的に紹介し、分析考察した。 

備考(Remarks) 中井良宏・宇田 光・片山尊文・山元有一。Pp.11-136,183-219.を担当した。 

1994  動機づけの発達心理学  共著   
有斐閣ブックス  , A5  , 200  , 1995/03   

概要(Abstract) 「大学生の動機づけ」動機づけを発達的な視点からとらえた専門書の第4章。大学生における動機づけに関して執筆した。大学・学部選択の動機、大学における勉学の動機づけ(無気力・留年現象)、学習への動機づけを高める講義のあり方などの観点から整理した。 

備考(Remarks) 速水敏彦・橘 良治・西田 保・丹羽洋子・宇田 光。Pp. 109-139.を担当した。 

1999  これからの教育を考える  共著   
福村出版  , A5  , 261  , 1999/04   

概要(Abstract) 分担は第5章「教育の方法」、第7章第1節「家庭・遊びの変化」、第8章第5節「スクールカウンセラー」、第10章第3節「教師に求められる資質とは」(Pp.121-134, 157-163, 197-201, 228-238.)『教育の本質を求めて』(平成2年)の原稿をベースとして、新たに「スクールカウンセラー」(第8章)など新しい話題を入れて書き改めた。

 

備考(Remarks) 中井良宏・梅村光弘・竹内明・片山尊文・永井隆正・山元有一・甲斐進一・辻村哲夫・宇田 光・権部周行他1名。 

2012  生徒指導士入門テキスト -生徒指導を深める教育実践の心理   共著   
学事出版    , A5  , Pp.14-17, 39-41.  , 2012/7   

概要(Abstract) 「アメリカの生徒ハンドブック-生徒行動規定 (Student Code of Conduct) 」「学生・生徒を授業に集中させる方法- 当日ブリーフレポート方式」 有門秀記編。前者は、アメリカ合衆国の学校において一般的にみられる「生徒ハンドブック」を紹介したものである。これは、生徒や親が従うべきルールを明示したものである。最近、日本では、親が理不尽な要求を学校につきつけてくるという問題がある。これは、学校と生徒や親との間で権利や義務が明確になっていないためである。契約社会であるアメリカでは、学校と親との間でも、生徒ハンドブックを通して明確な契約が結ばれていると言える。日本にはこのような伝統はないが、いわゆる「モンスターピアレント」なる問題を考えても、一つの
対策として参考になる。
後者、「当日ブリーフレポート方式」は、 学生や生徒を授業に集中させる一つの方法である。学生や生徒が授業になかなか集中しない理由の一つは、その必要性を切実なものとして実感できないことである。そこで、授業を一つのレポートを仕上げる場として位置づけ、教師の説明はそれを助けるために行われるものである、とリフレームするのである。  

備考(Remarks)  

2004  ブリーフ学校カウンセリングー解決焦点化アプローチ  共編著   
ナカニシヤ出版  , A5  , 133  , 2004/06   

概要(Abstract) 学校心理学入門シリーズ1
宇田(1998、学校カウンセリング研究2号)を一般向けに
まとめ直したものである。 

備考(Remarks) 市川千秋(監)、宇田光・有門秀記・桜井貞子(編)。執筆者9名。Pp.109-122.を執筆。 

2010  教育心理学  共著   
ナカニシヤ出版  , B5  ,  Pp.67-76.   , 2010/06   

概要(Abstract) 「授業における学習指導」第6章 江戸時代、庶民の教育は寺子屋などの自然発生的な教育施設において、個別に必要に応じておこなわれた。一方、明治時代に入ると、殖産興業・富国強兵という政策のもと、大胆な改革があらゆる分野で進んだ。教育の分野では、近代的な学校制度が導入され、全国の学校で一斉指導が行われるようになった。このような経緯の中で、授業は今日に至るまで広く普及してきた。授業を支える理論として、有意味受容学習、発見学習、プログラム学習、あるいはプロジェクト法などの問題解決学習がある。また、近年では協同学習も注目されている。これらの方法について順次紹介し、比較、検討した。また、こうした指導方法の効果に関して、コラム内でメタ分析などの研究方法にも言及した。 

備考(Remarks) 西口利文・高村和代編 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [NEXT>>]