研究者詳細

その他研究業績
分割表示 >>   全件表示

75 件中 1 - 75 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2014  平成26年度 環境経済の政策研究 低炭素地域づくりに資する温暖化対策の地域経済への影響・効果の把握、統合的評価、及び環境経済政策への反映に関する研究-  調査報告  共著 
名城大学・南山大学・高知大学・青森中央学院大学・東京大学・EX都市研究所  , 2015/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  リニア開通に伴う中部圏の役割について  寄稿  単著 
中経連  , 中部経済連合会  , Vol.284  , 2p  , 2015/02/01   

概要(Abstract) 2014年12月12日に行った中部経済連合会地方分権特別委員会での講演録であり、リニア時代の人口構造と地域経済構造、中部経済のポイント、空港間競争と交通アクセス、研究機関の誘致について解説した。 

備考(Remarks)  

2014  人口減少と地域経済  寄稿  単著 
中部経済新聞  , 中部経済新聞社  , 1  , 2014/07/   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  平成25年度 環境経済の政策研究 低炭素地域づくりに資する温暖化対策の地域経済への影響・効果の把握、統合的評価、及び環境経済政策への反映に関する研究-  調査報告  共著 
名城大学・南山大学・高知大学・青森中央学院大学・東京大学・エックス都市研究所  , 2014/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  平成24年度 環境経済の政策研究 低炭素地域づくりに資する温暖化対策の地域経済への影響・効果の把握、統合的評価、及び環境経済政策への反映に関する研究-   調査報告  共著 
名城大学・南山大学・高知大学・青森中央学院大学・東京大学・エックス都市研究所  , 2013/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  平成23年度環境経済の政策研究「環境・地域経済両立型の内生的地域格差是正と地域雇用創出、その施策実施に関する研究 最終報告書」  調査報告  未設定 
岡山大学・南山大学・高知大学・株式会社エックス都市研究所  , 334  , 2012/3   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  平成23年度環境経済の政策研究「環境保全への政策統合(EPI)導入による東アジアの経済発展方式の転換 最終報告書」  調査報告  未設定 
京都大学 名城大学 兵庫県立大学 南山大学  , 215  , 2012/3   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  平成23年度環境経済政策の研究「温室効果ガス排出抑制評価のためのGTAP−E連動型SCGEモデルの開発」  調査報告  共著 
東北大学・南山大学・東北文化学園大学・兵庫県立大学  , 2012/03/   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  平成22年度環境経済政策の研究 温室効果ガス排出抑制評価のためのGTAP−E連動型SCGEモデルの開発  報告書  共著 
東北大学・日本大学・南山大学・東北文化学園大学・兵庫県立大学  , 2011.3   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  平成22年度環境経済の政策研究 環境保全への政策統合(EPI)導入による東アジアの経済発展方式の転換  報告書  共著 
京都大学 名城大学 兵庫県立大学 南山大学  , 2011.3   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  関東地域における生活圏間産業連関表の作成とその応用  国内発表  共著 
土木計画学講演集  , 土木学会土木計画学委員会  , 5ページ  , 2010.11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  書評 森晶寿 東アジアの経済発展と環境政策  書評論文  単著 
財政と公共政策  , 財政学研究会  , 第32巻第2号  , 6ページ  , 2010.10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2009  環境保全への政策統合(Environmental Policy Integration)導入による東アジアの経済発展方式の転換  報告書  その他 
環境省  , 2010/3   

概要(Abstract) 日本・中国・韓国のエネルギー・交通・財政政策に関するこれまでの知見をEPIの観点から再整理するとともに、欧州の中で最もEPIの推進機構と政策手段を整備してきた英国について、その進展・成果・課題を文献調査と聞き取り調査から明らかにした。 

備考(Remarks)  

