研究者詳細

その他研究業績
分割表示   全件表示 >>

59 件中 11 - 20 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2015  『人文・社会科学のための研究倫理ガイドブック』の使い方  シンポジウム報告  その他 
人文・社会科学のための研究倫理シンポジウム「研究公正と研究倫理を問い直す―理念・制度・教育―  , 上智大学四谷キャンパス  , 2015/10/10   

概要(Abstract) 『人文・社会科学のための研究倫理ハンドブック』の刊行を記念して開催されたシンポジウムにおいて、当該ハンドブックの内容の紹介とその意義について報告した。 

備考(Remarks)  

2015  家族と法をめぐる倫理学的考察  研究会報告  その他 
第2回応用倫理研究会  , 北海道大学  , 2015/07/06   

概要(Abstract) 現代における家族のあり方の多様性を踏まえながら、家族と法をめぐる様々な倫理学的な問題点を掘り起こす報告を行った。 

備考(Remarks)  

2014  工業化と企業家精神―ヨハネス・ヒルシュマイヤーの時代―  講演録編集  その他 
ヒルシュマイヤー著作集刊行記念シンポジウム2014講演録  , 南山学会  , 102p.  , 2015/03   

概要(Abstract) 2014年6月21日に開催された南山大学社会倫理研究所・南山学会合同主催公開シンポジウム2014「工業化と企業家精神―ヨハネス・ヒルシュマイヤーの時代―」の講演録。 

備考(Remarks) 岡部桂史とともに、編者を務めた。 

2014  高橋良輔・大庭弘継編『国際政治のモラル・アポリア―戦争/平和と揺らぐ倫理』(ナカニシヤ出版、2014年)  書評  単著 
社会と倫理  , 南山大学社会倫理研究所  , 29  , 142-147  , 2014/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  重田園江『社会契約論-ホッブズ、ヒューム、ルソー、ロールズ』(ちくま新書、2013年)  書評  単著 
社会と倫理  , 南山大学社会倫理研究所  , 29  , 160  , 2014/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  デイヴィッド・ヒューム(伊勢俊彦・石川徹・中釜浩一訳)『人間本性論 第三巻 道徳について』  書評  単著 
イギリス哲学研究  , 日本イギリス哲学会  , 37  , pp. 143-144  , 2014/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  『倫理学という構え―応用倫理学原論』の概要  寄稿  単著 
応用倫理―理論と実践の架橋ー  , 北海道大学応用倫理研究教育センター  , 7  , pp. 28-29  , 2013/10   

概要(Abstract) 当該雑誌上で組まれた書評特集の冒頭の記事として、自著『倫理学という構え―応用倫理学原論』の全体構成を概観したもの。 

備考(Remarks)  

2013  応答―いわば構えと構えのシーソーゲーム  寄稿  単著 
応用倫理―理論と実践の架橋ー  , 北海道大学応用倫理研究教育センター  , 7  , pp. 48-54  , 2013/10   

概要(Abstract) 当該雑誌上で組まれた書評特集に寄せられた4本の書評論文に対する応答論考。 

備考(Remarks)  

2013  内部告発における異議の構造  研究会報告  その他 
京都生命倫理研究会・ワークショップ「異議申し立ての諸形式についての倫理学的研究  , 京都女子大学  , 2013/09/21   

概要(Abstract) 内部告発における異議申し立ての形式について、いくつかの類型化を試みた報告。 

備考(Remarks)  

2012  私たちは他人を助けるべきか―非常時の社会・心理・倫理  講演録編集  その他 
南山大学社会倫理研究所・上智大学生命倫理研究所共催 公開シンポジウム2012講演録  , 南山大学社会倫理研究所  , 93 p.  , 2013/03/31   

概要(Abstract) 南山大学社会倫理研究所と上智大学生命倫理研究所が共催した公開シンポジウム「私たちは他人を助けるべきか―非常時の社会・心理・倫理」の講演録。 

備考(Remarks) シンポジウム当日において、趣旨説明、および、司会者を務め、講演録については、鈴木真とともに編者を務めた。 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [NEXT>>]