研究者詳細

その他研究業績
分割表示   全件表示 >>

70 件中 41 - 50 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
1998  教育活動における信教の自由の考慮  百選  単著 
『別冊ジュリスト行政判例百選』  , 有斐閣  , pp.178-179  , 1999/02   

概要(Abstract) 最判平成8(1996)年3月8日民集50巻3号469頁の判例評釈をした。 

備考(Remarks)  

1997  薬害エイズ被害発生の構造とその改革(西野瑠美子『薬害エイズを生きる』新刊ガイド)  書評  単著 
法学セミナー  , 日本評論社  , 513号  , 114頁  , 1997/08   

概要(Abstract) 西野瑠美子『薬害エイズを生きる』を紹介した。 

備考(Remarks)  

1997  海外の行財政(イギリス)情報公開要綱の改革  紹介  単著 
行財政研究  , 行財政総合研究所  , 32号  , 40頁-43頁  , 1997/05   

概要(Abstract) イギリスには、情報公開法が存在せず、要綱において制度が運用されておりその運用状況と、庶民院特別委員会における改善勧告を紹介した。 

備考(Remarks)  

1996  海外の行財政(イギリス)裁判官任命手続の改革提案  紹介  単著 
行財政研究  , 行財政総合研究所  , 30号  , 54頁-56頁  , 1996/11   

概要(Abstract) イギリスの裁判官は弁護士から任命されるが、庶民院特別委員会におけるその任命手続の透明化や過少代表を巡る議論と改革提案を紹介した。 

備考(Remarks)  

1996  自治体二層制の改革  紹介  単著 
行財政研究  , 行財政総合研究所  , 28号  , pp.36-37  , 1996/04   

概要(Abstract) イギリスにおける自治体は、わが国と同様に基本的に二層制をなしているが、それを一層制にしようとする改革が進行しており、その動向を紹介した。 

備考(Remarks)  

1995  行政苦情処理制度の改革  紹介  単著 
行財政研究  , 行財政総合研究所  , 27号  , pp.37-40  , 1996/01   

概要(Abstract) メージャー政権の下で、NPM手法の導入とともに、行政苦情処理制度の改革が進行しており、「市民憲章苦情処理作業班」による勧告を紹介した。 

備考(Remarks)  

1995  情報公開制度・行政救済制度改革の現状  紹介  単著 
行財政研究  , 行財政総合研究所  , 25号  , pp.63-66  , 1995/07   

概要(Abstract) メージャー政権の市民憲章政策の下で情報公開制度改革が進行し、また、国会オンブズマン制度や行政訴訟のような救済制度に関しても様々な改革提案がなされてきたので、それらの最新の動向を総合的に紹介した。 

備考(Remarks)  

1995  裁判官任官拒否と司法修習生・裁判官の市民的自由  書評  単著 
法学セミナー  , 日本評論社  , 486号  , p.121  , 1995/06   

概要(Abstract) ネット46編『裁判官になれない理由』を紹介した。 

備考(Remarks)  

1995  ワンポイント法学入門ー漫画活用法  紹介  単著 
『法学入門95年版』  , 日本評論社  , pp.147-148  , 1995/04   

概要(Abstract) 政治・司法・行政に関する漫画を紹介しつつ、それを通した学習法を紹介した。 

備考(Remarks)  

1994  政府白書『公務員ー継続と変革ー』  紹介  単著 
行財政研究  , 行財政総合研究所  , 23号  , pp.49-51  , 1995/01   

概要(Abstract) 公務員改革について提案を行う政府の提案文書である白書について、その内容を詳細に紹介し、特別委員会報告書との差異を明らかにした。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [NEXT>>]