2009  温室効果ガス排出抑制政策評価のためのGTAP-E連動型SCGEモデルの開発  報告書  その他 
環境省  , 2010/3   

概要(Abstract) 本研究は、1わが国の温室効果ガス(GHG)排出抑制政策の地域別産業部門別の費用と便益の帰着を明らかにし得る空間的応用一般均衡モデル(SCGE)を構築すること、2GTAP-Eと本研究で構築するSCGEモデルを連動することにより世界各国の経済構造の変化と整合的なモデルに拡張すること、3複数の政策代替案による経済的影響の相互比較により効率性および公平性の観点から望ましい抑制政策を各々評価することを目的とした。 

備考(Remarks)  

2009  環境・地域経済両立型の内生的地域格差是正と地域雇用創出、その施策実施に関する研究  報告書  その他 
環境省  , 2010/3   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2009  地域ビジョンのための定量分析の必要性と展望ー産業連関表を中心としてー  論稿  単著 
中部圏研究  , CIRAC  , 169号  , 24-32  , 2009/12   

概要(Abstract) 産業連関分析を中心に、これからの地域問題を的確に把握して、有効な政策案を検討するための手法を紹介し、地域や産業のビジョンを描いていくための定量分析の必要性を論じた。 

備考(Remarks)  

2009  松下和夫編著/「環境ガバナンス論」  書評  単著 
社会と倫理  , 南山大学社会倫理研究所  , 23  , 113-118  , 2009/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  中国における地域経済格差と環境負荷の構造分析  国内発表  その他 
日本地域学会第45回年次大会  , 日本地域学会  , 2008/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  中国における環境教育の政策展開と教員の意識構造−日本、ドイツとの比較分析−  国内発表  その他 
日本地域学会第45回年次大会  , 日本地域学会  , 2008/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  Compilation of an Interregional Input-Output Table for Regions in Japan and Asian Countries  海外発表  その他 
48th Congress of the European Regional Science Association  , 2008/08/28   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  市街地循環バス路線における情報提供による沿線住民の利用意向変化-富士市ひまわりバスを事例として-  国内発表  その他 
第三回 日本モビリティ・マネジメント会議  , 土木学会  , 2008/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  東アジア・九州地域間産業連関表の作成による産業経済と交易変化の分析  国内発表  その他 
第37回土木計画学研究発表会(春大会)  , 土木学会  , 2008/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2007  地域科学における産業連関分析の役割と展望  国内発表  その他 
応用地域学会研究発表会  , 応用地域学会  , 2007/12   

概要(Abstract) 産業連関分析は、これまで地域科学において重要な分析ツールとしてその役割を担ってきた。W.Isardによる地域産業連関分析の研究以降の研究動向とその必要性について検討した。 

備考(Remarks)  

2007  東アジア・九州地域間産業連関表の作成と地域間産業間連関構造  国内発表  その他 
応用地域学会研究発表会  , 応用地域学会  , 18  , 2007/12   

概要(Abstract) 産業連関分析は、これまで地域科学において重要な分析ツールとしてその役割を担ってきた。W.Isardによる地域産業連関分析の研究以降の研究動向とその必要性について検討した。 

備考(Remarks)  

2007  全国都道府県間産業連関表の開発とその応用可能性  国内発表  単著 
環太平洋産業連関分析学会 第18回大会  , 環太平洋産業連関分析学会  , 16  , 2007/11   

概要(Abstract) 本稿では、まず地域間産業連関表の作成経緯から、その作成の必要性を議論すると共に、特に地域間産業連関表を作成する際のマトリクスバランシング手法の検討を行った。また、作成された2000年表を用いて地域政策のための簡単な分析事例を示した。 

備考(Remarks)  

2007  Logistics and Changes in Industrial Structures in East Asia  講演論文  共著 
第3回アジア発展会議  , アジア発展会議実行委員会  , pp.23-48  , 2007/11   

