研究者詳細

その他研究業績
分割表示   全件表示 >>

70 件中 31 - 40 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2003  急激に変容する地方自治の姿と自治体の対応(木佐茂男他編『分権の光集権の影』新刊ガイド)  紹介  単著 
法学セミナー  , 日本評論社  , 587号  , p.113  , 2003/11   

概要(Abstract) 木佐茂男他編『分権の光集権の影』を紹介した。 

備考(Remarks)  

2003  地方自治と参加制度  学会報告  単著 
法の科学  , 日本評論社  , 33号  , pp.48-60  , 2003/08   

概要(Abstract) 伝統的参加制度の問題点、改革状況、運用の現実と協働主義的参加としてのパートナーシップの理念と現実、背景にある市民社会論について報告した。 

備考(Remarks)  

2003  外国法制からみた日本行政訴訟制度・理論の検討ーイギリスとの比較  研究フォーラム報告  単著 
自治研究  , 79巻5号  , pp.17-26  , 2003/05   

概要(Abstract) イギリス行政訴訟に関して、原告適格、処分性、仮の権利救済や裁量審査等の特徴について報告した。 

備考(Remarks)  

2002  2001年判例回顧と展望ー行政法  判例回顧  共著 
法律時報  , 日本評論社  , 臨時増刊号74巻5  , pp.25-38  , 2002/05   

概要(Abstract) 行政法に関して、2001年の判例を回顧し、今後を展望した。 

備考(Remarks) 広島修道大学本多滝夫、香川大学山田健吾、三重大学豊島明子と共著 

2001  2000年判例回顧と展望ー行政法  判例回顧  共著 
法律時報  , 日本評論社  , 臨時増刊号73巻5  , pp.21-34  , 2001/05   

概要(Abstract) 行政法に関して、2000年の判例を回顧し、今後を展望した。 

備考(Remarks) 広島修道大学本多滝夫、香川大学山田健吾、三重大学豊島明子と共著 

2000  今月の焦点 地方制度調査会答申と地方分権推進委員会意見を読むー市町村合併で住民投票導入の行方は?  紹介  単著 
住民と自治  , 自治体研究社  , 454号  , pp.70-71  , 2001/02   

概要(Abstract) 市町村合併にかかわって導入された住民投票制度を検討した。 

備考(Remarks)  

2000  行政法の観点からみた新ガイドライン法  学会報告  単著 
法の科学  , 日本評論社  , 29号  , pp.143-148  , 2000/07   

概要(Abstract) ガイドライン法について、「協力の求め」と「一般的な協力義務」の法的意義の相違、国の関与と使用調整のあり方、議会による統制と情報公開の機能を担当した。 

備考(Remarks)  

2000  1999年判例回顧と展望ー行政法  判例回顧  共著 
法律時報  , 日本評論社  , 臨時増刊号72巻6  , pp.23-37  , 2000/05   

概要(Abstract) 行政法に関して、1999年の判例を回顧し、今後を展望した。 

備考(Remarks) 広島修道大学本多滝夫、香川大学山田健吾、三重大学豊島明子と共著 

1999  ミニ・シンポジウム イギリス法の現在ー憲法的法の変容を中心にしてー地方分権(Devolution)と地方自治改革  学会報告  単著 
比較法研究  , 61号  , pp.114-121  , 2000/03   

概要(Abstract) ブレア政権によって推進されたスコットランドやウェールズへの地方分権(Devolution)と地方自治改革としてのベストバリュー制度や政治構造改革について報告した。 

備考(Remarks)  

1999  海外の行財政(イギリス)ブレア政権の情報公開法案  紹介  単著 
行財政研究  , 行財政総合研究所  , 42号  , pp.45-48  , 2000/01   

概要(Abstract) ブレア政権の下で最終的に出された情報公開法案について、その概略と問題点を紹介した。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [NEXT>>]