研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

37 件中 1 - 10 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2009  協働における目標の調整 -- ラウンドテーブル「協働の精神と方法」を振り返って  単著   
 『人間関係研究』  , 南山大学人間関係研究センター紀要  , 9号   , 58-66.  , 2010/03   

概要(Abstract)  協働とは何か、またどのような方法で協働すれば良いのか。本稿では、第1回センター研究会をふりかえって、協働についてあらためて考えた。特に取り上げるのは、多様な参加動機をもつ人々の目標をどう調整していくか、という問題であった。心理学における集団の研究は、その多くが教室や統制された実験室でなされてきた。協働が生じる場面は、より枠組みが不明確である。枠組み自体を作るところから作業を進める必要がある。 

備考(Remarks)  

2006  PBL(問題に基づく学習)とその効果 ー近年のメタ分析結果を中心とする検討ー  単著   
人間関係研究  , 南山大学人間関係研究センター  , 5  , 1-14.  , 2006/04   

概要(Abstract) PBL(問題に基づく学習)は、カナダの大学で40年ほど前に開発された指導方法である。問題解決学習と系統学習の両者の特徴を併せ持っている。しかも、既に膨大な研究データが蓄積され、メタ分析も複数存在する。最近、LTSN(教授学習支援ネットワーク)がPBLの効果についてメタ分析をおこなった。また、ベルギーとオランダの研究チームも、同じ年にメタ分析の結果を発表している。そこで、本稿ではこれらの報告の概要を紹介したうえで、PBLの効果について考察した。 

備考(Remarks)  

2004  要約ライティングを活用する分節化講義の効果ーGLPとBRDを中心に  単著   
学校カウンセリング研究  , 日本学校カウンセリング学会  , 7  , 31-37  , 2005/03   

概要(Abstract) ライティングは学習にプラスの影響を及ぼす。大学教育の目標を達成するために、ライティング活動を授業に意図的に組み込んで、記憶や学習の質を改善することが考えられる。説明を聞く時間、ノートに書く時間、という要領で分けて進める方法がいくつかある。代表的なものがGLPやBRDである。これらの方式について比較するとともに、効果や意義を考察した。
 

備考(Remarks)  

2002  「やや満足」な講義をめざして  単著   
大学と教育  , 東海高等教育研究所  , 第32号  , Pp.41-52.  , 2002/04   

概要(Abstract) 学生による授業評価で、せめて「やや満足」という評定を得られる講義とは何か。従来の伝統的な講義法に代わり、「当日ブリーフレポート方式」(略称をBRDという)の講義法や、学生がチームを組んで課題に取り組み発表する「プロジェクト」型の授業の活用を提案した。また、最後に学生による授業評価のかかえる諸問題を整理して論じた。
 

備考(Remarks)  

1999  大学の授業改革に関する調査研究  共著   
松阪大学紀要  , 松阪大学学術研究会  , 18巻  , pp.1-18.  , 2000/03   

概要(Abstract) 今日、各大学では授業改善の取り組みがなされている。さまざまな方策が検討され、実施されている。そこで、「大学の授業改革に関する調査」を行った。内容は、1. 大学・学部での教育制度上の改革、2. 教員としての授業改善への取り組みであり、調査対象校は全国からランダムに抽出した私立大学(文系)、私立短期大学である。この結果の概要を報告した。制度上の改革は既に進んでいるが、授業の改善そのものは、個々の教員の努力にまかされている。その意味で、FDはまだ着手されたばかりである。

 

備考(Remarks) 中井良宏・山元有一・片山尊文・宇田 光。共同研究につき本人担当抽出不可能。 

1999  大学開放に関する調査研究−−生涯学習社会における大学の役割  共著   
松阪大学女子短期大学部論叢  , 松阪大学短期大学部  , 38巻  , pp.1-19.  , 2000/03   

概要(Abstract) 大学・短大の大学開放(生涯学習)への取り組みの実態や課題について、調査結果を通して考察した。調査は全国の大学・短大で大学開放センターあるいはそれに類する名称の組織をもつものをすべて選び出し、郵送で行った。国立大学や公立大学と私立大学とでは、その目的が根本的に異なり、特に私立大学の場合は地域社会への貢献・PRという意味が強い。
 

備考(Remarks) 片山尊文・山元有一・中井良宏・宇田 光。共同研究につき本人担当抽出不可能。 

1997  全国における教員採用選考方法の改善の動向について  単著   
教師教育研究  , 全国私立大学教職課程研究連絡協議会  , 11号  , Pp. 27-36.  , 1998/03   

概要(Abstract) 全国の都道府県、指定都市の行う教員採用選考においては、近年様々な工夫、改善が試みられている。そこで、教員の資質向上地区連絡協議会で提示された資料をもとに、全国的な改善動向をまとめた。各県に共通して、人物重視の採用がすすみ、とりわけ面接方法の工夫が試みられている。 

備考(Remarks)  

1997  自主的な子どもを育成する学級指導のあり方ーー相互監視と同調からの脱却−−  共著   
松阪大学紀要  , 松阪大学学術研究会  , 16巻  , 19-27.  , 1998/03   

概要(Abstract) 心理学の知見と家族療法の理論的観点から、学級における指導の基本的なあり方を検討した。学級での雰囲気に同調のメカニズムが働いていたり、教師が権威的であったり、罰を多用する学級はうまくいかない。しかも、さらに効果的でない働きかけが繰り返されてしまいやすい。この堂々巡りから脱けるには、権威や同調・監視を誘発しない肯定的メッセージ法が有効である。 

備考(Remarks) 宇田 光・市川千秋・有門秀記。共同研究につき本人担当抽出不可能。 

1997  講義に変化をつける2つの工夫  単著   
東海教師教育研究  , 東海地区私立大学教職課程研究連絡懇談会  , 14号  , Pp.32-41.  , 1998/01   

概要(Abstract) 大学の講義を改善していくために、様々な工夫が可能である。中でも、一方通行的な情報伝達モデルから、双方向的なモデルに移行する2つの工夫を紹介した。一つはペアノート学習であり、二つ目はプロジェクト活動の併用である。プロジェクトにおいては、受講生が講義時間の一部を用いて発表の準備を行っていき、最後に発表する。より積極的な講義への参加をねらっている。 

備考(Remarks)  

1995  生徒指導に対する教員の信念ーーKJ法による分析ーー  共著   
松阪大学紀要  , 松阪大学学術研究会  , 14巻  , pp.65-88.  , 1996/03   

概要(Abstract) 教師が生徒指導というものをどう捉え、また実際にどのような指導を行っているかを調べた。とくに、「うまくいった生徒指導」「うまくいかなかった生徒指導」「実践したい生徒指導」という観点から質問をした。結果は雑多なデータを整理、集約する技法であるKJ法を用いて整理した。
 

備考(Remarks) 西口利文・市川千秋・宇田 光。共同研究につき本人担当抽出不可能。 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [NEXT>>]