研究者詳細

著書
分割表示   全件表示 >>

12 件中 11 - 12 件目

年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2002  ワークスタディ刑法各論  共著   
不磨書房  , A5  , 289頁  , 2002/04   

概要(Abstract) 大学で初めて刑法を学ぶ学生や、法学検定試験で刑法を受けてみようとする社会人を対象として、刑法各論の内容をできるだけ平易に解説した教科書である。本人担当部分:Lesson14、Lesson21、Lesson22。窃盗罪については、保護法益、占有の意義・概念、行為としての窃取、不法領得の意思、不動産侵奪罪、親族相盗例について、毀棄および隠匿の罪については、公用文書毀棄罪、私用文書毀棄罪、建造物損壊罪、器物損壊罪、境界損壊罪、信書隠匿罪について、騒乱罪では、騒乱罪と多衆不解散罪について説明した。
島岡まな編、北川佳世子、末道康之、松原芳博、萩原滋、津田重憲、大野正博、勝亦藤彦、小名木明宏、平澤修、石井徹哉、對馬直紀、内山良雄、関哲夫、清水真、近藤佐保子
 

備考(Remarks) 島岡まな編、北川佳世子、末道康之、松原芳博、萩原滋、津田重憲、大野正博、勝亦藤彦、小名木明宏、平澤修、石井徹哉、對馬直紀、内山良雄、関哲夫、清水真、近藤佐保子 

2001  ワークスタディ刑法総論  共著   
不磨書房  , A5  , 196頁  , 2001/04   

概要(Abstract) 大学で初めて刑法を学ぶ学生や、法学検定試験で刑法を受けてみようとする社会人を対象として、刑法の基礎理論、罪刑法定主義、刑法の適用範囲、行為と構成要件、不作為犯、因果関係、違法論、正当防衛、緊急避難、その他の違法阻却事由、責任論、故意、錯誤、過失、未遂、不能犯、中止犯、共犯論、共同正犯、教唆犯・従犯、共犯の諸問題、罪数論、刑罰制度について、できるだけ平易に解説した刑法総論の教科書である。本人担当部分Lesson15未遂(p.121-127)、Lesson21共犯の諸問題(p.163-168)
島岡まな編、執筆者:北川佳代子、末道康之、松原芳博、川添誠、萩原滋、津田重憲、大野正博、勝亦藤彦、小名木明宏、平澤修、石井徹哉、對馬直紀、内山良雄
 

備考(Remarks) 島岡まな編、執筆者:北川佳代子、末道康之、松原芳博、川添誠、萩原滋、津田重憲、大野正博、勝亦藤彦、小名木明宏、平澤修、石井徹哉、對馬直紀、内山良雄 

Page: [<<PREV] [1] [2] [NEXT>>]