研究者詳細

研究発表
分割表示   全件表示 >>

24 件中 1 - 10 件目

年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2017  Regional Economic Impacts of Population Decline due to Massive Earthquakes  未設定  2017/9/1 
57th ERSA CONGRESS  , European Regional Science Association   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  居住地選択における決定要因の実証分析-愛知県尾張東部を事例として-  共同  2017/6/10 
第55回土木計画学研究発表会春大会  , 土木学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  地域経済効果の帰着分析-地域間産業連関モデルの拡張  共同  2017/10/8 
日本地域学会第54回年次大会  , 日本地域学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  立地環境別商業集積の生産性分析  共同  2017/10/6 
日本地域学会第54回年次大会  , 日本地域学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  Economic Impacts of Population Decline due to the Great East Japan Earthquake  単独  2016/9/1 
56th European Regional Science Association Congress  , European Regional Science Association   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  地方創生政策の立案に関する産業連関分析  共同  2016/10/23 
環太平洋産業連関分析学会第27回大会  , 環太平洋産業連関分析学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  居住地選択における決定要因の実証分析―愛知県尾張東部を事例として―  未設定  2016/10/10 
日本地域学会第53回年次大会  , 日本地域学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  Synergy Effect of Combining Agriculture with Processing and Distributing Industries in Okinawa Regional Economy: A New Approach by Endogenous Consuption IO Model  共同  2015/11/11 
62nd Annual North American Meeting of the Regional Science Association International   , Regional Science Association International    

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  Non Survey法による小地域産業連関表の作成と再生陶磁器の経済効果分析  未設定  2015/10/31 
環太平洋産業連関分析学会 第26回大会  , 環太平洋産業連関分析学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  沖縄経済振興を探る構造改革と政策シミュレーション  共同  2014/11/29 
応用地域学会 2014年度第28回研究発表会  , 応用地域学会   

概要(Abstract) 本研究では2010年を対象年次とする沖縄県地域産業連関表を独自に作成し、その表に基づく分析を行った。また、産業連関分析では一般に経済効果の指標として生産誘発効果を取り上げる場合が多いが、生産誘発効果自体は生産額に占める中間投入の割合が高いほど効果が出るモデル構造になっており、生産誘発効果の大小で真に県経済の向上に繋がっているかを判断することは適切ではない。最終的には付加価値、中でも雇用者の所得増にどれくらい寄与するかによって経済効果の分析が行われる必要がある。そこで、本稿では消費内生化モデルにより所得誘発効果を推計し、それにより経済効果の大小を検討することとした。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [NEXT>>]