研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

15 件中 11 - 15 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2007  Shinjin and Faith: A Comparison of Shinran and Kierkegaard  単著   
The Eastern Buddhist  , The Eastern Buddhist Society  , XXXVIII, Nos.1&2  , 180-202  , 2007   

概要(Abstract) In a comparative examination of two religious thinkers belonging to such disparate traditions as Buddhism and Christianity are, while structural similarity between shinjin and faith may be recognized, in terms of content radical differences are to be expected. Shinjin and faith are two fundamentally different concepts that point to very distinctive religious experiences, shaped and produced by widely diverse religious contexts. Shinjin and faith are not simply different terms which point to the single reality sought by Shin Buddhist and Christian adherents. Shinjin in Shin Buddhism and faith in Christianity each foster different sorts of experiences and dispositions in their respective members. In line with a cultural-linguistic approach to religion, what is significant are the distinctive patterns of story, belief, and behavior that give shinjin and faith their specific and sometimes contradictory meanings. The focus is on what is particular and specific to both concepts rather than on possible general similarities. 

備考(Remarks) 査読付き論文 

2005  信仰と歴史の問題 ―キェルケゴールの立場―  単著   
宗教研究  , 日本宗教学会  , 第79巻344号  , 1−24  , 2005/06   

概要(Abstract) キリスト教の啓示には異なる領域に属する二つの側面、すなわち歴史的真理と宗教的真理が含まれる。この二つの比較し得ない領域から、信仰と歴史の問題が生じてくる。すなわち神は歴史的現実として現れたが、それは直接的に知られるものではないし、歴史的知識から証明できない。では、いかに歴史的事実に基づいて宗教的真理に達し得るのか。
 本稿は、この根本問題に関するキェルケゴールの見解を考察する。キェルケゴールによれば、神が特定の時に人間の姿として現れたという出来事は、単純な歴史的出来事ではなく、絶対的事実である。すなわち、歴史的要素と永遠的要素とを含んでいる。イエスという人物が存在したことは歴史的探究によって証明されるが、歴史的探究からは、イエスが神であるという結論は導き出せない。この点に関する歴史的不確実性は、信仰によってのみ乗り越えられる。しかし、信仰によって得られた確実性は主体的なものであり、客観的なものではない。個人がこの事実を信ずることを決意するとき、それが誤謬であるかもしれない危険を冒す。キェルケゴールにとって信仰とは、まさに危険を冒しながら、しかも信じることである
 

備考(Remarks) 査読付き論文 

2003  罪と悪の問題―キェルケゴールと親鸞の比較考察―  単著   
南山神学  , 南山大学  , 第26号  , 33−56  , 2003/02   

概要(Abstract) 悪は自然的悪、道徳的悪、宗教的悪などに分けることができ、それは人間の行為が有限であるという制約に基づく、人間本性の一つの普遍的特質である、ということもできよう。親鸞における悪とは、単に善と対比されるような悪ではなく、人間存在の根源にある煩悩から自発派生的に起こる事実である。すなわち悪は、あらゆる自己の行為に現われるのみならず、人間存在そのものが悪なのである。キェルケゴールの場合は、悪は原罪として把握されている。彼にとって、人間は有限存在であるとともに自由な精神の持ち主である。この有限性と自由との両要素の緊張関係において、人間は罪を行うのである。すなわち罪は、あくまでも自由意志の中心に起こる自己の行為なのである。本稿は、両思想家の罪や悪の思想の特質と基本的構造とを比較考察し、その類似性と相違性とを明らかにしようとするものである。

 

備考(Remarks)  

2002  親鸞とキェルケゴール―信心と信仰の概念をめぐって  単著   
大谷大学大学院研究紀要  , 大谷大学  , 第19号  , 3−29  , 2002/12   

概要(Abstract) 「信心」と「信仰」は、英語でfaithと言われる一つの普遍的な事実が異なった現われ方をしたもの、形を変えたものとして捉えることはできない。この二つの概念は、本質的に異なった宗教的経験を指しているのである。親鸞の思想における信心とは、本質的に目覚めの経験であるといってよい。しかしキェルケゴールにおける信仰は、獲得されるような目覚めの経験ではなく、本質的に神の恩寵の賜物であり、そこに人間の自由な決断が要求されるが、神との人格的な関係である。本稿は、この問題についての論考を意図したものである。 

備考(Remarks)  

1996  The Relation of Nature and Grace: A Study in Rahner’s Theology  単著   
南山神学別冊  , 南山大学  , 第13号  , 1−125  , 1996/11   

概要(Abstract) The relationship between nature and grace is one of the most fundamental problems of Christian theology. Within the Catholic tradition there are two conflicting approaches to the problem: extrinsicism which conceives the natural and supernatural order as merely juxtaposed without any possible communication or intelligible relationship between them; and intrinsicism, which regards human nature as intrinsically and ontologically oriented to God.
The purpose of the essay is to examine Rahner's theology of nature and grace against the background of these two conflicting approaches. I will try to show that Rahner's attempt to offer a mediating position between extrinsicism and intrinsicism with his theory of the supernatural existential, this did not develop simply from his desire to resolve the dilemma that beset the discussion of the nature-grace relationship following the publication of de Lubac's Surnaturel, rather Rahner's position arises out of the very core of his theology. 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [NEXT>>]