研究者詳細

その他研究業績
分割表示   全件表示 >>

67 件中 11 - 20 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2009  「行政法思考で試験問題を解く2008年度新司法試験問題」  解説  単著 
法学セミナー  , 日本評論社  , 657号  , pp.34-40  , 2009/9   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2009  「酒気帯び運転と職務命令違反による懲戒免職処分」  演習  単著 
ロースクール演習  , 民事法研究会  , 2号  , pp.20〜25、64〜79  , 2009/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2009  「ミニ・シンポジウム:連合王国(イギリス)の憲法的法と統治構造の変容の軌跡と現在−実態と理論 第三の司法改革−審判所をめぐって」  学会報告  単著 
比較法研究  , 有斐閣  , 70号  , pp.139-144  , 2009/06   

概要(Abstract) 2001年のレガット報告書以降の検討を受けて、2007年に審判所、裁判所及び執行法が制定されたことから、審判所の独立性の強化が進み、審判所サービス(事務部門)・二層制の統一的審判所制度がつくられ、審判所に上級長官が置かれ、審判の手続・過程が司法化したことについて報告した。 

備考(Remarks)  

2008  南山大学連続講演会講演集「大学院の授業を聞きに行こう」  講演  共著 
(株)エヌ・イー・エス  , 303p  , 2009/03   

概要(Abstract) 2008年度に開催した南山大学連続講演会「大学院の授業を聞きに行こう」(全11回)の講演をまとめた講演集に、授業における情報公開の説明を基礎に講演をした。 

備考(Remarks) 編者:青木清 共著者:渡邉学、薫祥哲、有元將剛、榊原秀訓、津村俊充、湯本祐司、河野浩之、村松久良光、近藤仁、大塚達朗、藤本博 

2008  「行政の市場化・契約化と新自由主義」  学会報告  単著 
法の科学  , 日本評論社  , 39号  , pp.37-49  , 2008/09   

概要(Abstract) NPM・PPP手法の行政改革と公共性論について紹介し、新しい手法の行政改革によって行政法の基本原則・制度が変容、崩壊する状況に触れ、市場型の行政改革と市民社会型の行政改革とされるものの異同を検討し、報告した。 

備考(Remarks)  

2007  「PFIーイギリスとの比較を中心にして」  学会報告  単著 
財政法叢書  , 全国会計職員協会  , 24号  , pp.49-68  , 2008/03   

概要(Abstract) イギリスの制度を参考にしてつくられたPFI制度について、主要な特徴とVFM、リスク移転、割引率と支払い平準化、VFMの算定の仕方とその評価、契約手続の問題、アカウンタビリティの確保などについて報告した。 

備考(Remarks) 日本財政法学会編『公業務の私化と財政法統制』 

2007  「ブレア政権の司法改革ー2005年憲法改革法ー」  学会報告  単著 
比較法研究  , 有斐閣  , 68号  , p.189  , 2007/08   

概要(Abstract) イギリスにおける2005年の憲法改革法による制度改革の内容と、法の運用に関連する問題について報告した。 

備考(Remarks)  

2006  『市場化テスト法』と公務員の雇用・勤務条件  座談会  共著 
労働法律旬報  , 1636号  , pp.6-29  , 2006/11   

概要(Abstract) 市場化テストの法案段階で、行政法学および公務員法上の問題点を議論した。 

備考(Remarks) 晴山一穂、清水敏と 

2006  日本におけるNPMと行政法学の課題  座談会  共著 
法律時報  , 日本評論社  , 78巻9号  , pp.4-25  , 2006/08   

概要(Abstract) NPM手法が行政・行政法に与える影響を議論した。イギリスの状況の説明も分担した。 

備考(Remarks) 金井利之、下井康史、宮脇淳、人見剛(司会)と 

2006  学生に対する措置と裁量審査  百選  単著 
『別冊ジュリスト行政判例百選I(第5版)』  , 有斐閣  , 181号  , pp.160-161  , 2006/05   

概要(Abstract) 最高裁1996年3月8日判決(民集50巻3号469頁)を検討した。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [NEXT>>]