研究者詳細

研究活動/社会的活動
分割表示   全件表示 >>

3 件中 1 - 3 件目

年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2015  公開講座「解決焦点化アプローチ入門」  2015/08 

活動内容等(Content of Activities)  近年の心理学において話題になっていることの一つに「ポジティブ心理学」がある。従来の心理学では心の病気や弱さ、そしてその解決や治療に焦点を当てがちであった。それとは対照的に、人間の健康、強さや幸せなどを対象として、積極的に取り上げていこうという動きである。「レジリエンス」(強靱性)とか、「ストレングス」(強み)といった言葉が聞かれるようになってきた。
 ここでは、ブリーフカウンセリングの様々な考え方や技法のうち、解決焦点化アプローチ(解決志向アプローチ)を中心に紹介した。解決焦点化アプローチでも、問題そのものを扱わない。問題を扱わずに、解決を直接構築でき。問題や悪いところを扱わないので、心の負担が少なくて済むこと、安全性が高いこと、単純で習得しやすいこと、などの大きな長所を備えている。 

2013  免許状更新講習(必修領域)   

活動内容等(Content of Activities)  教員の免許状に10年の有効期限が設けられ、30時間の講習を受講して更新される制度となったことに伴い、その必修領域の講座として6月におこなっている。教職センター教員4名が分担している。
 筆者が担当している講座の主な内容は、カウンセリングなどの考え方を用いた生徒理解、生徒指導の動向などである。

 

2012  ブリーフカウンセリング入門   

活動内容等(Content of Activities) 人間関係研究センターにおいて、公開講座を開催している。内容は、ブリーフカウンセリングの講義と演習であり、広く社会人を対象としておこなわれる。

 

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]