研究者詳細

その他研究業績
分割表示   全件表示 >>

75 件中 21 - 30 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2008  市街地循環バス路線における情報提供による沿線住民の利用意向変化-富士市ひまわりバスを事例として-  国内発表  その他 
第三回 日本モビリティ・マネジメント会議  , 土木学会  , 2008/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  東アジア・九州地域間産業連関表の作成による産業経済と交易変化の分析  国内発表  その他 
第37回土木計画学研究発表会(春大会)  , 土木学会  , 2008/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2007  地域科学における産業連関分析の役割と展望  国内発表  その他 
応用地域学会研究発表会  , 応用地域学会  , 2007/12   

概要(Abstract) 産業連関分析は、これまで地域科学において重要な分析ツールとしてその役割を担ってきた。W.Isardによる地域産業連関分析の研究以降の研究動向とその必要性について検討した。 

備考(Remarks)  

2007  東アジア・九州地域間産業連関表の作成と地域間産業間連関構造  国内発表  その他 
応用地域学会研究発表会  , 応用地域学会  , 18  , 2007/12   

概要(Abstract) 産業連関分析は、これまで地域科学において重要な分析ツールとしてその役割を担ってきた。W.Isardによる地域産業連関分析の研究以降の研究動向とその必要性について検討した。 

備考(Remarks)  

2007  全国都道府県間産業連関表の開発とその応用可能性  国内発表  単著 
環太平洋産業連関分析学会 第18回大会  , 環太平洋産業連関分析学会  , 16  , 2007/11   

概要(Abstract) 本稿では、まず地域間産業連関表の作成経緯から、その作成の必要性を議論すると共に、特に地域間産業連関表を作成する際のマトリクスバランシング手法の検討を行った。また、作成された2000年表を用いて地域政策のための簡単な分析事例を示した。 

備考(Remarks)  

2007  Logistics and Changes in Industrial Structures in East Asia  講演論文  共著 
第3回アジア発展会議  , アジア発展会議実行委員会  , pp.23-48  , 2007/11   

概要(Abstract) 本稿の目的は、東アジアの産業構造の変化とロジスティクスに着目して、その実態把握を最新の「アジア国際産業連関表」等に基づき解明することにある。ここで、アジア国際産業連関表を用いて実証分析を行う理由として、つぎの3点が指摘される。第1に、この地域では極めて強い相互依存の関係が認められること、第2に、この地域では他の地域と比べて大きな産業構造の変化が顕在化していること、第3に、この地域ではより広域的な地域政策の視点が求められることである。そこで本稿では、東アジア地域にかかる産業構造の変化とロジスティクスについて、計量的な知見を明らかにするとともに、今後の課題として、近年の急速な知識ベースの成長と交通・通信技術の発展に起因するロジスティク革命への対応として、知識と力量が協働する動的なシステムとしての「創造性」の発揮が、極めて重要であると指摘している。 

備考(Remarks)  

2007  Recent Changes in the Industrial Structure and Logistics of East Asia -An Application of the Asian International Input-Output Table 2000-  海外発表  共著 
China-Japan Joint Seminar  , Applied Regional Science  , 19  , 2007/10   

概要(Abstract) This paper aims to clarify the recent changes in industrial structure and logistics of East Asia by utilizing the Asian International Input-Output Tables, which have been compiled by Institute of Developing Economies-JETRO (Japan External Trade Organization) so far. The main reason why we utilize the recent Asian International Input-Output Tables can be ascribable to our recognition of strong interdependence in this region, where the impact of one economy is effectively transmitted to others through the mexus of external trade and financial transactions. Furthermore, in recent years, East Asian region has been experiencing great changes in spatial structures, quantitatively. Therefore, some policy issues, particularly in the context of logistics, are to be summarized by our empirical fact-findings, derived from our Interregional Input-Output Approaches in some sophisticated way. 

備考(Remarks)  

2007  An Evaluation of the RAS Method for compiling Asian International Input-Output Tables, Focusing on the Stages of Economic Development  海外発表  その他 
16th International Input-Output Conference  , International Input-Output Association  , 15  , 2007/07   

概要(Abstract) In this study, we evaluate the accuracy of input coefficients when estimated using the RAS technique, which is the most popular method for estimating input coefficients. In particular, We focus on the rapid changes taking places in the input structure during the different stages of economic development. In addition, we evaluate the changes in the input coefficients in Asian countries that are at different stages of economic development. For the purpose of this study, we analyze the characteristic features of substitution and fabrication effects from 1985 to1990 and from 1990 to 1995. 

備考(Remarks)  

2006  東アジアにおける産業構造の変化と北部九州の港湾物流の研究  Working Paper  共著 
Working Paper Series Vol.2006-22  , 国際東アジア研究センター  , Vol.2006-22  , 1-61  , 2006/12   

概要(Abstract) 本研究では、昨今の東アジアにおける産業構造の変化に着目して、その計量的把握に努めると共に、北部九州圏における港湾物流の動向とそのあり方に関する調査研究を試みた。 

備考(Remarks)  

2006  International Freight Transport Demand Forecasting by SCGE Model  講演用論文  共著 
2006 Intermediate Input-Output Meeting  , International Input-Output Association  , 1-14  , 2006/07   

概要(Abstract) 本研究では、日本を地域分割した上で、主にアジア諸国をターゲットしたSCGEモデルを開発した。このSCGEモデルを用いて、港湾整備による物流効果を分析した。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [NEXT>>]