研究者詳細

その他研究業績
分割表示   全件表示 >>

67 件中 1 - 10 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2015  「辺野古新基地建設をめぐる訴訟の和解」  寄稿  単著 
HURP通信  , 特定非営利活動法人 人権・平和国際情報センター  , 114号  , 2016/03   

概要(Abstract) 辺野古新基地建設をめぐる訴訟が和解になったことから、その意義を解説した。 

備考(Remarks)  

2015  「Q&A イチから教えて! 地方行政・地方財政 地方行政編Q5〜Q8」  Q & A  単著 
季刊自治と分権  , 大月書店  , 62号  , pp96-99  , 2016/01   

概要(Abstract) 議会と首長にかかわって、二元代表制、議会改革、議会の権限、議会質問の限界などについて、QアンドAの形式で解説を行った。 

備考(Remarks)  

2015  「ミニ・シンポジウム イギリス行政争訟システムの構造転換 裁判所・審判所システムの構造転換」  学会報告  単著 
比較法研究  , 有斐閣  , 77号  , pp.152-158  , 2015/12   

概要(Abstract) イギリスの司法改革・審判所システムについて制度改革がなされ、司法審査制度についてはその活用を制限する方向で改革提案がなされてきたことを紹介し、自らの報告部分では、裁判官任命制度の再改革と審判所システムの構造転換について具体的に報告した。 

備考(Remarks)  

2015  「(資料)芦屋市議会の議員定数に関する意見書」  資料  単著 
南山法学  , 南山法学会  , 39巻1号  , pp.169-180  , 2015/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  「2014年判例回顧と展望―行政法」  判例回顧  共著 
法律時報臨時増刊号  , 日本評論社  , 87巻6号  , pp.30-50  , 2015/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 南山大学洞澤准教授、近畿大学林晃大准教授、広島大学福永実教授と共同執筆 

2015  「ポピュリズムと民主政」  学会報告  単著 
憲法問題  , 三省堂  , 26号  , pp.45-56  , 2015/05   

概要(Abstract) 自治体におけるポピュリスト首長を念頭に、民主制との関係を検討し、わが国においては、ポピュリズムが「選挙独裁」になっていること、統治構造改革として、首長・議会(議員)関係、首長・行政委員会関係、首長・公務員関係において、首長強化の方向で改革がなされていること、また首長がコントロール可能な限りで、参加制度・住民投票制度を活用していることを報告した。 

備考(Remarks)  

2013  (書評)「白藤博行『新しい時代の地方自治像の探究』(自治体研究社、2013年)」  書評  単著 
季刊自治と分権  , 大月書店  , 54号  , pp.120-124  , 2014/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  「競争入札に適するか否かの判断基準」  判例研究  単著 
『別冊ジュリスト地方自治判例百選(第4版)』  , 有斐閣  , pp.90-91  , 2013/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  「学生に対する措置と裁量審査」  判例研究  単著 
別冊ジュリスト行政判例百選Ⅰ  , 有斐閣  , pp.160-161  , 2012/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  「議会外の行政統制」  学会報告  単著 
公法研究  , 有斐閣  , 72号  , pp.188-199  , 2010/10   

概要(Abstract) 議会外の行政統制として、市民社会や司法による行政統制、政による官の統制としてのマニフェスト選挙・「国民内閣」論、政権政党幹部による閣内外大臣への就任について検討し、国民に対するアカウンタビリティ・透明性、NPM手法による行政の自己統制に触れ、最後に、参加制度の改革と議会における参加制度の活用について分析を加えて報告した。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [NEXT>>]