研究者詳細

著書
分割表示   全件表示 >>

19 件中 11 - 19 件目

年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2012  倫理学という構え―応用倫理学原論  単著   
ナカニシヤ出版  , A5  , 314 p.  , 2012/09/28   

概要(Abstract) 倫理学とはいかなる営みかについて、メタ倫理学、規範倫理学、応用倫理学という枠を越えて探究する「(応用)倫理学の哲学」研究書。 

備考(Remarks)  

2008  岩波講座 哲学4 知識/情報の哲学  共著   
岩波書店  , A5  , 288  , 2008/10   

概要(Abstract) ヴァーチャル概念の再検討を通じて得られた、ポテンシャル/リアルとアクチュアル/ヴァーチャルという対概念に基づいて、現代社会における情報技術のありようとその倫理的位相について論じている。 

備考(Remarks) 中岡成文編。II-4「リアルとヴァーチャル:情報技術時代の哲学としての情報倫理」(159-177頁)を担当。 

2006  生命倫理学と功利主義  共著   
ナカニシヤ出版  , A5  , 278  , 2006/05   

概要(Abstract) 医療における守秘義務について、それがどのような義務で、なぜ守られねばならないのか、解除されうるのかといった問いに、功利主義の視点から明確な回答を出すことを試みた論考。 

備考(Remarks) 伊勢田哲治・樫則章編。第10章「守秘義務と医療情報」(218-240頁)を執筆。 

2004  ビジネス倫理学:哲学的アプローチ  共著   
ナカニシヤ出版  , A5  , 307  , 2004/11   

概要(Abstract) 内部告発を秘密と公開という切り口から分析し、同時に、内部告発者への報復と冷遇が垣間見せる組織の権力を論じている。また、告発奨励の動きに対し、情報の権力という観点から批判的な論述をしている。 

備考(Remarks) 田中朋弘、柘植尚則編。第7章「内部告発―秘密と公開の倫理―」(174-201頁)を執筆。 

2004  公共性の哲学を学ぶ人のために  共著   
世界思想社  , その他  , 330  , 2004/08   

概要(Abstract) ホッブズ、ロック、ヒュームという3人の哲学者の議論を見ることによって、公共性を可能にする人間とはどのようなものかについて、それぞれ利己性、理性、道徳感情という観点から明らかにした。 

備考(Remarks) 安彦一恵・谷本光男編。第III部第3章「社会をつくる人間とはどのようなものか―イギリス社会哲学に即して―」(244-258頁)、および、基本用語集「契約論」(318-319頁)を担当 

2004  岩波応用倫理学講義2・環境  共著   
岩波書店  , A5  , 263  , 2004/05   

概要(Abstract) 香川県豊島における産業廃棄物不法投棄事件を軸に、産廃問題を倫理学的に考察している。 

備考(Remarks) 丸山徳次編。セミナー6「廃棄物エシックス―豊島から考える」(180-198頁)を執筆。 

2004  誇り高い技術者になろう:工学倫理ノススメ  共著   
名古屋大学出版会  , A5  , 263  , 2004/04   

概要(Abstract) 技術者が学ぶべきEngineering Ethicsの教科書。「誇り高い技術者」をキーコンセプトに従来の教科書とは異なるアプローチで書かれている。 

備考(Remarks) 黒田、戸田山、伊勢田編。4-3「人間関係と組織のなかでどう行動するべきか―内部告発についての考え方を中心に」(173-189頁)を執筆。 

2003  倫理力を鍛える  共著   
小学館  , A5  , 239  , 2003/06   

概要(Abstract) 倫理学者たちが現代社会の重要問題に対する思考の作法を読者に伝授する、といったコンセプトで編纂された本。 

備考(Remarks) 加藤尚武編。嫌煙権に関する解題(97-104頁)、および、内部告発に関する解題(209-21頁)を執筆。 

2003  情報倫理の構築  共著   
新世社  , その他  , 312  , 2003/05   

概要(Abstract) ホイッスルブローイング(内部告発)とは何か、という問いを立て、3つの論点(定義、正当化、告発者保護)から、「情報」という観点からの分析も交えて考察・検討している。 

備考(Remarks) 水谷雅彦、越智貢、土屋俊編。第九章「ホイッスルブローイングの倫理」(243-272頁)を執筆。 

Page: [<<PREV] [1] [2] [NEXT>>]