概要(Abstract) 本稿の目的は、東アジアの産業構造の変化とロジスティクスに着目して、その実態把握を最新の「アジア国際産業連関表」等に基づき解明することにある。ここで、アジア国際産業連関表を用いて実証分析を行う理由として、つぎの3点が指摘される。第1に、この地域では極めて強い相互依存の関係が認められること、第2に、この地域では他の地域と比べて大きな産業構造の変化が顕在化していること、第3に、この地域ではより広域的な地域政策の視点が求められることである。そこで本稿では、東アジア地域にかかる産業構造の変化とロジスティクスについて、計量的な知見を明らかにするとともに、今後の課題として、近年の急速な知識ベースの成長と交通・通信技術の発展に起因するロジスティク革命への対応として、知識と力量が協働する動的なシステムとしての「創造性」の発揮が、極めて重要であると指摘している。 

備考(Remarks)  

2007  Recent Changes in the Industrial Structure and Logistics of East Asia -An Application of the Asian International Input-Output Table 2000-  海外発表  共著 
China-Japan Joint Seminar  , Applied Regional Science  , 19  , 2007/10   

概要(Abstract) This paper aims to clarify the recent changes in industrial structure and logistics of East Asia by utilizing the Asian International Input-Output Tables, which have been compiled by Institute of Developing Economies-JETRO (Japan External Trade Organization) so far. The main reason why we utilize the recent Asian International Input-Output Tables can be ascribable to our recognition of strong interdependence in this region, where the impact of one economy is effectively transmitted to others through the mexus of external trade and financial transactions. Furthermore, in recent years, East Asian region has been experiencing great changes in spatial structures, quantitatively. Therefore, some policy issues, particularly in the context of logistics, are to be summarized by our empirical fact-findings, derived from our Interregional Input-Output Approaches in some sophisticated way. 

備考(Remarks)  

2007  An Evaluation of the RAS Method for compiling Asian International Input-Output Tables, Focusing on the Stages of Economic Development  海外発表  その他 
16th International Input-Output Conference  , International Input-Output Association  , 15  , 2007/07   

概要(Abstract) In this study, we evaluate the accuracy of input coefficients when estimated using the RAS technique, which is the most popular method for estimating input coefficients. In particular, We focus on the rapid changes taking places in the input structure during the different stages of economic development. In addition, we evaluate the changes in the input coefficients in Asian countries that are at different stages of economic development. For the purpose of this study, we analyze the characteristic features of substitution and fabrication effects from 1985 to1990 and from 1990 to 1995. 

備考(Remarks)  

2006  東アジアにおける産業構造の変化と北部九州の港湾物流の研究  Working Paper  共著 
Working Paper Series Vol.2006-22  , 国際東アジア研究センター  , Vol.2006-22  , 1-61  , 2006/12   

概要(Abstract) 本研究では、昨今の東アジアにおける産業構造の変化に着目して、その計量的把握に努めると共に、北部九州圏における港湾物流の動向とそのあり方に関する調査研究を試みた。 

備考(Remarks)  

2006  International Freight Transport Demand Forecasting by SCGE Model  講演用論文  共著 
2006 Intermediate Input-Output Meeting  , International Input-Output Association  , 1-14  , 2006/07   

概要(Abstract) 本研究では、日本を地域分割した上で、主にアジア諸国をターゲットしたSCGEモデルを開発した。このSCGEモデルを用いて、港湾整備による物流効果を分析した。 

備考(Remarks)  

2006  Analysis of the Economic Impacts of a Natural Disaster Using Interregional Input-Output Tables for the Affected Region  講演用論文  共著 
2006 Intermediate Input-Output Meeting  , International Input-Output Association  , 1-12  , 2006/07   

概要(Abstract) 本研究では、2000年に起きた東海豪雨水害の経済被害を分析した。特に、被災地域とそれ以外の2地域産業連関表を作成して、経済被害の空間的分析に努めた。 

備考(Remarks)  

2006  A Potential Model of Industrial Location Considering Transportation Costs  講演用論文  共著 
2006 Intermediate Input-Output Meeting  , International Input-Output Association  , 1-8  , 2006/07   

