研究者詳細

その他研究業績
分割表示   全件表示 >>

75 件中 51 - 60 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2002  公共事業の事後評価手法とその課題   国内発表  その他 
土木計画学研究発表会  , 土木学会  , 2002/01   

概要(Abstract) 公共事業全般の事後評価事例をサーベイし、その手法の検討を行った。また、海外における事後評価手法との対比の上で、我が国における公共事業の事後評価手法のあり方を論じた。 

備考(Remarks)  

2001  Interregional Trade Modeling in a Spatial Computable General Equiliblium Model ,17th Pacific Confe  海外発表  その他 
Regioanl Science Association International  , 2001/01   

概要(Abstract) 空間経済を扱うことが可能なSCGEモデルのにおける交易モデルについて2,3の考察を行った。特に、輸送部門を企業行動モデルとして定式化し、さらに機関分担のモデル化を検討した。 

備考(Remarks)  

2001  小都市圏レベルを対象とした3地域間産業連関モデルとその適用  国内発表  その他 
第15回研究発表大会  , 応用地域学会  , 2001/01   

概要(Abstract) 本研究では、産業連関表が準備されていない小都市圏を主な対象地域とした上で、全国を上位地域が下位地域を内包する3地域に分割した3地域間産業連関モデルを構築した。特定地域において需要の増加または減少が生じたとき、その経済的な影響は当該地域のみならず、それを取り囲む中地域、大地域の3つの地域レベルにおいて分析することが求められる場合が多い。本研究で提案したモデルは、その要求に応えることが可能であり、計算の容易性から実務的に見ても有用性は極めて高い。 

備考(Remarks)  

2001  A Three-Region Interregional InputOutput Model using Non-survey Technique  海外発表  その他 
9th World Conference on Transport Research  , 2001/01   

概要(Abstract) 日本の中部国際空港を対象に、著者が開発した小都市圏レベルのノンサーベイ産業連関モデルを用いて経済波及効果の分析を行った。生産誘発効果、雇用誘発効果、所得誘発効果を推計し、知多地域、愛知県、その他全国でそれぞれ地域の産業構造を踏まえた分析結果が得られた。 

備考(Remarks)  

2001  都市圏レベルの応用一般均衡モデルの開発  国内発表  その他 
第15回研究発表大会  , 応用地域学会  , 2001/01   

概要(Abstract) 都市圏レベルの産業連関表を作成した上で、都市圏及びその他地域の2地域に区分した応用一般均衡モデルを開発した。また、そのモデルを用いて、都市間交通整備、環境政策による経済影響の分析を行った。 

備考(Remarks)  

2001  Non-Survey手法による都市圏産業連関表の作成  国内発表  その他 
学術年次講演会講演集CD-ROM  , 土木学会  , 2001/01   

概要(Abstract) 産業連関表がない地域では、産業連関モデルを適用できないことを鑑み、環境分析のためのプラットフォームとしての任意の都市圏で産業連関表を作成するノンサーベイ手法を検討した。検討した手法を用いて、岐阜市産業連関表を作成し、その精度について考察した。 

備考(Remarks)  

2001  Nonsurvey 手法を用いた小都市圏レベルの地域間産業連関モデル  国内発表  その他 
第12回環太平洋産業連関分析学会大会  , 環太平洋産業連関分析学会  , 2001/01   

概要(Abstract) 本研究では、産業連関表が準備されていない小都市圏を主な対象地域とした上で、全国を上位地域が下位地域を内包する3地域に分割した3地域間産業連関モデルを構築した。特定地域において需要の増加または減少が生じたとき、その経済的な影響は当該地域のみならず、それを取り囲む中地域、大地域の3つの地域レベルにおいて分析することが求められる場合が多い。本研究で提案したモデルは、その要求に応えることが可能であり、計算の容易性から実務的に見ても有用性は極めて高い。 

備考(Remarks)  

2001  Nonsurvey Technique を用いた都市圏レベルの3地域間産業連関モデル  国内発表  その他 
第24回土木計画学研究発表会  , 土木学会  , 2001/01   

概要(Abstract) 小都市圏を対象とした3地域間産業連関モデルを開発した。開発したモデルは、任意の小都市圏、県、全国レベルの経済効果の分析が同時に可能となっている。また、このモデルでは、地域間の所得再分配を内生的に扱っていることが大きな特徴である。 

備考(Remarks)  

2001  段階的交通需要予測過程を内包化した交通計画過程の統合化に関する研究 一般均衡論的アプローチ  報告書  その他 
平成11・12年度文部省科学研究費補助金研究成果報告書  , 2001/01   

概要(Abstract) 環境保全型の地域交通計画に資する従来の立地・交通統合モデルの従来研究を系統的に整理すると共に、その問題点を明らかにした。また、新たな立地・交通均衡モデルを提案し、競争均衡も存在問題を明らかにすると共に、数値計算例を通して立地・交通モデルの可能性を検討した。 

備考(Remarks)  

2000  地域間産業間循環と大気環境負荷排出の構造分析  国内発表  その他 
環太平洋産業連関分析学会  , 2000/01   

概要(Abstract) 自治体レベルで大気環境に対する政策を実行するに当たっては、自地域または他地域の消費・投資構造が地域別の環境負荷排出にどのように影響しているかを事前に分析しておくことが極めて重要であると考えられる。本研究では、上記の視点にたったモデルの構築を行うとともに、愛知県を対象とした実証分析では、まず愛知県から直接排出されるCO2、NOX、SOXの3つの環境負荷物質量を産業別に推計した。また、太陽光発電が普及した場合の環境負荷排出を分析した。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [NEXT>>]