研究者詳細

著書
分割表示   全件表示 >>

52 件中 1 - 10 件目

年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2016  『イギリス行政訴訟の価値と実態』  共著   
日本評論社  , 未設定  , 230p.  , 2016/12   

概要(Abstract) イギリスの行政訴訟(司法審査請求)について、リージョン化や審判所への司法審査の管轄付与を踏まえて、その運用実態を明らかにし、判決によらない解決方法の多さやその理由、リージョン化の意義を明らかにした。 

備考(Remarks) 「イギリス行政訴訟運用の現実態」pp.103-140 

2016  『現代行政法の基礎理論(現代行政法講座第1巻)』  共編著   
日本評論社  , 未設定  , p.376  , 2016/12   

概要(Abstract) 行政民間化に関して、まず、その背景、手法や国際動向を明らかにし、次に、行政の基本原則が行政民間化によってどのように変容したかを明らかにし、その後に、行政民間化に対する訴訟提起可能性や違法性判断、最後に、行政民間化によって生じる変化にかかわる訴訟の紹介と検討を行った。 

備考(Remarks) 「行政民間化と現代行政法」pp.231-267 

2016  『辺野古訴訟と法治主義―行政法学からの検証』  未設定   
日本評論社  , 未設定  , 2016/08   

概要(Abstract) 辺野古新基地建設との関係で、前知事が行った公有水面埋立法に基づく承認が現知事によって取り消され、訴訟になったことから、その承認取消について訴訟ではどのようなことが審査されるかについて、法的論点を紹介し、どう考えるべきかを述べた。 

備考(Remarks) 「埋立承認の職権取消処分と裁量審査」pp.165-185 

2016  『新基本法コンメンタール地方公務員法』  共著   
日本評論社  , 未設定  , pp.105-114  , 2016/04   

概要(Abstract) 地方公務員法24条(給与、勤務時間その他の勤務条件の根本基準)、25条(給与に関する条例及び給与の支給)、26条(給料表に関する報告及び勧告)について解説した。 

備考(Remarks) 晴山一穂・西谷敏編 

2015  『憲法の「現代化」―ウェストミンスター型憲法の変動』  共著   
敬文堂  , 未設定  , 2016/01   

概要(Abstract) イギリスにおける裁判官制度の改革として、司法の独立性、アカウンタビリティ、裁判官の多様性に照らして、2005年の憲法改革法、2013年の犯罪及び裁判所法の制度改革を紹介し、評価をした。 

備考(Remarks) 「裁判官任命制度の改革―司法の独立性、アカウンタビリティと裁判官の多様性―」pp.203-219 

2015  『アクチュアル行政法(第2版)』  共著   
法律文化社  , A5  , 2015/09   

概要(Abstract) 行政組織法に関して、法治主義や行政機関の概念、行政機関相互の関係について、損失補償と国家賠償を柱とする国家補償法に関して、損失補償の概念と憲法との関係、損失補償の要否や内容、国家賠償の概念や憲法との関係、国賠法1条や2条の要件等にかかわる判例や学説の議論状況を、新しい判例や議論を追加して、説明した。 

備考(Remarks) 市橋克哉、本多滝夫、平田和一と共著 

2015  『地域と自治体第37集 地方消滅論の本質と対抗』  共編著   
自治体研究社  , A5  , 2015/09   

概要(Abstract) まず、地方分権論との関係で、「総合行政主体」論を消化し、自治体間連携の政策によって、それがどのように変化した(しない)のかを紹介するとともに、自治体間連携の具体的な法的手法を分析し、自治体間連携においても重要となる住民自治と議会改革について、町村議会における議員の自己評価も含めて、検討を行った。 

備考(Remarks) 岡田知弘、永山利和と共編著 

2015  『どうする自治体の人事評価制度―公正、公開、納得への提言』  単著   
自治体研究社  , A5  , 2015/06   

概要(Abstract) 「改正」地方公務員法によって導入された人事評価制度について、導入の理由、従来の勤務評定との相違や、制度の概要を紹介し、先行して導入された国の人事評価制度における問題点や、絶対評価と相対評価との相違から生じる問題点や人事評価活用における注意点などを論じた。 

備考(Remarks) 黒田兼一、小越洋之助と共著 

2014  『行政法システムの構造転換―イギリスにおける「行政的正義」』  編著   
日本評論社  , 未設定  , 302 p.  , 2015/01   

概要(Abstract) イギリスにおける行政手続と行政救済を含む行政的正義に関して、その制度監視の制度的変化や、審判所制度の手続やその評価の変化、行政的正義相互の位置付けや裁判所と審判所との関係の変化を紹介し、その意義を明らかにした。 

備考(Remarks)  

2014  『地方自治のしくみと法』  共著   
自治体研究社  , 未設定  , 196 p.  , 2014/10   

概要(Abstract) 第4章として、地方議会と執行機関の活動に関して、二元代表制、議会の組織・運営、議員の位置付け、議会改革としての議会基本条例、執行機関としての首長・行政委員会、首長と議会の関係について、また、第6章として、公務員や公務関連労働者に関して、公務員制度の基本理念、種類と数、人事管理、給与その他の勤務条件、義務、労働基本権、身分保障と地方行革等について、具体的事例を紹介しつつ、検討を行った。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [NEXT>>]