概要(Abstract) 本研究では、産業連関表のデータを用いつつ産業立地ポテンシャルの分析が可能なモデルを開発した。特に九州地域を対象として、港湾と道路ネットワークによる産業立地の予測分析を行った。 

備考(Remarks)  

2005  総合政策論のフロンティア  その他  共著 
南山大学総合政策学部  , 332  , 2006/03   

概要(Abstract) 第14章「地域環境政策におけるプロジェクトの評価」において、環境政策の枠組み、地域環境政策として実施されるプロジェクトの評価手法を論じた。 

備考(Remarks)  

2005  国際産業連関−アジア諸国の産業連関構造−  その他  共著 
アジア経済研究所  , 137  , 2006/03   

概要(Abstract) 第4章生産技術構造変化の長期分析とRAS法の評価において、アジア諸国の20年間における生産技術構造変化を論じると共に、その分析過程を通じてRAS法による投入係数予測の評価を行った。 

備考(Remarks)  

2005  地域・都市レベルでの適用に必要な条件  解説  単著 
運輸政策研究  , 運輸政策研究機構  , vol.8,No.3  , 2  , 2005/10   

概要(Abstract) 応用一般均衡分析に必要なデータの作成手法と整備状況について解説した。 

備考(Remarks)  

2005  SCGEモデルを活用した国際物流需要予測に関する検討  国内発表  共著 
第31回土木計画学研究発表会  , 土木学会  , 31  , 2005   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2005  輸送コストを考慮した産業立地ポテンシャルモデルの構築  国内発表  共著 
第31回土木研究学研究発表会  , 土木学会  , 31  , 2005   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2005  新潟県中越地震の空間的経済被害  国内発表  単著 
第31回土木計画学研究発表会  , 土木学会  , 31  , 2005   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2004  国際産業連関−アジア諸国の産業連関構造−(IV)  報告書  その他 
アジア国際産業連関シリーズ  , 日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所  , 65  , 144  , 2005/03   

概要(Abstract) アジア諸国の投入構造の変化をRASを用いて分析した。加工度変化、代替変化共に経済発展の段階で大きな差異が見られた。主にASEANでは経年的な変化が大きく、日本、アメリカの他のNIES諸国では技術変化が小さくなっていることが判明した。 

備考(Remarks)  

2004  東海豪雨災害における事業所被害の構造的特質に関する研究  国内発表  未設定 
土木学会  , 2004/01   

概要(Abstract) 本研究では、東海豪雨災害を事例に、治水経済調査マニュアル(案)では捉えることができない事業所被害の時間的構造や空間的な波及構造について、事業所アンケートを実施することにより実態分析を行った。時間的構造については、復旧するまでに長い地域で約2ヶ月程要しており、かなりの日数がかかっていることが分かった。空間的波及構造については、半数以上の業種で停滞時に販売先を自他域(被災地域)からその他地域へと変化させており、販売先にも影響が生じていた事が確認された。 

備考(Remarks)  

2004  水害による地域経済への影響の事後分析  国内発表  その他 
第29回土木計画学研究発表会  , 土木学会  , 2004/01   

概要(Abstract) 災害による経済的影響は、その直接被害を生じた事業所のみならず、直接被害が生じなかった地域の事業所にも波及する。例えば、被災地域における事業所の活動停止により、被災地域以外ではこれまで被災地域から調達していた財やサービスを他地域に切り替えるようになるといった影響が考えられる。このような経済構造を踏まえ、本研究では東海水害を事例に、水害による被災地域・その他地域間の経済影響の波及構造を分析する手法を検討する。特に地域間産業連関分析の枠組みを用いて被災による地域間交易の変化に着目する。 

備考(Remarks)  

2004  簡易地域CGEモデルによる岐阜県の産業構造分析  国内発表  その他 
日本地域学会第41回(2004年)年次大会  , 日本地域学会  , 2004/01   

