研究者詳細

その他研究業績
分割表示   全件表示 >>

64 件中 41 - 50 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2010  道徳判断の内在主義と「実践理性の二元論」の二点を結ぶ直線上に「ヒューム主義」は姿を現すか?  研究会報告  その他 
南山哲学研究会  , 2010/06   

概要(Abstract) まず、現代倫理学における道徳判断の内在主義の系譜を、マイケル・スミスから遡って、ウィリアムズ、ネーゲルを介して、フランケナ、フォークによる内在主義/外在主義の最初の定式化に至り、その源泉としてのプリチャードまで辿った。続いて、シジウィック、T. H. グリーン、ラシュダルが取り組んだ「実践理性の二元論」について確認し、ラシュダルとプリチャードのつながりから、これら二つの論争を接続できるかどうかを探った。 

備考(Remarks) 南山大学名古屋キャンパス第一研究棟6階にて。 

2010  「保護する責任」論の前提について哲学・倫理学的に考えてみる  ワークショップ  その他 
応用哲学会第2回年次研究大会  , 応用哲学会  , 2010/04   

概要(Abstract) 「保護する責任」論を支える前提となる国際観について、政治哲学的観点から、ホッブズ的国際観、リベラル国際観、「ネオ・コスモポリタニズム」的国際観を定式化した上で検討し、そこから倫理学的に詰めておくべき論点として、ニーズや苦しみに関する分析とその優先順位問題、および、責任概念の分析の展望を提示した。 

備考(Remarks) ワークショップ「『保護する責任』概念を哲学・倫理学の俎上に乗せることは面白いか」(責任者:奥田太郎)の提題者の一人として報告した。 

2008  特集「人間の尊厳と生命倫理」へのコメント:あるいは、印籠としての人間の尊厳  寄稿  単著 
法の理論  , 成文堂  , 27  , 127-144  , 2008/10   

概要(Abstract) 同誌26号の特集「人間の尊厳と生命倫理」に収録されている5本の論文に対して、批判的コメントを加えた上で、生命倫理における「人間の尊厳」の位置づけに関する私見を述べたコメント論文。 

備考(Remarks)  

2007  「内部告発」「廃棄物問題」  事典項目  単著 
応用倫理学事典  , 丸善株式会社  , 備考参照  , 2008/01   

概要(Abstract) 加藤尚武 編集代表『応用倫理学事典』への項目執筆。 

備考(Remarks) 該当頁はそれぞれ120-121、200-201。 

2007  「スマート、J.J.C.」「フット、P.」「マッキンタイア、A.」  事典項目  単著 
イギリス哲学・思想事典  , 研究社  , 備考参照  , 2007/11   

概要(Abstract) 日本イギリス哲学会編『イギリス哲学・思想事典』への項目執筆。 

備考(Remarks) 該当頁はそれぞれ610、642、663-664。 

2007  伊藤克彦氏「ジョン・マクダウェルの「理由の空間」の法哲学的意義」へのコメント  研究会報告  その他 
法理学研究会・東京法哲学研究会 合同研究合宿  , 2007/09   

概要(Abstract) ジョン・マクダウェルの「理由の空間」に関わる議論の法哲学的意義を問う報告に対して、倫理学者の見地からコメントを行なった。 

備考(Remarks) 同志社びわこリトリートセンターにて開催。 

2007  内部告発を飼い馴らすことはできるか  講演  その他 
第10回ET例会「組織・企業内の技術者倫理」  , 技術者倫理研究会「ETの会」  , 2007/07   

概要(Abstract) 公益通報者保護法および組織の内部統制という二つの内部告発対応策を、「野生の内部告発」を飼い馴らすための方策であると捉えた上で、常に組織規範の外部と内部の境界を超えていく可能性を有する内部告発の飼い馴らし難さを論じた。 

備考(Remarks) 花車ビル北館5F会議室(日本技術士会中部支部階下)にて 

2007  応用倫理学の方法論:回顧、現状、展望  研究会報告  その他 
名古屋哲学研究会  , 2007/06   

概要(Abstract) 英米圏における応用倫理学の方法をめぐる論争の概略を示した後、日本における応用倫理学に関する言説状況の一端を紹介し、今後の私的展望を提示した。 

備考(Remarks) 名古屋市立大学にて開催。 

2007  ヴァグナー=ツカモト著「経済学とビジネス倫理−ビジネス倫理の三層モデルとフリードマンの定理−」  翻訳  単訳 
社会と倫理  , 南山大学社会倫理研究所  , 21  , 1-16  , 2007/06   

概要(Abstract) 『社会と倫理』向けの書き下ろし論文(Sigmund Wagner-Tsukamoto, "Economics and Business Ethics: A Three-Level Model of Business Ethics and Implications for the Friedman Theorem")の翻訳。 

備考(Remarks)  

2006  岡本裕一朗『モノ・サピエンス:物質化・単一化していく人類』(光文社、2006年)  書評  単著 
週刊読書人  , 株式会社 読書人  , 2675  , 4  , 2007/02   

概要(Abstract) 該当図書の内容を簡潔に紹介し、手短なコメントを付した。 

備考(Remarks) 「今週の書評」コーナーに依頼寄稿。 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [NEXT>>]