研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

29 件中 1 - 10 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  18世紀英国道徳哲学の幸福論的転回の一断面  単著   
社会と倫理  , 南山大学社会倫理研究所  , 31  , 53-67  , 2016/11   

概要(Abstract) 現代的な幸福観の源流へと遡った時にその分水嶺を成すものと考えられるものの一つとして18世紀英国の道徳哲学の展開を位置づけ、その詳細を見ることで、現代の幸福観の成立がいかなる意味で不可避のものであり、また、いかなる点で批判的検討を要する問題を抱え込んでいるのかを明らかにする手がかりを得ようと試みた論考。 

備考(Remarks)  

2016  自然化の行き着く先としての倫理の非自然性:戸田山からウィギンズ、そしてヒュームへ  単著   
中部哲学会年報  , 中部哲学会  , 47  , 18-32  , 2016/08   

概要(Abstract) 戸田山和久『哲学入門』での道徳の自然化プロジェクトがその遂行の果てにむしろ倫理の非自然性をこそ浮き彫りにしてしまっている、という戸田山自然主義哲学に対する診断のもと、道徳に関する自然化の徹底は、不可避的に非自然性の壁に突き当たるという「倫理的岩盤の非自然性テーゼ」の立証を、ハーストハウス、ウィギンズ、ヒュームの議論を参照しつつ試みた論考。 

備考(Remarks)  

2015  家族という概念を何が支えているのか―補完性の原理を経由して  単著   
社会と倫理  , 南山大学社会倫理研究所  , 30  , pp. 91-103  , 2015/11   

概要(Abstract) 私たちが家族だと考えているもの、家族でないと考えているものをてがかりに、家族という概念を支えているものを解明しようと試みた論考。議論を進める際に、カトリック社会倫理学上の重要原理である「補完性の原理」を参照して、今後の家族のあり方を考えるために必要な思考の枠組みを提供した。 

備考(Remarks)  

2013  当事と他事の間で生き方を問う倫理学  単著   
倫理学年報  , 日本倫理学会  , 63  , pp. 8-17  , 2014/03   

概要(Abstract) 2013年度の日本倫理学会大会の共通課題(シンポジウム)で提題したものの論文化。倫理学は生き方の指針を与えることができるか、という問いに対して、当事者性/非当事者性という軸と、当事性/他事性という軸とを考察の枠組みとして、回答を試みた論考。 

備考(Remarks)  

2013  人道支援を支えるのは博愛か偏愛か  単著   
社会と倫理  , 南山大学社会倫理研究所  , 28  , pp. 149-159  , 2013/11   

概要(Abstract) 「人道支援」として捉えられている営みの中に、原理上、博愛の原理と偏愛の原理が同居していることを明らかにして、「人道支援」についての再理解を促すことを試みた論考。 

備考(Remarks)  

2012  災害廃棄物の倫理学への試論―〈負〉の財としての廃棄物から復興・減災を考える―  単著   
哲学と現代  , 名古屋哲学研究会  , 28  , pp. 78-97  , 2013/02   

概要(Abstract) 2011年3月11日の大地震・津波によって発生した膨大な量の災害廃棄物をめぐる「広域処理」等の一連の問題について、それを以前から伏在していた廃棄物問題を明示的に考察するための契機と位置づけ、そこから廃棄物問題に対する倫理学的思考の手がかりを得ようとする論考。廃棄物を〈負〉の財と捉え、所有、分配、来歴という観点から問題を掘り起こす試み。 

備考(Remarks)  

2011  コンヴェンション/共感モデルの構想―現代倫理学のヒューム主義へのオルタナティヴとして―  単著   
アカデミア 人文・自然科学編  , 南山大学  , 3  , 117-130  , 2012/01   

概要(Abstract) 本稿は、既存の道徳心理学におけるヒューム主義モデル(信念/欲求モデル)を含み込んだ形で、ヒュームの道徳哲学全体の枠組みから剔出されうる新たなヒューム主義、すなわち、コンヴェンション/共感モデルを、道徳の本性を理解するための分析ツールとして提示する。そのために、まず、ヒュームのコンヴェンション論に注目し、そこでの議論が信念/欲求モデルによって記述されうることを示し、そこから漏れ落ちる部分を「情念のシステム」というヒューム解釈のアイディアによって理論化する。その上で、情念と共感、コンヴェンションに対する会話と社交の位置づけに関するヒュームの議論を参照しながら、ヒュームの言説の中の隠れた身体性の次元に言及し、コンヴェンション/共感モデルの全貌を明らかにする。 

備考(Remarks)  

2010  内部告発の倫理的次元  単著   
社会と倫理  , 南山大学社会倫理研究所  , 24  , 201-215  , 2010/09   

概要(Abstract) 人間関係と秘密、規律訓練と環境管理、内部と外部、離脱と発言という四つの視角から、内部告発の道徳的正当化という主流の議論とは異なるアプローチで、内部告発の規範論的含意を明らかにすることを試みている。とりわけ、概念としての内部告発を外部化可能性と内部化可能性の結合として捉えることで、内部告発それ自体のノーマライゼーション不可能性と、その究極的な倫理的批判力との両面を明らかにしている。 

備考(Remarks)  

2008  応用倫理学的探究において現状維持バイアスは排除されるべきノイズか  単著   
応用倫理  , 北海道大学応用倫理研究教育センター  , 1  , 15-30  , 2009/03   

概要(Abstract) カーネマンとトヴェルスキーのプロスペクト理論に基づく現状維持バイアスの研究、ボストロムとオードによる現状維持バイアス除去の試み、フランシス・カムによる義務論的な分析などを検討し、応用倫理学的探究における現状維持バイアスについて考察する論考。 

備考(Remarks)  

2007  理性は情念の奴隷か?−ヒューム『人間本性論』における「奴隷メタファー」の検討−  単著   
アカデミア 人文・社会科学編  , 南山大学  , 85  , 39-67  , 2007/06   

概要(Abstract) ヒュームの「奴隷メタファー」は、果たして単なるレトリックにすぎないのか、理論的根拠に基づいた確固たる主張を反映したものなのかをヒューム自身のテキストに即して問い、その検討を通じて、ヒューム哲学全体における情念の重要性を示唆する試み。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [NEXT>>]