概要(Abstract) 本研究の主たる目的は、地域CGEモデルと産業連関分析の比較を通して、地域CGEモデルの特性を明らかにすることである。本研究では地域CGEモデルを構築し、岐阜県の平成 7年データを用いた産業構造分析を行うとともに、地域環境税の導入による影響分析の枠組みを提示した。 

備考(Remarks)  

2004  都市圏産業連関表の作成と都市圏応用一般均衡モデルの開発  報告書  その他 
2004/01   

概要(Abstract) 本研究では、産業連関表が作成されていないような小地域(都市圏)を対象とした応用一般均衡モデルを開発し、実際に地域で行われるような政策に対して実証研究を行った。そのため、まず任意の都市圏における都市圏地域産業連関表作成のためのノンサーベイ手法の検討を行い、各種政策オプションの経済評価が可能なプラットフォームとして都市圏応用一般均衡モデルを開発した 

備考(Remarks)  

2004  国際産業連関―アジア諸国の産業連関構造(III)―  報告書  その他 
日本貿易振興機構アジア経済研究所  , 2004/01   

概要(Abstract) 東アジア諸国を対象に生産技術構造の時系列分析を行った。特に本稿では、アジア国際産業連関表の4時点の産業連関表を用いて20年間にわたる投入構造の時系列分析を行った。 

備考(Remarks)  

2004  The Construction of a 47 Region Inter-regional Input-Output Table and Inter-regional Interdependence Analysis at Prefecture Level in Japan  海外発表  共著 
44th Congress ERSA  , 2004   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2003  A Interregional Input-Output Model using Nonsurvey  海外発表  その他 
Technique at small regional level  , 2003/01   

概要(Abstract) 小地域産業連関表日本の中部国際空港を対象に、著者が開発した小都市圏レベルのノンサーベイ産業連関モデルを用いて経済波及効果の分析を行った。生産誘発効果、雇用誘発効果、所得誘発効果を推計し、知多地域、愛知県、その他全国でそれぞれ地域の産業構造を踏まえた分析結果が得られた。 

備考(Remarks)  

2003  応用一般均衡分析のためのデータ構築と課題  国内発表  その他 
第27回土木計画学研究発表会  , 土木学会  , 2003/01   

概要(Abstract) 本稿では、応用一般均衡モデルを実際の政策分析に適用する場合の、データ構築の問題を議論した。データ構築の問題としては、任意の都市圏で応用一般均衡モデルを適用する場合の都市圏産業連関表の技術係数作成における集計化の問題と、各主体の行動モデルにおける代替弾力性設定の問題を取り上げ、その改善策を検討した。 

備考(Remarks)  

2003  国際産業連  関―アジア諸国の産業連関構造(II)―  報告書  その他 
日本貿易振興会アジア経済研究所  , 2003/01   

概要(Abstract) 産業部門による環境負荷に大きく影響を与える生産技術構造に着目し、付加価値率構成と中間投入構成の二つの視点からアジア諸国の投入構造の比較分析を行った。 

備考(Remarks)  

2002  実用化に向けた社会資本整備評価システムの構築  報告書  その他 
科学研究費補助金報告書  , 2002/01   

概要(Abstract) 土木計画学や地域科学の分野で開発された様々なモデルから、都市レベルの社会資本評価、環境政策評価に適用可能なものを選抜し、それらを発展させて実務に供することができるシステムとして実現することを意図して検討された。 

備考(Remarks)  

2002  幹線道路整備事業の事後評価  国内発表  その他 
土木計画学研究発表会  , 土木学会  , 2002/01   

概要(Abstract) 国や自治体において事前評価は定着しているものの、事後評価についてはその必要性が叫ばれているにもかかわらずその手法が確立されていないことに着目し、広域幹線道路整備の標準的な事後評価手法を提案した。 

備考(Remarks)  

2002  公共事業の事後評価手法とその課題   国内発表  その他 
土木計画学研究発表会  , 土木学会  , 2002/01   

概要(Abstract) 公共事業全般の事後評価事例をサーベイし、その手法の検討を行った。また、海外における事後評価手法との対比の上で、我が国における公共事業の事後評価手法のあり方を論じた。 

