研究者詳細

その他研究業績
分割表示   全件表示 >>

61 件中 21 - 30 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2013  内部告発における異議の構造  研究会報告  その他 
京都生命倫理研究会・ワークショップ「異議申し立ての諸形式についての倫理学的研究  , 京都女子大学  , 2013/09/21   

概要(Abstract) 内部告発における異議申し立ての形式について、いくつかの類型化を試みた報告。 

備考(Remarks)  

2012  私たちは他人を助けるべきか―非常時の社会・心理・倫理  講演録編集  その他 
南山大学社会倫理研究所・上智大学生命倫理研究所共催 公開シンポジウム2012講演録  , 南山大学社会倫理研究所  , 93 p.  , 2013/03/31   

概要(Abstract) 南山大学社会倫理研究所と上智大学生命倫理研究所が共催した公開シンポジウム「私たちは他人を助けるべきか―非常時の社会・心理・倫理」の講演録。 

備考(Remarks) シンポジウム当日において、趣旨説明、および、司会者を務め、講演録については、鈴木真とともに編者を務めた。 

2012  3.11以後何が問われているのか  講演録編集  その他 
南山大学社会倫理研究所 研究プロジェクト講演集  , 南山大学社会倫理研究所  , 223 p.  , 2013/03/11   

概要(Abstract) 2011年12月7日から2012年7月7日にかけて開催された南山大学社会倫理研究所主催のシリーズ懇話会「3.11以後何が問われているのか」の講演集。 

備考(Remarks) 三好千春、大庭弘継とともに、編者を務めた。 

2012  復興の倫理学:災害がもたらす"負"の財と状況を考え抜く  シンポジウム  その他 
名古屋哲学研究会9月例会  , 名古屋市立大学  , 2012/09/23   

概要(Abstract) 東日本大震災の災害廃棄物の処理の問題について、"負"の財と"負"の状況という観点から倫理学的に考察する報告。 

備考(Remarks) 同研究会シンポジウム「震災以前からあったが震災以後可視化されたことについて考える」にて提題者の一人として登壇。 

2012  児玉聡の誤診:『功利主義入門』を掘り崩す(というか、揚げ足を取る)  合評会  その他 
第11回現代経済思想研究会  , 東洋大学  , 2012/08/15   

概要(Abstract) 児玉聡『功利主義入門―はじめての倫理学』(ちくま新書、2012年)についての批判的コメント。 

備考(Remarks)  

2011  馬渕浩二『倫理空間への問い—応用倫理学から世界を見る』(ナカニシヤ出版、2010年)  書評  単著 
社会と倫理  , 南山大学社会倫理研究所  , 26  , 137-138  , 2012/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  ウィギンズの倫理学とその方法  研究会報告  その他 
規範倫理学・現代メタ倫理学研究会  , 北海道大学  , 2012/02/24   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  Comment on the Paper of Norman Daniels  コメンテータ  その他 
The Fourth GABEX International Meeting  , Tokyo  , 2012/01/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Norman Danielsの報告"Accountability for Reasonableness and Priority Setting"に対するコメンタリ報告を行った。 

2011  もうひとつのヒューム主義(alternative Humeanism)の提案:コンヴェンション/共感モデル構築の試み  講演  その他 
第11回モラル・サイコロジー研究集会  , 慶應義塾大学日吉キャンパス  , 2011/12/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  「応用倫理学に未来がないならば、倫理学には未来がない」と言えるか?  講演録  その他 
応用倫理  , 北海道大学応用倫理研究教育センター  , 5  , 75-80  , 2011/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 座談会記録「応用倫理学に未来はあるか?」の一部として収録されている。 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [NEXT>>]