備考(Remarks)  

2001  Interregional Trade Modeling in a Spatial Computable General Equiliblium Model ,17th Pacific Confe  海外発表  その他 
Regioanl Science Association International  , 2001/01   

概要(Abstract) 空間経済を扱うことが可能なSCGEモデルのにおける交易モデルについて2,3の考察を行った。特に、輸送部門を企業行動モデルとして定式化し、さらに機関分担のモデル化を検討した。 

備考(Remarks)  

2001  小都市圏レベルを対象とした3地域間産業連関モデルとその適用  国内発表  その他 
第15回研究発表大会  , 応用地域学会  , 2001/01   

概要(Abstract) 本研究では、産業連関表が準備されていない小都市圏を主な対象地域とした上で、全国を上位地域が下位地域を内包する3地域に分割した3地域間産業連関モデルを構築した。特定地域において需要の増加または減少が生じたとき、その経済的な影響は当該地域のみならず、それを取り囲む中地域、大地域の3つの地域レベルにおいて分析することが求められる場合が多い。本研究で提案したモデルは、その要求に応えることが可能であり、計算の容易性から実務的に見ても有用性は極めて高い。 

備考(Remarks)  

2001  A Three-Region Interregional InputOutput Model using Non-survey Technique  海外発表  その他 
9th World Conference on Transport Research  , 2001/01   

概要(Abstract) 日本の中部国際空港を対象に、著者が開発した小都市圏レベルのノンサーベイ産業連関モデルを用いて経済波及効果の分析を行った。生産誘発効果、雇用誘発効果、所得誘発効果を推計し、知多地域、愛知県、その他全国でそれぞれ地域の産業構造を踏まえた分析結果が得られた。 

備考(Remarks)  

2001  都市圏レベルの応用一般均衡モデルの開発  国内発表  その他 
第15回研究発表大会  , 応用地域学会  , 2001/01   

概要(Abstract) 都市圏レベルの産業連関表を作成した上で、都市圏及びその他地域の2地域に区分した応用一般均衡モデルを開発した。また、そのモデルを用いて、都市間交通整備、環境政策による経済影響の分析を行った。 

備考(Remarks)  

2001  Non-Survey手法による都市圏産業連関表の作成  国内発表  その他 
学術年次講演会講演集CD-ROM  , 土木学会  , 2001/01   

概要(Abstract) 産業連関表がない地域では、産業連関モデルを適用できないことを鑑み、環境分析のためのプラットフォームとしての任意の都市圏で産業連関表を作成するノンサーベイ手法を検討した。検討した手法を用いて、岐阜市産業連関表を作成し、その精度について考察した。 

備考(Remarks)  

2001  Nonsurvey 手法を用いた小都市圏レベルの地域間産業連関モデル  国内発表  その他 
第12回環太平洋産業連関分析学会大会  , 環太平洋産業連関分析学会  , 2001/01   

概要(Abstract) 本研究では、産業連関表が準備されていない小都市圏を主な対象地域とした上で、全国を上位地域が下位地域を内包する3地域に分割した3地域間産業連関モデルを構築した。特定地域において需要の増加または減少が生じたとき、その経済的な影響は当該地域のみならず、それを取り囲む中地域、大地域の3つの地域レベルにおいて分析することが求められる場合が多い。本研究で提案したモデルは、その要求に応えることが可能であり、計算の容易性から実務的に見ても有用性は極めて高い。 

備考(Remarks)  

2001  Nonsurvey Technique を用いた都市圏レベルの3地域間産業連関モデル  国内発表  その他 
第24回土木計画学研究発表会  , 土木学会  , 2001/01   

概要(Abstract) 小都市圏を対象とした3地域間産業連関モデルを開発した。開発したモデルは、任意の小都市圏、県、全国レベルの経済効果の分析が同時に可能となっている。また、このモデルでは、地域間の所得再分配を内生的に扱っていることが大きな特徴である。 

備考(Remarks)  

2001  段階的交通需要予測過程を内包化した交通計画過程の統合化に関する研究 一般均衡論的アプローチ  報告書  その他 
平成11・12年度文部省科学研究費補助金研究成果報告書  , 2001/01   

概要(Abstract) 環境保全型の地域交通計画に資する従来の立地・交通統合モデルの従来研究を系統的に整理すると共に、その問題点を明らかにした。また、新たな立地・交通均衡モデルを提案し、競争均衡も存在問題を明らかにすると共に、数値計算例を通して立地・交通モデルの可能性を検討した。 

備考(Remarks)  

2000  地域間産業間循環と大気環境負荷排出の構造分析  国内発表  その他 
環太平洋産業連関分析学会  , 2000/01   

概要(Abstract) 自治体レベルで大気環境に対する政策を実行するに当たっては、自地域または他地域の消費・投資構造が地域別の環境負荷排出にどのように影響しているかを事前に分析しておくことが極めて重要であると考えられる。本研究では、上記の視点にたったモデルの構築を行うとともに、愛知県を対象とした実証分析では、まず愛知県から直接排出されるCO2、NOX、SOXの3つの環境負荷物質量を産業別に推計した。また、太陽光発電が普及した場合の環境負荷排出を分析した。 

備考(Remarks)  

1999  地域生産関数の推定に関する一考察  国内発表  その他 
土木学会中部支部研究発表会講演概要集  , 土木学会  , pp.465-467  , 1999/01   

概要(Abstract) 本研究では、他地域からのスピルオーバー効果や部門別社会資本を考慮した県単位の地域生産関数を推定した。また、推定の過程を通じて社会資本が地域の生産力に与えている寄与度を実証的に分析した。 

備考(Remarks)  

1999  21世紀に向けた地域交通の課題と展望  報告書  その他 
東海総合研究所,東海銀行  , 1999/01   

概要(Abstract) 欧州の地域交通政策の動向を分析し、東海地域における交通政策のあり方を論じた 

備考(Remarks)  

1999  環境汚染と地域間産業連関分析  国内発表  その他 
第36回日本地域学会論稿集  , 日本地域学会  , pp.383-390  , 1999/01   

概要(Abstract) 本研究では、大気環境負荷の排出構造を分析可能な我が国におけるデータをサーベイし、それを産業連関分析に適用することで、県レベルの大気環境負荷の排出構造を分析する手法を提案した。特に県間のフィードバック効果を考慮した分析を行うことが可能となった。 

備考(Remarks)  

1999  公共事業の効果/便益計測手法と費用便益分析  テキスト  その他 
通信教育講座テキスト  , 技術情報協会  , 1999/01   

概要(Abstract) 公共事業の評価手法としての産業連関分析、費用便益分析を解説した 

備考(Remarks)  

1998  公共事業の投入構造変化とフロー効果分析の予測誤差  国内発表  その他 
平成10年度土木学会年次講演概要集  , 土木学会  , 1998/10   

概要(Abstract) 公共事業の事業効果を分析する際に用いる最終需要コンバートデータに着目し、その安定性に関するテストを行った。検討の結果、公共事業の種類によっては不安定なものがあること、環境保全型の技術が導入され技術係数が不安定になること、またその不安定さのために事業効果分析の計測に誤差をもたらすことを示した。 

備考(Remarks)  

1998  提言−中部のビジョン−   国内発表  未設定 
FRONT  , 中部電力  , 21  , pp.13-14  , 1998/01   

概要(Abstract) 中部地域の21世紀を展望し、中部国際空港や日本国際博覧会が地域の経済社会に与える役割を解説した。また、当地域が万博の開催を契機として環境技術や環境サービスを得意とする地域として発展するビジョンを示した。 

備考(Remarks)  

1998  国から地方への税源移譲による地域経済の影響  国内発表  その他 
平成10年度土木計画学研究・講演集  , 土木学会  , 1998/01   

概要(Abstract) 本論文で提示したモデルは、国から地方への財政トランスファー制度を変化させた場合の地域別波及効果の変化を分析することが可能であり、特に財政の受益超過地域と負担超過地域の2つの分類において産業別に影響がどれ程であるかが定量的に占めされる。本研究では、モデルの適用事例として鹿児島県と愛知県を取り上げ、地方交付税縮減による当該地域の経済的影響を定量的に示した。 

備考(Remarks)  

1997  中部新国際空港−社会経済効果と社会資本整備の在り方  新聞  その他 
建設通信新聞5面(全1/2面)  , 日刊建設通信新聞社    , 1997/11   

概要(Abstract) 知多半島常滑沖に建設されている中部国際空港についてその建設・供用による経済効果を検討した。空港整備によってもたらされる事業効果、施設効果のそれぞれの内容を検討し、今後大規模インフラ事業には、環境アセスと社会経済アセスを統合した社会環境アセスメントが必要であることを示した。 

備考(Remarks)  

1997  産業連関分析による建設事業効果の計測  テキスト  その他 
公共投資の評価手法  , 岐阜大学工学部公共投資評価研究グループ  , pp.31−34  , 1997/01   

概要(Abstract) 産業連関分析を用いて公共事業のフロー効果を分析する枠組みとその手法を解説した。 

備考(Remarks)  

1996  技術連関構造の地域特化がもたらす生産波及効果の地域帰着への影響  国内発表  その他 
土木計画学研究・講演集  , 土木学会  , 19/2  , pp71-74  , 1996/11   

概要(Abstract) 産業間の技術連関構造には地域に応じた特色がある。本研究では、技術連関構造の地域特化を地域別投入係数と全国産業連関表の投入係数の差異によって定義し、それが生産誘発効果の総量と地域帰着に与える影響を明らかにした。 

備考(Remarks)  

1996  建設型公共投資における生産誘発効果の変遷とその要因分析   国内発表  その他 
土木計画学研究・講演集   , 土木学会  , 19/1  , pp.201−204  , 1996/11   

概要(Abstract) 公共投資の景気対策としての有効性を、主に生産誘発効果の観点から検討した。検討においては、18種類の公共事業の生産誘発効果を昭和40年から平成 6年の6時点について計測した。そして、生産誘発効果の経過変化の要因を分析した。 

備考(Remarks)  

1993  地域内産業連関分析における「はね返り需要」の構造分析  国内発表  その他 
土木計画学研究・講演集  , 土木学会  , 16/1  , pp.603-608  , 1993/12   

概要(Abstract) 地域間のはね返り需要の構造を、地域内の産業連関構造ならびに地域間の交易構造との関係から検討した。また、地域間産業連関分析と地域内産業連関分析の計測値が等しくなる条件を導いた。 

備考(Remarks)  

1991  産業連関分析を用いた下水道(雨水)整備事業の経済波及効果の計測  国内発表  その他 
土木学会中部支部,平成3年度研究発表会講演概要集  , 土木学会  , PP.459−460  , 1991/01   

概要(Abstract) 都市環境整備としての下水道事業のもたらす事業効果を小地域レベルで計測する方法を提案した。また、提案した方法を名古屋市で行われる下水道事業を対象に適用した。 

備考(Remarks)  

2014  平成25年度環境経済の政策研究「低炭素地域づくりに資する温暖化対策の地域経済への影響・効果の把握、統合的評価、及び環境経済政策への反映に関する研究」  調査報告  共著 
2014/3   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  平成24年度環境経済の政策研究「低炭素地域づくりに資する温暖化対策の地域経済への影響・効果の把握、統合的評価及び環境経済政策への反映に関する研究」  調査報告  未設定 
名城大学・南山大学・高知大学・青森中央学院大学・東京大学・エックス都市研究所  , 263p  , 2013/3   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]